また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4310218 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

船曳道・高瀬山・明智越え

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年05月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車
阪急電車 嵐山駅下車
JR西日本 亀岡駅乗車
船曳道と明智越えの間に、トロッコ保津峡駅とJR保津峡駅があります
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:45
距離
15.3 km
登り
665 m
下り
605 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間36分
休憩
8分
合計
6時間44分
S嵐山駅 (阪急)09:5810:03嵐山中ノ島公園西10:08嵐山渡月小橋西公衆トイレ11:53JR鉄橋下11:5413:16トロッコ保津峡駅13:1813:28愛宕山登山口13:32保津峡橋14:41高瀬山14:4215:40明智越15:4116:03明智越「簾戸口」16:0616:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●保津川の船曳道
基本的には保津川に沿っていきますが、2箇所の高巻きがあります。
JRの鉄橋を過ぎた先と、トロッコ列車の鉄橋を過ぎた先です。
どちらも、取り付きには目印があり、明瞭でそこそこ幅のある進みやすい山道です。傾斜も急ではありません。倒木地帯がありますが、通行困難と言うほどではありません。倒木を避けるルートも定まってきていますから、迷うこともありません。2つめの高巻き道の途中に山上が峰方向に向かう分岐があり、目印があります。書物岩の正面の川辺に急斜面を下りていくこともできそうでしたが、下りると登り返してこないといけないので下りていません。
渡月橋からトロッコ保津峡駅までは、休憩時間を除くとおよそ3時間でした。

●明智越え
トロッコ保津峡駅から保津峡ハイキングコースまでは、車道と林道を3kmぐらい歩かないといけません。ハイキングコースは通行止めとありますが、高瀬山を経て明智越えに合流するまでは、関電の巡視路ですからまったく問題ありません。明智越えに合流してからは、問題ありませんし、案内表示もたくさんあります。P400の南側のトラバースルートは、以前に通りましたが、崩落しているところがあり危険でした。通行止めの表示もありました。
その他周辺情報JR保津峡駅には自動販売機とトイレがあります
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 靴下 グローブ 日よけ帽子 サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

(kumakumo)渡月橋と愛宕山
2022年05月21日 10:04撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)渡月橋と愛宕山
3
(kumakumo)渡月橋の延長上にある渡月小橋。桂川右岸へはこの橋の南側からしか行けない。写り込んでいる舟は保津川下りではなく「嵐峡めぐり」の舟。「大堰川」とは桂川のローカル名 
2022年05月21日 10:06撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)渡月橋の延長上にある渡月小橋。桂川右岸へはこの橋の南側からしか行けない。写り込んでいる舟は保津川下りではなく「嵐峡めぐり」の舟。「大堰川」とは桂川のローカル名 
3
(kumakumo)愛宕山と小倉山に見送られ
2022年05月21日 10:09撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)愛宕山と小倉山に見送られ
1
(kumakumo)蔵王大権現の鳥居。奥には入れない
2022年05月21日 10:10撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)蔵王大権現の鳥居。奥には入れない
1
(kumakumo)戸無瀬の滝。この上流に蔵王権現堂があるらしい
2022年05月21日 10:12撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)戸無瀬の滝。この上流に蔵王権現堂があるらしい
1
(kumakumo)ここから川岸へ下りる
2022年05月21日 10:21撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)ここから川岸へ下りる
2
(kumakumo)「大悲閣 千光寺」の入り口。今回はここで引き返す。道々「絶景GRAT VIEW a.m.9〜p.m.5 \400 嵐山 大悲閣 千光寺」と書かれた立て看を何度か目にした
2022年05月21日 10:24撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)「大悲閣 千光寺」の入り口。今回はここで引き返す。道々「絶景GRAT VIEW a.m.9〜p.m.5 \400 嵐山 大悲閣 千光寺」と書かれた立て看を何度か目にした
1
(kumakumo)当面は岩歩き
2022年05月21日 10:26撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)当面は岩歩き
2
(kumakumo)鉄骨の線路橋(勝手に命名)
2022年05月21日 10:29撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)鉄骨の線路橋(勝手に命名)
4
(kumakumo)4つめの線路橋は段違いに
2022年05月21日 10:32撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)4つめの線路橋は段違いに
1
(kumakumo)朽ちた木の橋と崖と川。橋は端を渡ろう
2022年05月21日 10:36撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)朽ちた木の橋と崖と川。橋は端を渡ろう
3
(kumakumo)鉄パイプに支えられた線路橋
2022年05月21日 10:41撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)鉄パイプに支えられた線路橋
7
(kumakumo)対岸にトロッコ列車
2022年05月21日 10:49撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)対岸にトロッコ列車
3
(kumakumo)川のデュエット
2022年05月21日 10:53撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)川のデュエット
2
(kumakumo)行く手には口を開けて待っている岩
2022年05月21日 10:53撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)行く手には口を開けて待っている岩
1
(kumakumo)小さな滝が覗いている
2022年05月21日 11:02撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)小さな滝が覗いている
1
(kumakumo)JRの赤い鉄橋が見えてきた
2022年05月21日 11:09撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)JRの赤い鉄橋が見えてきた
1
(kumakumo)ここで腰を下ろして蒸しパンを食べる
2022年05月21日 11:30撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)ここで腰を下ろして蒸しパンを食べる
1
(kumakumo)保津川下りの舟が行く
2022年05月21日 11:36撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)保津川下りの舟が行く
3
(kumakumo)JR嵯峨野線。トンネルからトンネルへのつかの間
2022年05月21日 11:39撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)JR嵯峨野線。トンネルからトンネルへのつかの間
2
(kumakumo)対岸にイワツツジ
2022年05月21日 11:41撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)対岸にイワツツジ
1
西芳寺川林道終点(ロータリー)への破線ルートの入り口辺りに目印
2022年05月21日 11:58撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西芳寺川林道終点(ロータリー)への破線ルートの入り口辺りに目印
1
(kumakumo)赤リボン発見。このまま川岸を行ってみて無理ならここに戻ろう
2022年05月21日 12:01撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)赤リボン発見。このまま川岸を行ってみて無理ならここに戻ろう
1
(kumakumo)すでにトロッコの鉄橋が見える
2022年05月21日 12:01撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)すでにトロッコの鉄橋が見える
1
(kumakumo)トロッコの鉄橋はすぐそこだが、渡渉してもあとは崖
2022年05月21日 12:04撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)トロッコの鉄橋はすぐそこだが、渡渉してもあとは崖
1
(kumakumo)先ほどチェックした赤リボン地点まで戻ってきた
2022年05月21日 12:05撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)先ほどチェックした赤リボン地点まで戻ってきた
1
(kumakumo)ちょっと狭いが普通の山道
2022年05月21日 12:09撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)ちょっと狭いが普通の山道
1
(kumakumo)川がどんどん下になっていく
2022年05月21日 12:09撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)川がどんどん下になっていく
1
倒木地帯を潜ったり跨いだり、通行困難というほどではない
(kumakumo)倒木サービス。赤リボンはたくさんある
2022年05月21日 12:19撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木地帯を潜ったり跨いだり、通行困難というほどではない
(kumakumo)倒木サービス。赤リボンはたくさんある
2
(kumakumo)トロッコ鉄橋の近くに出てきた
2022年05月21日 12:26撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)トロッコ鉄橋の近くに出てきた
3
(kumakumo)上流らしい流れ
2022年05月21日 12:26撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)上流らしい流れ
1
(kumakumo)ここを下りてきた
2022年05月21日 12:27撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)ここを下りてきた
1
(kumakumo)迂回した崖を振り返る
2022年05月21日 12:27撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)迂回した崖を振り返る
1
(kumakumo)鉄橋をくぐる
2022年05月21日 12:31撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)鉄橋をくぐる
1
(kumakumo)赤リボン多数発見。正面に嵐山高雄パークウェイの展望台(六丁峠)が見える
2022年05月21日 12:36撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)赤リボン多数発見。正面に嵐山高雄パークウェイの展望台(六丁峠)が見える
1
(kumakumo)惜別
2022年05月21日 12:38撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)惜別
1
非常に明瞭な高巻き道
2022年05月21日 12:38撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
非常に明瞭な高巻き道
1
こちらの高巻き道にも倒木があるが、たいしたことはない
2022年05月21日 12:43撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの高巻き道にも倒木があるが、たいしたことはない
1
(kumakumo)トロッコ保津峡駅が見えた
2022年05月21日 12:56撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)トロッコ保津峡駅が見えた
1
(kumakumo)下りてきたところ
2022年05月21日 12:56撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)下りてきたところ
1
(kumakumo)迂回した崖を振り返る
2022年05月21日 12:58撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)迂回した崖を振り返る
1
(kumakumo)ここから保津峡駅までは堤防歩き
2022年05月21日 13:10撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)ここから保津峡駅までは堤防歩き
1
(kumakumo)ここをくぐって行けば山上ヶ峰へ
2022年05月21日 13:12撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)ここをくぐって行けば山上ヶ峰へ
2
(kumakumo)トロッコの保津峡駅に到着
2022年05月21日 13:15撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)トロッコの保津峡駅に到着
4
(kumakumo)橋の上から下流方向に六丁峠
2022年05月21日 13:16撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)橋の上から下流方向に六丁峠
1
(kumakumo)上流側の光景
2022年05月21日 13:16撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)上流側の光景
3
(kumakumo)JR保津峡駅
2022年05月21日 13:26撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)JR保津峡駅
3
愛宕山へ向かうツツジ尾根の入り口
2022年05月21日 13:28撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕山へ向かうツツジ尾根の入り口
1
(kumakumo)この岩壁はゴジラ(妄想)
2022年05月21日 13:43撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)この岩壁はゴジラ(妄想)
1
登山道の入り口のようになっていたので調べると破線ルートのようだ
2022年05月21日 13:44撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の入り口のようになっていたので調べると破線ルートのようだ
1
水尾へは直進だが、左の林道へ
2022年05月21日 13:48撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水尾へは直進だが、左の林道へ
1
一般車両は通行できませんとあるので、車両でない我々は進むことに
2022年05月21日 13:49撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般車両は通行できませんとあるので、車両でない我々は進むことに
1
(kumakumo)折り返して見えた、先ほど歩いていた道路
2022年05月21日 13:50撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)折り返して見えた、先ほど歩いていた道路
1
(kumakumo)松葉に紛れて卯の花(空木=ウツギ)
2022年05月21日 13:58撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)松葉に紛れて卯の花(空木=ウツギ)
1
林道を離れて、関電巡視路を通り高瀬山へ
2022年05月21日 14:07撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を離れて、関電巡視路を通り高瀬山へ
1
(kumakumo)唐櫃越えを横切って向こうからやってきた電線と鉄塔
2022年05月21日 14:14撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)唐櫃越えを横切って向こうからやってきた電線と鉄塔
1
左手は保津峡ハイキングコース。右手の巡視路へ。明智越えに合流との案内表示あり
2022年05月21日 14:16撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手は保津峡ハイキングコース。右手の巡視路へ。明智越えに合流との案内表示あり
1
若狭幹線里側183
2022年05月21日 14:21撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若狭幹線里側183
1
(kumakumo)大きな鉄塔
2022年05月21日 14:21撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)大きな鉄塔
1
(kumakumo)山上ヶ峰?
2022年05月21日 14:24撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)山上ヶ峰?
1
(kumakumo)山歩きの醍醐味
2022年05月21日 14:28撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)山歩きの醍醐味
2
右が高瀬山経由の明智越えへ。左手はハイキングコースだが、通行止めの表示
2022年05月21日 14:33撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右が高瀬山経由の明智越えへ。左手はハイキングコースだが、通行止めの表示
1
(kumakumo)高瀬山山頂 340.4m
2022年05月21日 14:40撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)高瀬山山頂 340.4m
4
(kumakumo)三等三角点があるよ!(表記が旧い)
2022年05月21日 14:40撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)三等三角点があるよ!(表記が旧い)
6
道の脇が山頂。三角点があるだけで山頂っぽさは、まったくない
2022年05月21日 14:41撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の脇が山頂。三角点があるだけで山頂っぽさは、まったくない
1
(kumakumo)10年前のプレートには340.6mとある
2022年05月21日 14:42撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)10年前のプレートには340.6mとある
1
(kumakumo)覗けば隣の鉄塔と亀岡の街
2022年05月21日 14:47撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)覗けば隣の鉄塔と亀岡の街
1
(kumakumo)明智越と合流
2022年05月21日 14:51撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)明智越と合流
1
(kumakumo)古い石標も
2022年05月21日 14:51撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)古い石標も
1
(kumakumo)唐櫃越と鉄塔群
2022年05月21日 14:54撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)唐櫃越と鉄塔群
2
(kumakumo)地面は木肌のような岩石
2022年05月21日 14:55撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)地面は木肌のような岩石
1
(kumakumo)愛宕山と地蔵山?
2022年05月21日 15:07撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)愛宕山と地蔵山?
1
直進が神明峠。左手が明智越え。案内表示(プレート)あり
2022年05月21日 15:09撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直進が神明峠。左手が明智越え。案内表示(プレート)あり
1
新綾部線115
2022年05月21日 15:10撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新綾部線115
1
(kumakumo)とてつもなく大きな鉄塔
2022年05月21日 15:10撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)とてつもなく大きな鉄塔
1
(kumakumo)向こうにお隣の鉄塔
2022年05月21日 15:10撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)向こうにお隣の鉄塔
1
(kumakumo)山上ヶ峰か
2022年05月21日 15:11撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)山上ヶ峰か
1
大黒部幹線669
2022年05月21日 15:13撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒部幹線669
1
(kumakumo)もう一つの鉄塔
2022年05月21日 15:13撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)もう一つの鉄塔
1
(kumakumo)夏でも涸れなかったという湧水、土用の霊泉。オレンジ色の「保津百景道しるべ」はこのあともしばしば登場
2022年05月21日 15:22撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)夏でも涸れなかったという湧水、土用の霊泉。オレンジ色の「保津百景道しるべ」はこのあともしばしば登場
1
破線ルート分岐点
2022年05月21日 15:25撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破線ルート分岐点
1
(kumakumo)「保津百景道しるべ(149)鐘撞堂跡(かねつきどうあと)愛宕山白雲寺五千坊跡」とのこと
2022年05月21日 15:34撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)「保津百景道しるべ(149)鐘撞堂跡(かねつきどうあと)愛宕山白雲寺五千坊跡」とのこと
1
(kumakumo)こんもりと盛り上がったところは「峯の堂(むねんどう)」で清和天皇を祀っているとのこと。長文の説明看板がある
2022年05月21日 15:37撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)こんもりと盛り上がったところは「峯の堂(むねんどう)」で清和天皇を祀っているとのこと。長文の説明看板がある
1
破線ルート方向は通行止めの表示あり
2022年05月21日 15:40撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破線ルート方向は通行止めの表示あり
1
(kumakumo)石だの地蔵だの特定できないが、とかくオレンジ看板は目立つ
2022年05月21日 15:58撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)石だの地蔵だの特定できないが、とかくオレンジ看板は目立つ
1
(kumakumo)この辺りが保津城跡らしい
2022年05月21日 16:04撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)この辺りが保津城跡らしい
1
(kumakumo)「土取場塁」の石標
2022年05月21日 16:05撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)「土取場塁」の石標
1
(kumakumo)明智越え終点「簾戸口(保津城口)」ここから嵯峨鳥居本までの約8kmが明智越とのこと
2022年05月21日 16:07撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)明智越え終点「簾戸口(保津城口)」ここから嵯峨鳥居本までの約8kmが明智越とのこと
2
(kumakumo)振り返って明智越(右)と牛松山(左)
2022年05月21日 16:21撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)振り返って明智越(右)と牛松山(左)
2
保津橋の右手にサンガスタジアム
2022年05月21日 16:22撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保津橋の右手にサンガスタジアム
1
大黒バーガー
2022年05月21日 16:35撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒バーガー
2
(kumakumo)「ダイコクバーガー」のビーフ100%Wチーズバーガー
2022年05月21日 16:48撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(kumakumo)「ダイコクバーガー」のビーフ100%Wチーズバーガー
6
2019年建立の明智光秀像。後ろが亀山城址
2022年05月21日 17:14撮影 by FinePix JX300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2019年建立の明智光秀像。後ろが亀山城址
5

感想/記録

以前から行ってみたかった保津川の船曳道。
あまりにもご近所過ぎて後回しになっていました。

レコによると2箇所の高巻きの箇所があるようだが、その場の状況で判断する方が楽しかろうと、あまり詳しく調べずに出発しました。

感想は、
「川沿いに進むのは岩場が多くてなかなか進まない」
「高巻き道は倒木地帯はあるものの、思ったより明瞭で進みやすい」
「保津川下りの船やトロッコ列車が通りかかるたびに、声をかけたり手を振ったりするのは楽しい」
といったところでしょうか。もう一度生きたいかといえば微妙ですが、一度入ってみる価値はあるでしょう。なにより、先人がここを船を曳きながら進んでいったという事実に驚愕し、尊敬の念を抱くことができるでしょう。

もう一つ楽しみにしていたのが、明智越えのP400の側の鉄塔。以前に明智越えをしたときに、P400の南側のトラバースルートを通ってしまい、痛恨の鉄塔をスルー。今回訪れてみて、鉄塔名が「大黒部線669」であることとに感動しました。黒部ダムから直接繋がっているわけではないようですが、富山県から669の鉄塔を辿ってここまで繋がっていることに、改めてすごいと思わされました。

感想/記録

雨に濡れると岩場は危険ゆえ、降り出す前に保津峡に着けるよう、
午前7時出発を決めたその7時。雨は普通に降っていた。が、家の
こまかい用事を片付けながら小一時間過ごすうち、いつの間にやら
雨は止む。その後の雨雲情報を気にしつつ、ひとまず9時過ぎに出
発。嵐山に着いてみれば地面はほぼ乾いている。寒くも暑くもない
岩場日和。

保津川沿いは岩渡り。月面を歩くように慎重に足を運ぶ。
しばしば行き交う保津川下りの舟は、修学旅行の便もあり。こちら
に気づいた2、3人が手を振れば、次第に皆に広がって、手のひら
をひらひらさせた人々を載せ、舟はゆらゆら下りゆく。
岩の上で何か一芸でもすれば拍手喝采がいただけそうだが、そのよ
うな芸は無し勇気も無し。ただ腕を大きく振り返すのみ。

岩場はときとして崖に続き、二度ばかり山手を迂回する。浮世絵に
見られる曳舟では呑気に土の川岸を延々と上るが、保津川の曳舟は
さぞかし重労働であったろう。木の舟と綱の重みを肩にかけ、川の
流れに逆らって、この細い道を歩く難しさや如何に。

明智越はところどころに「保津百景道しるべ」なるオレンジ色の看
板が設置されており、百景とはいえ目にした通し番号の大きいもの
で149。それぞれの文言から「ここのこれだ」と特定しづらいも
のがほとんどではあった。スタンプラリーとしては鉄塔めぐりの方
がよくできているかも。
明智越や唐櫃越のようなところは、むしろその行程全体に味わいが
ある。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:263人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ