また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 377315 全員に公開 雪山ハイキング支笏・洞爺

稀府岳純登山

日程 2013年12月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車
稀府駅下車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

10:31JR稀府駅のプラットホーム着
10:39 噴火湾の海岸に到着
11:12 登山口に到着
12:12 稀府岳山頂(702m)
14:09 稀府駅
コース状況/
危険箇所等
ニセピークから山頂までの右側(東側)の崖は要注意。
登山ポスト無し。
近くにはコンビニなど無し。
過去天気図(気象庁) 2013年12月の天気図 [pdf]

写真

撮影機材:

感想/記録

最近、話題の稀府岳を登ってきました。
予想に反して少し雪山になってました。ただ、嬉しいことにマダニは皆無でした。

JR稀府駅から下山して海岸にタッチして海水を飲み、
リアルに海岸であることを確認しました。
そこで海水を汲み、純ラーメンの材料にしました。まったり登山でした。


以下、山行記録です。

10:08東室蘭発、10:29稀府着の鈍行のJRを利用しました。片道350円。
案の定、がら空きでした。
10:31 JR稀府駅のプラットホームに着きました。登山開始です。

10:39 噴火湾の海岸に到着。寒かったので少しだけジョグしました。
海水を手にとって飲み、リアルに海水であることを確認しました。
純登山のスタートです。
この後のために海水を少し汲みました。

念のため牛舎川の河口に行き、
河川水を手にとって飲み、淡水であることを確認しました。

11:12 ジョグ・アンド・ウォークで登山口に到着。
その後は全て歩きで通しました。

標高250m位で男女二人組に会いました。美しいおばさまでした。
旦那さんと思われる方も上品な雰囲気でした。
おそらく地元民ではなく、札幌近辺の方々でしょう。(個人的な印象です。)

自分のローカットの靴を見て、
「その靴では滑るので危ないと思いますよ」と注意を促されました。
図星でした。「行ける所まで行ってみます」と答えました。

使い古しで表皮が破れてて、そして底も磨り減ったトレランシューズでした。
そこで、「登りの途中で靴下が濡れた時点で下山」とマイルールを設定しました。

12:12 滑りながらも何とか稀府岳山頂(702m)に到着。
風が強くて寒かったので、樹林帯に戻ってから昼食をとる事にしました。

標高420m付近の「お尻愛の木」なる看板があるところで昼食を取りました。

手打ち麺で無化調で海水入りの創作ラーメンを調理しました。
名づけてビーツ純ラーメンです。
帰宅後に写真を娘に見せたところ「毒々しくて、とてもまずそう」でした・・・

ビーツの土臭さが純登山に良く合いました。(個人的な感想です。)
ここで靴下が濡れました。

14:09 稀府駅に戻り登山終了。

14:38稀府発、14:58東室蘭着の鈍行で帰りました。
乗車率が50%位もあって驚きました。

天候はほとんど曇りでした。

総時間3時間37分。距離14.6km。平均速度4.0km/h (Garmin Oregon300による計測)。
体重63kg。身長172cm。総重量73kg。推定1957kcal。
訪問者数:857人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

山行 登山ポスト

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ