また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3639263 全員に公開 ハイキング 富士・御坂

長者ヶ岳&天子ヶ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年10月15日(金) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
田貫湖南岸オートキャンプ場駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間34分
休憩
53分
合計
5時間27分
S田貫湖キャンプ場06:1806:29休暇村富士07:08休暇村分岐07:1108:05長者ヶ岳08:4409:01上佐野分岐09:0509:23天子ヶ岳09:3010:05林道終点10:41天子ヶ岳登山口211:42田貫湖キャンプ場11:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
特に問題になるところはない。登山口から長者ヶ岳、長者ヶ岳から天子ヶ岳までは、歩きやすい道が続く。天子ヶ岳からの下りの最初は急坂。また、林道にでる直前も短いが急。後は、歩きやすい道(ただし、溝ができているところは、避けてくだった方が無難)です。
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図 [pdf]

写真

出発前。田貫湖の駐車場では、富士山が見えていた
2021年10月15日 06:18撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発前。田貫湖の駐車場では、富士山が見えていた
1
休暇村の先の登山案内板
2021年10月15日 06:31撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休暇村の先の登山案内板
登山口
2021年10月15日 06:36撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口
整備された道が始まる
2021年10月15日 06:36撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備された道が始まる
尾根に到着。ベンチがある
2021年10月15日 07:07撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に到着。ベンチがある
ベンチからは田貫湖が良く見える。雲が出てきた・・・
2021年10月15日 07:07撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチからは田貫湖が良く見える。雲が出てきた・・・
尾根道はよく整備されている。
2021年10月15日 07:21撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道はよく整備されている。
残り50分。
2021年10月15日 07:25撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残り50分。
地図上のベンチ。
2021年10月15日 07:46撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図上のベンチ。
ベンチの少し先から急登。20分ほどで長者ヶ岳山頂
2021年10月15日 08:04撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチの少し先から急登。20分ほどで長者ヶ岳山頂
山頂のベンチ
2021年10月15日 08:04撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のベンチ
三角点
2021年10月15日 08:05撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点
天子ヶ岳への稜線の「上佐野」への分岐地点
2021年10月15日 09:00撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天子ヶ岳への稜線の「上佐野」への分岐地点
新しい標識
2021年10月15日 09:01撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しい標識
山頂の看板。その前から標高があまり変わらないので、標識が無ければ山頂は同定できないですね。
2021年10月15日 09:22撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の看板。その前から標高があまり変わらないので、標識が無ければ山頂は同定できないですね。
富士見台への看板。行ってみたが、目をつぶって想像するしか・・・今日は、予想と大違いでした。
2021年10月15日 09:23撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台への看板。行ってみたが、目をつぶって想像するしか・・・今日は、予想と大違いでした。
もう一つの山頂標識
2021年10月15日 09:24撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一つの山頂標識
ヒノキとかいてある。
2021年10月15日 09:27撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒノキとかいてある。
ヨウラクツツジ伝説。
2021年10月15日 09:27撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨウラクツツジ伝説。
芝川への分岐。そのうち桜峠まで。が、そこからが長ーーーい歩きが・・・・
2021年10月15日 09:33撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝川への分岐。そのうち桜峠まで。が、そこからが長ーーーい歩きが・・・・
同じところの標識
2021年10月15日 09:33撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じところの標識
地図上の林道終点。登山道が林道に代わるわけではなく、右手に南西側からの林道の終点が見えるということらしい。
2021年10月15日 10:01撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図上の林道終点。登山道が林道に代わるわけではなく、右手に南西側からの林道の終点が見えるということらしい。
ここからひろーーい緩やかなみちが続く。
2021年10月15日 10:02撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからひろーーい緩やかなみちが続く。
もう朽ち果てそうな標識
2021年10月15日 10:41撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう朽ち果てそうな標識
最後の急な坂を下りると林道。直前にトラックが二台走っていた。
2021年10月15日 10:41撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急な坂を下りると林道。直前にトラックが二台走っていた。
林道側から見ると階段が整備されているようだが・・・使い物にはならなくなってしまっている
2021年10月15日 10:42撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道側から見ると階段が整備されているようだが・・・使い物にはならなくなってしまっている
林道を田貫湖方面に歩くと「山の神」が。一応、下山の挨拶を。
2021年10月15日 10:53撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を田貫湖方面に歩くと「山の神」が。一応、下山の挨拶を。
途中でわたる橋は「西沢川」にかかる「岩下橋」。完工1992年となっているが、反対側の看板には平成四年竣工となっている。
2021年10月15日 11:15撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中でわたる橋は「西沢川」にかかる「岩下橋」。完工1992年となっているが、反対側の看板には平成四年竣工となっている。
この「天子の森」は、全国水源の森百選にはいっているとのこと。
2021年10月15日 11:16撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この「天子の森」は、全国水源の森百選にはいっているとのこと。
漸く、休暇村の角に到着。
2021年10月15日 11:34撮影 by SO-04F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く、休暇村の角に到着。
撮影機材:

感想/記録

快晴の天気予報。気象庁のSCWでも、ほとんど雲がないとの予報だったのだが、登り始めてしばらくして雲が出てきた。長者ヶ岳の山頂に着いた時には、完全に雲の中。東側は全く展望がない状況。西側は、晴れていたので、しばらく、待ったが、無駄だった。
天子ヶ岳も同様で、山頂からの富士山は、今回も、見えなかった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:280人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 三角点 ヒノキ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ