また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3914238 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 房総・三浦

逗子・二子山周辺の山々縦走

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年01月14日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:最寄駅〜逗子駅〜元町BS
復路:追浜駅〜上大岡駅〜最寄駅
経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:44
距離
14.3 km
登り
855 m
下り
846 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間12分
休憩
33分
合計
5時間45分
Sスタート地点07:4407:53仙元山登山口07:5408:04仙元山08:29戸根山08:3108:52観音塚08:5309:03高塚09:0409:43森戸川林道終点09:4509:58二子山順路入口10:24二子山10:35下二子山10:3611:05阿部倉山11:51東逗子駅12:05金比羅山12:1612:21神武寺12:2212:29神武寺山12:3112:46鷹取山12:5313:04前浅間13:0813:10鷹取山追浜登山口13:29追浜駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
概ね登山道に危険個所は無し。
戸根山を越えて平松分岐から三浦アルプス方面は藪っぽくなるので、通行は冬季を推奨する。連絡尾根分岐からは急な下りが続き、また森戸川林道の途中か終点に着く分岐があるので注意。森戸川林道から二子山方面は渡渉地点がいくつかあり、また、かなり荒れている。登山道に上がるのも難しいような地点もあるので、川を遡行した方が安全だと思います。下二子山から先、南郷上ノ山公園へは通行止めになっているが、阿部倉山を目指すのであれば問題ない。登山道自体は阿部倉山を巻くように通っているが、北側と南側の二箇所で分岐がある。しかし南側の分岐は非常に滑り易く、すぐの所に跨ぐのが不可能な高さの倒木があり、小柄な私でもザックを背負った状態では屈んでもなんとか通れるほどだった。その先は、倒木に起因するのか通る人が少ないため藪化しつつある。北側は緩やかな植林地を登る形で辿り着けるので、北側を使うことをオススメします。神武寺の境内を歩いていくと、トイレがある地点に金比羅山に至ることのできる道がある。三角点のある神武寺山へは踏跡明瞭です。鎖場を越えれば高取山にすぐに着きますが、最後の最後で分岐っぽい地点があり、そこは右に行くのが正解だと思います。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ GPS 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

元町交差点からちょっと歩くと、ハイキングコースの案内板があります。葉山教会までは急傾斜の坂道を登っていきます。
2022年01月14日 07:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元町交差点からちょっと歩くと、ハイキングコースの案内板があります。葉山教会までは急傾斜の坂道を登っていきます。
1
登山道にはこのように標識がたくさん立っています。
2022年01月14日 07:56撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道にはこのように標識がたくさん立っています。
仙元山山頂からの眺めはいい景色です。
2022年01月14日 08:05撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙元山山頂からの眺めはいい景色です。
3
仙元山標識。
トイレあります。
2022年01月14日 08:06撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙元山標識。
トイレあります。
3
結構下りまして、それを振り返って撮影。
2022年01月14日 08:20撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構下りまして、それを振り返って撮影。
下るということは、登りはもちろんあります。
結構な急登です。
2022年01月14日 08:22撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下るということは、登りはもちろんあります。
結構な急登です。
急登を終えて少しあるけばソッカ(戸根山)山頂につきます。
奥にいけば阿部倉山までのショートカットですが、来た道を少し戻って観音塚方面に歩いていきます。
2022年01月14日 08:30撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を終えて少しあるけばソッカ(戸根山)山頂につきます。
奥にいけば阿部倉山までのショートカットですが、来た道を少し戻って観音塚方面に歩いていきます。
分岐ですが、ここは真っすぐ。
2022年01月14日 08:41撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐ですが、ここは真っすぐ。
ここの分岐は観音塚方面に向かいます。
このあたりからタイワンリスを見かけるようになりました。
2022年01月14日 08:43撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの分岐は観音塚方面に向かいます。
このあたりからタイワンリスを見かけるようになりました。
観音塚山頂です。
2022年01月14日 08:54撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音塚山頂です。
2
乳頭山方面へ進みます。
2022年01月14日 08:54撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乳頭山方面へ進みます。
森戸川林道へ抜けることのできる分岐。低いところにあるので、見逃しやすそう。ここは右に進みます。
2022年01月14日 08:58撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森戸川林道へ抜けることのできる分岐。低いところにあるので、見逃しやすそう。ここは右に進みます。
マテバシイの林を登っていくと、高塚です。
タイワンリス多い。
2022年01月14日 09:05撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マテバシイの林を登っていくと、高塚です。
タイワンリス多い。
森戸川林道終点方面に進みます。
2022年01月14日 09:31撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森戸川林道終点方面に進みます。
林道終点から南沢方面へ進みます。
2022年01月14日 09:45撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点から南沢方面へ進みます。
渡渉地点です。
谷底なのでかなり寒かったです。
2022年01月14日 09:47撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉地点です。
谷底なのでかなり寒かったです。
ここは分岐が三つありますが、今回は一番左を選択。
2022年01月14日 09:48撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは分岐が三つありますが、今回は一番左を選択。
かなり手前に崩れた足場を無理矢理登っていくのが登山道としては正解ですが、遡行してこの滑滝みたいなところまで来て、左岸にある登山道へ復道したほうが安全です。
2022年01月14日 09:55撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり手前に崩れた足場を無理矢理登っていくのが登山道としては正解ですが、遡行してこの滑滝みたいなところまで来て、左岸にある登山道へ復道したほうが安全です。
ここも遡行して奥にある東逗子駅の指導標まで向かった方が安全です。
2022年01月14日 09:59撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも遡行して奥にある東逗子駅の指導標まで向かった方が安全です。
相変わらず多いタイワンリスを見ながら、砲台道分岐です。ここからは暫く砂利道ですので気楽です。
2022年01月14日 10:11撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず多いタイワンリスを見ながら、砲台道分岐です。ここからは暫く砂利道ですので気楽です。
ほどなく(上)二子山山頂です。
2022年01月14日 10:20撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく(上)二子山山頂です。
2
山頂の展望から、遠くは筑波山まで見えました。
2022年01月14日 10:25撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の展望から、遠くは筑波山まで見えました。
下って登って、(下)二子山山頂です。
ボロボロ。
2022年01月14日 10:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って登って、(下)二子山山頂です。
ボロボロ。
1
ボロボロの標識の上に赤テープの標識あります。
2022年01月14日 10:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボロボロの標識の上に赤テープの標識あります。
ボロボロの山頂標識の左側にある大木に綺麗なものもあります。
2022年01月14日 10:39撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボロボロの山頂標識の左側にある大木に綺麗なものもあります。
阿部倉山の南側分岐です。
左に進めば悪路を経て阿部倉山へ行けます。
2022年01月14日 10:57撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿部倉山の南側分岐です。
左に進めば悪路を経て阿部倉山へ行けます。
阿部倉山山頂です。
広いです。
2022年01月14日 11:05撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿部倉山山頂です。
広いです。
1
阿部倉山北側分岐の方が雲泥の差で歩き易さが違います。
それにしても凝った作りの指導標です。
2022年01月14日 11:09撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿部倉山北側分岐の方が雲泥の差で歩き易さが違います。
それにしても凝った作りの指導標です。
登山口に着きました。
ここから暫くはロードです。
2022年01月14日 11:19撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に着きました。
ここから暫くはロードです。
東逗子駅を過ぎて、神武寺境内に入っていきます。
2022年01月14日 11:57撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東逗子駅を過ぎて、神武寺境内に入っていきます。
暫く進むと脇道があり、かつてはやぐらがあった金比羅山へ行けます。ここでいう「やぐら」は見張り台の櫓ではなく、横穴式の納骨窟や供養窟を指します。
2022年01月14日 12:07撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く進むと脇道があり、かつてはやぐらがあった金比羅山へ行けます。ここでいう「やぐら」は見張り台の櫓ではなく、横穴式の納骨窟や供養窟を指します。
空っぽのやぐら群の中に案内板があります。
空の理由はここに書いてあります。
2022年01月14日 12:09撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空っぽのやぐら群の中に案内板があります。
空の理由はここに書いてあります。
金比羅山山頂です。
しっかりここにも標識があって驚きました。
2022年01月14日 12:13撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金比羅山山頂です。
しっかりここにも標識があって驚きました。
かながわ美林50選の看板を久々に見ました。
確か、津久井城山の方にもあったような・・・?
知っているのはあとは、大雄山あたりとか・・・?
2022年01月14日 12:21撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かながわ美林50選の看板を久々に見ました。
確か、津久井城山の方にもあったような・・・?
知っているのはあとは、大雄山あたりとか・・・?
そしてかながわ景勝地50選でもあります。
2022年01月14日 12:22撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてかながわ景勝地50選でもあります。
神武寺山山頂からの眺めは良かったです。
2022年01月14日 12:32撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神武寺山山頂からの眺めは良かったです。
1
神武寺山山頂です。
2022年01月14日 12:33撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神武寺山山頂です。
ぐっと進んで、鷹取山山頂です。
2022年01月14日 12:54撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐっと進んで、鷹取山山頂です。
2
磨崖仏大きいですね、そしてここは前浅間山頂です。
2022年01月14日 13:05撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磨崖仏大きいですね、そしてここは前浅間山頂です。
登山口を出てからはロードを進んで、終点の追浜駅です。
おつかれさまでした。
予定行動時間よりも1時間ぐらいオーバーしてました。
2022年01月14日 13:32撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口を出てからはロードを進んで、終点の追浜駅です。
おつかれさまでした。
予定行動時間よりも1時間ぐらいオーバーしてました。

感想/記録

2022初登りでした。
実は宮ケ瀬の南山に行こうとしてましたが、近いほうが楽だなということでこちらに。鷹取山以外では人と会うこともなく、静かな山歩きを楽しめました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:255人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ