また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4277206 全員に公開 トレイルラン 御在所・鎌ヶ岳

鈴鹿5Mt《fiveマウンテン》縦走

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年05月09日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち
アクセス
利用交通機関
車・バイク
藤原岳大貝戸登山口 駐車場(無料)

車回収
御在所岳ロープウェイ ¥1,500
バス¥360
電車/湯の山温泉駅〜西藤原駅¥1,000
経路を調べる(Google Transit)
GPS
12:32
距離
36.1 km
登り
3,925 m
下り
2,858 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間5分
休憩
31分
合計
12時間36分
S藤原岳大貝戸休憩所00:0800:35藤原岳表登山道五合目00:3500:58藤原岳八合目00:5801:07藤原岳九合目01:0701:23藤原山荘01:2401:34藤原岳02:00多志田山02:0002:05藤原岳山腹道分岐02:0502:10蛇谷分岐02:1002:18迷い尾根02:1802:28治田峠02:2802:56銚子岳入口02:5603:18セキオノコバ03:1803:44治田峠分岐03:4403:56竜ヶ岳03:5704:12重ね岩04:1304:31石榑峠04:3305:52三池岳山頂05:5306:01八風峠06:0406:09The rest rock06:1106:13八風中峠06:1306:18南峠06:1806:25段木尾根分岐06:2506:43岩ヶ峰尾根分岐06:4306:50釈迦ヶ岳06:5006:53大蔭06:5307:08猫岳07:0807:31白滝谷分岐07:3107:37羽鳥峰07:3808:04金山08:0408:12中峠08:1208:38根の平峠08:3908:42タケ谷分岐08:4208:58上水晶谷出合09:0009:02上水晶谷出合左岸分岐09:0209:08コクイ谷出合09:0909:42御池鉱山旧跡09:4209:50杉峠の下のキャンプ適地09:5910:10杉峠10:1310:40雨乞岳10:4210:51東雨乞岳10:5211:11三人山11:1111:38沢谷ノ頭11:4211:55いっぷく峠11:5612:00沢谷峠12:0212:38御嶽大権現12:3812:45御在所岳12:4512:49御在所山 一等三角点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
藤原岳〜竜ヶ岳
夜間はroute選択が危うい
ライトに光る反射テープは非常に有難い

竜ヶ岳〜八風峠
UPの連続区間、走れるところ殆どなし
コースでは一番辛い区間

八風峠〜釈迦ヶ岳
展望が開けて持ち直す区間

釈迦ヶ岳〜雨乞岳
自分との闘い

雨乞岳〜(郡界尾根)〜御在所岳
UP doun激しく、沢筋routeの方が良いのかもしれない
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

写真

登山スタート
2022年05月09日 00:06撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山スタート
1
無風、天候には恵まれた。
2022年05月09日 01:34撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無風、天候には恵まれた。
1
夜景が綺麗
この後、追いつかれた同じ目的地のトレランナーと暫く進む。
2022年05月09日 01:35撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜景が綺麗
この後、追いつかれた同じ目的地のトレランナーと暫く進む。
1
微風、トレランナーは健脚で置いてかれた。
暗闇を道を探しながら歩くのは苦痛
2022年05月09日 03:56撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微風、トレランナーは健脚で置いてかれた。
暗闇を道を探しながら歩くのは苦痛
1
石榑峠を超えた。
順調だ。
朝食を取りながら夜が開け切るのを待とう。
2022年05月09日 04:42撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石榑峠を超えた。
順調だ。
朝食を取りながら夜が開け切るのを待とう。
1
オレンジやらデコポンは、非常に美味しい😋
バナナは皮向いて持ってきたけど生ゴミに。
2022年05月09日 04:42撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オレンジやらデコポンは、非常に美味しい😋
バナナは皮向いて持ってきたけど生ゴミに。
1
八風峠までの区間は、トレランナーが言っていたように一番キツいが、こんな眺望に心洗われる。海だ。
2022年05月09日 05:59撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八風峠までの区間は、トレランナーが言っていたように一番キツいが、こんな眺望に心洗われる。海だ。
1
気持ちが上向いて、八風峠着。
2022年05月09日 06:03撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちが上向いて、八風峠着。
1
八風峠から先はrouteも良く、ZONEに入った。快調!
2022年05月09日 06:50撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八風峠から先はrouteも良く、ZONEに入った。快調!
2
眺望良く、この辺りがもっとも快走したと思う。
2022年05月09日 06:52撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望良く、この辺りがもっとも快走したと思う。
1
羽鳥峰
追いつこうと思っていたが、先行したトレランナーは見えない。
2022年05月09日 07:37撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽鳥峰
追いつこうと思っていたが、先行したトレランナーは見えない。
2
スギ峠着。ここまで結構距離がある。もう唾液も出ない。沢の水で顔を洗ったり、口に含んだり、残りの携行飲料1リットルは保持している。
2022年05月09日 10:12撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スギ峠着。ここまで結構距離がある。もう唾液も出ない。沢の水で顔を洗ったり、口に含んだり、残りの携行飲料1リットルは保持している。
1
笹原をくぐってきた。これ埋まってたんだよな。雪山が懐かしい。
2022年05月09日 10:41撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原をくぐってきた。これ埋まってたんだよな。雪山が懐かしい。
2
遠くに見える、御在所岳と鎌ヶ岳
鈴鹿SEVEN、二度とゴメンだ。完走することだけを念じる。
2022年05月09日 10:42撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見える、御在所岳と鎌ヶ岳
鈴鹿SEVEN、二度とゴメンだ。完走することだけを念じる。
1
郡界尾根の地獄のアップダウン(そう思えるほど疲弊している)を超えてやってきた。御在所岳の登り口。最終の17:20のバスには全部歩いたって間に合う。根性見せるゾ!
2022年05月09日 11:58撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
郡界尾根の地獄のアップダウン(そう思えるほど疲弊している)を超えてやってきた。御在所岳の登り口。最終の17:20のバスには全部歩いたって間に合う。根性見せるゾ!
1
結構な雨に降られ、視界はなくなる。ポッキリ心が折れた。これで鎌尾根は行きたくない。
なんの心残りもない。御在所岳までの5座でも、十分偉業だ。今はそう思える。
2022年05月09日 12:47撮影 by SHG05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な雨に降られ、視界はなくなる。ポッキリ心が折れた。これで鎌尾根は行きたくない。
なんの心残りもない。御在所岳までの5座でも、十分偉業だ。今はそう思える。
1

感想/記録

鈴鹿SEVENを日帰りで完走する人達は、凄い人達だと身をもって知った地獄のロードだった。このrouteの厳しさは全ての飲料、食料を自分で何とかせねばならず、携行した場合は荷物が重くなるという点にある。

ポカリスエット2リットル
ゼリー系補給食 13個
バナナ4本
オレンジデコポン3個 全7kg

ウィダーインゼリーとかは、空腹に摂取しすぎると吐き気がするし、皮むきバナナは生ゴミとなった。

こんな苦行は他に無く、2度のチャレンジはないなと考えていたので何とか完走することだけを考えていたが、何と雨が降ってきて心が折れた。根性見せれば、あと2座は行ける。しかし、もう十分だった。そう思えるほど足も精神も酷使していた。

今までは鈴鹿SEVENの日帰りレコを他人事でさらりと眺めていたが、これからは違う。
こんな苦痛を自ら求める偉大な挑戦者達の軌跡を、感情移入しながら拝見することになるだろう。

お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:303人

コメント

藤原岳〜竜ヶ岳のところでご一緒した者です。
お疲れ様でした。
GW明けの平日なのでボッチ覚悟でしたが、まさか同じチャレンジをされる方がいて、とても嬉しかったです。
2022/5/10 21:01
こちらこそ、有難う御座いました。
前から来る人に、「単独の人とすれ違った?何分前?」とか尋ねながらyonakiyaさんの背中を追撃しましたが、差はどんどん開くばかりだったようです┐<(^ω^)>
15:20の壁は残念でしたが、あの雨の中、完走されたのは凄いと思います!
yamapの方で今後の山行記録を楽しみにしていますネ♪
2022/5/10 22:21
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

スギ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ