ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 3941042
全員に公開
雪山ハイキング
札幌近郊

ユートピア・サンデーユートピア・上手稲(平和の滝)

2022年01月23日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
07:22
距離
19.8km
登り
1,194m
下り
1,181m
歩くペース
速い
0.80.9
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
6:59
休憩
0:24
合計
7:23
7:05
17
7:22
7:22
118
9:20
9:21
86
発寒嶺
10:47
10:55
20
ユートピア
11:15
11:22
79
サンデーユートピア
12:41
12:44
83
上手稲
14:07
14:12
16
天候 快晴!無風!
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車 バス
6:07南郷13丁目ー6:45発寒南駅ー7:03平和の滝入口
コース状況/
危険箇所等
◇昨日の大雪のおかげでスネ・膝ラッセル(全行程の80%くらい)
◇到着時、平和の滝の駐車スペースは満車、道路上に縦列駐車もあり
発寒南駅からバスで。平和ポンプ場から平和の滝入口はバスがすれ違えないくらい道幅が狭くなっていました。
2022年01月23日 07:02撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1/23 7:02
発寒南駅からバスで。平和ポンプ場から平和の滝入口はバスがすれ違えないくらい道幅が狭くなっていました。
平和の滝周辺の道路はやはり拡幅されていませんでした。すでに満車。駐車できずに帰っていく人もチラホラ。
2022年01月23日 07:20撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1/23 7:20
平和の滝周辺の道路はやはり拡幅されていませんでした。すでに満車。駐車できずに帰っていく人もチラホラ。
この時間帯、全員が迷沢山方向へ行っているみたい。今やそんなに人気なのか?阿部山、手稲山も今朝歩いた人はいませんでした。
2022年01月23日 07:44撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
1/23 7:44
この時間帯、全員が迷沢山方向へ行っているみたい。今やそんなに人気なのか?阿部山、手稲山も今朝歩いた人はいませんでした。
9時間睡眠で絶好調。先行者がいたのでかなり楽をさせてもらいました。ありがとう。
2022年01月23日 08:01撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
1/23 8:01
9時間睡眠で絶好調。先行者がいたのでかなり楽をさせてもらいました。ありがとう。
今日は落とさないように、、、
2022年01月23日 08:37撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
2
1/23 8:37
今日は落とさないように、、、
帰り道はあっちの稜線から下山する予定。
2022年01月23日 08:49撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
2
1/23 8:49
帰り道はあっちの稜線から下山する予定。
先行トレースが送電線沿いを忠実に進んでいたので、途中から自腹ラッセルで林内へ。
2022年01月23日 09:05撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
2
1/23 9:05
先行トレースが送電線沿いを忠実に進んでいたので、途中から自腹ラッセルで林内へ。
発寒嶺手前のドロップポイント目印。いや私スキーじゃないんですが、帰りに上手稲へ下りようと思っているので。
2022年01月23日 09:15撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
1/23 9:15
発寒嶺手前のドロップポイント目印。いや私スキーじゃないんですが、帰りに上手稲へ下りようと思っているので。
定天がカッコいい。夏のI峰すら未踏の私ですが、ヒクタ峰から景に登りたいと思っています。
2022年01月23日 09:16撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
2
1/23 9:16
定天がカッコいい。夏のI峰すら未踏の私ですが、ヒクタ峰から景に登りたいと思っています。
自腹ラッセル中。君も先端を行くファウンダーになってみないか。
2022年01月23日 09:16撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1/23 9:16
自腹ラッセル中。君も先端を行くファウンダーになってみないか。
発寒嶺にはスキーの方が立ち寄っていました。うーん、マニアック。
2022年01月23日 09:20撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3
1/23 9:20
発寒嶺にはスキーの方が立ち寄っていました。うーん、マニアック。
マヨ。今日は行かない。私のように縦走路を歩く人もたまにいます。迷沢山へのトレースだと思って付いて来られるかたは要注意です。迷沢山へは稜線上ではなく、山腹を行く感じです。
2022年01月23日 09:27撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1/23 9:27
マヨ。今日は行かない。私のように縦走路を歩く人もたまにいます。迷沢山へのトレースだと思って付いて来られるかたは要注意です。迷沢山へは稜線上ではなく、山腹を行く感じです。
マヨらない私は、ここから独走態勢。994P付近のクリスマスツリー。
2022年01月23日 10:19撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3
1/23 10:19
マヨらない私は、ここから独走態勢。994P付近のクリスマスツリー。
昨日のお昼にめっちゃ降ったので木々の白さが青空に映えます。
2022年01月23日 10:26撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
7
1/23 10:26
昨日のお昼にめっちゃ降ったので木々の白さが青空に映えます。
994Pからユートピアまではとってもメルヘンチックな世界が広がっています。迷沢山に登るならこちらをおすすめします。
2022年01月23日 10:28撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
6
1/23 10:28
994Pからユートピアまではとってもメルヘンチックな世界が広がっています。迷沢山に登るならこちらをおすすめします。
ユートピアの看板が見えました。本当に理想の世界。まあ、この地で昔から知られているユートピアゲレンデが由来なんでしょうが。
2022年01月23日 10:46撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3
1/23 10:46
ユートピアの看板が見えました。本当に理想の世界。まあ、この地で昔から知られているユートピアゲレンデが由来なんでしょうが。
見晴らしゼロの山頂でこんなに素敵な場所は他にないかも。
2022年01月23日 10:47撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
6
1/23 10:47
見晴らしゼロの山頂でこんなに素敵な場所は他にないかも。
ご満悦。誰も来ていないみたい。
2022年01月23日 10:50撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
6
1/23 10:50
ご満悦。誰も来ていないみたい。
今日のランチ。
2022年01月23日 10:52撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
2
1/23 10:52
今日のランチ。
奥にあるのはユートピアのクリスマスツリー。
2022年01月23日 10:55撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
2
1/23 10:55
奥にあるのはユートピアのクリスマスツリー。
20分ほど歩いてサンデーユートピアへ。途中からユートピアゲレンデが見えましたが、スキーのシュプールがありました。
2022年01月23日 11:15撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
4
1/23 11:15
20分ほど歩いてサンデーユートピアへ。途中からユートピアゲレンデが見えましたが、スキーのシュプールがありました。
サンデーユートピアの標識はとっても高いところにありました。
2022年01月23日 11:16撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3
1/23 11:16
サンデーユートピアの標識はとっても高いところにありました。
サンデーユートピア一帯は開豁した雪原。
2022年01月23日 11:22撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1/23 11:22
サンデーユートピア一帯は開豁した雪原。
自分が開いたトレースに乗って発寒嶺に戻ります。本当は迷沢山西峰に立ち寄りたかったのですが、もうラッセルはいや。またの機会に。
2022年01月23日 11:48撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1/23 11:48
自分が開いたトレースに乗って発寒嶺に戻ります。本当は迷沢山西峰に立ち寄りたかったのですが、もうラッセルはいや。またの機会に。
送電線まで2.5km。そうか、北大のワンゲルってことですね。
2022年01月23日 11:53撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
1/23 11:53
送電線まで2.5km。そうか、北大のワンゲルってことですね。
発寒嶺を過ぎて上手稲へのドロップポイントへ。誰も行かないと思いきや、スキーのトレースがありました。
2022年01月23日 12:23撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
1/23 12:23
発寒嶺を過ぎて上手稲へのドロップポイントへ。誰も行かないと思いきや、スキーのトレースがありました。
発寒嶺から130mくらい下って30mくらい登り返します。ブッシュが多いのでスキーだとちょっと大変だと思います
2022年01月23日 12:28撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1/23 12:28
発寒嶺から130mくらい下って30mくらい登り返します。ブッシュが多いのでスキーだとちょっと大変だと思います
札幌150峰の上手稲。下から登ってきても、上から下っても難易度がちょっと高めなので気を付けて。
2022年01月23日 12:41撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
4
1/23 12:41
札幌150峰の上手稲。下から登ってきても、上から下っても難易度がちょっと高めなので気を付けて。
上手稲からさらに下ったところから振り返る主稜線。手前に上手稲。
2022年01月23日 12:55撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1/23 12:55
上手稲からさらに下ったところから振り返る主稜線。手前に上手稲。
776Pへの登り返し。先行スキーの方のトレースは沢に下りたか、トラバースして送電線に復帰したもよう。
2022年01月23日 12:56撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1/23 12:56
776Pへの登り返し。先行スキーの方のトレースは沢に下りたか、トラバースして送電線に復帰したもよう。
776Pを過ぎてしばらくすると、一気に急な下降になります。尾根の末端にはピンクリボンが付いていたので、ここを登る方もいるようですね。
2022年01月23日 13:21撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
1/23 13:21
776Pを過ぎてしばらくすると、一気に急な下降になります。尾根の末端にはピンクリボンが付いていたので、ここを登る方もいるようですね。
発寒川の渡渉後も自然歩道のラッセルが待っています。高捲く地形では登り返しもあるので、精神的にツラいところです。
2022年01月23日 13:25撮影 by  GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1/23 13:25
発寒川の渡渉後も自然歩道のラッセルが待っています。高捲く地形では登り返しもあるので、精神的にツラいところです。
撮影機器:

感想

先週木曜日の樿山に続き、今度は札幌100峰のユートピアとサンデーユートピア、帰りに150峰の上手稲に寄ってきました。

昨日の大雪で自分が描いたトレースはすっかり無くなっており、終始厳しいラッセルとなりました。まあ、どのみち平和の滝から行こうとすると発寒嶺から先は入山者が皆無なので、ラッセル必至だと思いますが。

だけどとっても静かな山旅が約束されていて、おとぎ話の世界に舞い込んだかのような錯覚に陥ります。スノーシューでもきっと楽しめますので、ぜひ多くの方に訪れてみてほしいと思います。

上手稲は下山ルートとして体験的に通過してみました。この時期は大丈夫ですが、春になるとスノーブリッジが残っているか分かりません。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:464人

コメント

peterpanさんへ。
何とpeterpanさんだったのですね!、立派なトレースをありがとうございました、感謝の気持ちで一杯ですm(_ _)m。一歩一歩きちんとしたした踏み跡ですごいです。
そして、日本各地の色々な山にも行かれてすごいです(´- `*)。今後もくれぐれもお気をつけて山行をお続け下さい。
2022/1/23 21:55
mina06さん、お気遣いありがとうございます。
自然歩道に戻ってからがちょっと大変でしたね。
尾根の末端、右側に下りればもう少し楽に帰れたのかな?って思いました。

150峰完登、応援しています♪
2022/1/24 6:32
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら