また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4332689 全員に公開 ハイキング 奥秩父

両神山〜日向大谷口ピストン

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年05月28日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
日向大谷登山口駐車場に駐車。
6時半時点で一番下の駐車スペースに空きが4台分程度
有料スペースは相応に空きがありました
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:43
距離
14.6 km
登り
2,115 m
下り
2,115 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
2時間4分
合計
6時間39分
S日向大谷口バス停06:3206:59会所07:0407:38両神八海山07:5408:09弘法之井戸08:1108:20清滝小屋08:4008:46鈴が坂08:5109:36両神神社09:3609:54両神山10:1410:30両神神社10:5111:19鈴が坂11:2511:27清滝小屋11:3311:33弘法之井戸11:4011:50両神八海山12:0012:32会所12:3512:59民宿両神山荘12:5913:03日向大谷口バス停13:0513:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良く整備されてます
随所に滑落注意の表示がある通り、道が細く谷に向かって傾斜しているところとか、岩場とか、いっぱいあります。
その他周辺情報登山口前の道路に自販機あり
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

写真

小鹿野のセブンイレブンから、本日の目的地両神山の悠然たる姿が見えました。
2022年05月28日 05:49撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小鹿野のセブンイレブンから、本日の目的地両神山の悠然たる姿が見えました。
日向大谷口から両神山を目指します
2022年05月28日 06:31撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向大谷口から両神山を目指します
一礼して入山
2022年05月28日 06:37撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一礼して入山
1
アップダウンを繰り返し会所到着、七滝沢コースは通行禁止
2022年05月28日 07:00撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンを繰り返し会所到着、七滝沢コースは通行禁止
いい感じの木橋
2022年05月28日 07:01撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの木橋
不動明王がいらっしゃいました
2022年05月28日 07:11撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動明王がいらっしゃいました
1
渡渉を繰り返しつつ高度をあげていきます
2022年05月28日 07:28撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉を繰り返しつつ高度をあげていきます
弘法の井戸到着、水はたっぷり出てました
2022年05月28日 08:12撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弘法の井戸到着、水はたっぷり出てました
清滝小屋。トイレを拝借。洋式水洗で驚くほど綺麗です。
ここの休憩スペース(四阿)で休んでいたら、その先の斜面の大木が凄まじい音を立てて谷側に倒れる瞬間を目撃。四阿の方に倒れなかったので無事でしたが、あまりにも一瞬の出来事で声も出せず、身動きもできませんでした。数分前にパーン!という音がしてて何かな?とは思ってましたが、きっと倒木の予兆だったのかと思います。
2022年05月28日 08:40撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝小屋。トイレを拝借。洋式水洗で驚くほど綺麗です。
ここの休憩スペース(四阿)で休んでいたら、その先の斜面の大木が凄まじい音を立てて谷側に倒れる瞬間を目撃。四阿の方に倒れなかったので無事でしたが、あまりにも一瞬の出来事で声も出せず、身動きもできませんでした。数分前にパーン!という音がしてて何かな?とは思ってましたが、きっと倒木の予兆だったのかと思います。
2
清滝小屋から九十九折の急登。写真とる余裕はなく、鈴が坂の標識まで到着
2022年05月28日 08:49撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝小屋から九十九折の急登。写真とる余裕はなく、鈴が坂の標識まで到着
清滝小屋からの急登を登りきり産泰尾根に到着
2022年05月28日 08:55撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝小屋からの急登を登りきり産泰尾根に到着
尾根もなかなかの登りで鎖が登場してきます
2022年05月28日 08:55撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根もなかなかの登りで鎖が登場してきます
階段も出てきます。階段のところには下に伸びた支柱側から登りました
2022年05月28日 09:07撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段も出てきます。階段のところには下に伸びた支柱側から登りました
横岩、つっかえ棒が並んでます。岩の上には木が生えてて、植物の生命力を感じます。
この先で左足のふくらはぎが攣る(所謂こむら返り)アクシデント発生。なんとか痛みを感じないように膝を少し曲げつつ靴を脱ぎ爪先を掴んで手前に引っ張り解消。登り坂の途中で少し横にずれて対処しましたが、通行の邪魔になってしまいました。お邪魔だった方、申し訳ありません。
2022年05月28日 09:10撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岩、つっかえ棒が並んでます。岩の上には木が生えてて、植物の生命力を感じます。
この先で左足のふくらはぎが攣る(所謂こむら返り)アクシデント発生。なんとか痛みを感じないように膝を少し曲げつつ靴を脱ぎ爪先を掴んで手前に引っ張り解消。登り坂の途中で少し横にずれて対処しましたが、通行の邪魔になってしまいました。お邪魔だった方、申し訳ありません。
その後、神社前のベンチで少し休憩して、足の問題はクリアし、山頂到着です。
2022年05月28日 10:02撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後、神社前のベンチで少し休憩して、足の問題はクリアし、山頂到着です。
1
二等三角点
2022年05月28日 10:04撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点
1
山頂票
2022年05月28日 10:04撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂票
1
富士山も見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も見えました
絶景でしたが、山頂は大混雑だったので、一通り写真を撮って山頂をあとにしました。
この日、一番高いところにGoproが置いてあったのですがあれは何だったんだろう?倒して落としてしまわないよう注意が必要でした。
2022年05月28日 10:06撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景でしたが、山頂は大混雑だったので、一通り写真を撮って山頂をあとにしました。
この日、一番高いところにGoproが置いてあったのですがあれは何だったんだろう?倒して落としてしまわないよう注意が必要でした。
ピストンなので下山はほぼ写真撮らず。
沢に差し込む太陽の光が綺麗なところだけ撮影。
下山の最後のアップダウンは、意外にキツかったです。
2022年05月28日 12:11撮影 by SH-53A, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピストンなので下山はほぼ写真撮らず。
沢に差し込む太陽の光が綺麗なところだけ撮影。
下山の最後のアップダウンは、意外にキツかったです。

感想/記録

最近、関東ふれあいの道をたくさん歩いていましたが、距離は歩いているものの、登山という感じではないなと思い、久々にしっかりした登山をしようと友人を誘って両神山に登りました。
やはり、ピーク到達までの時間など、関東ふれあいの道とは一線を画していました。
しかし今回は足を攣るアクシデントが発生(準備不足、水分補給の失敗を反省、無事回復し登頂できて良かった、サポートしてくれた友人に感謝です)、また目の前での大木の倒木発生など、色んなことが起きた山行でした。
山としては、信仰の山らしく、厳かな滝や、祠、像等が随所にあることや、渡渉・急登・岩場・クサリ橋・絶景など変化にも富んでいて、終わってみればとても達成感のある山行でした!
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:138人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ