ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 3655728
全員に公開
沢登り
霊仙・伊吹・藤原

【奥山の奇岩を求めて】 越し又川〜笠岩周遊

2021年10月23日(土) [日帰り]
 - 拍手
samoa その他1人
体力度
2
日帰りが可能
GPS
05:52
距離
7.2km
登り
718m
下り
714m
歩くペース
ゆっくり
1.21.3
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
5:42
休憩
0:11
合計
5:53
7:28
28
五色の滝登山口
7:56
7:57
30
8:27
8:27
53
通らずのゴルジュ
9:20
9:20
60
830m二股
10:20
10:30
20
笠岩
10:50
10:50
70
.1187先下降点
12:00
12:00
71
830m二股
13:11
13:11
10
13:21
五色の滝登山口
天候 晴れ時々曇り
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
五色滝登山口の林道に駐車
コース状況/
危険箇所等
「通らず」と呼ばれているミニゴルジュに巻きは足元不安定で緊張する
笠岩は真ん中の灌木を繋げば沢靴でも登れた
その他周辺情報 伊吹薬草の湯
林道から続く五色の滝の登山口
2021年10月23日 07:42撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 7:42
林道から続く五色の滝の登山口
登山口の看板
2021年10月23日 07:44撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 7:44
登山口の看板
石臼の切出し場
2021年10月23日 07:51撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 7:51
石臼の切出し場
石臼のなり損ない
2021年10月23日 07:51撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 7:51
石臼のなり損ない
五色の滝
2021年10月23日 07:51撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 7:51
五色の滝
五色の滝
2021年10月23日 07:53撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 7:53
五色の滝
滝の上もナメが続く
2021年10月23日 07:54撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 7:54
滝の上もナメが続く
いい雰囲気
2021年10月23日 07:56撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
2
10/23 7:56
いい雰囲気
ナメ
2021年10月23日 08:01撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 8:01
ナメ
2021年10月23日 08:07撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 8:07
ナメナメ
2021年10月23日 08:08撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 8:08
ナメナメ
2021年10月23日 08:17撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 8:17
小滝を越える
2021年10月23日 08:18撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 8:18
小滝を越える
ナメナメナメ
2021年10月23日 08:18撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 8:18
ナメナメナメ
きれいな釜
2021年10月23日 08:19撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 8:19
きれいな釜
魚影もちらほら
2021年10月23日 08:24撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 8:24
魚影もちらほら
2021年10月23日 08:24撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
2
10/23 8:24
通らず
2021年10月23日 08:27撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 8:27
通らず
右岸から巻くが微妙
2021年10月23日 08:32撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 8:32
右岸から巻くが微妙
大岩の滝
2021年10月23日 08:35撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 8:35
大岩の滝
2021年10月23日 08:40撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 8:40
ちょいちょいナメ
2021年10月23日 08:41撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 8:41
ちょいちょいナメ
癒しの森
2021年10月23日 08:55撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 8:55
癒しの森
時折空が開ける
2021年10月23日 09:01撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 9:01
時折空が開ける
830m二股を右股へ
2021年10月23日 09:25撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 9:25
830m二股を右股へ
滝が連続する
2021年10月23日 09:26撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 9:26
滝が連続する
三段の滝 3段目は巻き
2021年10月23日 09:28撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 9:28
三段の滝 3段目は巻き
簡単に登れる滝が続く
2021年10月23日 09:32撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 9:32
簡単に登れる滝が続く
2021年10月23日 09:39撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 9:39
小滝
2021年10月23日 09:41撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 9:41
小滝
2021年10月23日 09:41撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 9:41
岩盤質
2021年10月23日 09:43撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 9:43
岩盤質
一等地のテンバ
2021年10月23日 09:50撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 9:50
一等地のテンバ
ちょいちょい巨岩
2021年10月23日 10:06撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 10:06
ちょいちょい巨岩
笠岩の末端
2021年10月23日 10:14撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 10:14
笠岩の末端
笠岩
2021年10月23日 10:17撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 10:17
笠岩
あれが笠か
2021年10月23日 10:19撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 10:19
あれが笠か
ザックを外して突破
2021年10月23日 10:22撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 10:22
ザックを外して突破
笠岩の上から
2021年10月23日 10:23撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 10:23
笠岩の上から
源頭はブッシュもなく楽ちん
2021年10月23日 10:41撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 10:41
源頭はブッシュもなく楽ちん
稜線の縦走路
2021年10月23日 10:44撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 10:44
稜線の縦走路
遠くに伊吹
2021年10月23日 10:45撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 10:45
遠くに伊吹
ここから沢に戻る
2021年10月23日 10:48撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 10:48
ここから沢に戻る
ほどなく沢型
2021年10月23日 10:57撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 10:57
ほどなく沢型
こちらも巨岩
2021年10月23日 11:01撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 11:01
こちらも巨岩
一等地のテンバ2
2021年10月23日 11:04撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 11:04
一等地のテンバ2
ちょいちょい小滝
2021年10月23日 11:10撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 11:10
ちょいちょい小滝
小滝
2021年10月23日 11:25撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 11:25
小滝
どれも簡単に下れる
2021年10月23日 11:36撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 11:36
どれも簡単に下れる
滑り台
2021年10月23日 11:38撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 11:38
滑り台
ナメ
2021年10月23日 11:40撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 11:40
ナメ
木漏れ日がきれい
2021年10月23日 12:11撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 12:11
木漏れ日がきれい
癒されます
2021年10月23日 12:18撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 12:18
癒されます
帰りの通らずはここから左岸をいったが微妙だった
2021年10月23日 12:36撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 12:36
帰りの通らずはここから左岸をいったが微妙だった
ナメナメ再び
2021年10月23日 12:45撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
10/23 12:45
ナメナメ再び
五色の滝を見送って
2021年10月23日 13:10撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
10/23 13:10
五色の滝を見送って

感想

沢シーズンも終盤。
今回はI村閣下にお付き合いいただけるということで、多少面白いかどうかわからん沢でもいいだろうということで(笑)、姉川源流部、奥伊吹の越の又川に狙いを定める。
近くのブンゲン周辺の沢もナメ沢も多いし、上部には笠岩という面白そうな岩場もあるので期待半分、記録では苦労もしている方もいるので、大変かもという気持ち半分といったところ。

5時45分に清水五条駅に集合。すっかり日の出は遅くなり、家をでるころは真っ暗、五条で空が白んで、高速で日の出という感じ。秋やな。

長浜ICで降りて、伊吹を横目に姉川沿いを遡っていき五色の滝の登山口を目指す。
最後の集落のあたりはススキとセイタカアワダチソウが最盛期だ。

記録では、堰堤側から入り遡行していることも多いが、笠岩を確実に目指したいということで、林道上がった方の登山口から五色の滝を目指し1時間程度短縮することに。

そんなこんなで、登山口に車を適当に停めて適当に準備して出発。
最初は普通の登山道で五色の滝まで。滝の手前には記録でよく見る石臼の産出場の跡地があり、丸く加工された石が転がっている。

さて五色の滝は幅広のナメの斜滝。なかなかいい感じだ。
右岸側から足を滑らせないよに適当に登っていく。濡れてるところはヌメり気味だ。

滝を越えた上も小気味よくナメが続き早速いい雰囲気だ。
今回は当たりを引いたかなと思うが、終わってみるまでは分からない。

ちょこちょこ魚影も見え隠れする中、ナメが優占する中を進んで行くと、沢が狭まりちょっとした函地形に。
まともにいったら腰以上まで浸かってしまうので、日和って巻くことにする。
右岸から巻きにかかるが、屈曲を過ぎるまで沢身に下ろすことができず、足元がぐずつく急な斜面を長いことトラバースする羽目になってしまう。

巻いた先には大岩の滝。これも右岸から巻き気味に超える。
その先は少し平凡な河原歩きとなるが、トチノキやサワグルミが優占するようになり奥美濃っぽい雰囲気を醸し出してくる。
時折、森が開けて青空が見えるところもあり、飽きることがない。

いくつか出てくる二股を確実に確認し、830m二股を右にとって笠岩を経由して.1187に詰め上がる支流に入る。
斜度が増すため滝が連続するようになるが、概ね簡単に登れる。
1か所3段の滝の3段目を右岸から巻いた箇所があった。

滝が連続する区間を過ぎると水量も減りちょっとしたゴーロっぽい感じになる。
時折、巨岩が転がっていて面白い。ここで泊まりたい!と思わせる一等地もあった。

笠岩方面に上がる沢を見逃さないように注力し登っていくと、木々の間から明らかに大きな岩が見えてきた。
登り上がると確かの尾根上に大きな露岩が現れた。見上げると記録通り上部にちょこんと笠をのっけたような形でまさしく笠岩だ。

巻こうかなとも思ったが、ど真ん中に走る灌木帯を使えば登れそうなので、1段目だけ少しよいしょして、ちょこっとフリクションを利かして登り灌木帯に入る。
上部が岩の隙間を通過する感じとなり、ザックを背負っていては通れないので外して突破。
最上部には裏側から木を使って登ると琵琶湖が視界に飛び込んできた。
天気も良く長浜の街や対岸の比良も望むことができる。伊吹は尾根に隠れて見えなかった。

一息ついて稜線を目指す。沢筋に戻って詰め上がると、なんとブッシュ漕ぎなしで稜線へ。踏み跡にのる10mくらいだけちょっとササ漕ぎ。踏み跡もしっかり刈り込まれていて明瞭だ。
地形図に破線はないが、ブンゲン〜国見岳〜伊吹の稜線は比較的整備されているのかもしれない。

ちらっと遠くに伊吹山をみて、.1187を超えた先のコルから沢に戻る。
戻るところも特にブッシュはなく、ほどなく沢型が出てきて、岩盤質な感じながら難しい滝もなく、懸垂もすることなく適当に下降していき、830m二股に帰ってくることができた。

あとは来た道を戻るだけだが、行きにちょっと苦戦した通らずは今度は左岸から巻いてみる。
しかし、なかなか下降部が急。閣下が先行したルートはいまいちで、灌木がつなげるところを見つけてなんとか下ろす。

その先は再び癒しの森と渓。終盤は獣道なんかも使って快適に五色の滝まで。
日光に照らされキラキラ輝いて美しさを増す五色の滝を見送って、林道に戻って終了。思いがけず秀渓を歩くことができて大満足。

下山後は、ちょっと狭めの伊吹薬草の湯で汗を流して京都への帰路についた。



お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:674人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら