また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3937379 全員に公開 雪山ハイキング 比良山系

ヤケ山〜ヤケオ山〜釈迦岳〜カラ岳

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年01月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ/薄曇り/曇り
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)
GPS
10:22
距離
13.6 km
登り
1,149 m
下り
1,136 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間12分
休憩
1時間10分
合計
10時間22分
S北小松駅06:4207:00北小松登山口(楊梅滝入口)07:0807:20滝見台07:2208:00涼峠08:0609:22ヤケ山09:3009:48P70511:32ヤケオ山11:4612:10フジハゲのピーク12:1212:56釈迦岳13:0213:32カラ岳13:3414:36比良ロッジ跡14:4014:56北比良峠15:0815:14神璽谷道下降点15:46カモシカ台16:14大山口16:2016:36イン谷口16:40桜のコバ17:04比良駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■北小松駅〜涼峠〜ヤケ山
北小松駅から登山口までは舗装路で、コースタイムは40分となっているけど、そんなにかからないと思う。
滝見台を経て、分岐から楊梅の滝の雄滝までは5分ぐらい?
時間に余裕があれば、寄ってみるのも良いでしょう。
涼峠で左の道に進むと、ヤケ山山頂へ至ります。
ここまでの区間では、やや岩っぽい所や段差が大きめの所があるけれど、登りでは特に気にならない程度でしょうか。

■ヤケ山〜ヤケオ山〜フジハゲのピーク〜釈迦岳
P705を経て、ヤケオ山への登りは道が侵食されてザレている区間があり、やや登りにくい。
ヤケオ山から釈迦岳までは、尾根は全般的に細く、そんなに危険な感じではないけれど、琵琶湖側の斜面が崩落している箇所もあります。
全般的に琵琶湖側の展望が素晴らしく、好天の日は楽しく歩行可能。

■釈迦岳〜カラ岳〜北比良峠
崩落箇所がいくつかある程度で、特に問題はないはず。

■北比良峠〜ダケ道〜大山口〜イン谷口〜比良駅
ダケ道は多くの人が歩かれており、安心感があります。
大山口から比良駅までも特に問題なし。

以上は無雪期について。
積雪期には、雪山への様々な対処が必要になると思われ、色々と事前に想定や準備をしておく必要があるでしょう。
この時期、北小松駅から釈迦岳の区間は、当日に誰も歩いていない可能性がありそうなので、積雪状況などに応じて撤退なりの判断を適切に行うようにしたいですね。
下山路の選択肢を増やす意味でも、無雪期にルートの確認をしておくのが良さそう。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

北小松駅からスタートです。
他にも登山者の姿があり。
2022年01月22日 06:42撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北小松駅からスタートです。
他にも登山者の姿があり。
2
登山口。
そのまま進みかけたけど、ワカンを装着。
2022年01月22日 07:02撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。
そのまま進みかけたけど、ワカンを装着。
1
滝見台から楊梅の滝を望む。
2022年01月22日 07:20撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝見台から楊梅の滝を望む。
1
先行者さんの後を追う。
前日のトレースがあるよう。
2022年01月22日 07:48撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者さんの後を追う。
前日のトレースがあるよう。
1
涼峠。
この先はトレースがない。
先行者さんはここでワカンを装着されるので、先に出発。
2022年01月22日 08:04撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涼峠。
この先はトレースがない。
先行者さんはここでワカンを装着されるので、先に出発。
2
所々に障害物となる木があるので、避けながら。
途中で先頭を交代してもらっています。
2022年01月22日 08:46撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に障害物となる木があるので、避けながら。
途中で先頭を交代してもらっています。
1
ソヨゴかな?
2022年01月22日 09:15撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソヨゴかな?
ヤケ山山頂に到着です。
大半の区間を先に歩いてもらい、恐縮でした。
2022年01月22日 09:22撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤケ山山頂に到着です。
大半の区間を先に歩いてもらい、恐縮でした。
3
山頂からヤケオ山方面を望む。
2022年01月22日 09:22撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からヤケオ山方面を望む。
2
蛇谷ヶ峰方面をズームアップ。
2022年01月22日 09:23撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇谷ヶ峰方面をズームアップ。
2
雪庇が発達しているのが見える。
2022年01月22日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇が発達しているのが見える。
風の影響が強く、地面の土が見えている。
2022年01月22日 09:58撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風の影響が強く、地面の土が見えている。
あまり左側には寄らないように。
2022年01月22日 10:18撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまり左側には寄らないように。
1
黙々と歩く。
2022年01月22日 10:33撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黙々と歩く。
1
振り返ると、奥にリトル比良で、手前右にヤケ山。
2022年01月22日 10:40撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、奥にリトル比良で、手前右にヤケ山。
1
ここも雪庇かと思いつつ。
2022年01月22日 10:42撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも雪庇かと思いつつ。
雪庇越しに伊吹山を望む。
2022年01月22日 10:43撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇越しに伊吹山を望む。
この辺りは雪が閉まっていて、歩きやすかったような。
2022年01月22日 10:47撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは雪が閉まっていて、歩きやすかったような。
1
歩いて来た尾根を振り返る。
2022年01月22日 10:51撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いて来た尾根を振り返る。
1
晴れていれば、雪の白さが引き立つんだけど。
2022年01月22日 10:53撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていれば、雪の白さが引き立つんだけど。
2
力強い足取りで斜面を登る先行者さん。
この斜面はしんどそうなので、こちらは右の方に逃れました。
2022年01月22日 10:55撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
力強い足取りで斜面を登る先行者さん。
この斜面はしんどそうなので、こちらは右の方に逃れました。
左にヤケオ山で、右にフジハゲのピーク。
2022年01月22日 11:03撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左にヤケオ山で、右にフジハゲのピーク。
後を追います。
2022年01月22日 11:09撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後を追います。
何度も振り返る。
2022年01月22日 11:11撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も振り返る。
雲が重たい。
2022年01月22日 11:12撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が重たい。
先行者さんとは少し違うルートで進む。
2022年01月22日 11:29撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者さんとは少し違うルートで進む。
ヤケオ山山頂に到着です。
釈迦岳にはガスがかかっている。
2022年01月22日 11:32撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤケオ山山頂に到着です。
釈迦岳にはガスがかかっている。
1
山名板。
ここで昼食にします。
2022年01月22日 11:34撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名板。
ここで昼食にします。
1
麓の様子。
2022年01月22日 11:46撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓の様子。
では、出発。
2022年01月22日 11:48撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、出発。
1
すっきりしない天気です。
2022年01月22日 11:49撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっきりしない天気です。
威嚇するような雪庇の連なり。
2022年01月22日 11:54撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
威嚇するような雪庇の連なり。
3
ここも雪庇のはず。
2022年01月22日 12:09撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも雪庇のはず。
1
フジハゲのピークに到着。
2022年01月22日 12:10撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フジハゲのピークに到着。
どうしても雪庇に目が行ってしまう。
2022年01月22日 12:12撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうしても雪庇に目が行ってしまう。
1
晴れていれば、さぞかし。
2022年01月22日 12:24撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていれば、さぞかし。
2
間近で見ると、迫力がある。
手前はひび割れか?
2022年01月22日 12:29撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間近で見ると、迫力がある。
手前はひび割れか?
1
本来は道幅が狭い箇所。
雪庇の大きさが良く分かる。
2022年01月22日 12:34撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本来は道幅が狭い箇所。
雪庇の大きさが良く分かる。
1
左奥の木には霧氷が付いているよう。
2022年01月22日 12:35撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥の木には霧氷が付いているよう。
1
辿って来た稜線を振り返る。
連なる雪庇がすごい。
2022年01月22日 12:39撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辿って来た稜線を振り返る。
連なる雪庇がすごい。
1
雪庇をズームアップ。
2022年01月22日 12:39撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇をズームアップ。
2
霧氷ですね。
2022年01月22日 12:45撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷ですね。
2
ラッセルが続く。
2022年01月22日 12:45撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセルが続く。
2
疲労のせいか、じわじわとしか進まず。
2022年01月22日 12:52撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲労のせいか、じわじわとしか進まず。
釈迦岳山頂に到着です。
誰も登って来ていない。
遅れて到着の先行者さんと少し話し、お別れです。
2022年01月22日 12:56撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦岳山頂に到着です。
誰も登って来ていない。
遅れて到着の先行者さんと少し話し、お別れです。
2
北比良峠までは単独行。
2022年01月22日 13:04撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠までは単独行。
2
右の方にカラ岳の電波塔。
気分的に遠そうに見えてしまう。
2022年01月22日 13:09撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の方にカラ岳の電波塔。
気分的に遠そうに見えてしまう。
ウサギの足跡。
たくさん見かけました。
2022年01月22日 13:11撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギの足跡。
たくさん見かけました。
2
釈迦岳を振り返り。
2022年01月22日 13:22撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦岳を振り返り。
1
電線が手の届く位置にある。
2022年01月22日 13:28撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電線が手の届く位置にある。
カラ岳山頂に到着です。
釈迦岳から30分かかっているので、普段の倍以上ですね。
2022年01月22日 13:32撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラ岳山頂に到着です。
釈迦岳から30分かかっているので、普段の倍以上ですね。
この先も雪深そう。
2022年01月22日 13:36撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先も雪深そう。
立ち止まる回数が増えて来る。
2022年01月22日 13:41撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち止まる回数が増えて来る。
正面に堂満岳。
この辺りから少しずつ陽が射すようになる。
2022年01月22日 13:57撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に堂満岳。
この辺りから少しずつ陽が射すようになる。
1
この辺りは積雪で道が視認しにくくなっている。
2022年01月22日 14:07撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは積雪で道が視認しにくくなっている。
タムシバの花芽かな。
2022年01月22日 14:11撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タムシバの花芽かな。
武奈ヶ岳がようやく雲から顔を覗かせる。
2022年01月22日 14:13撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳がようやく雲から顔を覗かせる。
3
どこを進むのかが分かりにくい。
2022年01月22日 14:14撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこを進むのかが分かりにくい。
標識を見て、少しホッとする。
2022年01月22日 14:28撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識を見て、少しホッとする。
あそこを登ったら、北比良峠か?
2022年01月22日 14:32撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこを登ったら、北比良峠か?
比良ロッジ跡付近。
2022年01月22日 14:36撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良ロッジ跡付近。
1
遅ればせながらの青空。
2022年01月22日 14:41撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅ればせながらの青空。
1
崩落箇所はこんな感じ。
2022年01月22日 14:45撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落箇所はこんな感じ。
4
天巧磨崖仏。
2022年01月22日 14:47撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天巧磨崖仏。
ここを登り切れば、北比良峠。
足が重くて、なかなか前に進まない。
2022年01月22日 14:49撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登り切れば、北比良峠。
足が重くて、なかなか前に進まない。
4
北比良峠に到着です。
2022年01月22日 14:56撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠に到着です。
1
北比良峠から琵琶湖を望む。
しばし休憩し、ワカンを外します。
2022年01月22日 15:06撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠から琵琶湖を望む。
しばし休憩し、ワカンを外します。
5
ダケ道での下山。
2022年01月22日 15:37撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケ道での下山。
2
大山口に到着。
2022年01月22日 16:14撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山口に到着。
2
正面に釈迦岳。
田んぼの水に映り込んでいて、逆さ釈迦に。
2022年01月22日 16:55撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に釈迦岳。
田んぼの水に映り込んでいて、逆さ釈迦に。
4
最後に比良のお山を振り返り。
比良駅まで歩き、ゴールです。
2022年01月22日 17:02撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に比良のお山を振り返り。
比良駅まで歩き、ゴールです。
2

感想/記録

2週間前と同じく、雪山歩きで比良山系へ。
武奈ヶ岳も候補だったのだけど、北小松駅からヤケオ山や釈迦岳へ向かう事にします。
多くの人が訪れる武奈ヶ岳に比べ、こちらは歩く人が少ないはずで、誰も歩いていない可能性も十分にありそうなので、状況次第では途中での撤退を視野に入れつつ。

始発に乗って北小松駅に到着すると、他にも登山者の姿があり、予定をフルにこなしてのゴールの可能性が芽生えたような?
少し遅れてスタートし、追い付いた際にどこまで行かれる予定なのかを尋ねてみると、釈迦岳までとの事で、同じ方向です。
登山口に着き、そのまま進みかけたけど、しっかりと積雪していそうだし、思い直してワカンを装着し、先に出発。
前日のものと思われるトレースがあります。
久しぶりのワカンで、ちょっと歩きにくい。
寒々しく見える楊梅の滝を滝見台から眺めていると、さっきの方がやって来られ、滝を気にせずに先へと進んで行かれる。
このレコでは、便宜的に先行者さんと呼ばせていただきます。
結局、涼峠で追いつくのだけど、その先にはトレースがない。
先行者さんはここでワカンを装着されるとの事で、先に出発。
程なくして追い付かれてしまい、また先を歩いてもらいます。
北小松からヤケ山に登る際、このルートではなく、オトシや寒風峠経由で向かう事が多く、ルートのイメージがあまりないし、何よりもトレースを辿る事ができ、助かります。
雪山歩きの経験が浅い身としては、後ろから見ていて学ばせてもらう事が多い。
たっぷりな雪の中を歩き続け、ヤケ山山頂に到着です。

数分遅れで出発、ここからはルートの把握ができているので、少し安心。
先行者さんの踏み跡を辿ったり、独自で進んだり。
木々の間から白い稜線が見え、雪庇が大きく発達しているよう。
P705を経て少し下ると、地面の土が露出している所があり、やはり風の影響が強そう。
ここからはヤケオ山へ向けての本格的な登りに。
先行者さんの踏み跡を辿る割合は減り、自分なりに進むようになる。
しんどいけれども、今後の事を考えても、この方が良いはず。
雪がしまっていて歩きやすかったり、踏み抜きが大きくなったり。
じわじわと疲労が溜まりつつも、着実に前へと進む。
振り返ると、山の連なりが目に入るけれど、目を引くのは雪庇で、その横を歩いて来たのだと実感する。
この先も気を付けて歩こうと思わせられる。
最後も自分なりに進んで行き、ヤケオ山山頂に到着です。
まだ雲が多く、本来の展望の良さが得られないのが残念。
少しだけ話しをして、先行者さんは出発され、こちらは昼食にします。

その後も雪深い尾根を歩いて行くと、前を歩く先行者さんの姿が目に入る。
進路の選び方の具合により、この後は前後して歩くような感じになる。
引き続き尾根の左側には雪庇が形成されているようで、そちら側には寄らないように注意しつつ歩を進めます。
フジハゲのピークも同様で、雪の盛り上がりには近づきません。
何度となく振り返ってみると、琵琶湖側にせり出した雪庇が連なっていて、少し恐怖感を抱いてしまうぐらい。
ロープ場などでは、間近に雪庇がせり出しているのが見られ、かなり迫力がある。
最後は尾根幅が広がり、雪深い中を歩くのに集中する事になり、釈迦岳山頂に到着です。
辺りにはトレースは皆無で、この日の一番乗りですね。
先行者さんが少し遅れて登って来られ、少しお話しを。
ここから下山されるとの事で、ここでお別れです。

北比良峠へ向けて、まずはカラ岳へ。
当然ながら、トレースはなく、自らラッセルして進むしかなく、これまでの疲れもあってか、スピードは上がらない。
カラ岳の山頂の電波塔が見えるのだけど、いつもよりも遠く感じてしまう。
とは言え、体を動かし続けていると着実に近づいており、普段の倍以上の時間がかかりながらも、何とかカラ岳山頂に到着です。

さらに雪にまみれて歩いていると、ようやく日射しが少しずつ得られるようになる。
本来の道が分かりにくい所が多く、iPadで確認しつつ、どちらへ進むべきかを探る。
微妙に迷走した末、ややこしく感じる区間を脱出。
普段は道がはっきりしており、辺りへの注意が不足していたように思われ、積雪期に歩くのを見越して、今後は歩くようにしたいと思う。
その後は迷うような所はないけれど、もう体力に余裕はなく、疲労の色合いが濃い。
我慢の行程が続き、ようやく北比良峠に到着。
さっきまでの自分の苦労とは無縁の世界が広がっていて、そのギャップに軽くめまいを覚えてしまいそうなぐらい。
美しい琵琶湖を眺めながらエネルギーを補給し、ワカンも外します。
ちょっとだけ元気を取り戻しました。

ダケ道はたくさんの人が歩いたようで、いつも通りの安心感のある道となっている。
とは言え、何度となく踏み抜いてしまったり、軽く滑ったり。
豊富な雪の中を順調に下り、大山口に到着。
片付けを済ませ、先へ。
田んぼが広がる辺りまで来て振り返ると、比良の山の連なりが良く見えるようになる。
水が張られている田んぼがあり、登頂した釈迦岳が映り込んでいて、良い感じ。
いつものように最後は振り返りつつ進んで行き、比良駅に到着。
何とか予定をフルにこなし、無事にゴールです。

今回も比良への雪山歩きでしたが、2週間前よりもしんどい山行になったように思う。
同じルートを歩く人がいなければ、途中で撤退となっていたはずで、改めて感謝です。
体力面だけでなく、心理面でも影響は大きかった。
P705以降、釈迦岳へ向かうまでの区間の雪庇は想像以上で、かなり迫力があり、少し怖いぐらいでした。
晴れていれば、もっと素晴らしい光景になっていたはずで、雪山歩きの経験を積んだ上で、再挑戦の機会を探りたいと思う。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:360人

コメント

 はじめまして。当日、私のほうが少し先に北比良峠に着いていたようで、そのときカラ岳方面を見てどなたも歩いておらずトレースがなかったと思います。下山ルートの一つにカラ岳へ行ってリフト道を降りるというのも考えていたのですが、その時まったくトレースがなかったので臆してそちらへはいけませんでした。その後あの道を歩かれたのを拝見して、すごいなあ、という気持ちで、思わずコメントさせていただいております。お疲れさまでした。無雪期に何度も通っているルートでも、大雪が降ったあとのノートレースの道に踏み込んでいくのは相当勇気がいります。私の場合は、ですけど。
 GPSの記録ではニアミスだったようでお会いできてはいないようですね。ではまた。
2022/1/27 23:16
FlashLayerさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

今回は正面谷から武奈ヶ岳というのも候補だったのですが、ヤケオ山から釈迦岳への稜線をしっかりと積雪している時に歩いてみたいとの思いがあったので、こちらを選択しました。
歩く人が少なそうで、他に人がいない可能性もあり得るので、トレースがないとの想定もしていました。
幸い、他にも人がおられ、体力的にも心理的にも助けられ、釈迦岳まで到達できました。
その先はトレースがなく、それなりに疲れてはいたけど、北比良峠まで行けば、その時間帯にはダケ道にトレースがあるのは間違いないはずで、とにかく頑張って前へ進むのみでした。
あの方がおられず、ずっと単独での行動であったら、また状況が違ったはずで、撤退の決断のタイミングとか、難しい面があったかも知れません。
雪山歩きの経験はまだ浅く、大変だなと感じる事が多いですね。

金糞峠から奥の深谷の上流を歩いて八雲ヶ原へ向かうルート、ここも積雪期に歩いてみたいのですが、一番手だと難しそうですね。
それなりにルートの把握はできているつもりだけど、後の人が歩くのを考えると、変な間違いはできないというプレッシャーがありそう。

今年の冬は久しぶりに雪が豊富で、まだ雪山歩きを楽しむ事ができそうでしょうか。
では、今後もよろしくお願いします。
2022/1/28 20:00
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ