また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3935509 全員に公開 ハイキング 房総・三浦

三浦アルプス 椿尾根

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年01月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車
往路:京急逗子線神武寺駅
復路:京急逗子線逗子・葉山駅
経路を調べる(Google Transit)
GPS
03:46
距離
11.9 km
登り
336 m
下り
337 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間33分
休憩
13分
合計
3時間46分
Sスタート地点10:2910:46東逗子駅10:5012:24二子山順路入口12:3312:40森戸川林道終点12:4013:14森戸林道ゲート13:1413:43長柄桜山古墳群第2号墳13:43長柄桜山古墳群第2号墳13:44長柄桜山古墳群第2号墳13:59逗子・葉山駅13:5914:16逗子・葉山駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
椿尾根には正規ルートの分岐を使わずに藪山のピークまで登り詰めてから下り正規ルートと合流 椿尾根の先端はヤセ尾根、急傾斜につき転倒や滑落に注意 森戸川氷結
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

神武寺駅の米軍専用の改札口です
2022年01月22日 10:27撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神武寺駅の米軍専用の改札口です
ここからスタートするのは1年ぶり
2022年01月22日 10:30撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからスタートするのは1年ぶり
痛ましい擁壁崩落現場も復旧されてました
2022年01月22日 10:36撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痛ましい擁壁崩落現場も復旧されてました
ここからは一旦東逗子駅に向けて下ります
2022年01月22日 10:40撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは一旦東逗子駅に向けて下ります
スズキヤで食料調達してここから登山開始
2022年01月22日 10:55撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スズキヤで食料調達してここから登山開始
住宅の横を通ります
2022年01月22日 10:57撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅の横を通ります
ハイカーやマウンテンバイクの往来で石がツルツルです
2022年01月22日 10:59撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイカーやマウンテンバイクの往来で石がツルツルです
1
のんびりとした良い道
2022年01月22日 11:00撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびりとした良い道
1
奥武蔵あたりとは明らかに違う植生
2022年01月22日 11:02撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥武蔵あたりとは明らかに違う植生
1
空気はやや冷たいものの陽射しの下はポカポカです
2022年01月22日 11:07撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空気はやや冷たいものの陽射しの下はポカポカです
1
この辺りではコースアウトして藪こぎしながらピーク踏んだりして遊んでます
2022年01月22日 11:15撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りではコースアウトして藪こぎしながらピーク踏んだりして遊んでます
1
もう何回も歩いているところですが右に曲がったところはどんな感じかとワクワクしながら進みます
2022年01月22日 11:18撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう何回も歩いているところですが右に曲がったところはどんな感じかとワクワクしながら進みます
1
海が青々としてます
2022年01月22日 11:20撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海が青々としてます
1
センリョウでしょうか?
2022年01月22日 11:21撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センリョウでしょうか?
1
いこいの広場も展望台との立派な標識できてましたが、展望台名乗るにはやはり手前の植物が少しばかり邪魔です
2022年01月22日 11:25撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いこいの広場も展望台との立派な標識できてましたが、展望台名乗るにはやはり手前の植物が少しばかり邪魔です
二子山への分岐ポイントまで来ました
2022年01月22日 11:31撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山への分岐ポイントまで来ました
こんなところで猛毒のカエンタケ見つかったとのこと
2022年01月22日 11:32撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところで猛毒のカエンタケ見つかったとのこと
椿尾根への侵入ポイント 右の道から登ってきました 折り返すように踏み跡あります 以前は赤テープもありましたが 普通は入ってはいけないところです
2022年01月22日 11:34撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椿尾根への侵入ポイント 右の道から登ってきました 折り返すように踏み跡あります 以前は赤テープもありましたが 普通は入ってはいけないところです
3
最初は、整備されてきたのかと思いましたがすぐに道がなくなります
2022年01月22日 11:34撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は、整備されてきたのかと思いましたがすぐに道がなくなります
1
こんなところを匍匐前進しました
2022年01月22日 11:37撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところを匍匐前進しました
2
何とかピークまでたどり着くと明らかな踏み跡あり、少し下ると小さな崖状のところにロープ掛けられてます 下りたところで右の踏み跡に吸い込まれましたが間違い 正しくはひとの歩いた跡が草に残る土手状の所を踏み越えて直進で下ります
2022年01月22日 11:48撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とかピークまでたどり着くと明らかな踏み跡あり、少し下ると小さな崖状のところにロープ掛けられてます 下りたところで右の踏み跡に吸い込まれましたが間違い 正しくはひとの歩いた跡が草に残る土手状の所を踏み越えて直進で下ります
2
先ほどの侵入ポイントの少し先にある正しい椿尾根への道と合流できました 下りてきた方向 を振り返って見上げる
2022年01月22日 11:56撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの侵入ポイントの少し先にある正しい椿尾根への道と合流できました 下りてきた方向 を振り返って見上げる
1
正しい道はこんな感じです リスの標識もあるのでここからは道迷いはしません
2022年01月22日 11:57撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正しい道はこんな感じです リスの標識もあるのでここからは道迷いはしません
1
それでもかなり狭い道ですので油断できません
2022年01月22日 11:59撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでもかなり狭い道ですので油断できません
1
所々では通りにくいところもあります
2022年01月22日 12:01撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々では通りにくいところもあります
1
期待していた椿はこの程度
2022年01月22日 12:02撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
期待していた椿はこの程度
3
二子山の方か かなり山深いところを歩いているかのような気分に浸れるので、この椿尾根や隣の中尾根は好きです
2022年01月22日 12:16撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山の方か かなり山深いところを歩いているかのような気分に浸れるので、この椿尾根や隣の中尾根は好きです
1
尾根の突端から沢まで一気に下るところにはロープがあります 足元大変悪く滑りやすいところもあるので助かります
2022年01月22日 12:23撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の突端から沢まで一気に下るところにはロープがあります 足元大変悪く滑りやすいところもあるので助かります
2
沢沿いに下りてきたところに指導標ありました
2022年01月22日 12:24撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いに下りてきたところに指導標ありました
1
わざと進行方向と逆の上流のうなぎ淵方面に向かって少しだけ進みましたが川が凍っているところもあり引き返しました
2022年01月22日 12:25撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わざと進行方向と逆の上流のうなぎ淵方面に向かって少しだけ進みましたが川が凍っているところもあり引き返しました
凍っています 冬にはよくこの山域来ますが初めて見ました
2022年01月22日 12:27撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍っています 冬にはよくこの山域来ますが初めて見ました
3
二子山に登り詰める道との分岐 この道も滑りやすい悪路だった記憶があります
2022年01月22日 12:29撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山に登り詰める道との分岐 この道も滑りやすい悪路だった記憶があります
同じところにある別の指導標
2022年01月22日 12:29撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じところにある別の指導標
川沿いの道も崩落してますので、却って川の中歩く方が便利
2022年01月22日 12:31撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川沿いの道も崩落してますので、却って川の中歩く方が便利
源流から森戸林道をひたすら歩きます
2022年01月22日 12:51撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源流から森戸林道をひたすら歩きます
2
いつも気になる登り口
2022年01月22日 13:04撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも気になる登り口
1
すぐ左にも平坦な道が伸びてます
2022年01月22日 13:05撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ左にも平坦な道が伸びてます
1
ようやくゲートまで着きました
2022年01月22日 13:13撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくゲートまで着きました
不法投棄の捜査中ということでものものしいテープが張り巡らされてました
2022年01月22日 13:14撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不法投棄の捜査中ということでものものしいテープが張り巡らされてました
阿部倉山を見ながら歩きます
2022年01月22日 13:23撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿部倉山を見ながら歩きます
2

感想/記録

昨晩あたりに椿尾根歩きたい思いが募り、1年ぶりくらいにこちらの山域にやって来ました。椿尾根は2年ぶりくらいでしょうか。
思ったより人が歩いていました。椿尾根でもソロの男性1名と会いました。一般道での指導標も充実してきたように思います。連絡尾根経由で栗坪方面に下ることも想定していましたが、森戸川源流から林道通って逗子に向かいました。この林道も落石崩落などには注意して歩く必要あります。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:237人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ