また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 38668 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 丹沢

畦ヶ丸〜白石峠

情報量の目安: B
-拍手
日程 2009年05月09日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

7:00西丹沢自然教室-8:10本棚沢出合-9:20善六ノタワ-10:20畦ヶ丸-11:00モロクボ沢ノ頭-11:30バン木ノ頭-12:35水晶沢ノ頭-13:00白石峠-15:30西丹沢自然教室
コース状況/
危険箇所等
◆西丹沢自然教室に登山計画書提出場所あり
◆以前、西丹沢自然教室にあった簡易トイレはなくなりました
◆西沢沿いの登山道、善六ノタワへの尾根に取り付くまで、指導標は多数あり問題ないと思います。
◆尾根道のルート上、危険個所・不明箇所は皆無
◆白石峠から林道終点までの間で、水流のある沢沿いに下降する時に何ヶ所か、丸木や石伝いに沢を渡ります。指導標やテープをしっかり確認すれば渡るポイントが
わかると思いますが、増水時は注意かも。
過去天気図(気象庁) 2009年05月の天気図 [pdf]

写真

西丹沢自然教室から西沢沿いに
2009年05月09日 07:11撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢自然教室から西沢沿いに
次第に西沢は狭まってくる
2009年05月09日 07:20撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次第に西沢は狭まってくる
権現山へはここから入るのだと思う・・
2009年05月09日 07:42撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現山へはここから入るのだと思う・・
西沢を離れて稜線へ
2009年05月09日 08:35撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢を離れて稜線へ
稜線へ上がる小尾根を行く
2009年05月09日 08:50撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線へ上がる小尾根を行く
稜線を畦ヶ丸へ
2009年05月09日 09:41撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を畦ヶ丸へ
途中から畦ヶ丸が見えた
2009年05月09日 08:49撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から畦ヶ丸が見えた
畦ヶ丸避難小屋
2009年05月09日 10:43撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畦ヶ丸避難小屋
避難小屋はWCも薪ストーブもあり
2009年05月09日 10:44撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋はWCも薪ストーブもあり
モロクボ沢ノ頭
2009年05月09日 11:03撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モロクボ沢ノ頭
シャガクチ丸・・「蛇ヶ口丸」とありました
2009年05月09日 11:59撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャガクチ丸・・「蛇ヶ口丸」とありました
水晶沢ノ頭。ここは広いピークでした
2009年05月09日 12:47撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶沢ノ頭。ここは広いピークでした
白石峠から最初はこんな涸れ沢を下降してきます
2009年05月09日 13:18撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石峠から最初はこんな涸れ沢を下降してきます
途中から水流が出てきます
2009年05月09日 13:35撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から水流が出てきます
こんな丸木を渡ったり・・
2009年05月09日 14:22撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな丸木を渡ったり・・
このあたり、いくつかの水流を飛び石で渡らなければならない。水の量に拠りますね。
2009年05月09日 14:32撮影 by PENTAX Optio M20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたり、いくつかの水流を飛び石で渡らなければならない。水の量に拠りますね。

感想/記録

西丹沢自然教室かおら、西沢をしばらく絡みながら詰めていく。下棚・本棚の立派な滝ものぞいてきました。

本棚沢出合からは、支沢沿いにしばらく登り、その後尾根に取り付く。小尾根・枝沢をいくつか横切るように高度を上げ、稜線へ。

善六ノタワから畦ヶ丸への稜線は、ブナの新緑が明るく気持ちのいい道でした。
畦ヶ丸山頂、誰もいなくて静か。この日、白石峠に至るまで見かけた登山者はたった5名。

畦ヶ丸避難小屋は、WC・薪ストーブあり。
モロクボ沢ノ頭までは、笹・灌木の中の急下降の道でしたが、白石峠まではおおむねおだやかなアップダウン。白石峠まで次第に標高があがるにつれて、明るい新緑の道となる。右手に鹿柵が、登山道に絡んで続く。

白石峠からは、最初、涸れ沢の中の下降だが、途中から水流が現れてくる。尾根を絡みながら再び沢沿いに下降するようになると、何回か流れを渡り返す。指導標や
テープを確認すれば、進む方向は間違えないと思うが、丸木・飛び石伝いの渡り返し。渡るポイントは水量によって見極めるようになると思われます。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1432人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ