また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3642779 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白山

白山(初雪ならず!砂防-加賀禅定道)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年10月17日(日) [日帰り]
メンバー
天候雨のちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
1台を加賀禅定道下山口のハライ谷にデポ。
もう1台で砂防新道登山口の別当出合まで。
別当出合の路肩駐車場は朝の時点では駐車可能だったが、帰ってきたら鎖が張られていた。なんで?
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間58分
休憩
50分
合計
8時間48分
Sスタート地点02:4402:50別当出合03:15中飯場03:2103:52別当覗04:14甚之助避難小屋04:2904:44南竜分岐05:11黒ボコ岩05:1505:20弥陀ヶ原・エコーライン分岐05:38白山室堂05:4306:12白山06:25山頂池めぐりコース分岐06:3006:32お池めぐり分岐06:50大汝峰北の巻道分岐06:5807:08御手水鉢07:0907:18七倉の辻07:28四塚山07:3108:10油池08:1108:38天池08:54百四丈滝展望台09:07美女坂の頭09:28奥長倉山09:42奥長倉避難小屋10:09口長倉山10:30しかり場分岐10:3210:43檜新宮11:31ハライ谷登山口11:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆砂防新道
・危険個所なし。
・甚之助避難小屋のトイレは使用不可だった。

◆室堂〜御前峰
・室堂は今季営業終了。水場は未確認。
・危険個所なし

◆御前峰〜七倉山
・こちらも危険個所なし

◆加賀禅定道
・奥長倉避難小屋は問題なく利用可能

写真

今日は地獄予報!ということで別当から白山へ体力づくりといこう!
2021年10月17日 02:51撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は地獄予報!ということで別当から白山へ体力づくりといこう!
6
吊り橋からスタート。雪に見えるけど残念ながら雨。
2021年10月17日 02:52撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋からスタート。雪に見えるけど残念ながら雨。
7
中飯場まで登って既に暑い。
2021年10月17日 03:22撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中飯場まで登って既に暑い。
5
甚之助で早くも着替え。
1名泊まられていた。
2021年10月17日 04:21撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助で早くも着替え。
1名泊まられていた。
10
室堂は前日の宿泊で営業終了。
2021年10月17日 05:32撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂は前日の宿泊で営業終了。
7
ここでも小休止。少し明るくなるのを待とう。
2021年10月17日 05:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも小休止。少し明るくなるのを待とう。
7
さあ出発。
思ったより天気は良かった。が、雪がなくてがっかり。
2021年10月17日 05:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ出発。
思ったより天気は良かった。が、雪がなくてがっかり。
9
雪もなかったが風もそれほどなくて肩透かし。
2021年10月17日 05:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪もなかったが風もそれほどなくて肩透かし。
6
ナナカマドも完全に終了。冬の訪れを待つのみとなっていた。
2021年10月17日 05:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドも完全に終了。冬の訪れを待つのみとなっていた。
12
山頂到着。
お、あれはもしかして???
2021年10月17日 06:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。
お、あれはもしかして???
13
じゃじゃーん。大魔人さんでした。
10月のお参りがまだでしたからね、来ると思ってましたよ。
2021年10月17日 06:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じゃじゃーん。大魔人さんでした。
10月のお参りがまだでしたからね、来ると思ってましたよ。
18
とりあえず記念撮影。
2021年10月17日 06:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず記念撮影。
24
こーえーちゃんとセンセー。
2021年10月17日 06:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こーえーちゃんとセンセー。
18
さあ加賀禅定道へ向かうぜ
2021年10月17日 06:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ加賀禅定道へ向かうぜ
9
千蛇ヶ池に寄り道。だいぶ融けた。
2021年10月17日 06:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千蛇ヶ池に寄り道。だいぶ融けた。
5
大汝の巻き道へ。
2021年10月17日 06:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝の巻き道へ。
4
この辺で少し雪がパラついていた。
雪が降ったとは言えないかな。
2021年10月17日 06:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺で少し雪がパラついていた。
雪が降ったとは言えないかな。
11
御手水鉢。
風の通り道。
2021年10月17日 07:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御手水鉢。
風の通り道。
6
七倉の辻。
加賀禅から1人の登山者が上がってきた。
2021年10月17日 07:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七倉の辻。
加賀禅から1人の登山者が上がってきた。
5
四塚もすっかり草紅葉になっていた。
この前まで雪びっしりだったのに…早いなぁ。
2021年10月17日 07:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四塚もすっかり草紅葉になっていた。
この前まで雪びっしりだったのに…早いなぁ。
6
四塚パラダイス
2021年10月17日 07:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四塚パラダイス
6
なぜ哀愁を漂わしてるのか(笑
2021年10月17日 07:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜ哀愁を漂わしてるのか(笑
10
そこそこ風があったので休憩は藪の中で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこ風があったので休憩は藪の中で。
14
今の時期はすっかり藪刈りされていて歩きやすい。
2021年10月17日 07:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今の時期はすっかり藪刈りされていて歩きやすい。
9
いつ来てもいいところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ来てもいいところ。
7
状態のいいナナカマド。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
状態のいいナナカマド。
7
百四丈はガスで見えず。
なのに加賀禅来るなんて物好きですよね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百四丈はガスで見えず。
なのに加賀禅来るなんて物好きですよね。
3
奥長倉避難小屋で小休止。
2021年10月17日 09:42撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥長倉避難小屋で小休止。
8
名物しかり場分岐
2021年10月17日 10:31撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物しかり場分岐
3
秋の森歩き・・・いや、センセーが飛ばし始めた(笑
2021年10月17日 10:51撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の森歩き・・・いや、センセーが飛ばし始めた(笑
8
この時期はふかふか登山道が歩きやすい
2021年10月17日 10:51撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期はふかふか登山道が歩きやすい
7
3,4年前の台風で倒れた倒木が猿の遊び場になっていた。
2021年10月17日 10:57撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3,4年前の台風で倒れた倒木が猿の遊び場になっていた。
16
ガスの森もいいよね。
2021年10月17日 10:57撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの森もいいよね。
11
ゴール!
良い体力づくりになりました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール!
良い体力づくりになりました!
14
車は1台だけ!
2021年10月17日 11:32撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車は1台だけ!
8

感想/記録

今週末は地獄予報!暖かかった10月が一転、一気に冬の様相に変わりそう。
白山にもいよいよ雪マークが出てきた。これは初雪を拝みに行くしかない!
地獄メンバーも同じことを考えていそう、そうだ、センセーに声をかけてみよう!
予想通り「地獄見にいきます」と返答がきた。
日曜日なのに珍しくコーエーちゃんも行くとのこと、おお、いつぶりだ??コーエーちゃんが地獄山行に参加するようになってからのコラボは初めてなんじゃないか。
どうせ悪天ならみんなでワイワイの方が楽しい。
せっかくだから砂防から加賀禅へ抜けようということになって、自分とコーエーちゃんがハライ谷に向かいコーエーちゃんのジムニーをデポ。
自分の車1台で別当へ向かった。
2時半別当発ということだったが2時半近くになってもセンセーが来ない。フライング常習犯のセンセーがこの時間でいないのはおかしい。
電話をするとなんと市ノ瀬で車がパンクしたとのこと。とりあえず市ノ瀬まで戻ってセンセーをピックアップ。
3人で別当へ向かい、そこから仕切り直しでスタートした。

雨は思ったより強くない。霧雨だ。
だが寒波が来る中濡れるわけにはいかないので上下カッパでゴアの靴も履いていたので暑い暑い。
ペースを上げて汗をかくわけにはいかないのでいつになくゆっくりペースで登っていった。
それでもセンセーもコーエーちゃんも暑がりなので甚之助避難小屋で小休止がてら着替え。この時期はほんと装備が難しい。
甚之助から上部はようやく涼しくなってきて歩きやすくなってきた。

弥陀ヶ原まで行ったら暴風かと思いきやそよ風。全然天国。
それどころかガスも切れて雲海も見えている。
なんて快適な山行。ただ残念なのは雪がなかったこと。
思ったより気温は高めだったので雪は無理かな・・・と思っていたが残念ながらその通りになってしまった。

室堂まで来てまだ暗かったので中に入って時間調整。
ヘッデンを外してリスタート。山頂に向かって何人かの登山者が登っていた。
この時期のこんな天気の日に登る人は相当物好きだな…と思いつつ登頂。
あ、やっぱり来てましたか大魔人サン。
今月のお参りはまだだったので来ると思ってましたよ。
大魔人サンは家の用事で朝のうちに降りなければならないらしく足早に下山していった。

さあ僕らは北部白山、加賀禅定道へ。
ただでさえ人が少ないのに北部白山となればまず人は皆無。
…と思ったが七倉山で一人だけ大きい荷物の登山者が登ってきていた。どういうモチベーションなんだろう(人のことはいえないけど)
長い長い加賀禅定道、景色は見えないが久しぶりの3人のおしゃべりは楽しい。
百四丈滝が見えなかったのは残念だったが、まあ自分たちならいつでも見れる。
思ったよりあっというまにハライ谷に到着。ジムニーで別当まで戻っていった。

初雪を逃したのは残念だったが久しぶりのメンバーで楽しく体力づくりができたのでよかった。

感想/記録
by YSHR

山に寒気がやってきて白山も雪が降ると言うじゃないですか、これはいても立ってもおられない、行くしかない!地獄めぐりをしよう、地獄軍団からYSHR・ガン・コーエーが集まり折角だから加賀禅へ抜けよう。深夜2時半別当出合発と約束して一台ハライ谷にデポしてYSHRは直に別当出合へ向かうが市ノ瀬で車がガクガク、まさかのパンクでモチベガタ下がり、ガンに電話して別当出合から来てもらい拾ってもらう。

3時前小雨の中ガシガシ行きたいところだが上下カッパはめちゃ暑いので汗をかかないようにノロノロ歩く、それでも甚之助に着く頃は汗だくで長袖はびっしょで服を着替えた。長旅を控えもう後はないのでこの先も汗をかかないように歩いた。暗闇の中室堂に着いてここで防寒態勢、もう雪でもあられでもかかってきんしゃい、室堂センターを出るともう白んでいて御前峰までよっちゃんであった。大魔人もお参りに来ていた。

さて加賀禅へ行こう。まだ穏やかな天候であったが大汝峰を巻く頃には雪がチラホラ降り出し、待ってました。この先風は強くなってきた。ガスと雨の中加賀禅をアップダウン、おしゃべりしながら紅葉にも癒やされ飽きることはなかった。長倉避難小屋で防寒解除してきれいに整備された加賀禅を泰山氏に感謝しながら降りていく。

ハライ谷分岐でJAFにパンク修理の電話をすると二時間で来てくれるということで助かった。午前中には無事下山して市ノ瀬に戻った。しばらくでJAFも来てくれてパンク修理を終え帰宅した。風はさらに冷たくなり今季初めての寒気にブルブルであった。

さあいよいよ本格的な活動の時期がやってきた。スキーができるのはいつになるだろうか?

感想/記録

たまたま月に一度の日曜休日申請していた日に冬型の気圧配置になる予報となって、雪マークも現れだしてきた。水曜のキャンプの時に先生に話題を振ってみると吹雪だろうから行くか!ということになった。さらにガンちゃんも行くということになった。うーん、ガンちゃんとはガチな山は4年ぶりくらいだろうか…久しぶりなので楽しみだ。せっかくなので加賀禅定道から下山となった。

土曜は午前中は天気は良かったが夜には雨に変わってきたが、如何せん気温が高い。雪は降るんだろうか…まあ雨でも体力づくりと割り切れば問題ない。ハライ谷登山口でガンちゃんと待ち合わせ、ジムニーをデポして別当に向かう。約束の2時30分近くになっても先生は来られなかった。市ノ瀬あたりで後輪がパンクしたということだった。

雨は本降りではなく霧雨だったのでまだ快適だが気温は10℃以上はありそう。雨登山でスタートと想定したのでメッシュのインナー上下でカッパを着ていたが少し歩き出すとすぐに暑くなってきた。先生も暑いと言っていたがガンちゃんだけそうですか?と。暑さと寒さには強くなっているらしい。羨ましい体質だ。

甚之助避難小屋で上は着替えて快適。少し気温は下がったがまだ歩き出すと暑い。しかし雨はあいかわず霧雨で十二曲がりで白んでくると雲海まで見えだした。さらに弥陀ヶ原に出ると山頂が少しガスがあるものの良く見えていた。山はやはり来てみないとわからない。しかし雪は降らなさそうなので残念…

室堂で防寒をして山頂へと向かう。風は少し強くなってきたがそよ風程度で気持ちがいい。無事山頂に着くと大魔人さんがいた。速攻お参りということだったのでここでお別れ。大汝峰の巻道でミゾレに変わってきた。今年初の雪だったので少しテンションは上がった。

四塚山を過ぎると風はどんどん強くなってきたが、雨はほとんど降っていないので地獄の入り口付近くらいだった。単独で歩くことが多い加賀禅もみんなで歩くと会話も弾みあっという間に過ぎる。ガンちゃんとは本当に久しぶりなのでいろいろ話した。滝も見れなかったし紅葉も思っていたほどではなかったけど楽しい雨ハイキングだった。避難小屋で小休止した後カッパは上だけ脱いで下山。

ジムニーで市ノ瀬に向かう道中は青空も見えていてもう一回登ってきたらどうだなんて冗談も飛び交っていたが、自宅付近では雨に変わり急激に気温が下がりだしてきた。今回は雪は見ることが出来なかったが、もう雪化粧の白山もすぐだろう。そろそろ道具も体も冬支度を進めなくては。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:3220人

コメント

いつも楽しみに拝見させて頂いております。
私も今日は白山も積雪かと思っておりました。一方の隣の富山県の山々は積雪あったようですね。
次の寒気の南下は水曜日ですね。リポート楽しみにしております!
2021/10/17 21:13
レス有難うございます。今シーズンもスキーができるくらい積もれば毎週出動します。
果たして初滑りはいつになるか?ワクワクしてます。
2021/10/18 8:07
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ