また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 414360 全員に公開 ハイキング奥武蔵

今度こそタカサギへ 鎌北湖外周の山part

日程 2014年03月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宿谷の滝入口に駐車場あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 2.1〜2.2(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

8:56宿谷の滝駐車場-9:59物見山-10:21北向地蔵-10:52ユガテ11:08-11:40五六峠-
12:28アマズツミ13:19-13:42タカサギ13:55-14:41鎌北湖-15:04宿谷の滝-15:30駐車場
コース状況/
危険箇所等
雪は日陰などに残っているが、道部分は殆んど無かった。
軽アイゼンを持って行ったが出番無し。
鎌北湖下の遊歩道は倒木がひどい。暫くは車道を使った方が良いかも知れない。
過去天気図(気象庁) 2014年03月の天気図 [pdf]

写真

もろやまハイキングガイドから一部切り出し。秋葉峠と書かれた所が在る。
2014年03月08日 01:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もろやまハイキングガイドから一部切り出し。秋葉峠と書かれた所が在る。
4
駐車場対岸の道は篠竹の藪で歩けなかった。仕方なく宿谷公会堂の方から回り込んだ。
2014年03月09日 17:36撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場対岸の道は篠竹の藪で歩けなかった。仕方なく宿谷公会堂の方から回り込んだ。
2
取り付きにリボンが有った。踏み跡は何とか分かる程度。
2014年03月09日 17:39撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きにリボンが有った。踏み跡は何とか分かる程度。
3
この辺が秋葉峠と書かれた所。鞍部と思ってたが小ピークだった。でもとても「尖ってる」とは言えない。
2014年03月09日 22:27撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺が秋葉峠と書かれた所。鞍部と思ってたが小ピークだった。でもとても「尖ってる」とは言えない。
3
峠としての扱いならここになるだろうが、峠道が在った様に見えない。
2014年03月09日 22:28撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠としての扱いならここになるだろうが、峠道が在った様に見えない。
1
その先の小ピークもトッケと呼べるものではない。やはり字名じゃないだろうか。
2014年03月09日 22:29撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先の小ピークもトッケと呼べるものではない。やはり字名じゃないだろうか。
2
先週hirohisaさん、kedama_hさんが通った道に合流。確りした踏み跡に変わる。
2014年03月09日 22:30撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週hirohisaさん、kedama_hさんが通った道に合流。確りした踏み跡に変わる。
2
ここで破線に合流。更に良い道になる。
2014年03月09日 22:30撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで破線に合流。更に良い道になる。
2
北向地蔵は大勢の人が休憩していた。
2014年03月09日 22:31撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北向地蔵は大勢の人が休憩していた。
2
今回はあまり見晴しの良い所へ行ってない。これが精一杯。
2014年03月09日 22:33撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はあまり見晴しの良い所へ行ってない。これが精一杯。
4
ユガテに到着。雪は日陰でこの程度。
2014年03月09日 22:33撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユガテに到着。雪は日陰でこの程度。
2
ここで休憩にした。ロウバイは花がもう終わってた。残念。
2014年03月09日 22:34撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで休憩にした。ロウバイは花がもう終わってた。残念。
1
これが天文岩か。うん、確かに車で通った時見た様な気がする。
2014年03月09日 22:35撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが天文岩か。うん、確かに車で通った時見た様な気がする。
7
鳥居の所から中に入れる。
2014年03月09日 22:36撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居の所から中に入れる。
4
二週間前に比べてずいぶん雪が融けた。
2014年03月09日 22:37撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二週間前に比べてずいぶん雪が融けた。
2
でも残ってる所もある。これが今回のルートで最大級。全然平気。
2014年03月09日 22:38撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも残ってる所もある。これが今回のルートで最大級。全然平気。
5
通行止された道に入る。一箇所倒木で塞がれたけどそれだけ。危険な所は無かった。
2014年03月09日 22:39撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行止された道に入る。一箇所倒木で塞がれたけどそれだけ。危険な所は無かった。
1
ここを左に折れるのが正解だけど、尾根通しと思っていたんで直進してしまった。
2014年03月09日 22:41撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左に折れるのが正解だけど、尾根通しと思っていたんで直進してしまった。
2
酷い藪だったけど通行止されてる為だと思い込み、強引に進んでしまった。ここで開けたんで周りが見え、間違いに気付いた。
2014年03月09日 22:42撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酷い藪だったけど通行止されてる為だと思い込み、強引に進んでしまった。ここで開けたんで周りが見え、間違いに気付いた。
2
引き返して本来の道を下る。ここでも雪の影響が見られたのはこれだけだった。
2014年03月09日 22:43撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返して本来の道を下る。ここでも雪の影響が見られたのはこれだけだった。
1
鉄パイプで通せんぼ。通行止の上にマジックで可と上書きされていた。この先で林道の為に尾根が断ち切られる。
2014年03月09日 22:45撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄パイプで通せんぼ。通行止の上にマジックで可と上書きされていた。この先で林道の為に尾根が断ち切られる。
2
右に踏み跡が付いていた。
2014年03月09日 22:49撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に踏み跡が付いていた。
1
木に掴まりながらの急下降だったが、これを危険と言うなら多くのハイキングコースが危険とみなされるんじゃないの?
2014年03月09日 22:50撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木に掴まりながらの急下降だったが、これを危険と言うなら多くのハイキングコースが危険とみなされるんじゃないの?
1
鉄塔下の陽だまりで昼食にした。林道が開通する前は、この辺りを旧道が越えていたらしい。したがってここがアマズツミという事になる。
2014年03月09日 22:51撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下の陽だまりで昼食にした。林道が開通する前は、この辺りを旧道が越えていたらしい。したがってここがアマズツミという事になる。
2
はっきりした道が横切る。
2014年03月09日 22:52撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はっきりした道が横切る。
1
タカサギに着いた。山頂に鉄塔が在るんで明るい。ここの鉄塔は367号。
2014年03月09日 22:53撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカサギに着いた。山頂に鉄塔が在るんで明るい。ここの鉄塔は367号。
4
もっと広く伐採してくれれば眺めが良くなるんだけどな。
2014年03月09日 22:55撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もっと広く伐採してくれれば眺めが良くなるんだけどな。
3
三角点は草薮に隠れて見付けにくかった。
2014年03月09日 22:56撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は草薮に隠れて見付けにくかった。
2
368号鉄塔はルートから外れるんで注意。369号に向かう。
2014年03月09日 22:57撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
368号鉄塔はルートから外れるんで注意。369号に向かう。
1
前方に369号。何で切り開かれてるのかと思ったら、基準点が在った。
2014年03月09日 22:58撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に369号。何で切り開かれてるのかと思ったら、基準点が在った。
1
もう鎌北湖があんなに近い。ここまで来てしまえば安心だ。
2014年03月09日 22:59撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう鎌北湖があんなに近い。ここまで来てしまえば安心だ。
2
369号鉄塔から南の尾根が緩いが、道は北側の急斜面に付けられていた。
2014年03月09日 22:59撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
369号鉄塔から南の尾根が緩いが、道は北側の急斜面に付けられていた。
1
脱出間際で最後の洗礼。ちょっと我慢すればすぐに出口。
2014年03月09日 23:00撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脱出間際で最後の洗礼。ちょっと我慢すればすぐに出口。
2
車道に出ると…
2014年03月09日 23:01撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出ると…
1
正面が遊歩道入口だった。便利。
2014年03月09日 23:02撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が遊歩道入口だった。便利。
1
こうして見ると鎌北湖もダム湖なんだと実感する。
2014年03月09日 23:03撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうして見ると鎌北湖もダム湖なんだと実感する。
3
滝上公園の雪もだいぶ融けた。
2014年03月09日 23:04撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝上公園の雪もだいぶ融けた。
1
折角なんでヤセオネ峠へのルートを偵察しようと思ったが、あまりの倒木の多さに降参。ここまでもだいぶ倒木を越えて来てる。雪はもう残ってなかった。
2014年03月09日 23:05撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折角なんでヤセオネ峠へのルートを偵察しようと思ったが、あまりの倒木の多さに降参。ここまでもだいぶ倒木を越えて来てる。雪はもう残ってなかった。
2
宿谷の滝は見飽きてるだろうから、滝壺を見下ろすアングルで。
2014年03月09日 23:06撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿谷の滝は見飽きてるだろうから、滝壺を見下ろすアングルで。
4
一応前からも。
2014年03月09日 23:06撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応前からも。
9
撮影機材:

感想/記録

残雪がほぼ消えた様なんで、先々週に途中敗退したタカサギへ行ってみた。ルートは前回となるべく被る所が少ない様に苦心したが、理由はそれだけでなく目的があるのだ。毛呂山町の観光ページに「もろやまハイキングガイド」というマップが有り、それを見ていたら宿谷の滝近くに秋葉峠の文字を発見した。ものがたり奥武蔵の地図と若干違う場所で、トッケからの転訛という説にも符合しない気がする。ただ、それが秋葉峠の場所を示しているのか、或いはそういう地名の字名なのか分からない。だったら直接現地に行って確かめるしかないな、という事でルートに組み込んだ。自分なりの結論としては、トッケと呼べるピークは無かったと思うし、峠道が乗越していた様にも見えなかった。地名ではないかと言うのが結論だ。

北向地蔵の礎石には「右 白子ヨリ子ノ権現道」「左 横手ヨリ大山道」と彫られている。今までは「何か書かれているな」程度の認識で特別気に留めなかったのだが、ものがたり奥武蔵に興味を惹かれる記述があった。一文を抜くと、

「経ヶ峠というのは、毛呂村大谷木部落の北側にある二四七.〇の三角点の置かれる丘陵で、石尊さまを祀ってあり、現在頂上に石で作った五重の塔が置かれてあります。石尊さまはこの付近では開運出世の神としてあがめられ、男の子が十三歳になると、必ず相州へ大山まいりに出かけなければならない習慣でした。もしどうしても止むを得ない場合には、この経ヶ峠の石尊さまに灯籠を持って登拝すれば、大山に登ったことになったのであります。」

つまり、大山道とはあの相州丹沢の大山へと至る道なのだ。北向地蔵を越えて行く位だから当然歩いて行くんだろうねえ。偉いもんだねえ。前回はうっかり見ずに通り過ぎてしまったので、今回は確りこの目で確認した。

別にも目的があったのでユガテへ向かった。これは単にグリーンラインを歩きたくなかっただけで、ユガテが目的ではない。もう少し先の天文岩に寄るためだ。グリーンラインは車で何度も走っているが、天文岩については興味が無かった事もあり、全く印象に残っていなかった。飯能百景( http://ghosts.s87.xrea.com/daylight/100/100-075.htm )の1つという事なので、丁度良い機会と思い寄ってみた。

五六峠からアマズツミに向かう道は少し雪が残っていたけど、足首程度なので問題無かった。前回迂回した道には行かず、通行止された道に入ってみた。使われていないので荒れているし、この前の大雪で倒木や折れ枝が邪魔して歩き難い所もあるが、危険と感じる場所は無かった。最後の林道で断ち切られた所は立木に掴まっての急下降となるが、そんな所はハイキングコースでも見られる。もっと積極的に活用して良い道なんじゃないかと思った。

タカサギは巡視路が通っているんでそれなりに踏まれている。鉄塔から鉄塔へ渡り歩く感じなのだが、途中にはどこへ行くか分からない分岐が幾つか在った。テープに行き止まりと書かれていたり、"通せん棒"が置かれていたりで、気を付けていれば大丈夫かも知れないが、やはり最低限地図とコンパスは必要だろう。
訪問者数:1428人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ