また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3923085 全員に公開 雪山ハイキング 谷川・武尊

吾妻耶山 (ノルン水上より)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年01月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。無風。
アクセス
利用交通機関
バス
日帰りスキーバス (オリオンツアー)
(往) 新宿都庁前7:20→ノルン水上10:06
(復) ノルン水上17:01→新宿20:08(28分遅)
・リフト1日券込で5900円
経路を調べる(Google Transit)
GPS
03:30
距離
4.7 km
登り
304 m
下り
557 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・最後、第1リフトからはゲレンデ滑走です。(スノーボード)
コース状況/
危険箇所等
・スノーシューかワカンが無いと困難。スノーシュー履いて、スネ〜膝関節まで潜る新雪。
・進路は不明瞭。踏み跡なし。目印は、夏道の道標がたまにある程度であてにならず。ピンクリボンが時々あったが、登山道を示すものではない気がした。(なので途中から無視した)
・山頂手前では、スノーシューでもずり落ちるような急登も。倒木や地形変化による起伏が多くある雪斜面をトラバース気味で登らざるをえず、結構大変。
その他周辺情報■ノルン水上のリフト利用■
・滑走具(スキー/スノーボード)を履いてない場合、第3リフトのみ利用可。最上部まで行ける第1リフトには乗れない。
・リフトは上りのみ。下り乗車はできない。
・ゲレンデ内は歩行禁止。
・第3リフト乗り場で登山届のチェックあり。
※ 板履いて第1リフトで上がって、板をデポして、帰りはゲレンデ滑走で下るのはOK。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

装備

備考 ・バックカントリーの装備。スノボブーツ+スノーシュー。ウェアも下はスノボパンツで。

写真

ゲレンデ前からでっかく見える吾妻耶山。
ここからだと、すぐ登れそうに見えたのだが。
2022年01月16日 10:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデ前からでっかく見える吾妻耶山。
ここからだと、すぐ登れそうに見えたのだが。
3
途中まで第3リフトで上がる。
お天気上々。右後ろの谷川岳も真っ白&くっきり。
2022年01月16日 11:13撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中まで第3リフトで上がる。
お天気上々。右後ろの谷川岳も真っ白&くっきり。
1
ゲレンデ内は通行禁止なので、早々にその左脇の樹林帯に入る。
2022年01月16日 11:52撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデ内は通行禁止なので、早々にその左脇の樹林帯に入る。
スノーシューでもすねまで潜る新雪。踏み跡ないし、地形や木によるモコモコで、思った以上に手こずる。
2022年01月16日 12:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシューでもすねまで潜る新雪。踏み跡ないし、地形や木によるモコモコで、思った以上に手こずる。
1
第1リフト降り場の横に到達。たかだか標高150mに1時間半近くかかってしまった。ここで背負って来たボードをデポ。
2022年01月16日 13:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1リフト降り場の横に到達。たかだか標高150mに1時間半近くかかってしまった。ここで背負って来たボードをデポ。
1
第1トップから踏み跡があって、いきなり楽々。
2022年01月16日 13:08撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1トップから踏み跡があって、いきなり楽々。
が、踏み跡は唐突に途絶えた。あきらめて引き返したらしい。
ここからは再び自己開拓で我が道を行く
2022年01月16日 13:15撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、踏み跡は唐突に途絶えた。あきらめて引き返したらしい。
ここからは再び自己開拓で我が道を行く
山頂手前でようやくゆったりした雪面になる。
苦節2時間。まさかこんなにかかるとは。
2022年01月16日 13:40撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前でようやくゆったりした雪面になる。
苦節2時間。まさかこんなにかかるとは。
1
登頂。石祠が3つ。
踏み跡なく、今日は誰も登ってなかったようだ。
2022年01月16日 13:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂。石祠が3つ。
踏み跡なく、今日は誰も登ってなかったようだ。
2
[北] 谷川連峰主脈。
2022年01月16日 13:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[北] 谷川連峰主脈。
4
[東] 木々越しに至仏山(左)、上州武尊(中央)、日光白根(右)
2022年01月16日 14:00撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[東] 木々越しに至仏山(左)、上州武尊(中央)、日光白根(右)
2
[南東] 皇海山〜袈裟丸山(中央)、赤城山(右端)
2022年01月16日 14:12撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[南東] 皇海山〜袈裟丸山(中央)、赤城山(右端)
2
一応、三角点へ。多少アップダウンあるけど、標高差ないからだいぶ楽。雪原歩き。このあたりも動物の踏み跡のみ。
2022年01月16日 14:21撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、三角点へ。多少アップダウンあるけど、標高差ないからだいぶ楽。雪原歩き。このあたりも動物の踏み跡のみ。
けど、三角点は埋もれてるのか発見できず。
2022年01月16日 14:28撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けど、三角点は埋もれてるのか発見できず。
赤谷越峠へ南下する予定だったが、えらく急だったので、山頂部を巻きながら南東へ。南側に水上の町。
2022年01月16日 14:39撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷越峠へ南下する予定だったが、えらく急だったので、山頂部を巻きながら南東へ。南側に水上の町。
急斜面なので、第1リフト向けてトラバース気味に下る。
2022年01月16日 14:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面なので、第1リフト向けてトラバース気味に下る。
第1リフトからは、行きにデポしたボードでゲレンデ滑って一気に下山。
2022年01月16日 15:04撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1リフトからは、行きにデポしたボードでゲレンデ滑って一気に下山。
ゲレンデど真ん中から、至仏山(左)と武尊山(右)。
東側は、ゲレンデの方が眺めよかった。
2022年01月16日 15:09撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデど真ん中から、至仏山(左)と武尊山(右)。
東側は、ゲレンデの方が眺めよかった。

感想/記録

・関東百名山の1つ、吾妻耶山。北の登山口からだとすんなり登れるようですが、駅からアプローチするととんでもなく長い車道歩きを強いられるので、冬に(スノーボードのついでに)スキー場から登るつもりでいました。

・オリオンの日帰りスキーツアーを利用。東京からの往復バス代+リフト券で5900円と格安。新宿都庁を7時過ぎに出て10時にはスキー場。今回はザックに加えて滑走道具一式(スノボ)も持っての移動だったので、JRで重たい荷物持って何度も乗換しなくて済んでありがたかった。

・で、ゲレンデからリフトで上がって、30分程でピピッと登って山頂でお茶できるか、と思ってたら、雪が想像以上に多くて手こずりました。

・登山目的では、最上部まで行ける第1リフトは利用不可で(※)、山頂から離れた第3リフトのみ使えて、少し下からスタート。さらに、ゲレンデ内は歩いちゃダメとのことで、すぐ脇の樹林帯入ったら、進路不明瞭、スノーシュー付けてもスネ〜膝まで潜るパウダーな上、起伏だらけでなかなか先へ進めない。第1リフトまで1時間半かかる始末。帰りに楽しようと思って、第1リフトまでボード(4.7kg)を背負って来たのを大いに後悔。(※ 後で確認したら、板履いてれば第1リフトにも乗れたようです。第1リフトで直接上がって、そこからピストンすればよかった)

・第1リフト脇でボードをデポして背中は軽くなったものの、その先も、傾斜が強くてシューで踏み込んでもずり落ちたり、膝上まで潜ったりする所もあって随分苦労しました。

・山頂は踏み跡もなく無人。無風でさほど寒くもなく、まったり。谷川連峰主脈を南側面からきれいに眺められました。東側も、木々越しに至仏山, 日光白根, 武尊山, 皇海山などが見えました。ただ、これらはゲレンデから見た方が障害物なくてきれかったかも。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:358人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ