また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3528425 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

野口五郎岳~水晶岳〜赤牛岳【七倉から周回】

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年09月19日(日) ~ 2021年09月20日(月)
メンバー
天候一日目 日中は快晴
二日目 明方から昼過ぎまで晴れ 午後晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
七倉駐車場 4時前で満車(19日)
道の駅 白馬も,車中泊の車などでほぼ満車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間9分
休憩
52分
合計
10時間1分
S七倉登山口04:1805:11高瀬ダム濁沢登山口05:2005:31高瀬ダム テント場05:3205:44ブナ立尾根取付05:5106:29権太落し06:3007:52三角点08:55烏帽子小屋09:0109:08烏帽子ひょうたん池11:19野口五郎小屋11:33野口五郎岳11:5912:24真砂岳12:28真砂岳分岐12:2913:34東沢乗越14:16水晶小屋14:1714:19宿泊地
2日目
山行
14時間26分
休憩
1時間22分
合計
15時間48分
宿泊地03:0003:33水晶岳03:3504:17温泉沢ノ頭04:2005:16南赤牛岳05:1705:59赤牛岳06:0906:45南赤牛岳07:54温泉沢ノ頭07:5808:55水晶岳09:0709:34水晶小屋09:5410:21東沢乗越10:2211:34真砂岳分岐11:3512:33南真砂岳12:4113:53湯俣岳13:5415:39湯俣温泉晴嵐荘15:5516:00湯俣山荘16:0116:44名無避難小屋17:03林道終点17:0417:20東京電力高瀬川第五発電所17:54高瀬ダム湯俣登山口17:5517:58高瀬ダム濁沢登山口18:47七倉登山口18:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆七倉登山口〜高瀬ダム濁沢登山口
 特に問題なし。5km,約1時間。タクシー利用可。
◆高瀬ダム濁沢登山口〜烏帽子小屋
 急登。登山道は整備されている。
◆烏帽子小屋〜野口五郎岳
 三ツ岳のピークはあって,アップダウンあり。
◆野口五郎岳〜水晶小屋
 真砂岳のピークがあり,東沢乗越から水晶小屋まで登山道は急坂。
◆水晶小屋〜水晶岳
 山頂周辺は岩場が多いので,慎重に。
◆水晶岳〜赤牛岳
 特に危険なところはない。途中に,岩場,ザレ場がある。
 周囲が見渡せる状況では道迷いの心配はないが,
 暗い時やガスっているときは登山道がわかりにくい所がある。
◆真砂岳分岐〜晴嵐荘(竹村新道)
 崩れている所が何ヶ所かあるので,通行に注意。
 1ヶ所道が崩れ落ちていて,登山道がわかり難くなっている。
 急な坂道が多い。
◆晴嵐荘〜湯俣温泉登山口〜高瀬ダム
 渡渉があるが,大きな石が置かれているので,水量にもよるが
 濡れずに渡ることができる。
 道が崩れていたり,落石が溜まっていたりする所がある。通行に問題ない。
その他周辺情報七倉山荘(日帰り入浴可)今回は利用できなかった。
近くに大町温泉郷がある。

装備

個人装備 長袖シャツ・ Tシャツ(着替え用各2着) 着替用下着 タイツ 靴下 グローブ(予備1) 雨具 ゲイター 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション(3L) ペットボトル(500ml 2本) ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ ヘルメット ラジオ テーピング シュラフ<br />忘れた物:サングラス 虫除けスプレー

写真

七倉山荘からスタート。この連休は登山者が多いのだろう。駐車場は満車。
2021年09月19日 04:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七倉山荘からスタート。この連休は登山者が多いのだろう。駐車場は満車。
5
暗い中でもシオンを見つけた。
2021年09月19日 05:04撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗い中でもシオンを見つけた。
3
高瀬ダム。右が濁沢登山口へ。左が湯俣登山口へ。
2021年09月19日 05:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬ダム。右が濁沢登山口へ。左が湯俣登山口へ。
2
明け方までガスっていたが,晴れてきた。
2021年09月19日 05:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明け方までガスっていたが,晴れてきた。
2
高瀬キャンプ場へ。今年度は使用禁止になっている。
2021年09月19日 05:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬キャンプ場へ。今年度は使用禁止になっている。
2
花が見つからないので,キノコを撮影。
2021年09月19日 06:37撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花が見つからないので,キノコを撮影。
5
快晴だ。
2021年09月19日 06:52撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴だ。
4
イワギキョウが咲いていた。
2021年09月19日 09:10撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギキョウが咲いていた。
4
雲海が広がっている。
2021年09月19日 09:11撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が広がっている。
8
もう秋。山は紅葉が進んでいる。
2021年09月19日 09:13撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう秋。山は紅葉が進んでいる。
3
烏帽子ひょうたん池
2021年09月19日 09:16撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子ひょうたん池
5
富士山が見えた。360°すべて見渡せる。今日は最高の景色。
2021年09月19日 09:52撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が見えた。360°すべて見渡せる。今日は最高の景色。
5
針ノ木岳・蓮華岳,白馬方面。
2021年09月19日 09:57撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳・蓮華岳,白馬方面。
3
これから目指す野口五郎岳。
2021年09月19日 10:28撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから目指す野口五郎岳。
3
野口五郎岳で記念写真。近くにいた方に撮っていただきました。
水晶岳が隠れてしまった。
2021年09月19日 11:48撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野口五郎岳で記念写真。近くにいた方に撮っていただきました。
水晶岳が隠れてしまった。
15
次は水晶小屋へ。
2021年09月19日 12:17撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は水晶小屋へ。
7
左手前は赤牛岳,奥は立山。
2021年09月19日 13:42撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手前は赤牛岳,奥は立山。
3
振り返って野口五郎岳。
2021年09月19日 14:01撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って野口五郎岳。
7
明日目指す水晶岳。
2021年09月19日 14:02撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日目指す水晶岳。
5
立山,剱岳,赤牛岳。
2021年09月19日 14:02撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山,剱岳,赤牛岳。
8
水晶小屋に14時過ぎに到着。今日は明日に備えてゆっくりと休もう。寝床はこんな感じ。
2021年09月19日 15:57撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋に14時過ぎに到着。今日は明日に備えてゆっくりと休もう。寝床はこんな感じ。
5
今日の夕食はカレー。カレーにビールは合わないかも。
すでに1本頂いている。
2021年09月19日 17:04撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の夕食はカレー。カレーにビールは合わないかも。
すでに1本頂いている。
12
地震で小屋が揺れた。ビックリ。土砂が崩れて煙が上がっている。その後も何度か余震あり。
2021年09月19日 17:20撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地震で小屋が揺れた。ビックリ。土砂が崩れて煙が上がっている。その後も何度か余震あり。
2
2日目は3時スタート。風が強くガスっている。
水晶岳山頂では何も見えず。
2021年09月20日 03:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目は3時スタート。風が強くガスっている。
水晶岳山頂では何も見えず。
3
ご一緒させていただいた女性3人。みなさん頼もしく,私はただ付いていくだけ。
2021年09月20日 03:52撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご一緒させていただいた女性3人。みなさん頼もしく,私はただ付いていくだけ。
5
御来光は見れず残念だったが,少し晴れてきた。
2021年09月20日 05:41撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御来光は見れず残念だったが,少し晴れてきた。
5
太陽が顔を出した。
2021年09月20日 05:44撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が顔を出した。
7
目指す赤牛岳が赤く照らされている。
2021年09月20日 05:48撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す赤牛岳が赤く照らされている。
3
黒部五郎岳。カールに雲がかかって,こんな景色もいい。
2021年09月20日 05:48撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳。カールに雲がかかって,こんな景色もいい。
5
登った時は周囲が全く見えなかった水晶岳。帰りに期待。
2021年09月20日 05:50撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った時は周囲が全く見えなかった水晶岳。帰りに期待。
3
水晶岳に槍ヶ岳を添えて。
2021年09月20日 05:50撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳に槍ヶ岳を添えて。
7
東の方も雲が消えた。
2021年09月20日 05:50撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の方も雲が消えた。
5
赤牛岳で記念撮影。ご一緒させていただいた方に撮ってもらいました。
2021年09月20日 06:03撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛岳で記念撮影。ご一緒させていただいた方に撮ってもらいました。
14
温泉沢ノ頭。高天ヶ原へも行ってみたい。
2021年09月20日 08:03撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉沢ノ頭。高天ヶ原へも行ってみたい。
4
行きでは取れなかった水晶岳での記念撮影。3年前は景色が良くなかったが,今回はバッチリ。
2021年09月20日 09:06撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きでは取れなかった水晶岳での記念撮影。3年前は景色が良くなかったが,今回はバッチリ。
6
お世話になった水晶小屋。
2021年09月20日 09:59撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になった水晶小屋。
3
水晶小屋から水晶岳を。この手前に野口五郎岳への登山道がある。
2021年09月20日 09:59撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋から水晶岳を。この手前に野口五郎岳への登山道がある。
2
真砂岳の手前下にある分岐が見える。
2021年09月20日 11:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂岳の手前下にある分岐が見える。
3
イワギキョウ。
2021年09月20日 11:25撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギキョウ。
2
これから向かう竹村新道。南真砂岳を登り返さないといけないのが辛いな。
2021年09月20日 11:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう竹村新道。南真砂岳を登り返さないといけないのが辛いな。
2
渡渉あり。覚悟の上だ。
2021年09月20日 11:41撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉あり。覚悟の上だ。
3
黄色い花はアキノキリンソウか?
2021年09月20日 11:57撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色い花はアキノキリンソウか?
2
ヤマハハコ?
2021年09月20日 11:59撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ?
2
登山道が崩れ落ちてわかり難くなっていたので,ピンクリボンを取り付けてきた。たまたま持っていてラッキー。
2021年09月20日 12:05撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が崩れ落ちてわかり難くなっていたので,ピンクリボンを取り付けてきた。たまたま持っていてラッキー。
4
昼のお弁当。すでに1個食べてしまったので,これから2個目。
腹が空いては何とやら,だな。
2021年09月20日 12:42撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼のお弁当。すでに1個食べてしまったので,これから2個目。
腹が空いては何とやら,だな。
7
紅葉が進んでいる。
2021年09月20日 12:51撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が進んでいる。
8
ここの紅葉が一番キレイだった。
2021年09月20日 13:07撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの紅葉が一番キレイだった。
6
竹村新道の最後の方の下り。笹がずっと広がっている。どこまで続くのか。
2021年09月20日 15:11撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹村新道の最後の方の下り。笹がずっと広がっている。どこまで続くのか。
2
お化けキノコを発見。ストックの持ち手ほどある。
2021年09月20日 15:16撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お化けキノコを発見。ストックの持ち手ほどある。
4
晴嵐荘に到着。こんな大きなザックを担いで2日間移動。
山小屋1泊なのに何でこんな荷物が多いの?
荷物をもう一度考え直そう。
2021年09月20日 15:59撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴嵐荘に到着。こんな大きなザックを担いで2日間移動。
山小屋1泊なのに何でこんな荷物が多いの?
荷物をもう一度考え直そう。
7
渡り終えた後に撮影。石を並べていただいた方に感謝。ここの工事現場の方々かな?濡れずに渡れた。
2021年09月20日 16:06撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡り終えた後に撮影。石を並べていただいた方に感謝。ここの工事現場の方々かな?濡れずに渡れた。
6
登山道と工事車両用道路が一部共用されている。
2021年09月20日 16:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道と工事車両用道路が一部共用されている。
3
いつもはクーラーボックスにコーラを入れてくるのだが,今回は1泊なので持って来なかった。自販機で購入。晴嵐荘では売り切れていて飲めなかった。
2021年09月20日 19:07撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもはクーラーボックスにコーラを入れてくるのだが,今回は1泊なので持って来なかった。自販機で購入。晴嵐荘では売り切れていて飲めなかった。
5
やっぱり最後はソフトクリームかな😊
2021年09月20日 19:49撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり最後はソフトクリームかな😊
8

感想/記録

3年ぶりの山小屋泊。
赤牛岳に登りたくて今回の山行を計画した。最初は9/24泊のつもりだったが,休みが取れなくなり9/19に変更。HPでは満室の表示だったが予約できた。ラッキー。
1日目は,七倉登山口から水晶小屋まで。スタートした時はガスっている感じで,天気が良くないのかなとちょっと心配だったが,三角点手前からすごくいいお天気になって,それ以降雲が全くない快晴がずっと続いた。こんなお天気の日に登れるなんてなんて幸せ,思いながら登った。野口五郎岳では360°遠くまで見渡せる最高の景色。こんな日はそう滅多にない。本当にいい日に登れて大満足😊
欲張って,鷲羽岳に登ろうかなと考えたが,2日目ボロボロになった剱岳のことがあるので,翌日に備えて1日目はゆっくり休むことにした。
夕食頃,地震で揺れたのにはビックリ。登山道にも少し被害が出たようでした。
夜は食堂で山の話で盛り上がり,一日山三昧という感じで楽しい時間を過ごすことができました😁
2日目は,水晶岳,赤牛岳へ。烏帽子小屋でお話した方が,3時に出発するということだったので,ご一緒させてもらいました。私が皆さんの足を引っ張ることになって申し訳なかったですが,暗い中道に迷わずに行けたのはご一緒させていただいたおかげ。感謝🙏です。有難うございました。
行きは,水晶岳で記念撮影できませんでしたが,帰りは快晴の中で記念撮影ができました。赤牛岳でもいい写真が撮れて満足😊
赤牛岳からの下山は長かった。予定が甘かったこともあり,随分と時間がかかってしまった。竹村新道では足に相当の負荷がかかってしまったため,晴嵐荘から七倉までが辛く,ゴールまでが本当に遠く感じた。下山しているときは,こんなロングコースはもうやめよう,と思いながら歩いていたのですが,一晩寝るとまた行こうと思ってしまったりして(笑)
久しぶりの山小屋1泊は楽しかった〜😊
またやりたいなぁ〜。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:448人

コメント

赤牛岳まで先頭を歩いた者です。ご一緒できて楽しかったです。計画通りの時間で下山されたのですね!お疲れ様でした。
私たちも10:20の船に乗ることができました。
2021/9/21 14:57
kouazu さん,こんにちは(^^)
コメントありがとうございます。

一昨日,昨日とお話をさせていただき,楽しかったです😊
特に,赤牛岳への登山は,ご一緒できて楽しかったと同時に,道迷いもなく登ることができて感謝です🙇
一人だと,少し進んでは地図アプリを開き,また少し進んでは開く。この繰り返しなので,時間ばかりかかってしまってなかなか進みません。本当に助かりました。

予定通りの船に乗ることができてよかったです。
お疲れ様でした ♫〜
2021/9/21 16:26
お疲れ様です
水晶小屋の寝床で隣にいた岸と申します

無事、赤牛岳まで縦走できたのですね
朝は出発時は雲ってましたが、日の出の時間から晴れてきて、二日目も良い天気でしたね

自分は水晶小屋で日の出を見てから、新穂高へ帰りました
わさび平付近の林道が、落石でふさがれていて、ブルで撤去中でした(通行可)
2021/9/22 12:48
deli さん,こんにちは(^^)

水晶小屋では楽しい時間を過ごさせてもらいました。ありがとうございました。
山小屋に泊まると夜もずっと山の話題が過ごすことができ,私にとってはとても楽しい時間を持つことができてうれしいです。
あの地震では,槍ヶ岳がニュースになっていましたが,鷲羽岳への登山道にも影響があったと聞きます。
deli さんも無事下山できて何よりです。たぶん新穂高からのピストンは,私よりロングコースではないでしょうか。
お疲れ様でした ♫〜
2021/9/22 13:10
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ