また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3980274 全員に公開 アイスクライミング 蔵王・面白山・船形山

二口渓谷 日陰磐司左ルート

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年02月06日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候雪ときどき止む。(日陰磐司左ルートは風の通り道で強風がずっと吹いていて寒かったです。)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・車は秋保ビジターセンターの登山者用駐車場に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
08:43
距離
9.0 km
登り
502 m
下り
498 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間7分
休憩
33分
合計
8時間40分
S秋保ビジターセンター07:1808:21二口林道の水場08:30奥蔭エリアへの取付08:3508:41日陰磐司エリアへの取付08:4210:13日陰磐司左ルート基部10:46日陰磐司左ルート登攀開始時刻13:51日陰磐司左ルート基部14:0714:48日陰磐司エリアへの取付14:5915:58秋保ビジターセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
▶ルート状況(2022年2/6現在のものです。)

◆アプローチ
・先ずは秋保ビジターセンターの登山者用駐車場から二口林道を歩いていきます。(この日はトレースがありました。先行者の方々ラッセルありがとうございます。)
橋を越え水場を過ぎるとショットカットがあり、そこを登るとカーブ2つを省略できました。さらに歩いていってピンクテープの印があったのでそこでワカンを付けながら後続別パーティー(Kさん達のパーティー)を待ち話を聞くと、この取付きは奥蔭エリアへの取付きで日陰磐司エリアへの取付きは通り過ぎているとのことだったので少し戻りました。(日陰磐司エリアへの取付きは2つ目のカーブのところになります。)
・林道から山の斜面に入ると壁にぶち当たるまではほとんど膝ラッセルでした。谷筋を登るより少し遠回りだけど尾根筋を登ったほうが安全とKさんからアドバイスをもらっていたのでその通りに登りました。壁にぶち当ってからは左へトラバース。途中で明瞭な沢筋を横断してさらに左へトラバースしていくと日陰磐司左ルートの基部へ到着しました。
・林道から壁にぶち当たるまでの山の斜面ですが下山時にさくさく下りていると20cm程度厚の表層が下の断面としっかり接合してなくて崩れるところもありました。状況により雪崩の注意が必要だと思います!!

◆日陰磐司左ルート(4級 +〜此檗法淵襦璽肇哀譟璽匹六温佑砲靴榛膿靴離肇歐泙らで、あとは個人的な感想です。)

全体的に
・氷は硬めですが蔵王仙人沢の氷よりは硬くないと思います。
・トポの+〜此櫃離札ションはF3上の氷の部分だと思いますが今回の氷の状態なら后銑+ぐらいだと思います。

1P目(F1〜F3の途中まで)(フォロー)
・F1(トポの1P目、出だしの傾斜のある氷を5mを登り傾斜の緩いルンゼ、15m)とF2(トポの2P目、ルンゼから左に分かれチョックストーンまでそこそこ傾斜のある氷を登ると平らになる、25m)とF3の途中まで(トポの3P目、傾斜のある氷を15mほど登るとバンド状になり、そこから傾斜のある氷を10m登ると傾斜が緩みルンゼを登る、50m。のうちバンド状になる5m下のところ)を繋げて登りました。
・チョックストーンはヌンチャク回収からの自然な流れで左から乗越っそうとしましたが氷が薄く雪面にアックスが決まらないので右側から乗越っしました。チョックストーンを左から右へと移動する動きは悪かったです。
・氷のセクションは特に問題なく登れました。
・Sさんのロープ側のスクリューのうちSさんが回収している余裕がなさそうなところのものは残置してもらって私が回収しながら登りました。
・終了点はF3途中(バンド状になる5m下のところ)でアイススクリュー4本(メイン3本とバックアップで1本)で構築。
・OさんはF3途中のバンドまで登ってピッチを切ろうとしてたようですがロープ結び替え等を考慮してF3基部でピッチを切ったほうが良かったと思います。(風が強く残りロープのコールが聞こえなかったと言ってました。)

2P目(F3途中からF3終了点まで)(フォロー)
・1P目はOさんリードだったので次は私がリードだとは思ってましたが、1P目の終了点をF3の途中で構築していて足場が安定していませんでした。(3人が横に並んでいて私のセルフのスリングは支点から斜めになっていて荷重すると左隣のSさんと接触するのでSさんのセルフがしっかり取れるまで上に刺した2本のアックスを握ってしばらく体勢を保ちました。その後、私の手前にあるバックアップ的なアイススクリューにからセルフとは別のものでテンションを取りハンギングビレイの体勢を取れました。)強風で寒く早く登って下りたい&ロープ結び替えの時間ロスを考慮してそのままOさんにリードしてもらいました。
・ビレイ中&フォローの時は少し大きめのグローブを使ってますがスクリュー回収の時にアックスが持ちにくかったのでアックスを無意識に握ってしまっていて少しパンプしました。
・登りに関しては特に問題なく登れました。
・F3上の10mはしっかり凍ってました。
・終了点はルンゼ内左岸の残置スリング&カラビナ2枚がある灌木にスリングを巻いて構築。

◆下降
・60mダブルロープを2本使って懸垂下降2回で下りました。
・1回目の懸垂下降はルンゼ内左岸の残置スリング&カラビナ2枚でチョックストーンの支点まで懸垂下降しました。
・2回目の懸垂下降はチョックストーンの支点の残置スリングを使用して懸垂下降しました。
過去天気図(気象庁) 2022年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイスアックス×2 60mダブルロープ V字スレッド用アイススクリュー 捨て縄 ストック ワカン その他登攀装備1式
共同装備 アイススクリュー×16 クイックドロー×16

写真

雪が降る中、駐車場をスタート
2022年02月06日 07:17撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が降る中、駐車場をスタート
橋を越えると二口林道の水場
2022年02月06日 08:21撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を越えると二口林道の水場
二口林道から見える磐司岩
2022年02月06日 08:29撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二口林道から見える磐司岩
2
日陰磐司エリアへの取付きはここからかな?(後ろから来たKさんに聞いたら間違ってました。ここは奥蔭エリアへの取付きでした)
2022年02月06日 08:31撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰磐司エリアへの取付きはここからかな?(後ろから来たKさんに聞いたら間違ってました。ここは奥蔭エリアへの取付きでした)
少し戻って林道カーブのここから取付く
2022年02月06日 08:41撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し戻って林道カーブのここから取付く
岩にぶち当たるまで尾根筋を登る(谷筋は危ない)
2022年02月06日 08:41撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩にぶち当たるまで尾根筋を登る(谷筋は危ない)
ラッセルするOさん(ひたすらラッセルでした)
2022年02月06日 08:45撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセルするOさん(ひたすらラッセルでした)
1
壁にぶち当たり左へ行くと明瞭な谷筋が見える
2022年02月06日 09:47撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壁にぶち当たり左へ行くと明瞭な谷筋が見える
その谷筋を越えてさらに左へトラバース
2022年02月06日 09:47撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その谷筋を越えてさらに左へトラバース
1
ここを回り込むと
2022年02月06日 10:10撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを回り込むと
日陰磐司左ルート基部に到着
2022年02月06日 10:13撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰磐司左ルート基部に到着
4
Oさんリードで登攀開始
2022年02月06日 10:46撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Oさんリードで登攀開始
1
チョックストーン脇まで登り更に奥へとロープを伸ばしました(F3の途中まで登ってました)
2022年02月06日 10:57撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョックストーン脇まで登り更に奥へとロープを伸ばしました(F3の途中まで登ってました)
3
F1をフォローで登るSさん
2022年02月06日 11:29撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1をフォローで登るSさん
1
F1を登ると右に右ルートが見えました
2022年02月06日 11:32撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1を登ると右に右ルートが見えました
3
F2をフォローで登るSさん
2022年02月06日 11:32撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2をフォローで登るSさん
2
トポの3P目途中の氷の途中でビレイするOさん
2022年02月06日 11:44撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トポの3P目途中の氷の途中でビレイするOさん
2
F3の出だしを登るSさん
2022年02月06日 11:46撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3の出だしを登るSさん
3
2P目(F3の残り)をリードするOさん
2022年02月06日 12:17撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目(F3の残り)をリードするOさん
4
フォローで登るSさん
2022年02月06日 12:59撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フォローで登るSさん
3
チョックストーンのところにある残置支点から2回目の懸垂下降
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョックストーンのところにある残置支点から2回目の懸垂下降
3
基部まで下降してきました
2022年02月06日 13:51撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基部まで下降してきました
2
トラバースのトレースは残ってましたが山の斜面のトレースは無くなっていました・・・(取付きの傾斜が緩いところは少し残ってましたが)
2022年02月06日 14:45撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースのトレースは残ってましたが山の斜面のトレースは無くなっていました・・・(取付きの傾斜が緩いところは少し残ってましたが)
2
二口林道まで下山しました
2022年02月06日 14:48撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二口林道まで下山しました
二口林道から見た日陰磐司左ルート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二口林道から見た日陰磐司左ルート
3
秋保ビジターセンターまで戻ってきて登山終了
2022年02月06日 15:58撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋保ビジターセンターまで戻ってきて登山終了
2
撮影機材:

感想/記録

2/5〜6でOさんとアイスの計画を立ててましたが天気予報等で二転三転。先日の栃木WCMで知り合いになったKさんが2/6に二口渓谷にアイスに入る予定で取付まで案内していただけるとの事だったので日帰りで二口渓谷へアイスに行くことになりました。
Climbing‼

ヾ響

・二口林道はトレースがあり歩きやすかったです。(先行者の方々ラッセルありがとうございます。)

・二口林道から山の斜面に入るとノートレースでラッセルとなり時間がかかりました。

・日陰磐司左ルートは風の通り道で強風がずっと吹いていて寒かったです。

・気象条件が悪くアイスを楽しむ状況ではなかったのでさっさと登ってさっさと下りてきました。

・F3上の氷はビレイ点から見上げてロープ結び替えに時間をかけてまで登りたいような感じの氷では無かったのでOさんに2P目もリードしてもらいました。実際フォローで登ってみると面白くやっぱりリードすればよかったかなーとも思いましたが早く下りれたのでそれが正解だと思います。

・Kさん、取付への案内ありがとうございました。また機会があればよろしくお願いします。

反省

・F3上をリードしなかったことについて、リードしたい欲よりも早く下山したいを優先したのは結果的に良かったと思いますが、もう少しガツガツ欲を出したほうがいいのかなーとも思いました。ここに再訪する機会があるかどうかなんて分からないわけだし・・
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:232人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ