また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4122614 全員に公開 雪山ハイキング 北陸

グダグダ登山で帰りに口三方岳方面を下見

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年03月29日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ?なのかなぁ〜
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道157号線を一里野方面に向かい,瀬波川を渡って左手へ。
白山里前の駐車場を利用させてもらいました。

帰りは河内千丈温泉清流前の駐車場を利用させてもらいました。本日2回目(笑)

経路を調べる(Google Transit)
GPS
04:51
距離
8.2 km
登り
656 m
下り
657 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
12分
合計
5時間22分
S白山里06:1408:23展望ピ−ク・76408:2709:34白山里09:4010:12内尾清流温泉10:1410:40口三方岳登山口11:14口三方岳登山口11:36内尾清流温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
白山里から内尾清流温泉(千丈温泉)まで車で移動。約15分。
コース状況/
危険箇所等
◆駐車場〜展望ピーク764
 吊り橋からしばらくは雪道。少し進むと夏道になる。標高が600mを越えた辺りから雪道。
 最初から急登。
 途中から痩せ尾根。雪がない所が所々あるので注意。

◆千丈温泉〜分岐の橋手前
 100mほど進むと残雪あり。以降,雪道。
 口三方岳登山口の少し手前に土砂崩れ。
 雪が解けても道路を覆うように堆積した土砂で車での通行は無理。
 口三方岳に登るときは,千丈温泉から徒歩で登山口まで行くことになる。
過去天気図(気象庁) 2022年03月の天気図 [pdf]

写真

千丈温泉から奥三方山に登るつもりだった。チャリで行けるところまでつもりが,スタートしてすぐに無理ということがわかり予定変更。
2022年03月29日 05:05撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千丈温泉から奥三方山に登るつもりだった。チャリで行けるところまでつもりが,スタートしてすぐに無理ということがわかり予定変更。
7
スマホに山行計画が保存されている所を探して,松尾山に登ることにして,白山里に到着。
セイモアスキー場から登ればいいのだろうけど,ルートがよくわからなかったので避けた。
2022年03月29日 06:21撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スマホに山行計画が保存されている所を探して,松尾山に登ることにして,白山里に到着。
セイモアスキー場から登ればいいのだろうけど,ルートがよくわからなかったので避けた。
5
瀬波川キャンプ場まで行こうと思ったら,スタートしてすぐに林道は立入禁止になっていた。
避けた方が良さそうだから,吊り橋を渡って登山道に入ることにした。
2022年03月29日 06:27撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀬波川キャンプ場まで行こうと思ったら,スタートしてすぐに林道は立入禁止になっていた。
避けた方が良さそうだから,吊り橋を渡って登山道に入ることにした。
7
吊り橋までトレースあり。
2022年03月29日 06:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋までトレースあり。
4
久しぶりの夏道。11月下旬からずっと雪山だったので,土の上を歩く感触を忘れていた笑
2022年03月29日 06:44撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの夏道。11月下旬からずっと雪山だったので,土の上を歩く感触を忘れていた笑
6
向かいの山は高倉山か?
2022年03月29日 07:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かいの山は高倉山か?
4
ここからは雪道。緩んではいるものの踏み抜きはほとんどない。
2022年03月29日 07:55撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは雪道。緩んではいるものの踏み抜きはほとんどない。
4
開けたところに出てきた。笠山だ。
2022年03月29日 08:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けたところに出てきた。笠山だ。
8
稜線の向こうに見えるのは奥獅子吼山か?
2022年03月29日 08:23撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の向こうに見えるのは奥獅子吼山か?
5
ハチブセ山。
2022年03月29日 08:23撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハチブセ山。
8
展望ピーク764。この痩せ尾根を下って登るのか。
2022年03月29日 08:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望ピーク764。この痩せ尾根を下って登るのか。
6
ハチブセ山までの痩せ尾根には,雪があったりなかったりか。
予定変更で,この状況は心が萎えるな。
2022年03月29日 08:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハチブセ山までの痩せ尾根には,雪があったりなかったりか。
予定変更で,この状況は心が萎えるな。
6
ここで引き返すことにしよう。今日はイマイチだ。
2022年03月29日 08:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで引き返すことにしよう。今日はイマイチだ。
4
奥に見えるのは白山か。
2022年03月29日 08:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見えるのは白山か。
5
花を見っけ。ずっと雪山だったから登山で花を見るのは本当に久しぶりだ。
2022年03月29日 09:11撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花を見っけ。ずっと雪山だったから登山で花を見るのは本当に久しぶりだ。
7
駐車場が見えてきた。あと少し。
2022年03月29日 09:14撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場が見えてきた。あと少し。
4
往きも帰りも赤いリボンに助けられた。感謝🙇‍♂️
2022年03月29日 09:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往きも帰りも赤いリボンに助けられた。感謝🙇‍♂️
5
朝はここにブルが止めてあった。今はそれが稼働している。
2022年03月29日 09:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝はここにブルが止めてあった。今はそれが稼働している。
4
駐車場に到着。
2022年03月29日 09:51撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に到着。
5
グダグダ登山だったので,そのまま帰るのもどうかと思って,次回の下見に,千丈温泉に戻ってきた。
2022年03月29日 10:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グダグダ登山だったので,そのまま帰るのもどうかと思って,次回の下見に,千丈温泉に戻ってきた。
4
林道を少し進むと残雪が出てきた。
2022年03月29日 10:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を少し進むと残雪が出てきた。
4
振り返って。
2022年03月29日 10:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って。
4
少し行けば残雪がしっかりとある。
2022年03月29日 10:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し行けば残雪がしっかりとある。
5
直海谷川の水は,透き通ってキレイだ。
2022年03月29日 10:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直海谷川の水は,透き通ってキレイだ。
5
土砂崩れ。林道を覆っている。
2022年03月29日 10:41撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土砂崩れ。林道を覆っている。
4
この上が落ちてきたのだ。最近できた感じ。
2022年03月29日 10:41撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この上が落ちてきたのだ。最近できた感じ。
4
向こう岸の雪が丁度今落ちてきた。落石,雪崩に気を付けないと。
2022年03月29日 10:46撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こう岸の雪が丁度今落ちてきた。落石,雪崩に気を付けないと。
4
道路が雪で覆われて歩きにくい。明け方だと凍っているだろうからアイゼンが必要だ。今は雪が緩んでいるのでツボ足。長靴なんだけど😅
2022年03月29日 10:59撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路が雪で覆われて歩きにくい。明け方だと凍っているだろうからアイゼンが必要だ。今は雪が緩んでいるのでツボ足。長靴なんだけど😅
6
この上を歩いて行かないと,分岐の橋までたどり着けないので,ここで引き返そう。
2022年03月29日 11:04撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この上を歩いて行かないと,分岐の橋までたどり着けないので,ここで引き返そう。
5
口三方岳登山口。中央に見えるのが登山道。
2022年03月29日 11:19撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
口三方岳登山口。中央に見えるのが登山道。
4
鹿の死骸。往きは気付かなかった。帰りはすぐ横を歩いていたのでビックリした。他の動物か何かに食べられたのか,骨と皮だけだった。気持ちが悪かったので,しっかりと見なかったけど何となくそんな感じだった。
2022年03月29日 11:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿の死骸。往きは気付かなかった。帰りはすぐ横を歩いていたのでビックリした。他の動物か何かに食べられたのか,骨と皮だけだった。気持ちが悪かったので,しっかりと見なかったけど何となくそんな感じだった。
5
土砂崩れの箇所を少し離れて撮影。
2022年03月29日 11:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土砂崩れの箇所を少し離れて撮影。
4
通り過ぎて反対側から撮影。
2022年03月29日 11:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通り過ぎて反対側から撮影。
4
千丈温泉に到着。
2022年03月29日 11:46撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千丈温泉に到着。
5
ゲザ〜ンというか下見完了。下見してよかった。
2022年03月29日 11:47撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲザ〜ンというか下見完了。下見してよかった。
3

感想/記録

今日は1日ガッツリで登山をするつもりだった。天気がいいはずだと思ったのにイマイチ。
千丈温泉からチャリで行けるところまで行って,それから奥三方山を目指すつもりだった。2年前のチャレンジで時間切れで撤退したため,少しでも時間を稼ごうと思って,チャリ利用のつもりだったが甘かった。小原林道のことを考えれば雪でチャリが使えないことはすぐに想像できただろうに,頭の中でそれと繋がらなかった。最近年のせいか,ちょっと考えればわかることでも頭の中で結びつかないことが多くなってきた。
ボケないように気を付けないといけない😟

どこへ行こうか迷ったが,この近くということで松尾山に決めて白山里へ。スマホに保存されている山行計画の中から選んだ。
セイモアスキー場から松尾山へのピストンではなく,瀬波川キャンプ場からの周回を以前に計画していた。
スタートしてすぐに,林道には立入禁止の立て看板があった。落石・雪崩の危険のため。
覗いてみるとシンドそうな林道歩きになるので,松尾山周回の案もボツだ。ハチブセ山か笠山までのピストンかなと思って登り始めた。
スタートで予定変更が続き,いい天気のはずがパッとせずで,意欲もそがれてしまった。展望ピーク764に着いて,ハチブセ山への痩せ尾根を見たらあそこを登る気になれず,心が萎えてしまった。そこから引き返した。今日はグダグダの登山だ。

3時間余りと時間が余ってしまったので,次回のために下見をしようと思って千丈温泉に戻った。
残雪が消えるまでにまだ時間がかかりそうだが,それよりも土砂崩れのために車での進入は当分できないだろう。雪が消えればチャリを利用することはできるが,残雪期を利用して奥三方山に登ることを考えると,千丈温泉から徒歩ということになる。私には厳しすぎるかな❓

今日の登山はグダグダだったが,下見をしてよかった。
やっぱり事前の準備は大事だ😊
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:143人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ