また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3936790 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

今年3回目の大文字山 左俊寛旧跡の石柱、左の道は見つけられず

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年01月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:41
距離
11.4 km
登り
738 m
下り
729 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
16分
合計
5時間40分
S平安神宮08:1410:54大文字山10:5510:58大文字山四つ辻10:5912:03出逢坂12:0612:11幻の滝12:1612:28中尾の滝12:2913:00中尾城跡13:0513:27銀閣寺橋西詰公衆トイレ13:53出町柳駅13:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
町に雪は無いが大文字山と言えども山に入ると雪は残っていた。携行したチェーンスパイクは使わなかったが、天の原に降りる途中で木の根を踏んで思い切り転けた。この尾根道は誰の足跡も無かったので滑らないと舐めていた。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

何時もの様に鴨川から歩いて平安神宮まで来た。まだ早いせいか珍しく観光客の姿は無かった。
2022年01月22日 08:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何時もの様に鴨川から歩いて平安神宮まで来た。まだ早いせいか珍しく観光客の姿は無かった。
平安神宮前からこれから登る山を見ると少し木に雪が残っている。
2022年01月22日 08:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平安神宮前からこれから登る山を見ると少し木に雪が残っている。
哲学の道と疏水を横切る。
2022年01月22日 08:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
哲学の道と疏水を横切る。
若王子神社前も通過する。数年前に枯れた右手の梛の木、新しいのは植えないのだろうか?
2022年01月22日 08:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若王子神社前も通過する。数年前に枯れた右手の梛の木、新しいのは植えないのだろうか?
今日は桜花苑から尾根道に入る。
2022年01月22日 08:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は桜花苑から尾根道に入る。
登って行くと少し雪が増えてくる。
2022年01月22日 09:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って行くと少し雪が増えてくる。
適当な所から谷に降りてみる。
2022年01月22日 09:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当な所から谷に降りてみる。
しかし谷は倒木で降りられそうも無い。斜面に続く鹿の足跡を辿って行く。
2022年01月22日 09:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし谷は倒木で降りられそうも無い。斜面に続く鹿の足跡を辿って行く。
谷の向こうにこの前通った山道が見えた。
2022年01月22日 09:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷の向こうにこの前通った山道が見えた。
山道に移って登り返す。
2022年01月22日 09:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道に移って登り返す。
左 俊寛旧跡の石柱に着く。
2022年01月22日 09:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左 俊寛旧跡の石柱に着く。
1
左側は谷を越えて尾根となるが道らしいものは発見出来ず。
2022年01月22日 09:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側は谷を越えて尾根となるが道らしいものは発見出来ず。
1
谷沿いに道らしいのがあったのでこれを辿ってみる。
2022年01月22日 09:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷沿いに道らしいのがあったのでこれを辿ってみる。
怪しげな道跡が続く。
2022年01月22日 09:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怪しげな道跡が続く。
とうとう道跡が無くなる。
2022年01月22日 09:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうとう道跡が無くなる。
目の前に出て来た杉林は以前の台風で木が倒れたままだ。
2022年01月22日 09:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前に出て来た杉林は以前の台風で木が倒れたままだ。
倒木を避けて斜面を登る。道らしいのは無いが何故かテープは付いている。
2022年01月22日 10:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木を避けて斜面を登る。道らしいのは無いが何故かテープは付いている。
尾根に出た場所は破れたテント?の所だった。
2022年01月22日 10:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出た場所は破れたテント?の所だった。
尾根途中から見えた京都の町。
2022年01月22日 10:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根途中から見えた京都の町。
尾根から左に降りて、楼門の滝から続く東山トレイルに出る。
2022年01月22日 10:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から左に降りて、楼門の滝から続く東山トレイルに出る。
トレイルから古い道のある左の尾根に入る。
2022年01月22日 10:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレイルから古い道のある左の尾根に入る。
1
尾根とトレイルの間にある平安時代の山岳寺院跡?を通って直接三角点に向かう。
2022年01月22日 10:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根とトレイルの間にある平安時代の山岳寺院跡?を通って直接三角点に向かう。
三角点に着いたが、休んでいる人の目の前に飛び出したので不審がられてしまった。
2022年01月22日 10:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点に着いたが、休んでいる人の目の前に飛び出したので不審がられてしまった。
3
山頂から京都駅方向。
2022年01月22日 10:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から京都駅方向。
1
こちらは山科側。
2022年01月22日 10:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは山科側。
山頂にも雪が少し残っている。
2022年01月22日 10:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にも雪が少し残っている。
東の林道に出て山頂を巻く道に入る。ここはまだ誰も歩いて無く新雪を歩ける。
2022年01月22日 11:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の林道に出て山頂を巻く道に入る。ここはまだ誰も歩いて無く新雪を歩ける。
そして、この尾根はパス。
2022年01月22日 11:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、この尾根はパス。
雪の中でも残っていた柊の花。う〜ん、名前の通りでは無いか。
2022年01月22日 11:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の中でも残っていた柊の花。う〜ん、名前の通りでは無いか。
この尾根から天の原へ降りる。
2022年01月22日 11:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根から天の原へ降りる。
何と同じ作者?のプレートが2枚ある。
2022年01月22日 11:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何と同じ作者?のプレートが2枚ある。
天の原。ここも誰も歩いて無い。
2022年01月22日 11:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天の原。ここも誰も歩いて無い。
ヤカンとフライパンも雪の下。
2022年01月22日 11:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤカンとフライパンも雪の下。
1
このプレートも今日は以前と違う方向を向いていた。
2022年01月22日 11:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このプレートも今日は以前と違う方向を向いていた。
去年の年末には赤い実を沢山付けていた柿の木も今は鳥に食べられたのか一つもなかった。
2022年01月22日 11:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年の年末には赤い実を沢山付けていた柿の木も今は鳥に食べられたのか一つもなかった。
1
天の原にも何輪かの柊の花が残っていた。
2022年01月22日 11:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天の原にも何輪かの柊の花が残っていた。
1
そのまま横道まで谷を登って
2022年01月22日 12:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま横道まで谷を登って
回り込んで幻の滝の降りて来た。
2022年01月22日 12:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
回り込んで幻の滝の降りて来た。
雪が白すぎてプレートの写りも悪い。
2022年01月22日 12:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が白すぎてプレートの写りも悪い。
1
滝つぼの目玉石、その1。
2022年01月22日 12:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝つぼの目玉石、その1。
2
そして今日の中尾の滝。
2022年01月22日 12:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして今日の中尾の滝。
2
プレートも健在。
2022年01月22日 12:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プレートも健在。
1
そのまま谷を降りて
2022年01月22日 12:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま谷を降りて
中尾城跡へ登り返す。
2022年01月22日 13:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾城跡へ登り返す。
1
めがね坂をおりて
2022年01月22日 13:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めがね坂をおりて
銀閣寺前へ。
2022年01月22日 13:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀閣寺前へ。
出町柳。賀茂大橋越えに桟敷ヶ岳方面を見ると随分雪がありそうだった。
2022年01月22日 13:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出町柳。賀茂大橋越えに桟敷ヶ岳方面を見ると随分雪がありそうだった。

感想/記録
by yjin

本当は他の場所を予定していたが雪が深いと苦労しそうなので、勝手知ったる大文字山に急遽変更する。しかし、折角なので左俊寛旧跡の石柱、左はどんな道なのかと出かけてみた。

石柱がある以上かなり道跡が残っていて良さそうだったが、はっきりした道は発見出来なかった。

今日は木に付いた雪が氷となってパラパラ落ちてくる。最初はフードも被らずザックカバーも着けずに歩いたが首に氷が入って来るしザックは濡れてくるし散々な目に遭った。途中からフードとカバーを付けたが見切りが遅過ぎたかな。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:156人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ