また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3946221 全員に公開 山滑走 谷川・武尊

平標山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年01月25日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道中は除雪されているものの凍結あり要スタッドレスタイヤ。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
04:43
距離
10.9 km
登り
1,030 m
下り
1,016 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間3分
休憩
33分
合計
4時間36分
S平標登山口バス停06:4506:47平標登山口駐車場06:4909:52平標山10:2111:18平標登山口バス停11:2011:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
6:44駐車スペース-9:52平標山山頂-10:22同発-11:19駐車スペース
コース状況/
危険箇所等
積雪はスキーをするには十分。雪質は粉雪だったが日当たりの良いところはパックされているところが多かった。稜線は例によって固い雪。日陰や樹林帯はパックされていない粉雪。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

別荘地内の道路
2022年01月25日 06:56撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別荘地内の道路
1
片斜面のようす
2022年01月25日 07:09撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片斜面のようす
ヤカイ沢の入口
2022年01月25日 07:17撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤカイ沢の入口
樹林帯の登り
2022年01月25日 08:38撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の登り
稜線に出てきた
2022年01月25日 08:52撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出てきた
1
複雑な模様
2022年01月25日 08:57撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
複雑な模様
仙ノ倉山方向
2022年01月25日 09:34撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山方向
2
山頂は見えてからが遠い
2022年01月25日 09:42撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は見えてからが遠い
平標山山頂。無人だった。
2022年01月25日 09:53撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山山頂。無人だった。
4
山頂から苗場山方向
2022年01月25日 09:54撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から苗場山方向
4
山頂から谷川連峰
2022年01月25日 09:57撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から谷川連峰
3
登ってきた尾根
2022年01月25日 10:01撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根
ここから滑る
2022年01月25日 10:02撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから滑る
1
滑り始め。良い雪だった。
2022年01月25日 10:23撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り始め。良い雪だった。
2
雪面が波打っていた
2022年01月25日 10:26撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面が波打っていた
稜線の雪は全般に固い
2022年01月25日 10:34撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の雪は全般に固い
良さそうな斜面が出てきた
2022年01月25日 10:39撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良さそうな斜面が出てきた
良い斜面、良い雪質
2022年01月25日 10:40撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い斜面、良い雪質
2
樹林帯は粉雪
2022年01月25日 10:48撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯は粉雪
ゲレンデみたいな斜面
2022年01月25日 10:48撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデみたいな斜面
1
ここも快適だった
2022年01月25日 10:49撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも快適だった
さよなら平標山
2022年01月25日 10:57撮影 by RICOH WG-6, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さよなら平標山
2

感想/記録

6:44行動開始。既に明るくてライトは不要だったが、気温はマイナス10℃くらいで、グローブを二重でしていても指先が冷たくてジンジンしていた。今年はどこも積雪が多くて、ここ平標山もアプローチである別荘地内の道路も除雪はされているものの圧雪の状態で、スキー+シールで歩けるほどだった。しばらく道路を歩くと別荘地が終わり、除雪も終わる。いつもの片斜面だが雪が案外固かった。でも先行者のトレースがばっちりあるので特に緊張せずに進む。更に行くとヤカイ沢の入口に到着。トレースは相変わらずあり、ここまでラッセルは全くなかった。ここからは樹林帯歩きだが、藪が隠れていてシール歩行が快適だった。やはり積雪は例年よりも多いように思った。先行者のトレースを有り難く利用させてもらいつつ先に進む。出発から1時間40分ほどで例年休憩する広葉樹のところまで来たのでそこで休憩。天気良く風は全くない。予報どおりの天候だった。予報どおりだとこの後雲が増えるので早めの行動が良いだろうと思った。

例年であれば樹林帯の急登のところはクトーを着けたり、場合によってはスキーを背負ってアイゼン歩行するのだが、今年は雪質が良くシールのグリップもあるので、特に何もせずにそのままで行動した。そして実際に特に何の問題もなく稜線に上がることができた。ここに来るまでは、行動していると寒くはないのだが、止まると寒い状態だったが、稜線に上がった途端日射があり一気に暑く感じるようになった。そして雪質は例によって固いところが多かった。今年は雪が多いので柔らかくスキーで歩き易い雪質を期待したのだが甘かった。積雪も稜線は例年と比べても多いとは思えず、やはり里に雪が多くても風が強いので飛ばされてしまうようだった。稜線に出てからも特に刃物は要らないので、スキーとシールのままで登高を続ける。先行者がいるはずなのだが、歩くスピードが速いのか、全く姿が見えなかった。

スキーとシールで快適な稜線歩き、と言いたいところだったが、冬山完全装備だと暑くて仕方なく、ジャケットを脱いでザックにしまって歩いた。風があると寒くて仕方ないのだが、今日は無風なので照り返しもあり暑くて仕方ない状態だった。汗をかきたくないのでペースを落としつつ進む。平標山の山頂には9:52に無事到着。トレースは無数にあるが無人。先行者の姿も見えなかった。積雪期に何度も来ている平標山だが、今日ほど風がないのは初めてだったと思う。本当に無風だった。しかし無風でも気温は相応に低いので、じっとしていると寒く感じるようになる。ジャケットを着直し、グローブも着ける。山頂からは谷川連峰や苗場山、遠くは富士山も見えた。今日は予報どおり登山日和だった。睡眠時間を削ってでも来て良かった。山頂で景色を楽しみつつ持参した行動食を食べ、麦茶を飲む。風がないのでスキーの準備も楽ちんだった。30分ほど休憩と準備に費やして10:22に下山開始。どこを滑るか少し悩んだが、ヤカイ沢の雪質が固く見えたのでここはパス。安全策を取って来た道を引き返す。山頂付近は雪が吹き溜まっているところがあって、そこは雪質も良かったが、全体としてはやはり固い雪だった。それでもまだエッジが立つ程度なので滑るのは楽だった。これがもっと日の長い時期になるとカチカチの氷になるので、そうなるとスキーで滑るのは難儀になる。稜線を滑りつつ標高を下げ樹林帯と急斜面に出る。ここは日陰や木陰になっているので例年パウダーが残っていることが多い。今回もやはりそうで、滑っていても快適だった。パウダーのツリーランはやはり楽しい。更に下るとゲレンデのように広い斜面が出てきて、ここもまだ滑るには特に問題なかった。ただだいぶパックされていて、ターンをするのが難しいところも多かった。なるべく日陰と雪質の良さそうなところを選んで滑る。週末だと多くのスキーヤー、ボーダー、登山者とすれ違うが、今日は平日なので、見掛ける人も少なかった。雪質が良くない時に標高の低い所を滑ると消化試合というか、雪が重くて修行に近い場合も多いのだが、今日は下の方まで良い雪が続いていたので、滑っていても楽しかった。無事に林道に出ればあとは本当に消化試合。気温が低く雪が死んでなかったので、林道や片斜面、別荘地内の道路の移動も楽だった。毎回こんな感じだといいのだが。

クルマには11:19に到着。山頂から約1時間かけて降りてきた。途中止まりつつだし、スキーでの下山は自分は時間がかかるほうだが、やはり1時間で下山は早いし楽だと思う。今シーズンは積雪が多いので、今の状態が継続するか、更に積雪が増えるようならば、シーズン中に再訪もしてみたい。ただ次回は降雪直後でパウダーをやはり狙いたいが、どうなるだろうか。

お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:430人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ