また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4197780 全員に公開 沢登り 丹沢

丹沢/中川川マスキ嵐沢

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年04月23日(土) [日帰り]
メンバー
 13K
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◆駐車場
箒杉公園駐車場を利用。10台程度駐車可能。公衆トイレもある。
昨年まで使用していた和田BS北の県道脇余地はポールが立てられて閉鎖されている。
大滝林道のゲート前には3台程度駐車可能だが埋まっていると方向転換も容易ではない。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:36
距離
9.5 km
登り
1,054 m
下り
1,062 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
47分
合計
5時間30分
S箒杉08:0408:14大滝橋バス停08:43マスキ嵐沢標識09:0111:40箒沢権現山12:0913:21大滝橋バス停13:34箒杉公園駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆道の状況
・箒沢権現山南西尾根
シーズンが早いせいか踏み跡は昨年よりも薄い印象。赤や黄色のマーキングも注意すべき分岐以外では見られず、読図能力は必須。
特に下り始めの1100m、1020m辺り、P788辺りとその直下は尾根の分岐が多いので要注意だ。
◆登山ポスト
箒杉公園、登山口近辺には登山ポストは見当たらない。西丹沢VCにあり。
過去天気図(気象庁) 2022年04月の天気図 [pdf]

写真

今日は箒杉公園駐車場から出発。実に良い天気だが暑いかも。
2022年04月23日 08:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は箒杉公園駐車場から出発。実に良い天気だが暑いかも。
箒杉の水を頂く。
2022年04月23日 08:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箒杉の水を頂く。
中川川沿いにふんわりとした白い花が咲き群れていた。マルバアオダモ?
2022年04月23日 08:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中川川沿いにふんわりとした白い花が咲き群れていた。マルバアオダモ?
1
今度はお社に出合う。今日の山行の安全を13Kさんが代表して祈る。
2022年04月23日 08:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度はお社に出合う。今日の山行の安全を13Kさんが代表して祈る。
1
路傍のヤマブキ。
2022年04月23日 08:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路傍のヤマブキ。
1
箒杉バス停。この南側の余地が全て封鎖されてしまった。残念。まあでも箒杉公園には公衆トイレもあるしな。
2022年04月23日 08:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箒杉バス停。この南側の余地が全て封鎖されてしまった。残念。まあでも箒杉公園には公衆トイレもあるしな。
そこここで桜が咲いている。でもみんな背が高くて目の高さには無いのは残念至極。
2022年04月23日 08:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこここで桜が咲いている。でもみんな背が高くて目の高さには無いのは残念至極。
2
新箒沢隧道を潜る。H6年完成。それ以前は西側の一車線のトンネルを使っていた訳だ。
2022年04月23日 08:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新箒沢隧道を潜る。H6年完成。それ以前は西側の一車線のトンネルを使っていた訳だ。
トンネルを潜って大滝橋を渡って大滝沢林道へ。
2022年04月23日 08:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを潜って大滝橋を渡って大滝沢林道へ。
すぐにゲートだ。今日は2台駐車している。ゲートの向こうに以前は駐車したもんだが。
2022年04月23日 08:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにゲートだ。今日は2台駐車している。ゲートの向こうに以前は駐車したもんだが。
権現山が望める。中腹辺りに桜が咲いているのも見える。
2022年04月23日 08:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現山が望める。中腹辺りに桜が咲いているのも見える。
林道から登山道に入る。以前は最奥でここまでクルマで来れたもんだけどね。
2022年04月23日 08:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から登山道に入る。以前は最奥でここまでクルマで来れたもんだけどね。
最初の木橋。流石に台風シーズン前なので今日は全部掛かっていた。
2022年04月23日 08:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の木橋。流石に台風シーズン前なので今日は全部掛かっていた。
2番目の木橋。
2022年04月23日 08:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番目の木橋。
こう言った沢筋の崩壊が進んでいる。防護柵が却って邪魔になっている。
2022年04月23日 08:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こう言った沢筋の崩壊が進んでいる。防護柵が却って邪魔になっている。
3本目の木橋はマスキ嵐沢に架かっている。
2022年04月23日 08:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3本目の木橋はマスキ嵐沢に架かっている。
正に新緑の季節!
2022年04月23日 08:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正に新緑の季節!
1
マスキ嵐沢の道標。斜めっているのは同じだけど字は判読しやすくなったかも?ここで沢装備を身に付ける。
2022年04月23日 08:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マスキ嵐沢の道標。斜めっているのは同じだけど字は判読しやすくなったかも?ここで沢装備を身に付ける。
いざ、入渓。
2022年04月23日 09:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ、入渓。
最初の3m滝が見えて来た。先行4人パーティが取付いている。
2022年04月23日 09:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の3m滝が見えて来た。先行4人パーティが取付いている。
13Kさんは左壁から、僕は右壁から登る。
2022年04月23日 09:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13Kさんは左壁から、僕は右壁から登る。
2
3m滝を登るとナメが続くのだが最初は大岩が多い。
2022年04月23日 09:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3m滝を登るとナメが続くのだが最初は大岩が多い。
2
右奥の大岩の堆積は昨年夏に比べると少し崩れたようだ。この辺りのナメは美しい。
2022年04月23日 09:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右奥の大岩の堆積は昨年夏に比べると少し崩れたようだ。この辺りのナメは美しい。
こう言うところは水流沿いに行きたいね。
2022年04月23日 09:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こう言うところは水流沿いに行きたいね。
1
5×8m滝に出合う。去年に比べれば水量は少ないので水流沿いに行くのが楽しい。
2022年04月23日 09:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5×8m滝に出合う。去年に比べれば水量は少ないので水流沿いに行くのが楽しい。
次は6×10m滝。ここは水が多い程美しいので昨年には負けるな。でも十分美しい。
2022年04月23日 09:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は6×10m滝。ここは水が多い程美しいので昨年には負けるな。でも十分美しい。
2
6×10m滝の上部。
2022年04月23日 09:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6×10m滝の上部。
1
6×10m滝上もナメは続く。
2022年04月23日 09:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6×10m滝上もナメは続く。
ナメはまだまだ続く。
2022年04月23日 09:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメはまだまだ続く。
岩屋まで来た。
2022年04月23日 09:14撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩屋まで来た。
崩壊した6+2m滝。
2022年04月23日 09:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊した6+2m滝。
積み重なった大岩を越えて行く。
2022年04月23日 09:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積み重なった大岩を越えて行く。
目玉岩だ。
2022年04月23日 09:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目玉岩だ。
2
13KさんとAki-CLさんは右へ、I久保さんと僕は水流沿いに左へ。
2022年04月23日 09:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13KさんとAki-CLさんは右へ、I久保さんと僕は水流沿いに左へ。
ちょっとアスレチックなムーブも。この上で右ルートと合流する。
2022年04月23日 09:17撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとアスレチックなムーブも。この上で右ルートと合流する。
樋状4×10m滝。なんだか躊躇ってる様子?
2022年04月23日 09:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樋状4×10m滝。なんだか躊躇ってる様子?
と思ったらヘビがいた。ヤマカガシ?
2022年04月23日 09:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったらヘビがいた。ヤマカガシ?
3
Aki-CLさんが木の棒を持って行ってヘビをどついて落とす。
2022年04月23日 09:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Aki-CLさんが木の棒を持って行ってヘビをどついて落とす。
2
でも大丈夫。ヘビは泳ぎも得意なんだね。
2022年04月23日 09:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも大丈夫。ヘビは泳ぎも得意なんだね。
3
ヘビに注目している間にAki-CLさんはさっさと登っていて次はI久保さん。なんだか随分とスムーズに登って行く。
2022年04月23日 09:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘビに注目している間にAki-CLさんはさっさと登っていて次はI久保さん。なんだか随分とスムーズに登って行く。
倒木の位置が少し右にずれたようで倒木の左側に楽に登れるスタンスが現れていた。
2022年04月23日 09:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木の位置が少し右にずれたようで倒木の左側に楽に登れるスタンスが現れていた。
2
2段15m滝に出合う。
2022年04月23日 09:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段15m滝に出合う。
2段目はロープを出して行く。
2022年04月23日 09:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段目はロープを出して行く。
1
右から登る。後で取付いてみると少しヌメリが増えている印象。
2022年04月23日 09:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から登る。後で取付いてみると少しヌメリが増えている印象。
1
乗越してバンドを左へ斜上し更に越えて右に抜ける。
2022年04月23日 09:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越してバンドを左へ斜上し更に越えて右に抜ける。
ビレイ中のAki-CLさん。近年残置のリングとかハンガーが除去されているのでハーケンで支点を作っていた。Camelot #4がピッタリのクラックがある。
2022年04月23日 09:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビレイ中のAki-CLさん。近年残置のリングとかハンガーが除去されているのでハーケンで支点を作っていた。Camelot #4がピッタリのクラックがある。
2
僕と13KさんがTiblocで続きラストはI久保さん。
2022年04月23日 09:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僕と13KさんがTiblocで続きラストはI久保さん。
次はゴルジュの向こうに靴底型7m滝。倒木が落ちてきている。
2022年04月23日 09:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はゴルジュの向こうに靴底型7m滝。倒木が落ちてきている。
スルスルとAki-CLさんが登って行った。左から取付き、バンドを斜上して流芯を横断するが、「冷たい!」。
2022年04月23日 09:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スルスルとAki-CLさんが登って行った。左から取付き、バンドを斜上して流芯を横断するが、「冷たい!」。
横切った後はカチホールドの連続なので楽しく登れる。
2022年04月23日 09:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横切った後はカチホールドの連続なので楽しく登れる。
2
取付きの様子。下から見てると靴型から延びる所が良さそうだけれどこちらもきちんとグリップする。
2022年04月23日 09:46撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付きの様子。下から見てると靴型から延びる所が良さそうだけれどこちらもきちんとグリップする。
流芯の手前からシャワークライムで上半身はずぶ濡れ。でも今日の気温なら却って気持ち良い。
2022年04月23日 09:47撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流芯の手前からシャワークライムで上半身はずぶ濡れ。でも今日の気温なら却って気持ち良い。
2
ナメの向こうに5m滝。
2022年04月23日 09:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメの向こうに5m滝。
1
右から左から自由に登れる。
2022年04月23日 09:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から左から自由に登れる。
1
I久保さんは左壁から。
2022年04月23日 09:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
I久保さんは左壁から。
すぐに次の5m滝。
2022年04月23日 09:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに次の5m滝。
スラブから取付き攀じ登る。
2022年04月23日 09:51撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スラブから取付き攀じ登る。
小滝だけれど意外と滑りやすい。
2022年04月23日 09:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝だけれど意外と滑りやすい。
ナメが続く。奥のが805mのテーブル岩のようだが現地ではまるで気が付かなかった。
2022年04月23日 09:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメが続く。奥のが805mのテーブル岩のようだが現地ではまるで気が付かなかった。
夏だとこれも全く気が付かないけれどミツマタも見られた。
2022年04月23日 09:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏だとこれも全く気が付かないけれどミツマタも見られた。
これが4m滝だろう。
2022年04月23日 09:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが4m滝だろう。
1
4m滝を登る。陽があると爽快だ。
2022年04月23日 09:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4m滝を登る。陽があると爽快だ。
滝上にはまたまたナメが続く。
2022年04月23日 09:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝上にはまたまたナメが続く。
3mナメ滝を登る。
2022年04月23日 09:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3mナメ滝を登る。
840m下の2つ目のテーブル岩。この先の二俣を左に取って尾根を越えると鬼石沢に合流すると13Kさん。それも面白そうだね。
2022年04月23日 10:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
840m下の2つ目のテーブル岩。この先の二俣を左に取って尾根を越えると鬼石沢に合流すると13Kさん。それも面白そうだね。
2mCS滝。
2022年04月23日 10:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2mCS滝。
2m板状滝。
2022年04月23日 10:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2m板状滝。
結構滑りやすいです。
2022年04月23日 10:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構滑りやすいです。
新緑の渓相。
2022年04月23日 10:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑の渓相。
これは何の蕾でしょう?
2022年04月23日 10:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何の蕾でしょう?
875m二俣は右へ。水もここでほぼ涸れている。ここで小休止。
2022年04月23日 10:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
875m二俣は右へ。水もここでほぼ涸れている。ここで小休止。
談笑する2人。天候も良くて気分も良し。
2022年04月23日 10:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
談笑する2人。天候も良くて気分も良し。
再び行動開始。
2022年04月23日 10:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び行動開始。
ツルシロカネソウ。
2022年04月23日 10:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルシロカネソウ。
奥に5m滝が見えて来た。
2022年04月23日 10:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に5m滝が見えて来た。
5m滝は階段状で難しくない。
2022年04月23日 10:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5m滝は階段状で難しくない。
ネコノメソウの仲間?
2022年04月23日 10:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネコノメソウの仲間?
5m滝を登る。
2022年04月23日 10:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5m滝を登る。
ツルシロカネソウ。
2022年04月23日 10:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルシロカネソウ。
1
桜の花びらが散っているので見上げるとヤマザクラが高い所で咲いていた。
2022年04月23日 10:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜の花びらが散っているので見上げるとヤマザクラが高い所で咲いていた。
10m滝はロープを出してAki-CLさんがリード。途中2ヶ所の残置ハーケンでランニングビレイを取る。
2022年04月23日 10:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝はロープを出してAki-CLさんがリード。途中2ヶ所の残置ハーケンでランニングビレイを取る。
3
抜けた。
2022年04月23日 11:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜けた。
1
僕と13KさんがTiblocで続き、I久保さんがラスト。
2022年04月23日 11:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僕と13KさんがTiblocで続き、I久保さんがラスト。
1
滝上にはスミレが咲いていた。これはピンクのスミレ。葉が細いのでエイザンスミレ?
2022年04月23日 11:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝上にはスミレが咲いていた。これはピンクのスミレ。葉が細いのでエイザンスミレ?
1
こちらは薄青で丸い葉なのでアオイスミレかな。
2022年04月23日 11:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは薄青で丸い葉なのでアオイスミレかな。
マスキ嵐沢の詰め。権現山からの尾根が見えて来た。枯葉が渓に詰まっていて足元が解りにくい。しかも急登。
2022年04月23日 11:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マスキ嵐沢の詰め。権現山からの尾根が見えて来た。枯葉が渓に詰まっていて足元が解りにくい。しかも急登。
1
左手前の木にお助けロープが見える。昨年に比べてもこの木の下側の土が無くなっていて崩壊が進んでいるのが解る。
2022年04月23日 11:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手前の木にお助けロープが見える。昨年に比べてもこの木の下側の土が無くなっていて崩壊が進んでいるのが解る。
尾根に詰め上がる。
2022年04月23日 11:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に詰め上がる。
1
夏だと葉が生い茂って展望の記憶が無いのだが意外と展望も良いことが解った。大室山方面
2022年04月23日 11:29撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏だと葉が生い茂って展望の記憶が無いのだが意外と展望も良いことが解った。大室山方面
2
畦ヶ丸方面。
2022年04月23日 11:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畦ヶ丸方面。
2
沢でも花びらを見たがトウゴクミツバツツジがそこここで満開だった。
2022年04月23日 11:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢でも花びらを見たがトウゴクミツバツツジがそこここで満開だった。
尾根に上がるのもアルバイトだったけれど権現山までももう一つアルバイトなんですよね。
2022年04月23日 11:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に上がるのもアルバイトだったけれど権現山までももう一つアルバイトなんですよね。
富士山も展望できたとは!ちょっとしたご褒美って感じ。
2022年04月23日 11:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も展望できたとは!ちょっとしたご褒美って感じ。
2
陽が当たると一層美しいミツバツツジ。
2022年04月23日 11:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が当たると一層美しいミツバツツジ。
箒沢権現山山頂到着。2人パーティが先着していて我々が続き、後で4人パーティが2組と結構賑やかになった。でも権現山山頂は広大なので十分OKです。
2022年04月23日 11:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箒沢権現山山頂到着。2人パーティが先着していて我々が続き、後で4人パーティが2組と結構賑やかになった。でも権現山山頂は広大なので十分OKです。
2
丹沢湖越しに箱根の山々も良く展望できる。
2022年04月23日 11:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢湖越しに箱根の山々も良く展望できる。
2
下りは権現山南西尾根へ。
2022年04月23日 12:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは権現山南西尾根へ。
タチキランソウかな?
2022年04月23日 12:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチキランソウかな?
1
P788。ここも西に支尾根があるが、南への尾根を下るとすぐにまた尾根が分かれる。間違えやすいポイントだ。
2022年04月23日 12:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P788。ここも西に支尾根があるが、南への尾根を下るとすぐにまた尾根が分かれる。間違えやすいポイントだ。
750m辺りで西よりの支尾根に乗りかけた所でもう少し東寄りと気が付いた。少し行くとこのマーク。
2022年04月23日 12:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
750m辺りで西よりの支尾根に乗りかけた所でもう少し東寄りと気が付いた。少し行くとこのマーク。
大滝沢林道に出る。
2022年04月23日 12:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝沢林道に出る。
取水所で汗を流す。
2022年04月23日 13:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取水所で汗を流す。
箒杉公園に駐車したので帰りには箒杉が迎えてくれる。
2022年04月23日 13:29撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箒杉公園に駐車したので帰りには箒杉が迎えてくれる。
2
ヒメウツギも満開。
2022年04月23日 13:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメウツギも満開。
2
駐車場に帰着。お疲れさまでした。
2022年04月23日 13:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に帰着。お疲れさまでした。

感想/記録

今年の沢初めは西丹沢のマスキ嵐沢から。先週とは打って変わって夏日、それに相応しい水遊び。全ての滝は快適に直登できてナメも美しく詰めも平穏、花と新緑の沢を楽しむことができました。

大滝沢林道にはクルマで入りにくくなっているので大滝橋を北上すると和田BSと箒杉BS間の余地が塞がれていた。500m遠くなるけれど箒杉公園の駐車場に停めたが、ここは公衆トイレもあるしきちんと駐車区画は分かれているし悪くは無いもんだ。歩く距離は昔よりも往復で+2kmになるけれどこう天気が好い日にはこれも悪くは無い。

大滝沢林道を暫く辿りカーブから大滝沢沿いの登山道に入り、3つの木橋を渡るとマスキ嵐沢だ。ここで沢装備を身に付ける。4人パーティが先行するが最初の3m滝上でどうぞと先行を促される。マスキ嵐沢には毎年のように来ているけれどこの季節に来たことは無いかもしれない。ミツバツツジやサクラもあちらこちらで咲き萌え出した新緑が渓に映えて美しかった。

3m滝の後暫くナメが続き、5×8m、6×10mと水流沿いに登れる滝が楽しい。その後もナメが続き崩壊した6+2m滝から滝場と言う感じ。樋状4×10mでは思いがけないヘビとの出会いもあったが、2段15m、靴底型7m、5m、5mと実に楽しい滝が続く。2つのテーブル岩は現場では見逃していたけれど写真には捉えていた。2つ目のテーブル岩の先を左俣に入り尾根を越えて鬼石沢に繋げられると13Kさんが話していたがそれも面白そうだ。

920m二俣を正面の5m, 10mと越えて行くともう尾根が正面に見えてくる。徐々にV字谷になっていくが記憶以上に枯葉が詰まっていて歩き難いものだ。尾根の手前の大木に懸けられたお助けロープはそのままだが大木の根元の土壌はかなり流されており、今後どうなるか。コルから権現山も100m近く登るのでそれなりに労力が必要だが、のんびりと登って行く。とI久保さんが富士山が望めると教えてくれた。これまでこの尾根から富士が望めるとはまるで気が付かなかった。

権現山で沢装備を解きながら休憩していると藤嵐沢を詰めて来た4人パーティと後続の4人パーティがやってきて、先行していた2人パーティと合わせていつになく賑やかな山頂になった。下りはいつもの南西尾根に取るが、相変わらず解りにくい。1020m辺りと750m辺りでルートを逸れかけた。しかも終始急勾配。下りなのに結構汗を掻いて林道に降り立ち、いつものように取水口の河原で汗を流すと爽快感を取り戻した。

朝、新松田駅のバス停にも長蛇の列が出来ていたけれどこの夏日に丹沢で尾根歩きはしんどそうだ。沢にして正解。今年もいよいよ沢シーズン開幕です。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:248人

コメント

沢でお会いした先行パーティーの4人です。山頂ではついつい煩くしてしまい、失礼しました(汗)
本当に素晴らしいお天気でしたね。我々も久々の水線登攀を楽しみました。
2022/4/24 22:54
tartletさん、こんにちは。全然煩わしくなんてありません。久々に賑やかで楽しい山行になりました。実に沢日和でしたね。
2022/4/25 7:39
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ