また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4415946 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 中央アルプス

空木岳〜檜尾岳〜三ノ沢岳 ◆絶景の百高山5座を踏む◆

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年06月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
■往き
駒ヶ根高原スキー場駐車場(100台以上/無料/トイレなし)

■帰り
駒ヶ岳ロープウエイ(千畳敷→しらび平 片道1,370円)
バス(しらび平→菅の台バスセンター 片道830円)
※菅の台バスセンターから駒ヶ根高原スキー場駐車場は徒歩で15分程度です。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
14:18
距離
23.8 km
登り
3,607 m
下り
1,887 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間43分
休憩
1時間36分
合計
14時間19分
S駒ヶ根高原スキー場駐車場00:5401:16空木岳登山道取付地点01:22空木岳登山道入口01:30空木岳登山口駐車スペース01:3101:43タカウチ場02:10池山尾根水場02:1202:32尻無02:3302:39マセナギ03:14大地獄03:1603:17小地獄03:1803:33ヨナ沢ノ頭03:3504:15空木平カール分岐点04:1604:39駒石04:4105:03空木駒峰ヒュッテ05:0405:09空木岳05:2506:21木曽殿山荘06:2206:43東川岳06:4507:49熊沢岳07:5009:04檜尾岳09:1010:04濁沢大峰10:1911:06島田娘11:13極楽平11:1411:18サギダルの頭11:1911:23三ノ沢分岐12:40三ノ沢岳13:0014:17三ノ沢分岐14:3714:41サギダルの頭14:46極楽平15:11千畳敷駅15:13ホテル千畳敷15:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【空木岳登山口→空木岳→東川岳】
残雪ありません。空木岳まではとてもよく整備された道。空木→木曽殿山荘は斜度のある下りなのでスリップ等注意です。

【東川岳→三ノ沢岳分岐】
残雪を3〜4ヶ所で踏みますが、いずれもツボ足で問題なく通れました。クサリ場も何ヶ所かありますが、いずれもそれほど難しくありません。

【三ノ沢岳分岐↔三ノ沢岳】
それまでの稜線より雪が多く残っています。特に頂上直下は完全に覆っています。雪は緩んでいるので、いずれの場所もツボ足で歩けました。※踏み抜きにも注意

【三ノ沢岳分岐→ロープウエイ千畳敷駅】
丸太で案内された駅までのルートの半分以上は雪に埋まっているので、ステップを切って(ツボで行けました)下ります。斜面を下っていくと左側に駅に続く道が出てきます。※私は適当に藪を漕いでいこうとしたら進めず、結局雪斜面に戻っています。
過去天気図(気象庁) 2022年06月の天気図 [pdf]

写真

午前1時にヘッデンスタート。空木岳手前で林を抜けると、雲海の上に南アルプスが迎えてくれました。
2022年06月19日 04:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前1時にヘッデンスタート。空木岳手前で林を抜けると、雲海の上に南アルプスが迎えてくれました。
4
そして、八ヶ岳(赤岳のあたり)からご来光。
2022年06月19日 04:45撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、八ヶ岳(赤岳のあたり)からご来光。
7
空木も赤く染まっています。
2022年06月19日 04:49撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木も赤く染まっています。
5
空木岳(2,864m)、ここは5回目の登頂。
2022年06月19日 05:16撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳(2,864m)、ここは5回目の登頂。
7
南駒ヶ岳の手前に雲が流れて幻想的。この稜線もまた歩いてみたい。
2022年06月19日 05:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳の手前に雲が流れて幻想的。この稜線もまた歩いてみたい。
9
御嶽山も雲海の上。
2022年06月19日 05:40撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山も雲海の上。
3
木曽殿山荘、そして標高300mを上げる登り返し。
2022年06月19日 06:24撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽殿山荘、そして標高300mを上げる登り返し。
3
ツガザクラ
2022年06月19日 06:29撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツガザクラ
4
イワカガミ
2022年06月19日 06:30撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ
4
東川岳(2,671m)
2022年06月19日 06:48撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東川岳(2,671m)
2
さあ、この稜線を進みます!奥にはピラミダルな宝剣の姿も見えています。
2022年06月19日 06:49撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、この稜線を進みます!奥にはピラミダルな宝剣の姿も見えています。
6
振り返って越えてきた空木岳、南駒ヶ岳まで見えています。
2022年06月19日 07:14撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って越えてきた空木岳、南駒ヶ岳まで見えています。
7
ハイマツの海を泳いで。前日雨だったらしく、ズボンも靴もぐしゃぐしゃになりました(^^;
2022年06月19日 07:17撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツの海を泳いで。前日雨だったらしく、ズボンも靴もぐしゃぐしゃになりました(^^;
1
東川岳から進むとすぐに次のピークらしき。「なーんだ、熊沢岳ってすぐじゃん」と思いましたが・・・
2022年06月19日 07:03撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東川岳から進むとすぐに次のピークらしき。「なーんだ、熊沢岳ってすぐじゃん」と思いましたが・・・
2
違いました、その奥にさらに三峰現れました。「あの、一番奥か〜」と進む。(←実はこれも違っているのですが(笑))
2022年06月19日 07:28撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
違いました、その奥にさらに三峰現れました。「あの、一番奥か〜」と進む。(←実はこれも違っているのですが(笑))
4
熊沢岳は三峰を越えたさらに先、写真の大きな岩あたりでした。
2022年06月19日 07:55撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢岳は三峰を越えたさらに先、写真の大きな岩あたりでした。
6
熊沢岳(2,778m)
2022年06月19日 08:06撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢岳(2,778m)
9
宝剣や木曽駒はまだ遥か彼方に見えます。
2022年06月19日 08:14撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣や木曽駒はまだ遥か彼方に見えます。
4
途中いくつかクサリ場もあります。ここは大キレット並みに足置き打ってくれてありましたが、それほど難しくありません。
2022年06月19日 08:32撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中いくつかクサリ場もあります。ここは大キレット並みに足置き打ってくれてありましたが、それほど難しくありません。
2
今日はあちこちでキバナシャクナゲがきれいでした。
2022年06月19日 08:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はあちこちでキバナシャクナゲがきれいでした。
7
檜尾岳のやや手前にまとまった残雪がありました。ツボ足で歩けます。
2022年06月19日 08:53撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜尾岳のやや手前にまとまった残雪がありました。ツボ足で歩けます。
1
檜尾岳(左)と新築なった檜尾避難小屋(右)。
2022年06月19日 08:55撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜尾岳(左)と新築なった檜尾避難小屋(右)。
5
ミヤマキンバイ
2022年06月19日 09:00撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ
2
ハクサンイチゲ、好きな花です。
2022年06月19日 09:01撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ、好きな花です。
6
ミヤマキンポウゲ
2022年06月19日 09:06撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ
5
檜尾岳(2,728m)、シャッターありがとうございました。
2022年06月19日 09:12撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜尾岳(2,728m)、シャッターありがとうございました。
7
稜線をさらに北へ進みます。
2022年06月19日 09:15撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線をさらに北へ進みます。
1
それにしても三ノ沢岳、分岐から遠そう。・・・行けるのか?
2022年06月19日 09:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても三ノ沢岳、分岐から遠そう。・・・行けるのか?
2
足元には赤や白や黄、もうすっかり夏山の表情です。
2022年06月19日 09:34撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元には赤や白や黄、もうすっかり夏山の表情です。
2
イワツメグサ
2022年06月19日 10:30撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワツメグサ
4
イワベンケイ
2022年06月19日 11:04撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワベンケイ
3
極楽平の手前あたり。見覚えのある宝剣岳や木曽駒ヶ岳が近付いてきました。
2022年06月19日 11:12撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
極楽平の手前あたり。見覚えのある宝剣岳や木曽駒ヶ岳が近付いてきました。
3
三ノ沢岳に向かいます!
2022年06月19日 11:28撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ沢岳に向かいます!
4
今日ここまで歩いてきた稜線。
2022年06月19日 12:05撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日ここまで歩いてきた稜線。
1
三ノ沢岳はそれまでの稜線より残雪が多いです。持って行ったアイゼンは使いませんでしたが、キックステップをしっかり打ち込みます。
2022年06月19日 12:37撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ沢岳はそれまでの稜線より残雪が多いです。持って行ったアイゼンは使いませんでしたが、キックステップをしっかり打ち込みます。
3
山頂直下はまだ雪が覆っています。
2022年06月19日 12:40撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下はまだ雪が覆っています。
2
三ノ沢岳(2,847m)。いや〜、きつかった。
2022年06月19日 12:46撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ沢岳(2,847m)。いや〜、きつかった。
8
他所の山からヘリで運んできて「復活させました〜」ってやってるの、何かちょっと違う気がする。でも君たちに罪はない。せめて、どうか元気で。
2022年06月19日 14:44撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
他所の山からヘリで運んできて「復活させました〜」ってやってるの、何かちょっと違う気がする。でも君たちに罪はない。せめて、どうか元気で。
9
駒ヶ岳ロープウエイに乗るの、初めてです。
2022年06月19日 15:12撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳ロープウエイに乗るの、初めてです。
4
で、千畳敷カールを下から眺めるのも初めてでした。
2022年06月19日 15:30撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、千畳敷カールを下から眺めるのも初めてでした。
4

感想/記録
by yoisa

昨年から歩きたいと思っていた中央アルプス主脈縦走。昨年8月に挑戦するも天候が悪化、空木岳のピストンのみで下山しました。梅雨に入ったこの時期ながら中ア方面は天気よさそう。一年越しの期待とともに向かいました。

午前1時にヘッデンスタート、4時くらいから明るくなり、林を抜けて空木岳を望むタイミングではきれいな朝を迎えることができました。振り返ると雲海に浮かんだ南アルプスの峰々、そして八ヶ岳から陽が昇ります。素晴しい日の出に今日の縦走の期待が高まります。
5度目となる空木岳に登頂、急な斜面を降ります。ここまでは4年前に伊奈川ダムからの周回で歩いたところ。この先が未踏ルート、木曽殿小屋まで下りながら正面に見えていた「げ、あれ登るのー?」の斜面に取り付きます。実際に歩いてみるとそれほど難しい急斜面でもなく、ときどき息を整えながら落とした300mを再び上げます。
東川岳に着くと、ここから稜線を進みます。遠くから眺めると「気持ちのいい稜線」も、それぞれピークに近付くとなかなかに手強く、200〜300mを上げ下げするアップダウンが続きます。残雪はほんのわずか、ツボ足で進むことができました。
昨年の計画は宝剣岳までだったのですが、今日はここから三ノ沢岳へ。「日本百高山」はこれまで意識していなかったのですが、昨年ヤマレコ友達が達成されたり、自分でもマップを眺めているうちに興味が湧いてきました。せっかくならと向かったのですが、「ついで」に寄るには遠かった〜^^;。
まだしっかり雪の付いた斜面をくだって千畳敷駅へ、そして初めて乗るロープウエイとバスで菅の台に戻ってきました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:496人

コメント

こんばんは(^^) このルート楽しいですよね〜♪♪ アップダウンが激しいんですが、岩岩しているルートのアップダウンだったのでずっと楽しく歩いた記憶があります!もちろんyoisaさんみたいに登り基調ではなくて逆側からの、しかも三ノ沢岳は割愛バージョンの楽々縦走でしたけど😅
勝手ながらyoisaさんの残り百高山を拝見しましたら、結構あっという間に終わりそうなルートばかりが残ってますね〜✨一気に縦走出来ますね♪😉さすが、今まで狙ってないのにシビアなお山を攻めてた証拠だと思います。美人の奥様と一緒に登れそうな唐松岳とか裏銀座も残ってるし、ゆったりのんびり登ってもそこまで時間がかからない気がします😊ぜひ完登狙いで〜♡
2022/6/20 22:23
harubo33さん、こんにちは
おっしゃられる通り「縦走」を実感できる、いいルートですよね。ただし私は1時スタートがたたって&三ノ沢岳まで欲張って、最後はバテバテでした(^^;。4座または5座計画されるには空木へ下る方が(さらに日程的余裕があれば檜尾泊もあり)よいかもしれませんね。
昨年まで百高山は他人事だったのですが、harubo33さんのクライマックスに向かって、何だか私も盛り上がってきてしまいました。自分の履歴を見ると(昨年時点で)70座、何とか行かれるんじゃない?と思いながらマップを眺めたり・・・(^^)。
つくづく踏んでおいてよかったな〜と思うのは仙塩尾根の安倍荒倉岳と新蛇抜山。先日のbotchi2999さんや昨年のharubo33さんの例がある通り、ここ本当にアプローチが大変だと思います。3年前の南アルプス縦走時には百高山考えていなかったのですが、なぜか踏んでいました。どちらも仙塩尾根からひょこっと脇に逸れる感じの山頂ですよね。あのとき気が向かず、踏んでいなかったらと思うとゾっとします(蝙蝠は残してきてしまったのですが 笑)。
残り24座、現時点で大変そうだな〜と感じているのは・・・
・白山 = 長野県民にはアプローチ(車運転)が遠い
・赤牛岳 = 本当の意味で遠い(笑)
harubo33さんがとても苦労された南真砂岳なんかも手強そうだと思っています。
焦らず、のんびりやってみます。ゴール地点で横断幕拡げて迎えてくださいとは言いませんので(笑)、どうぞ見守ってやってください(^^)。
2022/6/21 8:06
yoisaさん、こんにちは!
三ノ沢岳でお会いしたものです。
歩かれたコース、なかなか良い選択ですね。
お聞きした時にも、「確かにそれ良いなあ・・・」と思いました。
ただ、ちょっとロングなので、yoisaさん位の早立ちと足がないと厳しいでしょうね。
ちなみに、当日お会いした方は、yoisaさんだけでした。人にお会いできて良かったです(笑)。
お疲れ様でしたm(__)m。
2022/6/22 12:17
greenriverさん、先日はありがとうございました。
教えていただかなければ、空木からヨレヨレ登ってきたのに三ノ沢岳山頂を踏まずに戻るところでした(笑)。
「上松Aからのバリエーション」と聞いて、私にはまったくイメージができませんでしたが、レコ拝見しました。とてつもないルートですね!!「マジ、あそこ登るの?」は写真でも本当にそう見えますし、倒木ごと足元が落ちたシーンなど、読んでいるこちらがドキドキでした。
ヘロヘロになって辿り着いた三ノ沢岳で朗らかに話しかけていただき、おかげで元気出ました。またどこかでお会いしたらよろしくお願いします(^^)。
2022/6/22 14:23
yoisaさん
こちらこそ有難うございましたm(__)m。
また、しみじみと景色を楽しまれている中、お騒がせいたしました。
どこかでお会いしましたら、よろしくお願い致します。
2022/6/22 14:30
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ