また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3940071 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

大高取山から日和田山へ。コスパ重視の里山縦走(越生駅→高麗駅)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年01月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りがち
アクセス
利用交通機関
電車
▼行き
05:06発 下板橋ー06:22着 越生
乗換1回 (坂戸)660円
▼帰り
12:51発 高麗ー14:02着 板橋
乗換4回 (飯能・小手指・練馬・池袋)670円
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:13
距離
17.8 km
登り
1,062 m
下り
1,025 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間34分
休憩
38分
合計
6時間12分
S越生駅06:2806:37越生神社06:3806:50高取山07:02西山高取07:1107:40大高取山07:4207:53桂木山08:02桂木観音08:0308:07桂木観音公衆トイレ08:0808:13桂木峠08:1408:26天望峠08:44椎ノ木山09:07鼻曲山09:1009:30カイ立場09:3109:41一本杉峠09:4209:46桂木峠方面分岐09:56大沢山09:5710:00伐採地10:0110:17茶之岳山10:25エビガ坂10:2710:29みちさと峠10:41スカリ山10:4811:04北向地蔵11:0511:26物見山11:2811:39駒高集落11:4012:01日和田山12:0312:26日和田山見晴らしの丘登山口12:2712:32鹿台橋12:40高麗駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的に足元の杉の木の根っこがいやらしいです。一度、靴紐に引っかかって転倒しそうになりました。。

・大高取山、日和田山周辺など、地図にない分岐多いので、GPSで細かく位置確認することが有効。現地の指導標も地名に精通していないとわかりにくく感じる。
・鼻曲山〜幕岩は急坂、岩場多く通行注意。
・エビガ坂からスカリ山への登りは足場の悪い巻道の通過あり。
・観音ヶ岳から北向地蔵へは車道を歩く。尾根通しにも明瞭な踏み跡あるが、あえて歩くほどのものではない感じ。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

先週に続いて東武東上線の駅からのスタート。梅の開花シーズンになればこの時間でも人は多いのかな? 今日はハイカーは(たぶん)自分だけでした。
2022年01月23日 06:27撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週に続いて東武東上線の駅からのスタート。梅の開花シーズンになればこの時間でも人は多いのかな? 今日はハイカーは(たぶん)自分だけでした。
駅から歩いて10分ほどで登山口。
2022年01月23日 06:37撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅から歩いて10分ほどで登山口。
そして10分ほどで最初のピーク。高取城跡。
2022年01月23日 06:49撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして10分ほどで最初のピーク。高取城跡。
3
お次のピークは「西山高取」という不思議な名前。ここは展望が良いです。
2022年01月23日 07:07撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お次のピークは「西山高取」という不思議な名前。ここは展望が良いです。
西山高取からはスカイツリーが見えましたが、朝から雲が多めでした。この展望を求めてか、地元の方と思しき方が数名いらっしゃいました。
2022年01月23日 07:07撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西山高取からはスカイツリーが見えましたが、朝から雲が多めでした。この展望を求めてか、地元の方と思しき方が数名いらっしゃいました。
10
大高取山。似たような名前のピークが続きますが、ここが「高取山の本峰」のようです。ここまで結構アップダウンを繰り返しました。
2022年01月23日 07:40撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大高取山。似たような名前のピークが続きますが、ここが「高取山の本峰」のようです。ここまで結構アップダウンを繰り返しました。
5
大高取山からの展望。天気が下り坂なので、今日は展望は期待できなさそうと見て、途中の「幕岩展望台」はパスして山頂に来ています。
2022年01月23日 07:40撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大高取山からの展望。天気が下り坂なので、今日は展望は期待できなさそうと見て、途中の「幕岩展望台」はパスして山頂に来ています。
2
桂木山の地味ピークからしばらく下ると「桂木観音」に出ます。なぜか境内には鉄棒とブランコがあります。
2022年01月23日 08:00撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂木山の地味ピークからしばらく下ると「桂木観音」に出ます。なぜか境内には鉄棒とブランコがあります。
1
立派な観音堂ですが、観音様のお姿はよくわからなかったです。
2022年01月23日 08:02撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な観音堂ですが、観音様のお姿はよくわからなかったです。
1
桂木観音からは晴れていれば好展望が期待できるようです。
2022年01月23日 08:06撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂木観音からは晴れていれば好展望が期待できるようです。
今日の眺めはこの程度。
2022年01月23日 08:07撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の眺めはこの程度。
2
桂木観音からは本格的な登山道となります。雑木の明るい尾根を歩く区間もあり気持ちいいです。
2022年01月23日 08:27撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂木観音からは本格的な登山道となります。雑木の明るい尾根を歩く区間もあり気持ちいいです。
椎木山とありますが、どれがシイノキだかわからず。。。山名プレートが付けられているのは杉の木ですし。
2022年01月23日 08:43撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椎木山とありますが、どれがシイノキだかわからず。。。山名プレートが付けられているのは杉の木ですし。
2
西上武幹線222号鉄塔。西群馬幹線と西上武幹線はどっちがエラいんだろう。
2022年01月23日 08:52撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西上武幹線222号鉄塔。西群馬幹線と西上武幹線はどっちがエラいんだろう。
鼻曲山へは足場の悪い急坂をひとがんばり。
2022年01月23日 08:55撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鼻曲山へは足場の悪い急坂をひとがんばり。
3
鼻曲山。雑木に囲まれた明るい山頂。
2022年01月23日 09:07撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鼻曲山。雑木に囲まれた明るい山頂。
2
さらに岩場のヤセ尾根を進んでいきます。
2022年01月23日 09:22撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに岩場のヤセ尾根を進んでいきます。
5
危険地帯を抜けました。
2022年01月23日 09:26撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険地帯を抜けました。
一本杉峠。どうやらここが本日の最高点だった模様。
2022年01月23日 09:42撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本杉峠。どうやらここが本日の最高点だった模様。
3
高麗川分水嶺の主稜線に合流。ここからは以前に歩いた道となります。
2022年01月23日 09:50撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高麗川分水嶺の主稜線に合流。ここからは以前に歩いた道となります。
途中の伐採地は好展望。
2022年01月23日 09:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の伐採地は好展望。
4
富士山がかろうじて見えていました。
2022年01月23日 09:58撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がかろうじて見えていました。
4
この独特の形の鉄塔は、安曇幹線の名残なのかな? 伊豆ヶ岳から子ノ権現に行く途中にあるのと似ている気がします。
2022年01月23日 09:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この独特の形の鉄塔は、安曇幹線の名残なのかな? 伊豆ヶ岳から子ノ権現に行く途中にあるのと似ている気がします。
1
同じ伐採地から。東側の展望も良好です。
2022年01月23日 10:00撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じ伐採地から。東側の展望も良好です。
エビガ坂。体力きつそうならユガテから東吾野に下山も考えていましたが、余裕なので予定通り日和田山へ。
2022年01月23日 10:26撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビガ坂。体力きつそうならユガテから東吾野に下山も考えていましたが、余裕なので予定通り日和田山へ。
1
スカリ山。雲が多くなってきました。ベンチもあるのでここでしばし休憩。
2022年01月23日 10:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカリ山。雲が多くなってきました。ベンチもあるのでここでしばし休憩。
4
車道にでます。山道もありますが、疲れるだけなので、北向地蔵まで車道歩き。
2022年01月23日 10:57撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道にでます。山道もありますが、疲れるだけなので、北向地蔵まで車道歩き。
北向地蔵。このあたりからどんどんハイカーの数が増えてきます。物見山へは歩きやすい道が続きます。
2022年01月23日 11:03撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北向地蔵。このあたりからどんどんハイカーの数が増えてきます。物見山へは歩きやすい道が続きます。
3
前回は行かなかった物見山の三角点に行ってみましたが、三角点のみで山頂標識はありません。
2022年01月23日 11:26撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回は行かなかった物見山の三角点に行ってみましたが、三角点のみで山頂標識はありません。
3
ベンチのある広場では大勢の方が休んでいました。そのまま日和田山へ向かいます。
2022年01月23日 11:29撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチのある広場では大勢の方が休んでいました。そのまま日和田山へ向かいます。
2
ふじみやの近くにはきれいな水洗トイレがあって重宝します。
2022年01月23日 11:38撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふじみやの近くにはきれいな水洗トイレがあって重宝します。
ふじみやの近くではロウバイが咲いていました。
2022年01月23日 11:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふじみやの近くではロウバイが咲いていました。
2
ちょうど正午に日和田山到着。広くない頂上には大勢の方が休憩中でした。
2022年01月23日 12:00撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど正午に日和田山到着。広くない頂上には大勢の方が休憩中でした。
3
日和田山からの眺めもどんより。
2022年01月23日 11:59撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日和田山からの眺めもどんより。
日和田山からの下山は、富士見コースをとってみました。途中分岐がありましたが、尾根を真っ直ぐ降りるコースをとりました。ここはあまり歩かれていないようです。
2022年01月23日 12:09撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日和田山からの下山は、富士見コースをとってみました。途中分岐がありましたが、尾根を真っ直ぐ降りるコースをとりました。ここはあまり歩かれていないようです。
杉の木が禍々しい花粉色をしています。
2022年01月23日 12:24撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の木が禍々しい花粉色をしています。
この民家の脇の道が登山口ですが、目立った道標はありませんでした。
2022年01月23日 12:27撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この民家の脇の道が登山口ですが、目立った道標はありませんでした。
1
高麗川の流れを横目に駅へ向かいます。
2022年01月23日 12:30撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高麗川の流れを横目に駅へ向かいます。
2
高麗駅からの日和田山。
2022年01月23日 12:43撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高麗駅からの日和田山。
2

感想/記録

コスパ重視の低山縦走です。展望箇所も多く、人もそれほど多くなく(北向地蔵から日和田山を除けば)、いまの自分にはちょうどよいボリュームでした。
日和田山から、巾着田をつっきって飯能駅まで歩いても良かったかもしれません。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:179人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ