また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 371629 全員に公開 沢登り奥秩父

笛吹川水系東沢 東のナメ沢

日程 2013年11月17日(日) [日帰り]
メンバー
 stk
天候終日快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
圏央道海老名I.C.〜中央道勝沼I.C.〜西沢渓谷
帰りの中央道渋滞は平均的な25km
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7:10西沢渓谷P〜8:20山の神〜9:05大滝登攀開始〜12:25大滝登攀12:45〜14:15詰上げ完了(登山道到着)〜15:45冠谷出合〜16:20西沢渓谷P
コース状況/
危険箇所等
11月中旬にもなると沢の一部は氷結してます。朝方は冷え込み、岩の表面が凍ってますので、渓流シューズのフェルトでも滑ります。要注意。
台風の影響か、大木が崩れているところが多数。
東のナメ沢はこの時期、晴れていれば南面なので暖かいですが、それ以外の場合は厳しいコンディションになるでしょう。
その後の詰上げも雪、霜柱等で難易度が高くなってます。昼過ぎると融解による落石が多発してます。
鶏冠尾根は、一般登山道としてはかなり危ない場所と思いました。下りからの利用の場合、誤った踏み後多数で一筋縄では行きません。
以上stk

以下写真(stk)
Nikon CoolPix AW110
過去天気図(気象庁) 2013年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 エイト環(1) 環付カラビナ(3) ハーネス(1) ヘルメット(1) スリング各長さ(3) デイジーチェーン(1) カラビナ(5) ヌンチャク(5) 沢用靴下(1) 沢靴(1) 確保器(1) ハンマー(1) プルージックロープ(1) クライミングシューズ(1) 地形図(1)
共同装備 カム(4) ハーケン(8) ザイル60m(1) ストーブ(1) ツエルト(1)

写真

いよいよ出発
2013年11月17日 23:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ出発
1
ホラ貝のゴルジュ。
人を寄せ付けない怪しい妖気が漂うような。。
2013年11月17日 23:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホラ貝のゴルジュ。
人を寄せ付けない怪しい妖気が漂うような。。
5
ここの突破は相当な技量がいるようです。大高巻きします。
2013年11月17日 23:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの突破は相当な技量がいるようです。大高巻きします。
4
ガッツリ凍ってます。もう11月中旬ですものね。
2013年11月17日 23:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガッツリ凍ってます。もう11月中旬ですものね。
2
乙女の滝
2013年11月17日 23:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乙女の滝
2
東沢をつめます。陽が上がりだいぶ暖かくなってきました。
2013年11月17日 23:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢をつめます。陽が上がりだいぶ暖かくなってきました。
いよいよ東のナメ沢が姿を現します!
2013年11月17日 23:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ東のナメ沢が姿を現します!
1
序盤は渓流シューズで進みます。
2013年11月17日 23:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤は渓流シューズで進みます。
1
カチしかないので結構いやらしい
2013年11月17日 23:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カチしかないので結構いやらしい
3
登ってきた所を振り返る。この付近で右から落石があった。結構な大きさでチョイ焦る;
2013年11月17日 23:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた所を振り返る。この付近で右から落石があった。結構な大きさでチョイ焦る;
3
ここから全景が望める。
2013年11月17日 23:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから全景が望める。
3
このあたりまでは確保なしで進みます。
2013年11月17日 23:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりまでは確保なしで進みます。
4
1ピッチ。yoshiさんリード。
2013年11月17日 23:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1ピッチ。yoshiさんリード。
3
ハーケンを打ち込む音が谷に響きます
2013年11月17日 23:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハーケンを打ち込む音が谷に響きます
2
2ピッチは自分がリード。終了点で振り返る。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2ピッチは自分がリード。終了点で振り返る。
4
フォロー中
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フォロー中
3
3ピッチyoshiさんリード。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3ピッチyoshiさんリード。
3
相当ランナウトします。。しかもぬめるところが多い。自分はここはリード無理かも。。(stk)
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相当ランナウトします。。しかもぬめるところが多い。自分はここはリード無理かも。。(stk)
3
3ピッチ終了。ビレイ支点準備中
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3ピッチ終了。ビレイ支点準備中
1
4ピッチ確保点から下を見る。だいぶ上がってきた〜〜
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4ピッチ確保点から下を見る。だいぶ上がってきた〜〜
3
4ピッチもyoshiさんリード。いやらしいトラバースです。カムが役立ちます。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4ピッチもyoshiさんリード。いやらしいトラバースです。カムが役立ちます。
1
乾いていればこの程度の斜面はクライミイングシューズなら問題ないが。。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾いていればこの程度の斜面はクライミイングシューズなら問題ないが。。
3
5ピッチは自分(stk)がリード。核心はリングボルトにスリングかけ体を引き上げ上のフレークをつかみ、リングボルトにつま先のっけて正々堂々A0で突破(笑)
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5ピッチは自分(stk)がリード。核心はリングボルトにスリングかけ体を引き上げ上のフレークをつかみ、リングボルトにつま先のっけて正々堂々A0で突破(笑)
4
5ピッチ終了点から。アリ地獄のような斜面ですね。
すいません、核心部でロープを屈曲させ、恐怖の振り子トラバースになるところでした。。反省
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5ピッチ終了点から。アリ地獄のような斜面ですね。
すいません、核心部でロープを屈曲させ、恐怖の振り子トラバースになるところでした。。反省
1
上部2段を眺める。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部2段を眺める。
1
ここは右から巻きます。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは右から巻きます。
装備を解き詰上げへ。最後に振り返る。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
装備を解き詰上げへ。最後に振り返る。
詰上げ開始。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰上げ開始。
1
詰上げも油断できません。一ノ沢を詰め上げます。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰上げも油断できません。一ノ沢を詰め上げます。
1
カチカチです。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カチカチです。
1
ここいらは霜やら雪やらが融けて落石の巣窟でした。。慌ててヘルメットかぶり直したら、小石が頭にあたった。。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここいらは霜やら雪やらが融けて落石の巣窟でした。。慌ててヘルメットかぶり直したら、小石が頭にあたった。。
雪まで出てきます。まぁこの時期なので当たり前ですが。。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪まで出てきます。まぁこの時期なので当たり前ですが。。
1
鶏冠山。今回はピークには行かず鶏冠尾根を降りました。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠山。今回はピークには行かず鶏冠尾根を降りました。
1
なかなかカッコいい山です。山梨百名山
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかカッコいい山です。山梨百名山
鎖場を降りるyoshiさん。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を降りるyoshiさん。
1
いい景色です。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい景色です。
1
急峻なアップダウンが激しい鶏冠尾根。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急峻なアップダウンが激しい鶏冠尾根。
あるところには結構雪残ってます。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あるところには結構雪残ってます。
1
鶏冠尾根は非常に危ない道です。ぶっちゃけ剣の一般道より危ないかも。。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠尾根は非常に危ない道です。ぶっちゃけ剣の一般道より危ないかも。。
鶏冠谷です。ここもいい遡行ルートのようなので、いずれ行ってみたいです。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠谷です。ここもいい遡行ルートのようなので、いずれ行ってみたいです。
1
鶏冠谷出合まで戻る。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠谷出合まで戻る。
ゴール近くでカヤック?のパーティーに会いました。
2013年11月17日 23:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール近くでカヤック?のパーティーに会いました。
1
撮影機材:

感想/記録

(ルートについて)
大スラブは(細かく分けると)8段と表記されている。しかし、7,8段目とされる部
分は、6段目の後にやや平らな部分があって、離れているため、6段から成っている
と言ってよいのではないだろうか。

1〜5段目は水流の左を登って行く。
1段目〜3段目は傾斜もあまりないので、フリーで登れる(私たちは安全策を取っ
て、3段目からロープを出した) 自然なラインを選んでいけば、残置がそこそこ
ある。
4段目からは傾斜がきつくなる。ここからはロープを出すことになるだろう。まず左
上するクラック沿いに登る。やがて水平になると緩斜帯に入る。ここで残置ハーケ
ンに1本打ち足して、ピッチを切る。
そこからは5段目の滝下まで、水平クラックを50mほどトラバースする。途中に残置
ハーケンや立木があり、カムも良く決まるので、ランニングには困らない。
5段目は水流左のクラックを登り、上部でボルトのあるフェースをフレークを拾いな
がら登る。
6段目の滝には小さな釜があり、ここで水流を渡って右側に出て、フレークを手掛か
りに登る(私達はそこまででお腹いっぱいになってしまったので、右から巻いた
が・・)
7,8段目は左岸巻きとなる(登っている記録は見たことが無い)


(感想)
7月の時は小雨のあとでスラブ全体が濡れており状態が悪かったことと、私のルーフ
ァイミス等もあって、完登とはいきませんでした。
来シーズンまで宿題を持ち越しかなとも思ったのですが、stkさんが付き合ってくれ
るとのことだったので、シーズン終盤、ギリギリの時期に行ってきました。

今回はしっかり下調べをして、ルートミスはしなかったので完登することが出来ま
した。下から見た感じではそんなに難しくは思えなかったのですが、実際に取り付
いてみるとホールド・スタンスが細かくて神経を使うところが多かったです。
久しぶりのマルチピッチだったこともあり、ロープワークや支点構築に時間がかか
ってしまって、もっと技術を向上させないといけないと思った山行でもありました。
今回登ったラインよりも、もっと自然なラインがあると思えるので、また登っても
良いかなと思っています。

私の希望に付き合ってくれたstkさん、ありがとうございます。

感想/記録
by stk

yoshiさんが夏にいって、悪天のために完登を断念した東のナメ沢をコラボ遡行してきました。今年は自分にとってコラボ遡行元年。yoshiさん、gankoyaさんの壮年短低団とコラボし楽しさを覚えた年でもあります。
以下感想をポイントごとに。

■笛吹川水系
東のナメ沢は、笛吹河水系で西沢渓谷の上流である東沢の枝沢だ。有名なヌク沢、鶏冠谷の奥に位置し300m大滝がなんといっても目玉である。奥秩父の沢は初参戦である。

■遡行グレード3級・上級
遡行グレード3級は去年の晩秋のシレイ沢(中級)に続いて2回目。ただしシレイ沢は元来初中級向けの沢で、事故が多い(入渓者が多い)のでグレードがアップされたとも聞く。真の意味でも3級は初めて。しかも上級者向けだ。ただここはどちらかというと沢登りというよりは大滝のマルチピッチ登攀がメイン。プロテクションも脱落が多く本チャンに近いアルパインクライミングといえるだろう。そんなルートなので、yoshiさんの誘いにのってレベルアップすべく望んだわけである。

■11月中旬の沢は。。
さすがに、1500メートル付近ではこの時期水が冷たい。というか凍っている箇所多数。時期的にはギリギリ一番遅い時期という感じであった。

■大スラブ!
まぁ見るとわかるが、すごい規模のスラブである。逆層なので、手掛かりが少なくすんなり登れない。広沢寺のスラブで鍛えたつもりであったが、勝手が違う。。たまにあるフレークに感謝感激って感じでしたw

■大滝6ピッチ登攀
自分が体験したマルチピッチは4ピッチまで。今回はルートも長かったので6ピッチとなった。残置が少ないので支点作りにも時間を要する。腐ったスリングや脱落したリングボルトも見受けられた。自分は2回リードしたが、1回目終了点はしっかりしたハーケンあるが下向き。少ないリスを見つけてハーケンを打ち込む。yoshiさんは絶妙な位置にカムをセットしてました。さすがです^
ルートの関係上60メートルを使ったが、自分が持っているのはフリー用の径11mm。さすがに重くて、しかも水を吸うと確保器を通すのが「超」重い。これに要した力で筋肉痛になりそう。。

■久々のクライミングシューズ
いつ以来だろうか?と思ってヤマレコ見たらなんと2012年2月の広沢寺岩トレ以来であった! 超がつくほど小さくて1本登ったら脱がないといけないシューズなので、3ピッチ終わるまで連続で履いてたら足のいろんな箇所が痛くなった。。3ピッチのビレイは半分脱いだ。そしたら締まりすぎて感覚が無くなってた足に血が巡る巡る!ピリピリ痛かったw アルパイン用に買う必要ありと強く感じた。。

■過去最長の詰上げ
遡行(登攀)終了点から一ノ沢を詰めて鶏冠尾根に詰め上げることになった。(といってもルーファイはyoshiさん任せだったが^;
ここが中々渋い! 何が辛いって雪の岩面や霜柱で凍った土をスニーカーで登るほど難易度高い事ない。正直雪が残っているとは思ってなかったのでびっくり。まぁアイゼンがあればすんなりいくかというとそうでもなくて融けてグズグズの土が一番厄介。かなりの急斜面をノーザイルでいくので、正直大滝より緊張したかも^
危険地帯突破後もかなりの急斜面を延々と登りつめ、登山道早くでてこい〜〜と思い登ったものです。詰上げ完了後はyoshiさんとガッチリ握手。かなりの達成感でした〜

■鶏冠尾根
・・・危ないです。結構くたくただったので垂直に近い鎖場はおなか一杯な感じでした。樹林帯に入ってからも読みにくい尾根のため何度かいったりきたりします。ニセの踏み後に注意。

■まとめ
今回、自分だけではいけないマルチピッチ登攀ルートに行けていろいろとタメになりました。おそらくDNS Trekのメンバでは無理なルートなのでyoshiさん、誘って頂きどうもです^ まだまだ修行不足で鍛え上げないといけない点多数わかりましたが、制覇したことが自信になった気がします。
この冬は雪のマルチピッチ岩壁のレベルアップかな〜
訪問者数:3093人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/11/17
投稿数: 2862
2013/11/18 20:54
 拝啓 stkさん,yoshiさん
自宅から望める谷川連峰もずいぶん白くなりましたが、
東のナメ沢でも積雪があり、ラストチャンスだったようですね。

夏と違って人の気配の少ない笛吹川東沢、ステキですね。

stkさん、あの日はずいぶんお世話になりました。
おかげでその後は順調ですが、山歩きはまだまだですね。
しばらくは楽しいレコで疑似体験させてもらいます。
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 980
2013/11/19 1:36
 gankoyaさん、どうもです^
家から谷川連峰が見えるのですね〜
日々変わっていく景観を見るだけでも楽しそうです!
東のナメ沢、最大元蕕隆篳匹發△蟾眦抓兇△辰討覆なか楽しかったです。
コンディションも上向きとの事で嬉しいです^ 来期また上越の沢に行きたいものですね〜
登録日: 2007/11/4
投稿数: 1236
2013/11/19 10:37
 いよいよ冬
沢も冬になってきましたね。
岩場も寒くなってきました。やはり冬はどこでも寒いですね。縦走は歩いていますが・・・岩は登っては休憩が長いので寒いと風邪ひきます^^
暖かくして今年は岩に登ります^^
登録日: 2009/5/12
投稿数: 6733
2013/11/19 20:23
 すごい高度感
yoshiさん、stkさん、こんばんは。

9月にyoshiさんに連れて行ってもらい、実際に
この大きなスラブを見たことがあり、記録が
とてもリアルに感じます。

いや〜、すごいですねえ。上から見下ろした写真
など、背筋がゾゾとします
これだけの装備、重さもかなりですよね。

鶏冠尾根のくだり、登攀が終わっても気が抜けませんね。
私もなるべく下りでは使いたくないなあと思う尾根
です。
登録日: 2009/5/8
投稿数: 1432
2013/11/19 21:41
 南面
gankoyaさん、こんばんは。

今回の沢は、南面でとても日当たりが良く、当日は晴れ
ていて風も無かったので、登攀中は暑いくらいでした
しかし、それ以外は斜面が凍っていたり、落ち葉だらけ
で滑りやすかったり条件が悪かったですね。ホントにギ
リギリの時期でした。

取りあえず、宿題を1つ片づけたので気分爽快です
登録日: 2009/5/8
投稿数: 1432
2013/11/19 21:42
 フリー三昧
riekoさん、お久しぶりです。
写真を拝見しましたが、鉄平くんもすっかり大きくなり
ましたね

このところはフリー三昧のようですね。11を登って、12
に挑戦って、すごいレベルです。
私は、今回の山行でもっとクライミングが上手くなりた
いと思いましたよ
登録日: 2009/5/8
投稿数: 1432
2013/11/19 21:55
 恐さを感じました
youtaroさん、こんばんは。

いやーさすがに高度感をひしひしと感じながらの登攀で
した。私は登攀力に自信がある訳ではないので、楽なラ
インを選んで登ってしまった気がします

今回はロープの径が大きめで、重量もあったので鶏冠尾
根への詰め上げが大変でした。と言っても冬のテント泊
を考えるとそれほどでもない訳で、日帰りばかりしてい
て、重荷に耐えられなくなっている自分を実感しました

鶏冠尾根は迷いやすいですね。今回も何度も右往左往し
てしまいました
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 980
2013/11/20 0:57
 riekoさん、こんばんは〜
何度かクライムレコ見させてもらってます^
クライミングには寒い時期になってきました。
今回も日差しがあるほどの晴れでなければyoshiさんは止めにしようという事でした。自分的にも、寒さで体が固まると「つる」可能性がでてくるので快晴が必須だな〜と。狙い通り晴れてくれたおかげで、完登することができました
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 980
2013/11/20 1:07
 youtaroさん、上から撮った写真後でみて怖かったです(笑)
こんばんは〜
以前行かれた釜ノ沢は一番奥ですから、ここの入口見られてたのですよね。自分も初めて大スラブを見た瞬間は身が引き締まりました^
長いルートだったので、疲労や荷物の重さもこたえるルートでした。靴もいつもより一足多いので。。
自分的にはかなりいっぱいいっぱいのレベルでしたが、完登出来た事ですごくいい経験になりました&自信も少し深まりました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ