また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 412146 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

塩谷丸山(スノーシューで初登山)

日程 2014年03月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇〜晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

コースタイム [注]

6:50 JR塩谷駅駐車場出発〜7:20 最終人家着(スノーシュー装着)〜9:16 第1頂上着〜9:25 第2頂上着〜休憩 9:25−10:15〜10:15 頂上発〜11:08 JR塩谷駅着
コース状況/
危険箇所等
6:50 塩谷駅駐車場に登山客の駐車車両は無し。
コースはスキー、つぼ足、スノーシューなどたくさんのトレース有り。
道中、ほぼガリガリのアイスバーン。
下山後は余市町の鶴亀温泉で休憩(大人600円)。
その後、余市町のファミリー寿司ガーデンハウスで食事。
過去天気図(気象庁) 2014年03月の天気図 [pdf]

写真

ひと休み。木のお世話になる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと休み。木のお世話になる。
本日、一番のお気に入り写真。
頂上へ向かう途中の白樺。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日、一番のお気に入り写真。
頂上へ向かう途中の白樺。
2
小樽中心部から銭函方面を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小樽中心部から銭函方面を望む
余市町、積丹方向を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余市町、積丹方向を望む
1

感想/記録
by 517849

スノーシューを装着しての初の冬山軽登山デビュー!!
塩谷丸山は昨年秋にも登っており、頂上からの絶景は確認済み。

本日は単独登山のため、「登ったことのある山」「人気があって頂上までのトレースが判る山」「他の登山客にこっそり追従する」「悪天候ではないこと」を条件として決行した。

JR塩谷駅前の駐車場にAM6:30に到着した際、登山客の車は1台も駐車されておらず、他の登山客の後についていく計画はあえなく没となった。
塩谷丸山の冬コースの入口についてはネットで事前に調べていたので迷うことはなかった。
塩谷駅の踏切を渡り、二股を左手方向へ住宅街をひたすら進んで行くと、いずれ除雪最終地点の人家前に着き、そこから山へと入っていく。

山道はほぼアイスバーンで、本日は頂上までつぼ足でも可能であったと思われる。
冬山はスキーのトレース等が縦横無尽に残されており、どれが最短のルートか不明であったが、GPSを活用しながら頂上を目指した。
途中、急登などが連続し、夏山以上の疲労感があり汗だくとなった。
樹林地帯を抜け、眺望の効く登りにさしかかると急激に風が強くなり肌寒さを感じ、衣類調整の大切さを痛感した。

頂上に到着し、本日、自分が初登頂者であったのか、かなりの時間、頂上を独り占めさせてもらった。
羊蹄山は見えなかったが、日本海側の素晴らしい眺望を満喫した。

下山時、山スキーの登山者10数名とすれ違って挨拶を交わしたが、スノーシューを装着しているのは自分だけだった。山道にボコボコと穴を開けて進んでいるのではないかと、少しだけ気がひけた。
スノーシューで駆け下りるような感じで、あっという間に下山してしまった。

下山後、余市町方向へ走り「鶴亀温泉」で入浴した。入浴料は大人600円。
黄土色系の温泉は気持ちがよく、露天風呂は40度風呂と38度風呂があり、これを交互に入って楽しんだ。

さらに余市町方向へ進み、ランチのデカ盛り、激安で有名な「ガーデンハウス」で食事をした。しかし、ランチは平日のみだった。
仕方がなく鉄火丼ミックス(1800円、マグロの赤身と中トロ)を食べたが絶品でした!!
訪問者数:4072人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ