また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3518504 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

百高山2座(旭岳、小蓮華山)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年09月13日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿倉荘の駐車場に停めました。前日21時過ぎ到着で、車は10台程度。翌日に下山した時(13時過ぎ)は、駐車場は半分以下の埋まり具合でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間47分
休憩
36分
合計
9時間23分
S猿倉登山口駐車場04:0104:43白馬尻荘04:47白馬尻小屋06:03岩室跡06:1406:24避難小屋06:2507:33旭岳07:3508:19白馬山荘08:35白馬岳08:3608:55三国境08:5609:26小蓮華山09:59三国境10:0910:42白馬岳10:4610:56白馬山荘11:07白馬岳頂上宿舎11:1011:33避難小屋11:43岩室跡11:4412:46白馬尻小屋13:18猿倉荘13:2013:23猿倉登山口駐車場13:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・全体的に歩きやすいルートです。
・白馬大雪渓は短く、歩く区間は登りで10分弱くらいでした。
・大雪渓を高巻きしますが、大雪渓入る直前は足場が悪く、特に下りは注意です。
・旭岳への登りは、直登する方と一旦、小旭岳方面に行ってから登り返す方といますが、直登できそうだったため、直登しました。下りは要注意です。
・白馬岳から小蓮華山の縦走ルートは歩きやすく、素晴らしいルートです。
その他周辺情報猿倉荘から国道へ出る途中や、八方尾根の麓など、温泉多数です。

写真

大雪渓に突入です。向こう岸まで短距離ですぐに雪渓歩きは終わります。
2021年09月13日 05:24撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓に突入です。向こう岸まで短距離ですぐに雪渓歩きは終わります。
稜線に出て、旭岳。
2021年09月13日 07:03撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出て、旭岳。
旭岳山頂まであと少し。
2021年09月13日 07:32撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳山頂まであと少し。
雪倉岳方面。
2021年09月13日 07:32撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪倉岳方面。
旭岳到着!
2021年09月13日 07:33撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳到着!
遠くには槍ヶ岳が見えます。
2021年09月13日 07:47撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くには槍ヶ岳が見えます。
はるか先には富士山が見えます。
2021年09月13日 08:16撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はるか先には富士山が見えます。
こちらは頸城山塊。
2021年09月13日 08:36撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは頸城山塊。
栂池高原が見えそう。
2021年09月13日 08:36撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂池高原が見えそう。
旭岳。こちらから見ると断崖絶壁。
2021年09月13日 08:37撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳。こちらから見ると断崖絶壁。
白馬岳山頂付近から日本海方面。
2021年09月13日 08:40撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂付近から日本海方面。
小蓮華山越しに頸城山塊。
2021年09月13日 08:46撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華山越しに頸城山塊。
小蓮華山到着しました。
2021年09月13日 09:25撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華山到着しました。
小蓮華山山頂から、白馬大池と頸城山塊。
2021年09月13日 09:26撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華山山頂から、白馬大池と頸城山塊。
頸城山塊アップ。
2021年09月13日 09:26撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頸城山塊アップ。
1
こちらは小蓮華山の鉄剣と、雪倉岳。
2021年09月13日 09:28撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは小蓮華山の鉄剣と、雪倉岳。
こちらは鉢ヶ岳。
2021年09月13日 09:28撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは鉢ヶ岳。
1
北から白馬三山を望む。
2021年09月13日 09:32撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北から白馬三山を望む。
1
はるか先に槍ヶ岳。
2021年09月13日 09:32撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はるか先に槍ヶ岳。
白馬岳山頂。ここから猿倉に下ります。
2021年09月13日 10:42撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂。ここから猿倉に下ります。
白馬尻まで下りました。
2021年09月13日 12:46撮影 by Redmi Note 9S, Xiaomi
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尻まで下りました。

感想/記録

前日に立山から見た白馬岳が素晴らしく、剣沢でテント泊の予定を急遽変更、室堂まで下りて、糸魚川経由で猿倉まで移動しました。

未踏の百高山、旭岳と白馬岳を経由して小蓮華山に登りに来ました。猿倉から白馬岳に登るのは8年振りくらい。

朝3時に起床、4時スタートしました。大雪渓の巻道までナイトハイク、徐々に明るくなってきてもガスで暗い。ようやく短い大雪渓に入る手前でガスが晴れて辺りが見えました。

明るくなってからはガシガシ登りあっという間に白馬頂上宿舎。ここから目的の旭岳へ。稜線に出ると強風で寒い。ザックを稜線上にデポ、空身で旭岳へ。直登ルートはザレて登りにくく、下りも難儀しました。30分くらいで旭岳の山頂へ。祖母谷温泉方面や白山、槍穂高や頸城山塊など素晴らしい景色。写真を撮って、ザックデポ地点へ。

風が凌げる所でおにぎりを一つ食べ、白馬岳、小蓮華山を目指す。白馬岳山頂から小蓮華山は危険箇所無く、平坦で走れる所もあり、The北アルプスの稜線という感じでした。小蓮華山からは白馬大池や頸城山塊がよく見えました。

ここから白馬岳への登り返し、写真を撮って猿倉へ下山開始。途中の白馬大雪渓へを高巻きする道は下りが危険です。ここを通過して、後は白馬尻までガシガシ下り、白馬尻からもランで下山しました。

この日は良く晴れて、日本海から南アルプスまで見えて、大満足の山行でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:153人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ