また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4275545 全員に公開 山滑走 十和田湖・八甲田

北八甲田 酸ヶ湯〜大岳・井戸岳・硫黄岳〜睡蓮沼

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年05月06日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
酸ヶ湯温泉から少し上がったところに広い公共駐車場あり。
下山後、睡蓮沼〜酸ヶ湯はJRバス東北「みずうみ号」青森行きに乗車した。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
09:35
距離
18.8 km
登り
1,548 m
下り
1,450 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間31分
休憩
1時間58分
合計
9時間29分
S酸ヶ湯公共駐車場05:4505:49酸ヶ湯温泉05:5205:53大岳登山口(湯坂側)05:5407:00毛無岱小屋08:11大岳鞍部避難小屋08:2308:24大岳避難小屋前分岐08:2908:48八甲田大岳09:0509:31井戸岳の山名標識09:4709:55赤倉岳09:5810:08井戸岳の山名標識10:1412:45桜沼13:0313:04仙人岱13:0913:17名無山13:3713:38名無沼13:43仙人岱14:02硫黄岳14:1415:13睡蓮沼15:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

写真

酸ヶ湯温泉横の斜面から入山。朝早めの時間帯で雪は固めだが、シールで登れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酸ヶ湯温泉横の斜面から入山。朝早めの時間帯で雪は固めだが、シールで登れた。
斜面を上がってからツアールートの竹ポールを見ながら進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を上がってからツアールートの竹ポールを見ながら進む。
1
ある程度進むと、右手の斜面をトラバースする感じになる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ある程度進むと、右手の斜面をトラバースする感じになる。
湿地帯のコース標識。遠くに見えるのは岩木山?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿地帯のコース標識。遠くに見えるのは岩木山?
1
ロープウェー山頂公園駅南面。斜面の西側にクラックのようなものが見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェー山頂公園駅南面。斜面の西側にクラックのようなものが見えた。
1
このあたりから東へ登行したいが、木が濃くて面倒な感じに思えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから東へ登行したいが、木が濃くて面倒な感じに思えた。
寒水沢の様子が悪くなければ沢沿いに と思ったが、水流が見えたし水音も大きい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒水沢の様子が悪くなければ沢沿いに と思ったが、水流が見えたし水音も大きい。
結局、沢から回り込むように乗り上げた。こちら側はシールで木の間を通り抜けられた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、沢から回り込むように乗り上げた。こちら側はシールで木の間を通り抜けられた。
田茂やち岳東面。ブッシュとクラック。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田茂やち岳東面。ブッシュとクラック。
2
沢沿いに登り、出合付近から湿地の方に寄って、大岳−井戸岳コルに詰めていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いに登り、出合付近から湿地の方に寄って、大岳−井戸岳コルに詰めていく。
沢上部は雪が切れていた。どちらをいくか迷い、雪が切れていても夏道があればいけるということで右岸を選んだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢上部は雪が切れていた。どちらをいくか迷い、雪が切れていても夏道があればいけるということで右岸を選んだ。
1
夏道入口にピンクテープ。ここからシートラ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道入口にピンクテープ。ここからシートラ。
対岸を見ると、上まで雪がつながっていた。よく考えれば、対岸は北斜面だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸を見ると、上まで雪がつながっていた。よく考えれば、対岸は北斜面だ。
1
左岸にしておけば と今更ながらに思った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸にしておけば と今更ながらに思った。
避難小屋から井戸岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋から井戸岳
1
避難小屋は2階建て。外に梯子と上部出入口があったので、冬期はそちらから入るのでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋は2階建て。外に梯子と上部出入口があったので、冬期はそちらから入るのでしょう。
ひとまず大岳北側の残雪を登って井戸岳を様子見。東面はまだまだ滑れるし、下部は雪がつながっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとまず大岳北側の残雪を登って井戸岳を様子見。東面はまだまだ滑れるし、下部は雪がつながっている。
1
残雪上部から藪をまたいで夏道に入り、Peak At。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪上部から藪をまたいで夏道に入り、Peak At。
1
櫛ヶ峰の存在感が大きい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛ヶ峰の存在感が大きい。
1
あちらは硫黄岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらは硫黄岳。
ザラメで快適な大岳を滑り、井戸岳−赤倉岳コルへの沢を詰めた。コルまで雪がついていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラメで快適な大岳を滑り、井戸岳−赤倉岳コルへの沢を詰めた。コルまで雪がついていた。
コルから赤倉岳。ばっちり夏道が出ていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルから赤倉岳。ばっちり夏道が出ていた。
ひとまず井戸岳Peak At。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとまず井戸岳Peak At。
コルに戻って赤倉岳。標識は1546にあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルに戻って赤倉岳。標識は1546にあった。
コルから沢地形を一本滑った。いいね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルから沢地形を一本滑った。いいね。
1
次は赤倉岳東面。こちらは斜度がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は赤倉岳東面。こちらは斜度がある。
1
滑り終えて、次は大岳東面へ。前日までのシュプールが多数。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り終えて、次は大岳東面へ。前日までのシュプールが多数。
この時間帯になると、団体ツアーも大岳に集まってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間帯になると、団体ツアーも大岳に集まってきた。
小岳へのコルへ滑走した
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小岳へのコルへ滑走した
1
ツアールートの竹ポールが並んでいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツアールートの竹ポールが並んでいた。
ガーミンの地図には大岳−小岳コル付近に「八甲田山」というピークがあり、何かあるか探してみたが、木が生えてるだけだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガーミンの地図には大岳−小岳コル付近に「八甲田山」というピークがあり、何かあるか探してみたが、木が生えてるだけだった。
硫黄岳が近くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳が近くなってきた。
ひとまず様子見のため、大岳南側をすこし上がってみる。沢地形が雪の崖になっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとまず様子見のため、大岳南側をすこし上がってみる。沢地形が雪の崖になっていた。
硫黄岳。前情報の通り、ピーク下に大きなクラックあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳。前情報の通り、ピーク下に大きなクラックあり。
1
何となく気になったので1338ポコへ。酸ヶ湯方面へは竹ポールが並んでいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何となく気になったので1338ポコへ。酸ヶ湯方面へは竹ポールが並んでいた。
硫黄岳の人気っぷりがすごい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳の人気っぷりがすごい。
1
小屋前を経由して硫黄岳へ登る。ルートの取り方は人それぞれで、直登するトレースもあれば斜面いっぱいにジグを切るトレースも。私は後者。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前を経由して硫黄岳へ登る。ルートの取り方は人それぞれで、直登するトレースもあれば斜面いっぱいにジグを切るトレースも。私は後者。
1
硫黄岳から振り返って大岳、小岳。小岳も東側は雪が豊富だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳から振り返って大岳、小岳。小岳も東側は雪が豊富だった。
1
東側を滑り降りたが、睡蓮沼のバス時刻に余裕があったので、時間まで登り返し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側を滑り降りたが、睡蓮沼のバス時刻に余裕があったので、時間まで登り返し。
適当なところで下山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当なところで下山開始。
ざっくりコンパスを切って下り、竹ポールと合流した。板に着いたヤニのせいで思うように滑らず、歩き区間が長かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ざっくりコンパスを切って下り、竹ポールと合流した。板に着いたヤニのせいで思うように滑らず、歩き区間が長かった。
下山に時間がかかり、バスの時間ギリギリに睡蓮沼到着。しかし、バスが遅れていたので乗車する準備を整えられた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山に時間がかかり、バスの時間ギリギリに睡蓮沼到着。しかし、バスが遅れていたので乗車する準備を整えられた。

感想/記録

 昨年に南八甲田から見た北側も楽しそうで、よし行くぞと計画していた。今年のGWは雨が多くていつ行こうか悩んだが、晴れて風も弱い日を選んで酸ヶ湯から入山。あちこち斜面をつまみながら、昨年と同じ睡蓮沼に下山し、ログをつないだ。
 八甲田は広く、まだまだ行けてないところも多いので、タイミングを見計らって通いたい。

以下、後日追記。
朝に道の駅を出て、酸ヶ湯から少し登った公共駐車場に到着。入山準備する人がちらほらいて、大体が鳥居の夏道方面に向かっていた。こちらは酸ヶ湯の裏手から斜面を登って入山。雪は固いがそれほど凸凹でなく、シーアイゼンを効かせて上がった。林の中を竹ポールに沿って行く。スキーコースのためか、コンタを下げないようにポールが立っていて、右手の斜面際をトラバースするように並んでいた。毛無岱で小休止しながらロープウェイ駅南面を眺めると、斜面西側に大きめのクラックあり。
 ここからコルの避難小屋へ向かうが、尾根上はコンタラインに沿うようにブッシュがあり、難しそう。寒水沢の様子を見てみると、一部露出して水音も大きい。沢を詰めるのはあきらめて、側面から尾根へ斜上するように乗り上げた。一段上がれば木の間を抜けるように登れた。沢沿いに登ってから湿地に入っていった。Co.1350あたりで沢中の雪がなくなり、夏道がついている右岸にルートをとった。案の定、すぐに積雪はなくなった。ピンクテープを目印にして雪が途切れた夏道に入り、シートラして小屋へ。登っている最中に左岸の様子を見ていたが、左岸は十分に雪がつながっていた。よくよく考えると左岸は北面だった。
 避難小屋は二階建てで冬期用に梯子がかかっていた。内部は、この時期の虫を除けば快適そう。大岳への夏道は出ているが、北面凹地に外輪の手前まで雪が残っており、まずは様子見で登ってみた。井戸岳はガッツリ夏道が出ているが、東面の沢は上部まで雪が残っていそうだった。赤倉岳東尾根も滑れそう。
 そこでシーデポし、雪TOPからブッシュをまたいで夏道から大岳Atした。戻ってからは小屋まで滑走したが、快適ザラメでストップスノーもなし。テンション上がる。小屋からトラバり、井戸岳−赤倉岳コルへの沢を詰めると、コルまで雪は続いていた。夏道で井戸岳と赤倉岳Atし、登行した沢型をco.1380まで滑走。楽しくなったので登り返し、赤倉岳東尾根も頂いた。
 ぼちぼち楽しんだので、次は大岳。斜上するように東面を登っていると、ツアー客と鉢合わせた。そういう時間か。ツアー団体を追い越してシールを外して小岳へのコルへ滑り込んだ。ガーミンGPSではコル付近に「八甲田山」のPeak表示があり、何かあるかと探してみたが、木があるだけで特別なものは見当たらなかった。
左写真:気を取り直して大岳をぐるっと回り込んで南面を少し登り、co.1400付近から先の様子を見てみた。硫黄岳Peak東に大クラック、硫黄岳北コルの東面にもクラックがあった。滑走時には注意しよう。
 せっかくなので1338ポコにも寄ってみた。酸ヶ湯への竹ポールがあり、朝準備していた人はここを登ったのだろう。1338から2〜3ターン滑り、ブッシュを巻くように小屋へ向かった。
 硫黄岳への登りは数多くのトレースがあり、直登や大きくジグを切る人等様々。硫黄岳からはクラックを避けつつ東面を一本頂いた。この時間になると少しwetな感じだった。睡蓮沼のバスの時間に少し余裕がありそうだったので、14:45をlimitとして硫黄岳南面を登り返した。co.1250付近で時間切れとなり、シールを外して下山スキーとした。Co.1050付近県境東側の平坦地あたりは雪がなく、少しずらしてコンパスを切って下った。途中から竹ポールに合流したが、水連沼手前co.1020〜1030あたりで大きくトラバースするようなルートどりだった。平坦地は総じてストップスノーで、急いで歩いてバス予定時間ギリギリに水連沼へ下山した。幸いにして?バスが遅れていたので荷物整理する時間があった。この時間のバスは込み合い、通路シートに座るほどだった。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:116人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ