また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3516348 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

奥秩父主脈2日間縦走2日目甲武信岳小屋から増富温泉

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年09月10日(金) ~ 2021年09月12日(日)
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
13時間50分
休憩
20分
合計
14時間10分
S甲武信小屋02:0002:20甲武信ヶ岳02:40水師03:10富士見04:10東梓04:40国師ノタル06:10国師ヶ岳06:20北奥千丈岳06:50大弛峠06:50朝日峠07:20朝日岳前の展望岩場07:30朝日岳08:10金峰山08:2009:20大日岩09:50八丁平登山道分岐11:10小川山12:10八丁平登山道分岐12:2012:50小川山・瑞牆山分岐13:40瑞牆山14:20不動滝15:20瑞牆山荘16:10ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 ザック トレイルシューズ Tシャツ アンダーシャツ 短パン ゲイター 靴下 すれ防止クリーム マット エア枕 簡易シュラフ レイン上下 帽子 防寒着 着替え スマホ モバイルバッテリー 端末コード 地図 コンパス ナイフ 救急セット トイレットペーパー 携帯トイレ 保険証 山岳保険証 運転免許証 現金 クレジットカード類 計画書 手袋 食料 行動食 飲料水 非常食 ココヘリ サングラス メガネ予備 熊鈴 マスク予備 バーナー ボンベ コッフェル ストック ヘッドライト2個 予備電池 500mlペットボトル3本
共同装備 テント
備考 時間設定がいいかげんだった。

写真

闇夜を下り基調で進むが、地味に上りもあり、速度も出ないうえ、思ったよりすすまないので焦る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
闇夜を下り基調で進むが、地味に上りもあり、速度も出ないうえ、思ったよりすすまないので焦る。
1
陽が出てきて、明るくなり、ヘッドライトから開放された
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が出てきて、明るくなり、ヘッドライトから開放された
ニセピーク?
からの富士山
ここから急に冷え込みました。
立て続けに人とすれ違いました。
子供連れもいて、これからどこへ行くのか気になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニセピーク?
からの富士山
ここから急に冷え込みました。
立て続けに人とすれ違いました。
子供連れもいて、これからどこへ行くのか気になりました。
国師が岳
ガスの中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師が岳
ガスの中
1
北奥千丈岳2601m
今山行の最高地点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北奥千丈岳2601m
今山行の最高地点
2
奥の方は北アルプスか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の方は北アルプスか
大弛峠
にぎやかです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛峠
にぎやかです
1
朝日岳からの富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳からの富士山
金峰山
何回目だろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山
何回目だろうか?
1
瑞牆山〜小川山の稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山〜小川山の稜線
これから下る岩稜と、
奥には南アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから下る岩稜と、
奥には南アルプス
1
大日岩の上部
ここを進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岩の上部
ここを進みます
大日岩に乗っかってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岩に乗っかってます。
1
大日岩山頂で自撮り
2021年09月12日 09:30撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岩山頂で自撮り
八丁平
小川山まで3時間!?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁平
小川山まで3時間!?
1
なんか
ゆるキャラみたいだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか
ゆるキャラみたいだ
3
眺望のない小川山山頂
一瞬で立ち去りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望のない小川山山頂
一瞬で立ち去りました
1
岩峰で休憩
下部に雲が広がってきます
八ヶ岳と南アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩峰で休憩
下部に雲が広がってきます
八ヶ岳と南アルプス
瑞牆山
まだあそこまで行くんだ、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山
まだあそこまで行くんだ、、、
1
金峰山の五丈岩がぴょこんと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山の五丈岩がぴょこんと
瑞牆山への分岐まで降りて来ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山への分岐まで降りて来ました
怒涛のハイペースで瑞牆山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怒涛のハイペースで瑞牆山頂
あの下の方に見えるのはゴールの増冨温泉か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの下の方に見えるのはゴールの増冨温泉か?
1
南アルプスにも雲が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスにも雲が
道路を走り、みずがき山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路を走り、みずがき山荘
いつもはバスから一瞬見える名勝?たち、
走りながらパチリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもはバスから一瞬見える名勝?たち、
走りながらパチリ。
1
ゴマすり岩、、、
どれ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴマすり岩、、、
どれ?
きれいな渓相です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな渓相です
魚が!
いるかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚が!
いるかな?
あの岩の下なら、雨はしのげそう(増水してそれどころじゃないでしょうけど)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの岩の下なら、雨はしのげそう(増水してそれどころじゃないでしょうけど)
着いた!
間に合った!!
温泉は入れなかったけど、、、
乗客は自分一人!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた!
間に合った!!
温泉は入れなかったけど、、、
乗客は自分一人!
1

感想/記録

闇夜を、甲武信岳山頂から北天のタルまでは、下り基調で進むが、地味にピークもあり、下りも転倒が怖く、速度も出ないうえ、アップダウン多く、思ったよりすすまないので焦る。
5時過ぎ、陽が出てきて、明るくなり、ヘッドライトから開放された、ペースを上げる。
ニセピークに注意しながら進むと、どうやら着いたらしい、
からの富士山、このあたりから急に冷え込み、ようやく人がいた!と思ったら、立て続けに人とすれ違いました。
子供連れもいて、これからどこへ行くのか気になりました。
国師が岳はガスの中。
北奥千丈岳2601m、今山行の最高標高地点。
このころからガスが切れ始め、南アルプス、八ヶ岳、更に奥の方は北アルプスか。
木道をガンガン下り、大弛峠
峠の小屋は営業休止(明日から再開とのこと)で寂しかったですが、
駐車場はにぎやかです。
金峰までの間は登山者が多く、追いついて抜かしたりで、オーバーペース気味。
朝日岳からの富士山、てっぺんに笠。
金峰山。何回目の登頂だろうか?相当来てる。親と来たこともある。
富士山の笠が二重になっていた。
八ヶ岳や、瑞牆山〜小川山の稜線、
これから下る岩稜と、奥には南アルプス。
瑞牆方面へ岩稜を下っていくと、登ってくる人が多く、樹林帯へ入ってからも多く、なかなかペース配分難しい。
大日岩の上部到着。ここを進みます。
大日岩に乗っかっていきます。大日岩山頂で自撮り(笑)
八丁平までは緩い足場に足をとられたり、フラフラ、寝不足が祟っている感じ。
苔むした原生林の八丁平到着、
富士見平から来たトレイルランナーが、
「大日岩に行くか、小川山に行くか迷っているんです」
と、カロリーメイトを食べながら話していた(自分も先ほど、大日岩でカロリーメイトを食べました(笑)
「自分は小川山へ行きます」と先行?する。
道標には「小川山まで3時間!?」とあり、少しづつ焦ってくる。
岩の塊が多く、三段に積みあがった岩とかも多く、なんかゆるキャラみたいなのもある。
マイナーな山だけど、1組登山者とすれ違った。
倒木や横枝など多く、歩きにくい。
が、秩父の雰囲気は最高潮。
眺望のない小川山山頂は一瞬で折り返し、
しばらく下った岩峰で休憩。
先ほどのトレイルランナーは大日岩にしたんだな。
岩峰からの眺めは最高だけど、下部に雲が広がってきました。
八ヶ岳と南アルプス、
瑞牆山、、、
まだあそこまで行くんだ、、、
金峰山の五丈岩がぴょこんと目立ちます。
八丁平まで来ると、結構いいペースで来たのに満足し、長々と休憩しつつ、地図を確認すると、それほど余裕がないことに気が付き、慌てて出発。
瑞牆山への分岐までは沢沿いで、登山道が川になっているところもあり、歩きにくい。
瑞牆山への分岐まで降りて来ました。
下山客で賑わっています。
下山中のハイカーが多い中、涛のハイペースで瑞牆山頂。
またも金峰山が、
あの下の方に見えるのはゴールの増冨温泉か?
時間が刻一刻と過ぎていき、焦りが更に増しますが、怪我が怖いので無理は出来ません。
出来る限りのハイペースで下り、不動滝。
鑑賞している間もなく、小走り、
林道へ出るとストックを仕舞って本気走りへ。
更に舗装道路はガチ走り、しかし、みずがき自然公園から瑞牆山荘へは上り基調となり、心が折れた、、、
が、何とか到着、と、その時、登山バスが待っていたかのように発車、、、
これは想定内。ここでバスに乗る算段は無く、増富温泉までは道路を走る予定だったから。
ここでこの時間なら間にいあう、あわよくば、温泉に入ってから帰りのバスにも乗れるんじゃね?と甘い考えも。
いつもはバスから一瞬見える名勝?たち、走りながらパチリ。
きれいな渓相です。
やはりというか、何というか、温泉に入る時間は微妙に無いのがだんだんとわかってきたころに、何とか着いた!
間に合った!!
温泉は入れなかったけど、、、
乗客は自分一人!
バスに揺られ、うとうとしながらなんとか無事に帰路につきました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:217人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ