また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4309526 全員に公開 ハイキング 近畿

音羽三山(音羽山・経ヶ塚山・熊ヶ岳・御破裂山・談山神社)周回

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年05月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇☁
アクセス
利用交通機関
車・バイク
音羽観音寺駐車場を利用させていただきました。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:39
距離
16.8 km
登り
1,168 m
下り
1,157 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間8分
休憩
1時間10分
合計
6時間18分
Sスタート地点08:4008:47百市・音羽観音寺分岐08:4709:08音羽山観音寺09:0909:24万葉展望台09:2509:40音羽山09:4509:58経ヶ塚山09:5910:20熊ヶ岳10:2110:37四島三角点峰10:3810:43大峠10:4311:03細峠・竜在峠方面分岐11:0411:11三津三角点11:1211:49細峠11:4911:53冬野方面分岐11:5312:00休憩所12:0113:02御破裂山13:4313:50談山13:5013:56談山神社14:2014:31多武峰バス停14:3114:37不動延命の滝14:3815:00百市・音羽観音寺分岐15:0015:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【きつかった区間】
■音羽山山頂へ向かう急勾配の長い登りは、音羽山万葉展望台への分岐から始まります。つづら折りとなっていますが、かなりの急勾配で、休み無しで山頂まで30分以上かかりました。今回の登りで600mの標高差を登る最長区間でした。
■経ヶ塚山の取り付きは、2段階となっており、特に最初の取り付きがきつかったです。
■熊ヶ岳山頂から大峠へ向かう下山は、長い激下りが続きました。
【危険個所】
・冬野分岐手前で崩れかけたトラバースが2カ所ありました。一応ロープが張られていましたので慎重に進めば問題ありません。
【全体総括】
音羽山、経ヶ塚山、熊ヶ岳の三山がメインとなり、取り付きや下りなどは、それなりに険しい区間がありました。大峠から先は、緩い登り下りが延々と続くコースで、体力の消耗は最低限で済みました。
コースは明瞭で迷いストレスは殆どありませんでしたが、コース上でゆったりと休憩できる場所は殆どありませんでした。
眺望は、音羽山万葉展望台のみで、全体的に樹々に覆われたコースでした。
その他周辺情報【周辺の見どころと観光】
・談山神社
・音羽山万葉展望台
・音羽山観音寺
・万葉展望台
・御破裂山(藤原鎌足墓所)
・不動延命の滝
・上地区の棚田
・宮奥ダム水辺公園
・奥明日香天空展望台
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

写真

音羽観音寺駐車場から出発です。
ここまで車での道のりですが、非常に道幅が狭く車の交差はできませんのでご注意ください。
2022年05月21日 08:41撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽観音寺駐車場から出発です。
ここまで車での道のりですが、非常に道幅が狭く車の交差はできませんのでご注意ください。
1
駐車場から出発早々に舗装道路ではありますが、かなりの急勾配!
出発して5分少々、音羽山観音寺の標識が見えてきました。
2022年05月21日 08:47撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から出発早々に舗装道路ではありますが、かなりの急勾配!
出発して5分少々、音羽山観音寺の標識が見えてきました。
1
音羽山観音寺へ続く参道が左側です。
ここから更に険しくなります!
2022年05月21日 08:47撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽山観音寺へ続く参道が左側です。
ここから更に険しくなります!
1
舗装道路ではありますが、つづら折りの急勾配の登りが続くのでありました(^^;
出発してから20分少々ですが、既に汗だく(^^;
2022年05月21日 09:02撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装道路ではありますが、つづら折りの急勾配の登りが続くのでありました(^^;
出発してから20分少々ですが、既に汗だく(^^;
1
道端にクリンソウが咲いておりました。
綺麗だなぁ〜(^.^)
2022年05月21日 09:08撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端にクリンソウが咲いておりました。
綺麗だなぁ〜(^.^)
5
さて、ここから舗装道路が途切れ、本格的な登山道へ入ります!
2022年05月21日 09:09撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ここから舗装道路が途切れ、本格的な登山道へ入ります!
1
音羽山万葉展望台方面へ進みます。
ここから長い激登りが続くのであります!
2022年05月21日 09:12撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽山万葉展望台方面へ進みます。
ここから長い激登りが続くのであります!
1
ようやく音羽山万葉展望台に到着しました。
金剛山地の山々が一望できます。
この先、この様な眺望は一切無いので貴重な眺望スポットです。
2022年05月21日 09:24撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく音羽山万葉展望台に到着しました。
金剛山地の山々が一望できます。
この先、この様な眺望は一切無いので貴重な眺望スポットです。
4
音羽山山頂に向かう取り付きまで来ました。
ここからつづら折りしながら、15分ほど急勾配を登ります。
2022年05月21日 09:25撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽山山頂に向かう取り付きまで来ました。
ここからつづら折りしながら、15分ほど急勾配を登ります。
1
長い激登りと格闘し、ようやく音羽三山の一座目、音羽山山頂851.7mに到着しました(^^)/
駐車場から出発して丁度1時間経過ですが、標高差600mのかなり険しい登りでした。
途中、音羽山観音寺に立ち寄ってみようと思ったのですが、途中で分岐を通過してしまった・・・。
2022年05月21日 09:40撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い激登りと格闘し、ようやく音羽三山の一座目、音羽山山頂851.7mに到着しました(^^)/
駐車場から出発して丁度1時間経過ですが、標高差600mのかなり険しい登りでした。
途中、音羽山観音寺に立ち寄ってみようと思ったのですが、途中で分岐を通過してしまった・・・。
4
音羽山から二座目の経ヶ塚山を目指し下りに入りました。
結構きつい勾配の下りでした(^^;
2022年05月21日 09:46撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽山から二座目の経ヶ塚山を目指し下りに入りました。
結構きつい勾配の下りでした(^^;
2
経ヶ塚山へ続く取り付きは2段階ありますが、これは最初の取り付きです。
かなりの急勾配です(^^;
2022年05月21日 09:49撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ヶ塚山へ続く取り付きは2段階ありますが、これは最初の取り付きです。
かなりの急勾配です(^^;
4
経ヶ塚山山頂まであと僅か。
新緑の鮮やかさが疲れを忘れさせてくれます。

2022年05月21日 09:58撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ヶ塚山山頂まであと僅か。
新緑の鮮やかさが疲れを忘れさせてくれます。

1
二座目の経ヶ塚山889mに到着しました(^^)/
音羽山山頂から約20分です。
2022年05月21日 09:59撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二座目の経ヶ塚山889mに到着しました(^^)/
音羽山山頂から約20分です。
3
さて、お次は音羽三山最後の熊ヶ岳目指して出発だ!
2022年05月21日 10:00撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、お次は音羽三山最後の熊ヶ岳目指して出発だ!
1
なかなか野性的なコースでいい感じです!
2022年05月21日 10:07撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか野性的なコースでいい感じです!
1
地図上では、この辺が熊ヶ岳山頂のマークでしたが、何もなかった・・・(^^;
2022年05月21日 10:21撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図上では、この辺が熊ヶ岳山頂のマークでしたが、何もなかった・・・(^^;
2
音羽三山の三座目、今回の最高峰、熊ヶ岳山頂904mに到着しました(^^)/
2022年05月21日 10:24撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽三山の三座目、今回の最高峰、熊ヶ岳山頂904mに到着しました(^^)/
3
熊ヶ岳四等三角点の反射板付近からチラッと・・・
宇陀市大宇陀地区だと思われます。
2022年05月21日 10:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊ヶ岳四等三角点の反射板付近からチラッと・・・
宇陀市大宇陀地区だと思われます。
2
熊ヶ岳四等三角点858.8mは反射板の裏にありました。
とりあえず記念撮影📷
2022年05月21日 10:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊ヶ岳四等三角点858.8mは反射板の裏にありました。
とりあえず記念撮影📷
2
ここから大峠までの下りですが、今回の山行で最強の激下りでした(^^;
2022年05月21日 10:38撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから大峠までの下りですが、今回の山行で最強の激下りでした(^^;
5
激下りを踏破し、大峠分岐まで下ってきました。
この先からは、緩い勾配で下ったり登ったりが続きます。
2022年05月21日 10:44撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激下りを踏破し、大峠分岐まで下ってきました。
この先からは、緩い勾配で下ったり登ったりが続きます。
1
この様な広い尾根をひたすら進みます。
ここからは息も上がらず、惰性で延々と尾根を進む感じとなります。
2022年05月21日 10:54撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この様な広い尾根をひたすら進みます。
ここからは息も上がらず、惰性で延々と尾根を進む感じとなります。
2
竜門岳分岐です。
真っ直ぐ進むと竜門岳ですが、右折して冬野地区から談山神社方面へ進みます。
2022年05月21日 11:03撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜門岳分岐です。
真っ直ぐ進むと竜門岳ですが、右折して冬野地区から談山神社方面へ進みます。
1
三津四等三角点789.5mにて記念撮影📷
2022年05月21日 11:11撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三津四等三角点789.5mにて記念撮影📷
1
出発してから2時間半以上経過し、そろそろお昼休憩をしようと思っていたのですが、なかなか休憩場所が見つかりません。
かなり汗をかいたので喉がカラカラになり切り株にリュックを置いて水分補給休憩・・・
それんしても、腹が減ってきた・・・
腹ごしらえできるような休憩場所を探さねば・・・
2022年05月21日 11:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発してから2時間半以上経過し、そろそろお昼休憩をしようと思っていたのですが、なかなか休憩場所が見つかりません。
かなり汗をかいたので喉がカラカラになり切り株にリュックを置いて水分補給休憩・・・
それんしても、腹が減ってきた・・・
腹ごしらえできるような休憩場所を探さねば・・・
3
綺麗なツツジが元気に咲いておりました(^.^)
2022年05月21日 11:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗なツツジが元気に咲いておりました(^.^)
1
なかなか野性的で神秘的な尾根
いいねぇ〜(^.^)
2022年05月21日 11:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか野性的で神秘的な尾根
いいねぇ〜(^.^)
3
冬野地区へ向ってトラバース・・・
きわどいんじゃないの?!
2022年05月21日 11:57撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬野地区へ向ってトラバース・・・
きわどいんじゃないの?!
3
マジできわどいよ、この辺のトラバース・・・・
2022年05月21日 11:59撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マジできわどいよ、この辺のトラバース・・・・
4
冬野分岐手前に休憩小屋発見!
やっとお昼休憩できる!
と、思ったのですが、ベンチ無し、落葉びっしり・・・・
ここもパスか・・・
あぁ〜、腹が減ったよぉ〜(>_<)
2022年05月21日 12:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬野分岐手前に休憩小屋発見!
やっとお昼休憩できる!
と、思ったのですが、ベンチ無し、落葉びっしり・・・・
ここもパスか・・・
あぁ〜、腹が減ったよぉ〜(>_<)
2
冬野地区の農村地帯に出ました。
2022年05月21日 12:24撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬野地区の農村地帯に出ました。
2
冬野の名水
ちょろちょろでした・・・・(^^;
2022年05月21日 12:31撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬野の名水
ちょろちょろでした・・・・(^^;
1
長い長いゆったりした下りを進んで、女人禁制の石碑まで下ってきました。
ここから御破裂山を目指してもうひと登りします。
2022年05月21日 12:41撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い長いゆったりした下りを進んで、女人禁制の石碑まで下ってきました。
ここから御破裂山を目指してもうひと登りします。
3
御破裂山山頂分岐まで登ってきました。
2022年05月21日 12:59撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御破裂山山頂分岐まで登ってきました。
1
御破裂山城跡です。
山頂には、藤原鎌足のお墓があります。
あぁ〜、腹減った・・・どうしよう(T_T)
2022年05月21日 13:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御破裂山城跡です。
山頂には、藤原鎌足のお墓があります。
あぁ〜、腹減った・・・どうしよう(T_T)
2
御破裂山山頂618m
御破裂山城跡の裏にある、何も見えない展望台にて、やっとありつけたお昼ご飯( ^^) _旦~~
2022年05月21日 13:21撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御破裂山山頂618m
御破裂山城跡の裏にある、何も見えない展望台にて、やっとありつけたお昼ご飯( ^^) _旦~~
4
昼飯を摂ってひと段落して、ふと目に付いた白い物体!
前々から見てみたいと思っていた白一色のギンリョウソウ
こんな感動があるから自然って好きだ!
林床のしめった腐植に生息しており、植物の根の共生菌から栄養を奪って生活しているので、光合成をしない不思議な植物です。
2022年05月21日 13:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼飯を摂ってひと段落して、ふと目に付いた白い物体!
前々から見てみたいと思っていた白一色のギンリョウソウ
こんな感動があるから自然って好きだ!
林床のしめった腐植に生息しており、植物の根の共生菌から栄養を奪って生活しているので、光合成をしない不思議な植物です。
7
腹ごしらえを終えて、談山(たんざん)神社へ向かう途中に談山(かたらいやま)へ立ち寄ってみました。
談山は「談所の森(だんじょのもり)」といわれ、中大兄皇子と藤原鎌足が大化改新の秘策を練った場所とされているそうです。
2022年05月21日 13:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腹ごしらえを終えて、談山(たんざん)神社へ向かう途中に談山(かたらいやま)へ立ち寄ってみました。
談山は「談所の森(だんじょのもり)」といわれ、中大兄皇子と藤原鎌足が大化改新の秘策を練った場所とされているそうです。
3
談山(たんざん)神社へ向かって長い木段を下ります。
2022年05月21日 13:52撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
談山(たんざん)神社へ向かって長い木段を下ります。
2
談山(かたらいやま)から下って談山神社(たんざんじんじゃ)境内へ入ります。
それにしても、談山の読みがバラバラで、尚且つ読めない(^^;
2022年05月21日 13:56撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
談山(かたらいやま)から下って談山神社(たんざんじんじゃ)境内へ入ります。
それにしても、談山の読みがバラバラで、尚且つ読めない(^^;
1
日本で唯一、いや、世界で唯一の木造十三重塔
談山神社(たんざんじんじゃ)のシンボル的歴史的建造物!
2022年05月21日 13:59撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本で唯一、いや、世界で唯一の木造十三重塔
談山神社(たんざんじんじゃ)のシンボル的歴史的建造物!
8
十三重塔の一段上に建つ談山神社(たんざんじんじゃ)の社殿です。
境内全体が、あまりに立派過ぎる神社だった。
流石、藤原鎌足を祀る神社だけある!
2022年05月21日 14:00撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十三重塔の一段上に建つ談山神社(たんざんじんじゃ)の社殿です。
境内全体が、あまりに立派過ぎる神社だった。
流石、藤原鎌足を祀る神社だけある!
2
談山神社(たんざんじんじゃ)境内入口を出ました。
2022年05月21日 14:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
談山神社(たんざんじんじゃ)境内入口を出ました。
1
多武峰(とうのみね)街道を談山神社東大門方面へ下る途中、ユキノシタ見っけ!
湿った場所や、半日陰地の岩場、沢沿いの石垣などに自生します。
それにしても、どうして下の2枚の花弁だけ大きいのだろう?
自然は不思議がいっぱいだ・・・。
2022年05月21日 14:24撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多武峰(とうのみね)街道を談山神社東大門方面へ下る途中、ユキノシタ見っけ!
湿った場所や、半日陰地の岩場、沢沿いの石垣などに自生します。
それにしても、どうして下の2枚の花弁だけ大きいのだろう?
自然は不思議がいっぱいだ・・・。
2
談山神社東大門まで下ってきました。
それんしても、読めない地名や神社名や山名・・・・
ひらがな付けないと忘れてしまいそうなので悪しからず(^^;
2022年05月21日 14:29撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
談山神社東大門まで下ってきました。
それんしても、読めない地名や神社名や山名・・・・
ひらがな付けないと忘れてしまいそうなので悪しからず(^^;
1
神社周辺にはこんな巨木が沢山林立しておりました!
2022年05月21日 14:30撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社周辺にはこんな巨木が沢山林立しておりました!
2
屋形橋を渡って神域を出ました(^.^)
2022年05月21日 14:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋形橋を渡って神域を出ました(^.^)
1
破不動
多武峰(とうのみね)街道を出発地点の音羽山観音寺駐車場へ戻る途中に出会った真っ二つに割れた巨石!
2022年05月21日 14:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破不動
多武峰(とうのみね)街道を出発地点の音羽山観音寺駐車場へ戻る途中に出会った真っ二つに割れた巨石!
1
不動延命の滝
破不動と道路を挟んで向かい側にあった滝です。
小さいですが落差が有って流れも綺麗な滝でした(^^)/
2022年05月21日 14:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動延命の滝
破不動と道路を挟んで向かい側にあった滝です。
小さいですが落差が有って流れも綺麗な滝でした(^^)/
3
多武峰(とうのみね)街道を外れ、林道をもひと登りし、朝登ってきた音羽山観音寺参道まで辿り着きました。
今回も怪我無く、無事の山行に感謝m(__)m
2022年05月21日 15:00撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多武峰(とうのみね)街道を外れ、林道をもひと登りし、朝登ってきた音羽山観音寺参道まで辿り着きました。
今回も怪我無く、無事の山行に感謝m(__)m
2
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:292人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ