また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 357037 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 中央アルプス

木曽駒ヶ岳&焼岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2013年10月11日(金) 〜 2013年10月12日(土)
メンバー
 mizopi(CL)
, その他メンバー3人
天候金曜夜は雨、登り出しは曇り・・・。途中晴れ・・・。山頂は暴風・・・。紅葉は8部。星空を見たかった。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
19:00神戸→22:00→中津川IC→23:00道の駅ささりんどう館→(仮眠〜5:00)翌6:25福島Bコース起点
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

駐車スペース6:25→4合目7:25→4合目半(力水)8:00→5合目8:30→6合目9:07→7合目9:50(食事等〜10:30)→8合目11:35→玉乃窪山荘(9合目)13:04→頂上木曽小屋13:40→木曽駒ヶ岳14:00→(強風でテント諦め、下山)14:30→駐車スペース19:00
コース状況/
危険箇所等
茶臼山コースは、吊り橋崩落との看板があり、断念。4合目半の力水は、チョロチョロ。8合目はたっぷり。強風を懸念しながらの登山だったが、頂上の登山者が「テント撤収して宝剣山荘に移動!」とのこと。・・・・思い切って下山して他の山を目指すことに・・・。
過去天気図(気象庁) 2013年10月の天気図 [pdf]

写真

木曽駒高原スキー場跡からこれからの道のり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒高原スキー場跡からこれからの道のり。
茶臼山は周回できないようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山は周回できないようです。
出発時は無風。これなら大丈夫かも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発時は無風。これなら大丈夫かも。
静かな樹林帯を30分歩き・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな樹林帯を30分歩き・・
力水は少々心細い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
力水は少々心細い。
ブナからシラビソに変わり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナからシラビソに変わり。
時折朝日も差し込む気持ちの良い登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折朝日も差し込む気持ちの良い登り。
紅葉から青空が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉から青空が見えます。
差し込む朝日もさわやか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
差し込む朝日もさわやか。
玉乃窪山荘付近の峠を望みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉乃窪山荘付近の峠を望みます。
茶臼山を対面に眺めながら7合目に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山を対面に眺めながら7合目に向かいます。
7合目避難小屋。水洗トイレ!。感激して200円投入。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7合目避難小屋。水洗トイレ!。感激して200円投入。
木曽駒ヶ岳頂上でのテントを予想して、早めの昼食。素麺の麻婆なす風味(青物入れ忘れ。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳頂上でのテントを予想して、早めの昼食。素麺の麻婆なす風味(青物入れ忘れ。)
8合目の力水は豊富。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目の力水は豊富。
山姥岩付近で再び雲が・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山姥岩付近で再び雲が・・・
雲が晴れますように!。ジャンプ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が晴れますように!。ジャンプ!
山姥岩・・・おや?。8合目と写真の順番が逆になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山姥岩・・・おや?。8合目と写真の順番が逆になりました。
山姥岩から麦草岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山姥岩から麦草岳方面
ダケカンバとナナカマドが色づき。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバとナナカマドが色づき。
1
紅葉が深まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が深まります。
ウラジロナナカマド越しの飯田市方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロナナカマド越しの飯田市方面。
燃えるようなオレンジです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燃えるようなオレンジです。
9合目に向かう急登もウラジロナナカマドの群生
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9合目に向かう急登もウラジロナナカマドの群生
しばし、疲れを忘れて見とれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし、疲れを忘れて見とれます。
紅葉と下界の緑のコントラスト
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉と下界の緑のコントラスト
一時雲が晴れ、駒ヶ岳の頂上方向を確認します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時雲が晴れ、駒ヶ岳の頂上方向を確認します。
玉乃窪山荘が近くなり・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉乃窪山荘が近くなり・・・
雲が流れて・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が流れて・・・
緑の残る稜線・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑の残る稜線・・
紅葉と緑の入れ替わりがすばらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉と緑の入れ替わりがすばらしい。
玉乃窪山荘はオフシーズン。中からテレビの音が聞こえてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉乃窪山荘はオフシーズン。中からテレビの音が聞こえてきました。
これから進む、頂上木曽小屋方面を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む、頂上木曽小屋方面を望む。
信仰の山の姿が現れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信仰の山の姿が現れます。
江戸、明治・・・信仰の時を経て、信仰心のない男が酒を担いで登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江戸、明治・・・信仰の時を経て、信仰心のない男が酒を担いで登っていきます。
振り返ると御嶽山の姿が雲を被っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると御嶽山の姿が雲を被っていました。
宝剣からの稜線がすばらしい。明日はあそこを歩くぞ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣からの稜線がすばらしい。明日はあそこを歩くぞ!
1
クラブで初めて登った宝剣
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラブで初めて登った宝剣
木曽前岳と麦草岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽前岳と麦草岳
頂上木曽小屋(バッチ購入)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上木曽小屋(バッチ購入)
「テントは止めた方がいいよ」親父さんの忠告を背負いながら、頂上を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「テントは止めた方がいいよ」親父さんの忠告を背負いながら、頂上を目指します。
強風・・・「テント撤収してきました。連れは山荘で留守番。一人で登ってきました。」との登山者の言葉にテント泊を悩みながらウロウロ・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風・・・「テント撤収してきました。連れは山荘で留守番。一人で登ってきました。」との登山者の言葉にテント泊を悩みながらウロウロ・・・
伊那側の神社・・・テントは難しい・・かといって、1畳に3人の山小屋はごめん!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那側の神社・・・テントは難しい・・かといって、1畳に3人の山小屋はごめん!!
頂上に別れを告げ、日帰り下山することにします。千畳カール、宝剣は又今度来るぞ。さて、今から下山すると・・・日が落ちる。明日はどこに登るか・・・それとも弾丸帰宅すべきか・・・迷い迷いの50まぢか・・・信仰が足りませんね!。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に別れを告げ、日帰り下山することにします。千畳カール、宝剣は又今度来るぞ。さて、今から下山すると・・・日が落ちる。明日はどこに登るか・・・それとも弾丸帰宅すべきか・・・迷い迷いの50まぢか・・・信仰が足りませんね!。

感想/記録
by mizopi

クラブに新しい仲間が加わった・・・。13日はクライミング・・・いや・・この三連休は、アルプスに登るつもりだった・・・。スミマセン、駒ヶ岳に行ってきます。と・こ・ろ・が・・・。強風でテント泊を断念。まさかの日帰り登山に!。往復14時間。デポした水6リットル、酒1リットル。下山した時はすっかり日も落ち。ここから、焼岳に転身することにしました。平湯に着いたのは11時。明日はどうなることやら。20日はクライミングに合流しますので、クラブの先輩方、今回はお許しください。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1114人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ