また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3848405 全員に公開 ハイキング 関東

松田川ダムから石尊山 仙人ヶ岳 赤雪山周回

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年12月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
松田川ダム駐車場(無料) 12台くらい
赤雪山駐車場(無料) 20台くらい
松田湖畔キャンプ場は登山者駐車禁止の貼り紙有
経路を調べる(Google Transit)
GPS
08:51
距離
25.4 km
登り
2,057 m
下り
2,051 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間10分
休憩
40分
合計
8時間50分
S赤雪山登山口07:3607:43まつだ湖畔キャンプ場07:4408:16知の岳08:1908:29宗の岳08:3108:47犬帰り08:49惟の岳09:01猪子山(511m峰)09:28猪子峠09:3009:36十字路09:3709:54深高山09:5510:16石尊山10:2110:25見晴台10:2610:51石尊不動尊11:28城山11:2911:53ヤシオ山11:5712:04カラスノネド12:13姥穴山(御嶽山)12:2212:50高萩山13:25一色/白葉峠/仙人ヶ岳分岐13:2613:53荒倉山14:03白葉峠分岐14:23仙人ヶ岳14:2714:30赤雪山/仙人ヶ岳分岐14:54三角山14:5915:33原仁田ノ頭15:56赤雪山16:11491P16:25赤雪山登山口16:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所
・惟の岳手前の犬帰りの鎖場 ※迂回ルート有
・犬帰り付近で熊らしき黒い物体が谷方面へ転げ落ちていくのを目撃
その他周辺情報松田川ダム付近に自動販売機 コンビニ無し
過去天気図(気象庁) 2021年12月の天気図 [pdf]

写真

松田湖畔キャンプ場の奥の橋の奥が登山口
キャンプ場にも駐車場はあるが、登山者は赤雪山の駐車場への張り紙がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松田湖畔キャンプ場の奥の橋の奥が登山口
キャンプ場にも駐車場はあるが、登山者は赤雪山の駐車場への張り紙がある。
まつだ湖畔キャンプ場からの登山口
渡渉する形になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まつだ湖畔キャンプ場からの登山口
渡渉する形になる
登り始めは作業道の跡を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めは作業道の跡を登る
作業道から尾根道に登るのは急坂となる
ロープがあるが落ち葉、砂利、木の枝等で滑りやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道から尾根道に登るのは急坂となる
ロープがあるが落ち葉、砂利、木の枝等で滑りやすい
尾根に出ると眺望が良くなる
これから歩く稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出ると眺望が良くなる
これから歩く稜線
知の岳から富士山がくっきり見えた(写真中央)
手前の稜線は石尊山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知の岳から富士山がくっきり見えた(写真中央)
手前の稜線は石尊山
所々落ち葉が深く非常に滑りやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々落ち葉が深く非常に滑りやすい
惟の岳手前の犬帰りの鎖場
鎖場は下りと標識に書いてあった
迂回ルートもある模様

下りようとしていた時に黒い物体が勢いよく谷の方へ転がり落ちていくのが見えた。岩が落ちるときの音じゃなかったので熊かもしれない。途中も熊の糞が何ヶ所か落ちているのが確認できた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惟の岳手前の犬帰りの鎖場
鎖場は下りと標識に書いてあった
迂回ルートもある模様

下りようとしていた時に黒い物体が勢いよく谷の方へ転がり落ちていくのが見えた。岩が落ちるときの音じゃなかったので熊かもしれない。途中も熊の糞が何ヶ所か落ちているのが確認できた。
稜線沿いから石尊山の稜線
まだ富士山が見えていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線沿いから石尊山の稜線
まだ富士山が見えていた。
稜線から松田川ダム
赤雪山が確認できる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から松田川ダム
赤雪山が確認できる
稜線沿いは岩場も何カ所か有る
犬帰り以外は鎖場ではないが、足場もしっかりしているのでそれほど危険ではない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線沿いは岩場も何カ所か有る
犬帰り以外は鎖場ではないが、足場もしっかりしているのでそれほど危険ではない。
落ち葉地獄から少しの間だけ開放
針葉樹帯は歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉地獄から少しの間だけ開放
針葉樹帯は歩きやすい
猪子峠の分岐
張り紙に書いてある通りで仙人ヶ岳は下山ルートではない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猪子峠の分岐
張り紙に書いてある通りで仙人ヶ岳は下山ルートではない
石尊山方面に行くと道路と合流する
この少し先にも合流地点があり、道路幅が広い部分があって駐車している車もあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尊山方面に行くと道路と合流する
この少し先にも合流地点があり、道路幅が広い部分があって駐車している車もあった。
登山道の落ち葉を掃いてくれていた。
非常に歩きやすくありがたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の落ち葉を掃いてくれていた。
非常に歩きやすくありがたい。
登山道途中の祠
深高山側の登山道は勾配がきつく落ち葉が多い
ロープはあるが登りづらい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道途中の祠
深高山側の登山道は勾配がきつく落ち葉が多い
ロープはあるが登りづらい
深高山と石尊山の間は気持ちの良い稜線が続く
木があるので眺望はあまり無いが歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深高山と石尊山の間は気持ちの良い稜線が続く
木があるので眺望はあまり無いが歩きやすい
見晴らし台付近にある石尊神社の建屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし台付近にある石尊神社の建屋
山頂から少し降りて眺望が開けたところから
赤城山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し降りて眺望が開けたところから
赤城山
登山道は岩場がしばらく続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は岩場がしばらく続く
登山口の石尊不動尊
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の石尊不動尊
入口から車両進入禁止
境内に車両は入れないので、マイカーで来た人、猪子峠の方から登ることになるようだ。周辺に駐車できるスペースは無い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口から車両進入禁止
境内に車両は入れないので、マイカーで来た人、猪子峠の方から登ることになるようだ。周辺に駐車できるスペースは無い。
城山稜線はここの橋の横から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山稜線はここの橋の横から。
城山稜線に出るまでの急斜面。
一応マーキングがあるので分かるが、直登で落ち葉が多く勾配もきついので非常に滑る。踏み跡は落ち葉もあってほとんど分からない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山稜線に出るまでの急斜面。
一応マーキングがあるので分かるが、直登で落ち葉が多く勾配もきついので非常に滑る。踏み跡は落ち葉もあってほとんど分からない。
城山への分岐標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山への分岐標識
城山山頂標識
城跡らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山山頂標識
城跡らしい
石尊不動尊前のカタクリ群生地から登るとここに出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尊不動尊前のカタクリ群生地から登るとここに出る。
ヤシオ山 山頂標識が見つからない
無いのかもしれない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤシオ山 山頂標識が見つからない
無いのかもしれない
山頂までは急斜面と落ち葉が多い
ロープ有
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までは急斜面と落ち葉が多い
ロープ有
白葉峠
姥穴山はここから登ると楽
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白葉峠
姥穴山はここから登ると楽
仙人ヶ岳までの稜線
ピークが多くて精神的にきつい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人ヶ岳までの稜線
ピークが多くて精神的にきつい
木が伐採されているので眺望が良い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木が伐採されているので眺望が良い
1
南荒倉山
仮で公式ではない模様
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南荒倉山
仮で公式ではない模様
1
荒倉山山頂
眺望は良いが風があるとつらい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒倉山山頂
眺望は良いが風があるとつらい
1
小仙人ヶ岳山頂
これも非公式の模様
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙人ヶ岳山頂
これも非公式の模様
孫仙人ヶ岳山頂
これも非公式の模様
曾孫とか玄孫とかあるのか気になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
孫仙人ヶ岳山頂
これも非公式の模様
曾孫とか玄孫とかあるのか気になる
仙人が岳の説明板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人が岳の説明板
三角山、仙人ヶ岳直下は落ち葉が多い。
三角山はトラバース路もあるが落ち葉で余計に危険。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角山、仙人ヶ岳直下は落ち葉が多い。
三角山はトラバース路もあるが落ち葉で余計に危険。
赤雪山までの稜線にあった祠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤雪山までの稜線にあった祠
赤雪山までの稜線も所々落ち葉地獄
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤雪山までの稜線も所々落ち葉地獄
赤雪山に近づくと歩きやすい道になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤雪山に近づくと歩きやすい道になる
赤雪山山頂
あずま屋とベンチがある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤雪山山頂
あずま屋とベンチがある
赤雪山山頂付近は勾配はなだらかな登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤雪山山頂付近は勾配はなだらかな登山道
ダムに近づくと九十九折の登山道になり勾配が大きくなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムに近づくと九十九折の登山道になり勾配が大きくなる。
赤雪山稜線沿い登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤雪山稜線沿い登山口

感想/記録

当初、石尊山と仙人ヶ岳と赤雪山をまとめて周回できる周回ルートをとして、石尊不動尊から道路を歩いて猪子峠に戻る計画だった。
地図を見ているうちに、城山姥穴山の稜線沿いを伝って仙人ヶ岳に戻るルートが気持ち良さそうだと思いルートを拡張した。

だが、結果的にきついルートになってしまった。
まずこの時期は落ち葉が多くて滑りやすく登りも降りも無駄に神経を使う。
仙人ヶ岳までの稜線は細かいピークが多くて、こちらも体力を奪われる。
この2点で仙人ヶ岳に着いた時にはもうくたくたになっていた。
その後、赤雪山までの稜線もいくつかピークがあるので満身創痍だった。

石尊山へは神社から登るルートが登りやすそうに思えたが、登山口の神社が駐車できなくなっているので、マイカーの人は猪子峠からになると思われる。
猪子峠からは落ち葉が多いが、ほうきで落ち葉を掃いてくれている人がいてありがたい。

城山には橋の横からの直登ルートを選んだが、やはり落ち葉が非常に多くて勾配がきつい。この時期は避けた方がいいかもしれないが、夏には藪がきつくなりそうに思えた。

冬のハイキングということもあり、飲み物は600mlとゼリー飲料3個だったが足りなかった。

印象に残ったこと
・落ち葉
どこの登山道も落ち葉が多くて滑る滑る。気が抜けないので無駄に疲れた。
・犬帰り付近で見た熊と思われる黒い物体
もし熊だった場合は安否が気になるくらい落ちていった。
最初は岩かと思ったが落ちるときの音が岩には聞こえなかった。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:195人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ