また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3946131 全員に公開 雪山ハイキング 御在所・鎌ヶ岳

武平峠〜(郡界尾根)〜雨乞岳〜イブネ〜雨乞岳〜(沢谷峠)〜御在所岳(23km)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年01月25日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
御在所無料駐車場(中道登山口)
経路を調べる(Google Transit)
GPS
10:53
距離
23.1 km
登り
2,276 m
下り
2,259 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間24分
休憩
1時間19分
合計
10時間43分
S御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)05:2605:27中道登山口05:2705:33一の谷山荘05:3305:39三ッ口谷登山口05:4405:44表道登山口(武平峠分岐)05:4405:49表道登山口05:5005:57武平トンネル東口駐車場06:0006:02武平トンネル東登山口06:0206:06武平峠06:06武平トンネル西登山口06:0906:23いっぷく峠道登山口06:2606:51いっぷく峠06:5107:06沢谷ノ頭07:1307:44三人山07:4408:22東雨乞岳08:2408:44雨乞岳08:5409:13杉峠09:1309:27杉峠の頭09:2709:38佐目峠09:4009:55イブネ10:0410:14佐目峠10:1410:29杉峠の頭10:2910:36杉峠10:4611:21雨乞岳11:2111:31東雨乞岳11:3411:44七人山のコル11:4513:08クラ谷分岐13:1713:36沢谷峠13:3714:31御嶽大権現14:3214:56御在所山 一等三角点15:02表道下山口15:0315:07アゼリア跡15:0815:13第一ケルン 裏道登山道九合目15:1315:19見晴台15:2115:24富士見岩15:42キレット15:4315:48地蔵岩15:5115:54おばれ石15:5716:01御在所岳中道裏道分岐16:0216:09中道登山口16:1216:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ザラメ雪 非常に歩きやすい
スノーシューもアイゼンもしっかり効く理想の状態

沢谷route プチ雪崩多数 積雪多し トレース無し
(もう行かない)
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

寒波が入らないと雪は少なし。
仕事上がりの3時間睡眠で、今日も一番乗り。
2022年01月25日 05:24撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒波が入らないと雪は少なし。
仕事上がりの3時間睡眠で、今日も一番乗り。
除雪の雪と鈴鹿の夜景
2022年01月25日 05:50撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
除雪の雪と鈴鹿の夜景
3
ド派手な除雪は武平トンネルを超えて、滋賀県側の橋の上までされていた。それにより道路の凍結がツルッツルで怖かった。
2022年01月25日 06:07撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ド派手な除雪は武平トンネルを超えて、滋賀県側の橋の上までされていた。それにより道路の凍結がツルッツルで怖かった。
1
雨乞岳登山口、トレース有るねぇ〜。
2022年01月25日 06:12撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞岳登山口、トレース有るねぇ〜。
1
今日は郡界尾根を往く。トレースバッチリ。
2022年01月25日 06:23撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は郡界尾根を往く。トレースバッチリ。
1
鈴鹿の夜明け
2022年01月25日 06:58撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿の夜明け
2
西の方も明るんできた。
2022年01月25日 07:02撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の方も明るんできた。
1
太陽が登りそうで登らない。
待っとれん、耳が痛い、先いくよ。
2022年01月25日 07:03撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が登りそうで登らない。
待っとれん、耳が痛い、先いくよ。
1
お陽様バンザイ!
2022年01月25日 07:10撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お陽様バンザイ!
3
トレースのおかげでroute選択に頭使わず、楽々登頂!
感謝!
2022年01月25日 08:23撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースのおかげでroute選択に頭使わず、楽々登頂!
感謝!
5
見た目を贔屓にしている鎌ヶ岳
2022年01月25日 08:24撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た目を贔屓にしている鎌ヶ岳
2
目指すは後ろにでんと構える、雨乞岳。
2022年01月25日 08:24撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指すは後ろにでんと構える、雨乞岳。
3
年末寒波の時よりはエッジに迫力が無くなっているけど、雨乞岳山頂への綺麗な稜線。
ザラメ雪で、ほとんど踏み抜かなかった。
2022年01月25日 08:37撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
年末寒波の時よりはエッジに迫力が無くなっているけど、雨乞岳山頂への綺麗な稜線。
ザラメ雪で、ほとんど踏み抜かなかった。
4
さぁ行きますか
2022年01月25日 19:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ行きますか
5
青い空へ
2022年01月25日 19:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青い空へ
4
ちっちゃ
2022年01月25日 08:38撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちっちゃ
3
登頂!
2022年01月25日 19:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂!
4
一旦、三脚を回収の為下り、担いでまた登ってくる。
久々に三脚を使用したくなる絶景でした。
アソコの真ん中の平らな大地《イブネ》行くぞ!
2022年01月25日 08:56撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、三脚を回収の為下り、担いでまた登ってくる。
久々に三脚を使用したくなる絶景でした。
アソコの真ん中の平らな大地《イブネ》行くぞ!
5
佐目峠へ林間をショートカットして、イブネを捉える。
2022年01月25日 09:39撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐目峠へ林間をショートカットして、イブネを捉える。
2
イブネの広い大地から、御在所岳、鎌ヶ岳。
2022年01月25日 09:54撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブネの広い大地から、御在所岳、鎌ヶ岳。
1
先程までいた雨乞岳
2022年01月25日 09:55撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程までいた雨乞岳
3
鈴鹿の北方の山
もう、雨乞岳は存分に楽しんだ。
今度はあっち行くかな。
2022年01月25日 09:58撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿の北方の山
もう、雨乞岳は存分に楽しんだ。
今度はあっち行くかな。
1
イブネ登頂!
ぐるりを鈴鹿の山に囲まれた好立地。
テント張りたくなるわ。
持ってないけど
2022年01月25日 10:00撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブネ登頂!
ぐるりを鈴鹿の山に囲まれた好立地。
テント張りたくなるわ。
持ってないけど
5
雨乞岳戻りますか
2022年01月25日 10:07撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞岳戻りますか
1
青の天を衝く、杉峠でピットイン。登山開始から飲まず食わずでおよそ5時間。小休止。
2022年01月25日 10:46撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青の天を衝く、杉峠でピットイン。登山開始から飲まず食わずでおよそ5時間。小休止。
3
イブネから雨乞岳に戻ってきた。
誰かいるかと思ったけど、いなかったねぇ。
2022年01月25日 11:21撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブネから雨乞岳に戻ってきた。
誰かいるかと思ったけど、いなかったねぇ。
2
下山開始なのに、まだ時間が早い。久々、登山に余裕があっていいわ〜。年始から散々だったから余計にそう思う。
2022年01月25日 11:21撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始なのに、まだ時間が早い。久々、登山に余裕があっていいわ〜。年始から散々だったから余計にそう思う。
3
東雨乞岳のクラ谷下降点へと向かうザラメ雪の斜面。
スキーできそう。
いつかスキーを履いて距離を伸ばすことを夢見てる。
2022年01月25日 11:33撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東雨乞岳のクラ谷下降点へと向かうザラメ雪の斜面。
スキーできそう。
いつかスキーを履いて距離を伸ばすことを夢見てる。
クラ谷下降点から沢筋へ。
一気に地獄。
今までの登山道のように、いい雪質の変化を期待したが、甘かった。
2022年01月25日 12:02撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラ谷下降点から沢筋へ。
一気に地獄。
今までの登山道のように、いい雪質の変化を期待したが、甘かった。
雪崩た登山道を、シリセードで真下に落下したり、沢を高巻いたり。
2022年01月25日 12:22撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩た登山道を、シリセードで真下に落下したり、沢を高巻いたり。
1
もれなく踏み抜きも付いてくる。
落ちても地面に足届かんし。
スノーシューが穴から抜けて良かった。
2022年01月25日 12:39撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もれなく踏み抜きも付いてくる。
落ちても地面に足届かんし。
スノーシューが穴から抜けて良かった。
1
沢筋は、鬼に例えるなら《上弦の鬼》
尾根筋の《下弦の鬼》とはレベルが違う。
ここ沢谷峠へ来て、やっと本来の(いつもの)疲れを獲得した。
2022年01月25日 13:35撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢筋は、鬼に例えるなら《上弦の鬼》
尾根筋の《下弦の鬼》とはレベルが違う。
ここ沢谷峠へ来て、やっと本来の(いつもの)疲れを獲得した。
1
疲れたけど、御在所岳へ登る。
尾根筋、急斜面はジグザグにステップ切る。
今回の登山で少し成長したゼ。
2022年01月25日 14:00撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れたけど、御在所岳へ登る。
尾根筋、急斜面はジグザグにステップ切る。
今回の登山で少し成長したゼ。
1
左足に違和感を感じたので見てみると、 スノーシュー4回目の使用でフレームのアルミニウム合金が破断した
Σ(゚ロ゚;)
2022年01月25日 14:04撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左足に違和感を感じたので見てみると、 スノーシュー4回目の使用でフレームのアルミニウム合金が破断した
Σ(゚ロ゚;)
3
嘘やろ、montbell
2022年01月25日 14:29撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嘘やろ、montbell
3
左足、2箇所ポッキリ。コレ安くないんだけど。
軽アイゼンに履き替え、山頂を目指す。
2022年01月25日 14:39撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左足、2箇所ポッキリ。コレ安くないんだけど。
軽アイゼンに履き替え、山頂を目指す。
2
着きました。
雪で地面が上昇しているから枝が進路を塞ぐ。
ハイハイ状態でくぐったわ。
2022年01月25日 14:57撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました。
雪で地面が上昇しているから枝が進路を塞ぐ。
ハイハイ状態でくぐったわ。
3
スキー場、滑ってる人もいる。
2022年01月25日 14:58撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場、滑ってる人もいる。
1
いきなり飛んだな。久々の中道下山。
2022年01月25日 16:10撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり飛んだな。久々の中道下山。
1
前回はピークを取れず、辺りは真っ暗だったのに、今回は鈴鹿10座の内、3座取れて、しかもまだ明るい。やっぱり登山はこうあるべきだ。尾根筋(下弦の鬼)バンザイ!
2022年01月25日 16:14撮影 by SOV38, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回はピークを取れず、辺りは真っ暗だったのに、今回は鈴鹿10座の内、3座取れて、しかもまだ明るい。やっぱり登山はこうあるべきだ。尾根筋(下弦の鬼)バンザイ!
1

感想/記録

1週間ぐらい前から他のヤマレコンキスタの雪山レコを見ていて、ひょっとして雪山は尾根筋を行くのがtheoryなんじゃないかと薄々感じていた。オレ間違ってる?調べてみると、どうやら雨乞岳には郡界尾根なるものがあるらしい。よし行くかと計画していたら、数日前に先越された( ゚д゚)
でも先越されて良かった。行ったことがないのでトレースが無かったら登頂できたか分からない。
トレースのおかげで時間に余裕ができ、イブネまで行けたし、御在所岳にも登れた。このお礼は来春の新雪ラッセルでお返ししようかな。青空、ほぼ無風の雨乞岳、イブネを独占し、なんて幸せな野郎なんだとの夢心地は、クラ谷下降点から沢筋に入るまで続いた。
今日はこれだけ歩きやすいから、沢筋はどうなってるかな?
なんて気軽に足を踏み入れたら激ヤバだった。
このところの気温上昇で、プチ雪崩だらけの沢水絶賛増量中。やばくて相当上を高巻いた。シリセードした登山道は雪崩た雪で埋まり、ほぼ垂直。このrouteは登りがネックとなっていた。なんでここへ来てしまったんだと、思いながら沢谷峠到着。これだけ疲れていても、御在所岳への尾根筋ラッセルは楽に感じた。
俺は沢筋《上弦の鬼》と闘って鍛えられたのかもしれない。御在所岳の登山道は、すごい積雪量。下りは滑落注意で豪快に降りた。鈴鹿10座、残すは銚子ヶ岳。
2月にリベンジアタックするかな?
あっ、その前にmontbellに連絡しなきゃだね。
4回の使用で2万円は無いわァ〜

追記:
1月30日 montbellより新しいスノーシューが届きました(*^^*)
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:588人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ