また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3817371 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

北ノ俣岳ー双六岳ー槍ヶ岳

情報量の目安: C
-拍手
日程 2021年12月02日(木) ~ 2021年12月06日(月)
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
104:00
距離
43.2 km
登り
3,601 m
下り
3,496 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

2021.12.2-6(4-1)
1日目:和佐府(6:15)飛越トンネル(9:45)・1842(13:00)寺地山手前Co1940(14:30)=C1
飛越トンネルから夏道。ラッセル脛〜膝。そんなにきついわけでもないが案外進まない。ただ1時間おきに交互に股関節が痛くなる。傾いているらしい避難小屋までつきそうにないのでCo1940でC1。寺地山までトレース付けに行った。
2日目:C1(5:45)避難小屋付近(7:15)Co2450(9:30―10:00)北ノ俣岳(11:00)黒部五郎岳(14:00)黒部五郎小屋(15:15)=C2
寺地山を過ぎるとだんだんと開けてくる。避難小屋辺りを過ぎると気になる風。北ノ俣岳手前付近で振られる風となり視界もないので北側の樹林で風を避けつつ時間待ちをする。あまり風は変わらないが視界は少し出てきたためじわじわ進めようと出発する。と、その瞬間太陽が現れ快晴となる。稜線はおおむね快適でサクサク進める。斜面はハイマツの頭がクラストしている感じ。黒部五郎小屋でC2。静かでいい小屋。
3日目:停滞
冬型が決まり昨日と打って変わってガスガス&雪。サルトルを読みふける。
4日目:C3(7:05)三股蓮華岳(9:00)双六岳(10:00)双六小屋(10:30-11:00)樅沢岳(11:30)千丈沢乗越(13:30)槍の肩(15:45)槍ヶ岳小屋=C4
冬型が緩む予報で、朝のうちはあまり期待していなかったがドアを開けるとドピーカン。予定テンバは双六小屋だが槍まで伸ばせるだろうか、、と淡い期待を持ちながら出発する。だだっ広い雪原にポツンと雲ノ平山荘が浮かんでいるのを眺めながら歩き三股蓮華岳に立つ。ここから眺める槍は牙城のようだ。しかしまだ遠い。休憩もそこそこにまずは双六小屋へと急ぐ。あわよくば双六南峰でも行こうと思っていたが、今回は目もくれない。果たしてこのピークに行く人はいるのだろうか。小屋到着後、翌日の天気を確認するとガスと雨予報。時間もなんとか間に合いそうなので槍に突っ込むことに決める。遠目で見た感じイグルーも割と掘れそうだ。樅沢から槍までの稜線は千丈沢側は雪が堆積しているが飛騨沢はあまり雪がない。千丈沢乗越付近でEPにする。巻きは大体飛騨沢側だった。難しくはないが高度感がある。最後は飛騨沢側の斜面を雪壁登りみたいに登って山荘へ出る。疲れたので槍ピークは明日にして真っ暗な冬季小屋で泊。
5日目:C4(6:15)槍ヶ岳(6:30)槍ヶ岳小屋(7:00)大喰岳(7:30)尾根末端(8:45)新穂高温泉(11:20)
ガスガス&みぞれ。槍ヶ岳アタックは高度感あった。帰りのcdもそれなりに緊張する。大喰岳に立ち西尾根経由で下山。視界は200位だったが顕著な広めの尾根を選択していけば問題なかった。尾根末端からは雨に変わり重いベタ雪を進みながら新穂高温泉まで。
過去天気図(気象庁) 2021年12月の天気図 [pdf]

写真

寺地山へ続く気持ちいい樹林帯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寺地山へ続く気持ちいい樹林帯
この対比。時々クラックが入っている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この対比。時々クラックが入っている
1
槍ヶ岳西稜行ってみたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳西稜行ってみたい
でかい岩の巻き。写真より傾斜は強い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でかい岩の巻き。写真より傾斜は強い。
これも右から巻いて山荘へ出る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも右から巻いて山荘へ出る
明るい時間に間に合った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい時間に間に合った
中崎尾根。見る限り拷問のような尾根に思えるのだが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中崎尾根。見る限り拷問のような尾根に思えるのだが…
これがいわゆる宝の木だろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがいわゆる宝の木だろうか。
1
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:826人

コメント

和佐府までの交通手段はどうされましたか?
2021/12/17 20:15
nishinakentaさん
実家がこの辺りですので、入山口まで送迎をお願いしました。参考にならず申し訳ありません。
2021/12/18 0:05
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス ガスガス 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ