また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3938531 全員に公開 雪山ハイキング 金剛山・岩湧山

金剛山(モミジ谷〜青崩道で氷瀑と雪だるま鑑賞)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年01月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
03:34
距離
13.1 km
登り
955 m
下り
948 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.4~0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間47分
休憩
48分
合計
3時間35分
S水分橋07:2307:24さわんど茶屋07:32水越川公共駐車場07:39水越峠07:4108:01金剛の水08:0308:07カヤンボ08:0808:33第6堰堤08:4408:45本流ルート分岐08:4809:04転法輪寺09:10山頂広場09:2409:26転法輪寺09:2809:32金剛山09:37一の鳥居09:45岩屋文殊09:50転法輪寺09:5109:54山頂広場10:0610:23セト10:27電波管理所(青崩道と桐山・二河原辺道分岐)10:57さわんど茶屋10:58水分橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

水越峠からガンドガコバ林道を経てモミジ谷に入ります。堰堤を幾つか越えながら進んでいくと、迸る渓流の周囲が凍り付き、氷瀑の出来具合に期待が高まります。
2022年01月22日 08:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠からガンドガコバ林道を経てモミジ谷に入ります。堰堤を幾つか越えながら進んでいくと、迸る渓流の周囲が凍り付き、氷瀑の出来具合に期待が高まります。
3
第5堰堤に差し掛かり、
2022年01月22日 08:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第5堰堤に差し掛かり、
1
第6堰堤へ。堰堤直下の岩壁の一面はつららや氷の壁で覆われ、なかなかの眺め。
2022年01月22日 08:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第6堰堤へ。堰堤直下の岩壁の一面はつららや氷の壁で覆われ、なかなかの眺め。
4
早速近づいてみます。
2022年01月22日 08:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速近づいてみます。
7
ツルツル、モコモコの氷の壁や、
2022年01月22日 08:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルツル、モコモコの氷の壁や、
3
鋭く尖ったつららを仰ぎ見、氷の造形美を楽しみます。
2022年01月22日 08:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋭く尖ったつららを仰ぎ見、氷の造形美を楽しみます。
9
先に進むと、お約束のドラゴンを経て、
2022年01月22日 08:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に進むと、お約束のドラゴンを経て、
3
源頭部を遡り、急登をこなすと、可愛い雪だるまが迎えてくれます。
2022年01月22日 09:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源頭部を遡り、急登をこなすと、可愛い雪だるまが迎えてくれます。
4
捺印所前のかまくらを横目に、
2022年01月22日 09:04撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
捺印所前のかまくらを横目に、
5
雪だるまたちが待つ国見城跡の山頂広場に到着します。
2022年01月22日 09:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪だるまたちが待つ国見城跡の山頂広場に到着します。
6
やはりトトロの存在感は別格。大きく開けた口は吸い込まれそうになるような迫力があり、目力も凄い。
2022年01月22日 09:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはりトトロの存在感は別格。大きく開けた口は吸い込まれそうになるような迫力があり、目力も凄い。
5
山頂標識の前にずらりと並んだ雪だるまたち。どの作品も力作揃い。日に日に数が増えているような気がします。
2022年01月22日 09:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識の前にずらりと並んだ雪だるまたち。どの作品も力作揃い。日に日に数が増えているような気がします。
10
ここでアマビエが登場。アマビエ32号とアマビエ35号のコンビで疫病退散を祈願します。両アマビエも雪だるまの集団を前に驚きを隠せない様子。
2022年01月22日 09:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでアマビエが登場。アマビエ32号とアマビエ35号のコンビで疫病退散を祈願します。両アマビエも雪だるまの集団を前に驚きを隠せない様子。
7
キティだるまも健在。それでも8日目とあって、少々お疲れの様子。熊笹リボンも解けてしまいました。
2022年01月22日 09:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キティだるまも健在。それでも8日目とあって、少々お疲れの様子。熊笹リボンも解けてしまいました。
8
そこで化粧直し。薄っすらと被った雪を払い落とし、ぱっちりお目目にすると見違えるよう。おリボンを結び直して、頑張ったご褒美に南天の飾りを付けてあげました。
2022年01月22日 09:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこで化粧直し。薄っすらと被った雪を払い落とし、ぱっちりお目目にすると見違えるよう。おリボンを結び直して、頑張ったご褒美に南天の飾りを付けてあげました。
14
山頂広場を見渡すと、「リゾートホテル」の奥には、天を仰ぐ赤鼻の雪だるまを見かけます。何とも言えない表情がたまりません。
2022年01月22日 09:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場を見渡すと、「リゾートホテル」の奥には、天を仰ぐ赤鼻の雪だるまを見かけます。何とも言えない表情がたまりません。
6
山頂広場を後にして葛木神社に向かいます。陽が差すと、霧氷を纏った梢がキラキラ。
2022年01月22日 09:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場を後にして葛木神社に向かいます。陽が差すと、霧氷を纏った梢がキラキラ。
1
葛木神社に達し、
2022年01月22日 09:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛木神社に達し、
5
裏参道に進み、ブナ林の霧氷越しに大和葛城山を見通します。
2022年01月22日 09:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏参道に進み、ブナ林の霧氷越しに大和葛城山を見通します。
3
一の鳥居から金剛山遊歩道に進み、霧氷見物。繊細なトゲトゲ霧氷をびっしりと纏った梢を仰ぎ見ます。
2022年01月22日 09:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の鳥居から金剛山遊歩道に進み、霧氷見物。繊細なトゲトゲ霧氷をびっしりと纏った梢を仰ぎ見ます。
5
社務所の前の雪だるまのオブジェを横目に、山頂広場に戻ると、
2022年01月22日 09:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
社務所の前の雪だるまのオブジェを横目に、山頂広場に戻ると、
4
青崩道で下山します。朝方は曇り空でしたが、お天気は回復傾向。木立の間から降り注ぐ太陽の光を浴びながら下ります。
2022年01月22日 10:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青崩道で下山します。朝方は曇り空でしたが、お天気は回復傾向。木立の間から降り注ぐ太陽の光を浴びながら下ります。
4

感想/記録

 先週に引き続き金剛山へ。モミジ谷の氷瀑を鑑賞してから、雪だるまたちが待つ山頂広場へ。日増しに数が増えている印象で、さながら雪まつり状態。どれもこれも力作揃いで見飽きません。キティだるまも健在でしたが、8日目を迎えて少々お疲れの様子でしたので、お化粧直ししてあげました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:181人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ