また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4415910 全員に公開 トレイルラン 北陸

山中温泉トレイル2022

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年06月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
15:36
距離
75.9 km
登り
4,808 m
下り
4,814 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
15時間22分
休憩
5分
合計
15時間27分
S菊の湯05:0005:32水無山05:3206:23白山ひめ神社入口06:2306:29探鳥路上部分岐06:3006:33風谷峠06:3306:57我谷吊橋06:5707:29我谷コース 中間地点07:2908:29枯淵コース 登山口08:2908:36想郷広場08:3609:04菅倉山登山口駐車場09:0409:57真砂登山口09:5811:12加賀甲11:1211:30大日山11:3111:54小大日山11:5412:30陶石山12:3012:53津部田谷12:5413:52県民の森駐車場13:5314:17杉水峠14:1915:08鶴ヶ滝15:0815:48展望岩15:4817:02三童子山17:0317:15三童子山登山口17:1517:33石の里水と緑のふれあい公園17:3317:54第2駐車場17:5517:59第1駐車場17:5918:15船見平18:1618:38鞍掛山18:3818:39避難小屋18:4018:45小獅子岩18:4518:54加賀とのお新道送電線コース分岐18:5519:10とのお新道登山口19:1020:14黒谷橋20:1520:21あやとり橋20:2120:30こおろぎ橋20:3020:35菊の湯20:3520:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全線にわたって草刈りされていて、とっても快適。
その他周辺情報ゴール地点に日帰り温泉「菊の湯」。石鹸、シャンプーなど備え付けていませんので、ご自分でご用意を。
過去天気図(気象庁) 2022年06月の天気図 [pdf]

写真

スタート前。
2022年06月19日 04:19撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート前。
1
スタートして1分でできる、もはや名物の階段渋滞。
2022年06月19日 05:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートして1分でできる、もはや名物の階段渋滞。
2
水無山辺りでまた渋滞。
2022年06月19日 05:26撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無山辺りでまた渋滞。
2
またまた渋滞。
先は長いので、焦る必要は全くありません。
なにせ参加者の7割がリタイヤするぐらいだから、この時点で少しでも前に出る必要性は全くないのです。
2022年06月19日 05:55撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた渋滞。
先は長いので、焦る必要は全くありません。
なにせ参加者の7割がリタイヤするぐらいだから、この時点で少しでも前に出る必要性は全くないのです。
2
向こうの吊り橋をランナーが渡って行くのが見えます。
2022年06月19日 06:54撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうの吊り橋をランナーが渡って行くのが見えます。
2
吊り橋を経て富士写ヶ岳の登りに取り掛かります。
2022年06月19日 06:57撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋を経て富士写ヶ岳の登りに取り掛かります。
2
ブナ林をみんなでゾロゾロ登っていきます。この辺りは別山に登るチブリ尾根ルートのようです。
2022年06月19日 07:40撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林をみんなでゾロゾロ登っていきます。この辺りは別山に登るチブリ尾根ルートのようです。
2
遠くに日本海。
この後の富士写ヶ岳山頂には立ち寄らず。
2022年06月19日 07:46撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに日本海。
この後の富士写ヶ岳山頂には立ち寄らず。
1
九谷ダム。水のみ提供のウォーターエイドがあります。応援の方々が多くて元気でました。
2022年06月19日 08:31撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九谷ダム。水のみ提供のウォーターエイドがあります。応援の方々が多くて元気でました。
1
先程登ってきた富士写ヶ岳。
2022年06月19日 08:39撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程登ってきた富士写ヶ岳。
1
九谷ダムのエイドから、ロードを5キロほどで次のエイド。なんかバランス悪いな。
この時間でも気温が高くなってきていて、暑さにやられている方もちらほら。かぶり水が気持ちよかったー!
2022年06月19日 09:10撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九谷ダムのエイドから、ロードを5キロほどで次のエイド。なんかバランス悪いな。
この時間でも気温が高くなってきていて、暑さにやられている方もちらほら。かぶり水が気持ちよかったー!
2
大日山の避難小屋。山頂まではあと2キロ。
2022年06月19日 11:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日山の避難小屋。山頂まではあと2キロ。
1
笹原を切り分けるように山頂へと続く山道が素敵。
2022年06月19日 11:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原を切り分けるように山頂へと続く山道が素敵。
1
大日山。
到着した山頂では暑さでへばる選手たちがちらほら。リタイアするにしても、結局は自力で降らないといけないので、その辛さを想像するとゾッとします。
2022年06月19日 11:14撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日山。
到着した山頂では暑さでへばる選手たちがちらほら。リタイアするにしても、結局は自力で降らないといけないので、その辛さを想像するとゾッとします。
2
小大日山。
見晴らしは360度。
2022年06月19日 11:53撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小大日山。
見晴らしは360度。
1
大日山。右側は避難小屋のあったピークでしょう、たぶん。
2022年06月19日 11:53撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日山。右側は避難小屋のあったピークでしょう、たぶん。
1
ヒノキの変木2連発。
2022年06月19日 12:34撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒノキの変木2連発。
1
妖精が出てきそうというよりかは、妖怪や妖魔の類が出てきそう。
2022年06月19日 12:35撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妖精が出てきそうというよりかは、妖怪や妖魔の類が出てきそう。
2
ブナの大木。
この時点で水分はほとんど底をついており、1.0Lでは全く足りません。そればかり気になってストレスが溜まりまくりでした!
大日山を挟むエイド間が17キロ、大日山山頂からでも11キロ。他のエイド間は10キロ未満なのに、バランス悪くないか?もしかしてこれが醍醐味なのか?
2022年06月19日 12:46撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの大木。
この時点で水分はほとんど底をついており、1.0Lでは全く足りません。そればかり気になってストレスが溜まりまくりでした!
大日山を挟むエイド間が17キロ、大日山山頂からでも11キロ。他のエイド間は10キロ未満なのに、バランス悪くないか?もしかしてこれが醍醐味なのか?
3
県民の森エイド。遠かった…。林道に出てからエイドまでも長かった。
うどんと寿司をいただきました。給水もコーラ、アクエリアス、お茶があり、長居してしまいました。
2022年06月19日 13:51撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県民の森エイド。遠かった…。林道に出てからエイドまでも長かった。
うどんと寿司をいただきました。給水もコーラ、アクエリアス、お茶があり、長居してしまいました。
3
わずか6キロで次のエイド。
バランスが(略)
2022年06月19日 14:55撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わずか6キロで次のエイド。
バランスが(略)
1
鞍掛山、かな?
2022年06月19日 15:02撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍掛山、かな?
1
展望岩から鞍掛山。
なるほど鞍掛って感じの山容。
まずは山頂は立ち寄らずスルーですが、一度降り切ってから、もう一度別ルートで登らせて山頂を踏ませるという鬼畜仕様。
2022年06月19日 15:48撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望岩から鞍掛山。
なるほど鞍掛って感じの山容。
まずは山頂は立ち寄らずスルーですが、一度降り切ってから、もう一度別ルートで登らせて山頂を踏ませるという鬼畜仕様。
2
鞍掛山から三童子山の間はひたすら上ったり下りたりの繰り返し。19回も続くそうな。ここも水分多めに、1.5Lは持っていきましょう。
2022年06月19日 15:48撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍掛山から三童子山の間はひたすら上ったり下りたりの繰り返し。19回も続くそうな。ここも水分多めに、1.5Lは持っていきましょう。
2
再び鞍掛山への登り返し。
2022年06月19日 18:09撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び鞍掛山への登り返し。
2
舟見平から見える鞍掛山。
2022年06月19日 18:16撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舟見平から見える鞍掛山。
1
新城トレイルのような尾根道。
急坂が脚に堪えます。
2022年06月19日 18:23撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新城トレイルのような尾根道。
急坂が脚に堪えます。
2
ようやく辿り着いた鞍掛山山頂からの夕陽。もう10分待てば水平線に沈む夕陽が撮れたんでしょうけど、この時点では夕陽を愛でる感性はゼロに近い。
2022年06月19日 18:37撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく辿り着いた鞍掛山山頂からの夕陽。もう10分待てば水平線に沈む夕陽が撮れたんでしょうけど、この時点では夕陽を愛でる感性はゼロに近い。
1
ゴール地点。15時間半の長い道のりでした。
ゴール直前にライトの電池切れ、鶴仙峡の遊歩道はスマホのライトで乗り切りました。
2022年06月19日 21:14撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール地点。15時間半の長い道のりでした。
ゴール直前にライトの電池切れ、鶴仙峡の遊歩道はスマホのライトで乗り切りました。
4

感想/記録

北陸の難関、山中温泉トレイル80kに参加してきました。好天の暑さも相まって、今回の完走率はわずか31%、出走400人の内、完走者は125人でした。とても厳しいレースでしたが、白山系の大自然を満喫できる、バラエティに富んだ素晴らしいトレイルでした!次回も是非……、じっくりと検討してみよう。(私の場合、身体のダメージはutmfより大きかったです。)
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:232人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 避難小屋 ブナ ヒノキ 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ