また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3692391 全員に公開 アルパインクライミング 蔵王・面白山・船形山

黒伏山南壁中央ルンゼ

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年10月30日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・車は黒伏高原スノーパークジャングル・ジャングルの第4駐車場に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
10:42
距離
5.0 km
登り
332 m
下り
330 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間53分
休憩
48分
合計
10時間41分
SP4駐車場06:0507:13黒伏山南壁中央ルンゼ取付07:4307:43登攀開始13:55登攀終了14:15懸垂下降開始15:44黒伏山南壁中央ルンゼ取付16:0216:46P4駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
▶登山ポスト:柴倉・大平黒伏コース登山口にあります。

▶トイレ:未確認。

▶水場:未確認。

▶ルート状況(2021年10/30現在のものです。)

◆駐車場〜黒伏山南壁中央ルンゼ取付
・駐車場P3とP4の中間にある林道を下っていくと登山口があります。
・最初に渡渉が2回あり。
・一般登山道を南壁方面へ向かって歩いていくと途中に木に取り付けられた『南ぺキ』と書かれた木札があるのでそこから一般登山道を離脱して南壁へ向かう。

◆黒伏山中央ルンゼ(4級上 5.9)(ルートグレードは参考にした最新のトポ図からで、あとは個人的な感想です。)

【全体を通して】
・岩が脆い部分がありました。浮石や落石には注意してください。
・各ピッチの終了点はしっかりしてました。
・A1区間は残置支点がたくさんあります。慶度の区間は中間支点はほとんどありません。
・最新のトポではピッチグレードにA1と書いてなく5.8や5.10a、510bと書いてありますが岩の脆いところではフリーに拘るより昔のトポの通りA1で登ったほうが無難だと思いました。(アブミ各自2本持っていって正解でした。)

【1P ハング間の凹角 30m +】(リード)
・岩は濡れていてスタンスは微妙、持ちたいホールド付近は残置ハーケンが邪魔をして持てない、出だしから落ちるのは嫌なのでA0で突破しました。
・残置支点は豊富にありました。

【2P スラブ 30m 掘曄淵侫ロー)
・特に問題なく登れました。

【3P フェースを右上〜真上 40m 5.8】(リード)
・昔のトポではA1。右上は問題ないのですが壁中央にある終了点を目指して左上気味に直上するところはA0で登りました。
・残置支点は豊富にありました。

【4P スラブを右上 50m 掘曄淵侫ロー)
・本当は三十路ルートを登るつもりでした(三十路ルートと中央ルンゼは下部3ピッチは一緒のルート)がMさんが左に見えていた終了点でピッチを切らずそのままルンゼを直上してしまい天の川ルートの終了点でピッチを切ってしまいました。そこから左下に見えている終了点(三十路ルート4P目『緩傾斜を直上 40m 』の終了点ではなくて4P目中間にある終了点。)に懸垂下降するのも面倒だし、左に見えている本来の三十路ルート4P目終了点へトラバースするのも悪そうだし、ここまでで時間も経っていたのでMさんと相談して今回は中央ルンゼを登ることにしました。
・簡単なピッチなので残置支点はほぼ無し。

【5P 逆層スラブ 20m 掘曄淵蝓璽鼻
・中央ルンゼの5Pは右上ですが、天の川ルート終了点からはほぼ右にトラバースでした。

【6P 右側壁に沿って右上〜左上 35m 后曄淵侫ロー)
・岩が濡れていてリードのMさんは手こずってました。
・このピッチの岩は脆かったです。(終了点近くの持った岩が剥がれました。フォールはしませんでしたが・・)

【7P 垂壁を直上 30m 5.10b】(リード)
・昔のトポではA1。
・『ここはフリーでいけるか?』と岩を掴んだら大きな岩ごと剥がれそうだったので無難にA1で登りました。(岩が堅かったなら豪快に登れて楽しそうだったのに・・・)
・残置支点は豊富にありました。

【8P 右の草付フェース〜小ハング 40m 5.10a】(リード)
・最初Mさんがリードしましたが小ハングのルーファイがわからずにハンガーが2つあるところでヌンチャク2本を使いロワーダウンしてリード交代。
・出だしの垂壁から右の草付の方へ残置支点に導かれるように登りますがそこから残置支点の無い真上へ登らずに左に見える残置支点の方から小ハングを登りました。(小ハングには残置スリングと残置ヌンチャクがありました。)
・小ハングはA1で登りました。

【9P スラブ 20m 5.10b】(リード)
・昔のトポではA1。
・終了点から右に出て直上。登れそうな感じもしましたが最後で落ちるのは嫌なのでA1で登りました。
・残置支点は豊富にありました。
・ここから稜線への草付100mは登らず、ここで登攀終了としました。

◆中央ルンゼ終了点(9P目終了点)〜中央ルンゼ取付
・同ルートを6回の懸垂下降で下りました。
・50mロープ2本で懸垂下降していくとしっかりした終了点まで下りれるように支点が整備されていると感じました。
 9P目終了点から7P目終了点まで50mロープ2本で懸垂下降。
 7P目終了点から6P目終了点まで50mロープ2本で懸垂下降。 
 6P目終了点から4P目終了点まで50mロープ2本で懸垂下降。 
 4P目終了点から3P目終了点まで50mロープ2本で懸垂下降。 
 3P目終了点から1P目終了点まで50mロープ2本で懸垂下降。
 1P目終了点から取付まで50mロープ2本で懸垂下降。
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 50mダブルロープ アブミ×2 ロックハンマー その他登攀装備1式
共同装備 ツエルト ファーストエイドキット 特定小電力トランシーバー×2 カム×適宜 ナッツ×適宜 ハーケン×適宜 アルパイン用クイックドロー×11(8+3) クイックドロー×2

写真

P4をスタート
2021年10月30日 06:05撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P4をスタート
紅葉の黒伏山南壁
2021年10月30日 06:05撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の黒伏山南壁
2
登山ポスト
2021年10月30日 06:08撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポスト
1
南壁への分岐はこの先
2021年10月30日 06:47撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南壁への分岐はこの先
1
ここが南壁への分岐
2021年10月30日 06:55撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが南壁への分岐
1
中央ルンゼ取付に到着。登攀ラインが濡れていて嫌な感じ・・・
2021年10月30日 07:13撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央ルンゼ取付に到着。登攀ラインが濡れていて嫌な感じ・・・
4
1P目の出だし
2021年10月30日 07:43撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目の出だし
2
1P目を登ってくるMさん
2021年10月30日 08:14撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目を登ってくるMさん
4
三十路ルートの終了点は多分こっちなんだけど・・・(4P目登攀中に撮影)
2021年10月30日 09:45撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三十路ルートの終了点は多分こっちなんだけど・・・(4P目登攀中に撮影)
2
左に三十路ルート、右に天の川ルートの終了点でビレイするMさん(4P目登攀中に撮影)
2021年10月30日 09:45撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に三十路ルート、右に天の川ルートの終了点でビレイするMさん(4P目登攀中に撮影)
2
ここから中央ルンゼに変更
2021年10月30日 09:57撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから中央ルンゼに変更
1
右にトラバースします
2021年10月30日 09:57撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右にトラバースします
1
6P目をリードするMさん
2021年10月30日 10:29撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6P目をリードするMさん
3
手こずってました
2021年10月30日 10:33撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手こずってました
2
5P目終了点から見た紅葉
2021年10月30日 10:49撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5P目終了点から見た紅葉
3
5P目終了点から見た紅葉
2021年10月30日 10:49撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5P目終了点から見た紅葉
3
6P目終了点から見た紅葉
2021年10月30日 11:09撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6P目終了点から見た紅葉
2
7P目を見上げる
2021年10月30日 11:09撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7P目を見上げる
2
8P目を見上げる
2021年10月30日 11:26撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8P目を見上げる
2
8P目を登ってくるMさん
2021年10月30日 11:40撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8P目を登ってくるMさん
3
9P目を見上げる
2021年10月30日 12:59撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9P目を見上げる
1
9P目を登ってくるMさん
2021年10月30日 13:43撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9P目を登ってくるMさん
1
懸垂下降1回目(7P目終了点で撮影)
2021年10月30日 14:22撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂下降1回目(7P目終了点で撮影)
1
懸垂下降6回目(中央ルンゼ取付で撮影)
2021年10月30日 15:43撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂下降6回目(中央ルンゼ取付で撮影)
4
一般登山道との分岐まで下山
2021年10月30日 16:08撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般登山道との分岐まで下山
木の隙間から見える南壁
2021年10月30日 16:09撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の隙間から見える南壁
1
P4に着いて下山完了
2021年10月30日 16:46撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P4に着いて下山完了
2
撮影機材:

感想/記録

土日で黒伏山南壁の三十路ルートと中央ルンゼを登る計画を立てた。最新のトポはオールフリー表記。どんなもんだか・・・Climbing

ヾ響

・岩が脆くて濡れていて危ないので、フリーに拘わらず無難にA0又はA1で登りました。

・アブミは各自2本持っていって正解でした。(アブミはワンポイントで使うのかな?と思ってましたが、ボルトラダーのところはアブミ掛け替えでの登りになりました。)

・各ピッチの終了点はしっかりしてました。懸垂下降も50mロープ2本で懸垂下降していくとしっかりした終了点まで下りれるように支点が整備されていると感じました。整備されている方々、ありがとうございます。

・この日は南壁は私たちのみで貸切でした。

・Mさんはルーファイがまだまだな感じでした。

・翌日も登る計画でしたが中央ルンゼでこれだけ時間がかかったので三十路ルート登攀は止めにして紅葉のんびり登山に変更しました。

反省

・特にありません。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:270人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ