また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3630649 全員に公開 ハイキング 甲信越

裏越後三山縦走(荒沢岳→中ノ岳→越後駒ケ岳)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年10月10日(日) ~ 2021年10月11日(月)
メンバー
天候10日: 快晴 11日: 快晴→下山後に曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
32:00
距離
29.2 km
登り
2,854 m
下り
2,854 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間8分
休憩
1時間55分
合計
12時間3分
S荒沢岳登山口03:5104:19前山04:2004:53前下05:27鎖場05:2805:4605:4706:49荒沢岳07:1207:35灰吹山08:19灰ノ又山08:40源蔵山08:51陽の水08:5809:08巻倉山09:1110:02兎岳10:1310:42小兎岳11:56池ノ段分岐12:12中ノ岳12:4912:53中ノ岳避難小屋12:5613:17四合目13:44檜廊下13:4514:24天狗平14:4015:11中ノ岳、グシガハナ分岐15:33越後駒ヶ岳15:4415:54駒の小屋
2日目
山行
3時間15分
休憩
7分
合計
3時間22分
駒の小屋07:2207:57百草の池08:25小倉山08:2809:02道行山09:0510:34石抱橋10:3510:44荒沢岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
銀山平〜荒沢岳→ 前グラからの岩場は注意を要する。登りでの利用なため難儀することは無かったが、下りでは進んで使いたくはないルート。

荒沢岳〜兎岳→ 気持ちのいい稜線歩き。アップダウンは大きくはないが、細かいアップダウンが続き体力をジワジワ削ってくる。最後の兎岳への登りはちょっときつい。笹は綺麗に刈られており整備されているが、泥や笹の残骸を踏んで滑る箇所多々。

兎岳〜越後駒ケ岳→ 兎岳からの下りは泥濘ひどく滑る滑る。中ノ岳と越後駒ケ岳への登り返しも結構きつい上に、中ノ岳と越後駒ケ岳の間の檜廊下あたりは岩場が険しく、非常に気を遣う。疲れていたこともあり、精神的に非常に疲れた区間。

越後駒ケ岳〜道行山→ 越後駒ケ岳直下は岩場の登山道。七草池あたりは緩やかで階段等整備された歩きやすい道。

道行山〜銀山平→ 山と高原地図には記載されていないルートだが、踏み後は明瞭。ところどころ急な箇所があり登りで使うのはそこそこ体力使いそう。林道に出る直前に沢へ出る箇所あるが、ここが非常に迷いやすい。沢へ降りたら、沢をそのまま下って行かず、沢へ降りた地点から10m程下流側で右岸へ渡渉し、そのまま右岸を高巻く踏み後があるので、そこを進むこと。
その他周辺情報かもしかの湯(入浴:600円)を利用。
白銀の湯も近くにあるが、白銀の湯は12時から営業に対して、かもしかの湯は10時から。
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) ヘッドランプ GPS ロールペーパー 携帯 ストック カメラ テントマット シェラフ

写真

前日、10/9に登山口まで来るも朝から雨が降っており、その日は魚沼で美味しいものを食べまくる日に変更。
1日待って10/10の4時前から登山開始。今日は快晴。1日待った甲斐があった。
2021年10月10日 05:20撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日、10/9に登山口まで来るも朝から雨が降っており、その日は魚沼で美味しいものを食べまくる日に変更。
1日待って10/10の4時前から登山開始。今日は快晴。1日待った甲斐があった。
前グラから暗闇の中、岩を一つ一つ丁寧に登っていきます
2021年10月10日 05:23撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前グラから暗闇の中、岩を一つ一つ丁寧に登っていきます
前グラでヘッドライトを消す。奥只見湖が眼下に。
2021年10月10日 05:45撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前グラでヘッドライトを消す。奥只見湖が眼下に。
越後駒ケ岳モルゲン
2021年10月10日 05:53撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ケ岳モルゲン
1
山頂よりちょっと下が紅葉ピーク!
2021年10月10日 06:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂よりちょっと下が紅葉ピーク!
3
荒沢岳山頂を確認!
2021年10月10日 06:37撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒沢岳山頂を確認!
1
兎岳あたりは雲があるも、最高の天気!
2021年10月10日 06:38撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳あたりは雲があるも、最高の天気!
荒沢岳山頂へ到着。お腹減ったので団子やパンを食べてエネルギー補給していると、何名か登ってこられる方が!ここで出会った1名の方と、越後駒ヶ岳まで励まし合いながら進むことに。
2021年10月10日 06:49撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒沢岳山頂へ到着。お腹減ったので団子やパンを食べてエネルギー補給していると、何名か登ってこられる方が!ここで出会った1名の方と、越後駒ヶ岳まで励まし合いながら進むことに。
1
これから歩く稜線。真ん中に兎岳、その右に中ノ岳。遠すぎて笑える!
2021年10月10日 07:02撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く稜線。真ん中に兎岳、その右に中ノ岳。遠すぎて笑える!
2
振り返って、荒沢岳。荒沢岳は尖がっている。
2021年10月10日 07:35撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、荒沢岳。荒沢岳は尖がっている。
荒沢岳から下った鞍部にある池。紅葉がきれい。
2021年10月10日 07:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒沢岳から下った鞍部にある池。紅葉がきれい。
1
荒沢岳から結構降りてきた。
2021年10月10日 07:53撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒沢岳から結構降りてきた。
1
緩やかに登って灰ノ又山到着。
2021年10月10日 08:19撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかに登って灰ノ又山到着。
丹後山方面は雲の中。
2021年10月10日 08:21撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹後山方面は雲の中。
最高の天気の中、憧れのコースを歩けて幸せ
2021年10月10日 08:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の天気の中、憧れのコースを歩けて幸せ
2
兎岳に向かってメッチャ登るなー。。。
2021年10月10日 08:43撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳に向かってメッチャ登るなー。。。
2
今日中に次の水場、駒の小屋までは辿り着けそうなので、ここはスルー
2021年10月10日 08:51撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日中に次の水場、駒の小屋までは辿り着けそうなので、ここはスルー
巻倉山!ここから見る中ノ岳がかっこいい!
2021年10月10日 09:10撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻倉山!ここから見る中ノ岳がかっこいい!
1
疲れたけど景色がいいから、まだ歩く元気はある!
2021年10月10日 09:17撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れたけど景色がいいから、まだ歩く元気はある!
2
雲の向こうにかろうじて荒沢岳。結構歩いてきた。
2021年10月10日 09:56撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の向こうにかろうじて荒沢岳。結構歩いてきた。
兎岳到着!9月に登った南アルプスの兎岳に続き、今シーズン2つ目のラビットサミット
2021年10月10日 10:02撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳到着!9月に登った南アルプスの兎岳に続き、今シーズン2つ目のラビットサミット
1
噂のウサギさん発見。
2021年10月10日 10:12撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噂のウサギさん発見。
3
兎岳からは越後三山が1枚の写真に収められる。
2021年10月10日 10:12撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳からは越後三山が1枚の写真に収められる。
3
これから進む中ノ岳と越後駒ケ岳。最高の景色!!
2021年10月10日 10:24撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む中ノ岳と越後駒ケ岳。最高の景色!!
4
兎岳を振り返る。北側の下り斜面は日が当たらないからか、泥濘ひどく、見事に転んだ。
登山靴のグリップが弱くなっていることもあり、この日4回くらい転んだ気がする。転ぶ度にメンタル削れるので、滑らない靴推奨!(当たり前)
2021年10月10日 10:40撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳を振り返る。北側の下り斜面は日が当たらないからか、泥濘ひどく、見事に転んだ。
登山靴のグリップが弱くなっていることもあり、この日4回くらい転んだ気がする。転ぶ度にメンタル削れるので、滑らない靴推奨!(当たり前)
1
この時期のこの標高に雪渓が残っていることが驚き。どれだけ雪深いんだ。。。
2021年10月10日 11:02撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期のこの標高に雪渓が残っていることが驚き。どれだけ雪深いんだ。。。
1
中ノ岳山頂に到着!越後駒ケ岳よりも見た目かっこよく、MY 100名山に勝手に認定。
2021年10月10日 12:13撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳山頂に到着!越後駒ケ岳よりも見た目かっこよく、MY 100名山に勝手に認定。
3
八海山が間近に見える。次はこっちに登りたい。
2021年10月10日 12:14撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八海山が間近に見える。次はこっちに登りたい。
2
中ノ岳非難小屋は誰もいない。朝の時点ではここに泊まろうと考えていたが、時間はまだ13時前だし、駒の小屋までとりあえず進むことを決断。
2021年10月10日 12:56撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳非難小屋は誰もいない。朝の時点ではここに泊まろうと考えていたが、時間はまだ13時前だし、駒の小屋までとりあえず進むことを決断。
1
これから向かう越後駒ケ岳方面。ここから見たときはそこまで危険な箇所もなく、きつくもなさそうと思ったが、この日の核心部はまさかのこの区間だった。
2021年10月10日 13:09撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう越後駒ケ岳方面。ここから見たときはそこまで危険な箇所もなく、きつくもなさそうと思ったが、この日の核心部はまさかのこの区間だった。
3
中ノ岳から結構降りてきた。
2021年10月10日 13:40撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳から結構降りてきた。
4
檜廊下を越えて、後ろを振り返ると中ノ岳へ続く稜線がかっこいい。檜廊下通過で残っていた体力も精神力もほとんどすべてを搾り取られて、この時点でヘロヘロ。
2021年10月10日 15:05撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜廊下を越えて、後ろを振り返ると中ノ岳へ続く稜線がかっこいい。檜廊下通過で残っていた体力も精神力もほとんどすべてを搾り取られて、この時点でヘロヘロ。
3
越後駒ケ岳山頂にやっと到着。朝に荒沢岳から見た越後駒ケ岳は遥か遠く、辿り着ける気が全くしなかったが、どうやら人間は自分が思っているよりも長い距離を1日で進めるらしい。
2021年10月10日 15:33撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ケ岳山頂にやっと到着。朝に荒沢岳から見た越後駒ケ岳は遥か遠く、辿り着ける気が全くしなかったが、どうやら人間は自分が思っているよりも長い距離を1日で進めるらしい。
2
駒の小屋から今日中に下山することも考えたけど、檜廊下で気持ちが切れてしまい、時間的にも体力的にもここが今の自分の限界点。ということで、駒の小屋に一泊。荒沢岳からご一緒した方はここから更に下っていった。自分には無理です。尊敬!!
2021年10月10日 15:54撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒の小屋から今日中に下山することも考えたけど、檜廊下で気持ちが切れてしまい、時間的にも体力的にもここが今の自分の限界点。ということで、駒の小屋に一泊。荒沢岳からご一緒した方はここから更に下っていった。自分には無理です。尊敬!!
2
小屋に荷物を置いて、サンセットを見に、山頂へ再び登頂。
2021年10月10日 17:06撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に荷物を置いて、サンセットを見に、山頂へ再び登頂。
5
長かった1日が終わる。心は「幸せ」と言っており、脚は「お腹いっぱい」って言っている。
2021年10月10日 17:18撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長かった1日が終わる。心は「幸せ」と言っており、脚は「お腹いっぱい」って言っている。
5
ご来光を見に、越後駒ケ岳へ再度登る。中ノ岳方面がきれいだった。
2021年10月11日 05:54撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光を見に、越後駒ケ岳へ再度登る。中ノ岳方面がきれいだった。
6
朝日を浴びる駒の小屋。数日前まで今日は雨予報だったが、午前中は天気がいい予報へと変わってラッキー。
2021年10月11日 06:17撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を浴びる駒の小屋。数日前まで今日は雨予報だったが、午前中は天気がいい予報へと変わってラッキー。
2
お世話になった駒の小屋。小屋の管理人さんと楽しく会話をした後、7時過ぎに下山開始。管理人さんは山への愛を感じる温かい人でした。
2021年10月11日 07:10撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になった駒の小屋。小屋の管理人さんと楽しく会話をした後、7時過ぎに下山開始。管理人さんは山への愛を感じる温かい人でした。
3
越後駒ケ岳からは暫く岩の登山道が続きます
2021年10月11日 07:34撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ケ岳からは暫く岩の登山道が続きます
1
小倉山からは登山道の向こうに越後駒の山頂が見えます
2021年10月11日 08:25撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山からは登山道の向こうに越後駒の山頂が見えます
1
道行山から越後駒ケ岳。こうして見ると紅葉きれい。
2021年10月11日 08:56撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道行山から越後駒ケ岳。こうして見ると紅葉きれい。
1
道行山より、これから降りる銀山平方面。道行山から銀山平に降りる間に蜂に2回襲われて尻尾を巻くように逃げました
2021年10月11日 09:05撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道行山より、これから降りる銀山平方面。道行山から銀山平に降りる間に蜂に2回襲われて尻尾を巻くように逃げました
石抱橋からの越後駒ケ岳。この後、午後には山頂は雲の中へ消えていきました。
2021年10月11日 10:34撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石抱橋からの越後駒ケ岳。この後、午後には山頂は雲の中へ消えていきました。
1
撮影機材:

感想/記録

10年ほど前からずっと歩いてみたいと思っていた裏越後三山。
このコースを歩くなら秋の紅葉シーズンだと前々から思っており、計画を温めていたものの天候が悪かったり、休みが取れなかったりと計画実行できぬまま長い年月が経ってしまいました。
そして、今年やっと紅葉の時期に4連休を取ることができ、1泊2日で裏越後三山縦走→次の日に八海山を単独で登ることを計画。
仕事を終えて、銀山平まで来たものの、10/9(土)朝起きたら雨。
前日登山口に着いたのが遅かったこともあり、二度寝して、晴れてたら登ろうと思ったものの、二度寝から目覚めても依然雨。
この日の登山はあきらめて、南魚沼でラーメン食べたりケーキ食べたり散財して遊びました。

そして、翌日、待った甲斐合っての快晴!
裏越後三山は思っていた通り最高の縦走路でした。
当初は初日は中ノ岳避難小屋まで行って1泊できれば上出来だと思っておりましたが、荒沢岳山頂でお話をした方々が日帰りで裏越後三山縦走される方や、銀山平から荒沢岳経由で兎岳を日帰りピストンする方など健脚揃いで、なぜか自分も触発されて歩くペースを速め、行けるところまで進むことに決定。

兎岳到着くらいまでは1日で銀山平まで周遊することも考えてましたが、檜廊下の岩場の歩きにくさで精神的にすり減り、最後の越後駒ケ岳の登りは力無い歩き方になっていたため、駒の小屋に1泊することに決定。
2日目は早く歩く必要もなくなり、ゆっくり気ままに山を楽しみました。

まだまだ自分には日帰りで三山縦走する力は無いようです。
日々体力が落ちて行っている気がするので、もう一度トレーニングして歩ける距離を伸ばしたいなと思わされた山行でした。

最後に、荒沢岳から越後駒ヶ岳まで抜きつ抜かれつで苦楽を共にした方、楽しいお話のおかげでこのペースで歩くことができました。
この場を借りてお礼申し上げます。また一緒に登山できる日が来たらいいなと心から思います!次はもう少し楽なコースを希望で!笑
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:434人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ