また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 351866 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

【タタラの頭】 栃の木入沢、中尾根、バラ尾根の贅沢ルート

日程 2013年09月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
有間渓谷観光釣場の大駐車場を利用。
料金は300円だが、「観光目的ならタダ」と言われた。入漁料込みの料金なんだと思う。

※名栗湖左岸道路は、土砂崩落復旧工事のため現在通行止。右岸道路が迂回路になっている。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7:43落合-8:14栃の木入沢橋-8:34林道終点8:45-8:55大栃の木-9:20炭焼釜跡-
9:39上流二又-9:58炭焼窯跡10:17-12:16有間峠-12:59タタラの頭13:57-
14:58大名栗線出合15:14-16:22落合
コース状況/
危険箇所等
・栃の木入沢
前半は林道を行くので全く問題無し。林道終点からは踏み跡が薄く見失いがち。特にゴーロを歩く部分では、何となく人の通った形跡が感じられる程度。廃小屋付近は割とはっきりした踏み跡が付いていた。この日は釣り人1名に出会ったので、少ないながらもそれなりに訪れる人は居る模様。

・中尾根
歩いたのは大名栗線から上だが、尾根筋には薄く踏み跡が有る。また、P1121付近まで林道が南側をジグザグに通っている。

・バラ尾根
中尾根と同程度の踏み跡。タタラの頭からの下り始め、970m峰(栃の木入沢左岸尾根の分岐する所)までは地形が複雑で、薄い踏み跡を辿るだけの歩行は無理だろう。最低限地形図とコンパスが必要。GPSが大活躍した区間だった。
過去天気図(気象庁) 2013年09月の天気図 [pdf]

写真

栃の木入沢に向かって歩いていると、こんな案内が有った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃の木入沢に向かって歩いていると、こんな案内が有った。
1
「新編武蔵国風土記稿」から有馬大渕の絵。調べてみたら、この大渕が現在龍神渕と呼ばれている様だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「新編武蔵国風土記稿」から有馬大渕の絵。調べてみたら、この大渕が現在龍神渕と呼ばれている様だ。
4
林道から龍神渕らしき物を撮った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から龍神渕らしき物を撮った。
3
主幹道は左の瀧の入橋を渡る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主幹道は左の瀧の入橋を渡る。
四輪の通過は不可能。崩れた土砂に草が生えてるんで、長い事放置されてるみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四輪の通過は不可能。崩れた土砂に草が生えてるんで、長い事放置されてるみたい。
1
栃の木入橋で右の道に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃の木入橋で右の道に入る。
直ぐに右岸へ移る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐに右岸へ移る。
倒木が多いし藪化しつつある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木が多いし藪化しつつある。
左岸を通っていた道と合流して林道は終点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸を通っていた道と合流して林道は終点。
1
廃小屋が在った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃小屋が在った。
1
中を覘くと昭和初期のかほり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中を覘くと昭和初期のかほり。
2
廃小屋の少し先に、沢名の由来となった栃の木が有る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃小屋の少し先に、沢名の由来となった栃の木が有る。
3
近付くと圧巻のデカさ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近付くと圧巻のデカさ。
1
飯能市観光協会のページによると、幹周は大が4.7m、小が2.2m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯能市観光協会のページによると、幹周は大が4.7m、小が2.2m。
4
祠は空っぽだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠は空っぽだった。
触ると死んじゃうのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
触ると死んじゃうのか?
2
滝を右から高巻く。そんなに大変じゃない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝を右から高巻く。そんなに大変じゃない。
続いて砂防堰堤。これも右から。こっちは大変だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて砂防堰堤。これも右から。こっちは大変だった。
1
地形図上の二又(実は三又)に着いた。炭焼窯らしき石組みが在る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図上の二又(実は三又)に着いた。炭焼窯らしき石組みが在る。
近くにトタンや酒ビンが散乱していた。ここにも小屋が在ったらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くにトタンや酒ビンが散乱していた。ここにも小屋が在ったらしい。
地形図の破線はこつちに付いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図の破線はこつちに付いている。
1
直ぐ先に滝が在った。ここで諦めて引き返すべきだったな。手前の大岩もろとも大幅に高巻いて越えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐ先に滝が在った。ここで諦めて引き返すべきだったな。手前の大岩もろとも大幅に高巻いて越えた。
1
そしてまた堰堤。ここは簡単だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてまた堰堤。ここは簡単だった。
1
二又になってる所で藪に阻まれた。写真では分からないが、奥には折り重なった倒木も見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二又になってる所で藪に阻まれた。写真では分からないが、奥には折り重なった倒木も見える。
1
もう一方は堰堤。その先は奥へ行く程反り返る様な急傾斜になっていて、登るのは無理そう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一方は堰堤。その先は奥へ行く程反り返る様な急傾斜になっていて、登るのは無理そう。
諦めて引き返し、左又を行ってみた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諦めて引き返し、左又を行ってみた。
1
1つ目の堰堤を何とか越えて進むと、奥にまた堰堤が在った。左岸から登れそうだけど、倒木が邪魔をしている。ここで気持ちが折れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1つ目の堰堤を何とか越えて進むと、奥にまた堰堤が在った。左岸から登れそうだけど、倒木が邪魔をしている。ここで気持ちが折れた。
2
ルート変更して尾根へ逃げた。急斜面だけど、岩尾根なんで登り易かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート変更して尾根へ逃げた。急斜面だけど、岩尾根なんで登り易かった。
1
乗り上げるとこんな感じ。許容範囲の薄藪。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗り上げるとこんな感じ。許容範囲の薄藪。
1
林道大名栗線にやっと出れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道大名栗線にやっと出れた。
予定変更して中尾根に向かう。ここにも土砂崩れが有ったんで、四輪は通れない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定変更して中尾根に向かう。ここにも土砂崩れが有ったんで、四輪は通れない。
中尾根の先端は崖になっていて取り付けない。どうするか休憩しながら考えていると、バイクの排気音が上の方から聞こえた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾根の先端は崖になっていて取り付けない。どうするか休憩しながら考えていると、バイクの排気音が上の方から聞こえた。
南に少し回り込むと、林道が尾根筋に向かって伸びていた。気付いたのはこの人達のおかげ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南に少し回り込むと、林道が尾根筋に向かって伸びていた。気付いたのはこの人達のおかげ。
2
林道は暫く直線的に尾根を登り、左へ逸れて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は暫く直線的に尾根を登り、左へ逸れて行く。
P1121に向かってどんどん傾斜が増して行く。たまらず林道へ逃げた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1121に向かってどんどん傾斜が増して行く。たまらず林道へ逃げた。
林道終点。これで50m位の高さは稼げたかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点。これで50m位の高さは稼げたかな。
1
有間峠が隙間から見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有間峠が隙間から見えた。
邪魔にならない枯死スズタケの藪。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
邪魔にならない枯死スズタケの藪。
1
日向沢線に出た。ここは3年半振りか。懐かしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向沢線に出た。ここは3年半振りか。懐かしい。
なんか前より酷い荒れ方な気がする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか前より酷い荒れ方な気がする。
こんな笹薮有ったっけかなー。記憶に無い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな笹薮有ったっけかなー。記憶に無い。
タタラの頭(有間山)に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タタラの頭(有間山)に到着。
1
ここから下る。三角点のまん前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから下る。三角点のまん前。
2
草を掴んでズリズリとケツを滑らせて下った。もっと下り易い所が在る筈。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草を掴んでズリズリとケツを滑らせて下った。もっと下り易い所が在る筈。
リボンの目印あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リボンの目印あり。
踏み跡は有るには有るが、これだけを頼りに下るのは無理。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡は有るには有るが、これだけを頼りに下るのは無理。
2
林道で断ち切られる直前に右へ下ると階段が在る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道で断ち切られる直前に右へ下ると階段が在る。
真っ直ぐ進んだ方が近そうだったが、リボンは右へ誘導している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ直ぐ進んだ方が近そうだったが、リボンは右へ誘導している。
1
伐採地に出た。こっちへ来て良かった。風が心地良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地に出た。こっちへ来て良かった。風が心地良い。
2
下にウッドチップ歩道が見える。手前直ぐ下の林道はここで突き当たり。下る時注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下にウッドチップ歩道が見える。手前直ぐ下の林道はここで突き当たり。下る時注意。
1
何だこれ。Uターンするには狭過ぎだし、意味不明。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何だこれ。Uターンするには狭過ぎだし、意味不明。
橋を渡るとウッドチップ歩道。何だか藪っぽい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡るとウッドチップ歩道。何だか藪っぽい。
1
更に進むと、とうとう本当の藪になってしまった。ここを行くしか無いんで、長袖のジャケットを着て突入。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に進むと、とうとう本当の藪になってしまった。ここを行くしか無いんで、長袖のジャケットを着て突入。
2
広い歩道に合流。やっと藪から開放された。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い歩道に合流。やっと藪から開放された。
手入れしろよーと思っていたが、入口にはバリケード。今は使ってない道なんだろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手入れしろよーと思っていたが、入口にはバリケード。今は使ってない道なんだろうか。
1
ここのケーキ美味いんだけど、ティータイムは営業してないんだよね。今日は丁度良い時刻なんで夕めし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのケーキ美味いんだけど、ティータイムは営業してないんだよね。今日は丁度良い時刻なんで夕めし。

感想/記録

大分涼しくなって来たんで、奥武蔵の気になるルートへ行って来た。地形図にも破線が描かれている栃の木入沢だ。地形図の破線ルートは廃道化している所も多いが、果たしてここはどうか。結果から申し上げると、やはりここも廃道同然だった。砂防堰堤が幾つも続くので登る人が居なくなったんだろう。現状は栃の木入沢林道の終点がこのルートの終点でもある。

どんな道であれ最後まで行くつもりだったが、破線の終了を目前にして藪に阻まれた。藪漕ぎは流石にしたくない。二又へ戻って左又右岸の細尾根を登った。予定ではP967を経てバラ尾根上部をピストンするつもりだったけど、これだけ西へズレたら中尾根でもいいか、って感じで急遽変更した。良い選択だったと思う。気になるルートを軒並み網羅した贅沢なルートになった。


関連記録
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-979228.html
有間小屋跡から蕨山・橋小屋の頭〜バラ尾根下山

訪問者数:2932人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ