また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4438763 全員に公開 ハイキング 近畿

金勝:天狗岩・鶏冠山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年06月26日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:43
距離
8.2 km
登り
512 m
下り
501 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
1時間9分
合計
5時間42分
S上桐生バス停09:2109:25一丈野駐車場10:01落ヶ滝10:1111:44天狗岩12:2212:53鶏冠山落ケ滝分岐12:5413:15鶏冠山13:3313:50鶏冠山落ケ滝分岐13:5114:19落ヶ滝14:2015:03一丈野駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年06月の天気図 [pdf]

写真

落ケ滝脇の尾根を登って、滝の落ち口を覗く
2022年06月26日 10:05撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ケ滝脇の尾根を登って、滝の落ち口を覗く
更に登って落ち口を
2022年06月26日 10:10撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に登って落ち口を
落ケ滝脇の尾根上から鶏冠山を仰ぐ
2022年06月26日 10:14撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ケ滝脇の尾根上から鶏冠山を仰ぐ
天狗岩方向の稜線ピークか?
2022年06月26日 10:19撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩方向の稜線ピークか?
十九道ダム林道の天狗岩登山口
2022年06月26日 11:07撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十九道ダム林道の天狗岩登山口
ササユリとカキランがひっそりと咲いている
2022年06月26日 11:38撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササユリとカキランがひっそりと咲いている
天狗岩付近の岩場
2022年06月26日 12:16撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩付近の岩場
天狗岩西野稜線上の大岩
2022年06月26日 12:25撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩西野稜線上の大岩
大岩を恐々歩く
2022年06月26日 12:25撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩を恐々歩く
1
新名神を俯瞰する
2022年06月26日 12:25撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新名神を俯瞰する
天狗岩付近の大岩ピーク
2022年06月26日 12:27撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩付近の大岩ピーク
耳岩付近を望む
2022年06月26日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
耳岩付近を望む
鶏冠山(春にはトレセンが良く見えたのに、この時期は木々の葉で何も見えない)
2022年06月26日 13:16撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠山(春にはトレセンが良く見えたのに、この時期は木々の葉で何も見えない)
落ケ滝上流の谷道は大シダで覆われている
2022年06月26日 13:55撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ケ滝上流の谷道は大シダで覆われている
大シダを描き分けて進む
2022年06月26日 13:55撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大シダを描き分けて進む
谷の大岩をロープを頼りに下る
2022年06月26日 14:00撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷の大岩をロープを頼りに下る
此処にもカキランが咲いている
2022年06月26日 14:06撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処にもカキランが咲いている
落ケ滝落ち口は写真の上部になる
2022年06月26日 14:19撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ケ滝落ち口は写真の上部になる
滝の落ち口付近を俯瞰する
2022年06月26日 14:19撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の落ち口付近を俯瞰する

感想/記録
by ss43m

上桐生からの金勝はもう10年以上前かも知れないな?と思いながら草津からのバスに乗り込んだ。今日は日曜だから、登山者がほぼいっぱいだ。立席はいないが満員のバスはここしばらく経験がない。ほどなくすると草津川の源流になる桐生の集落に到着だ。バス停も車の駐車場も記憶にあるものとは大きく異なっていて、時代を感ずるほどだ。駐車場の中心部に綺麗なトイレもできていて、最近のハイキングの定番なのだろうか?
登山路を示す標識に導かれて、林道を進むと池に出た。オランダ堰堤の上部に位置する池なのであろうか?そこには野菜畑があって、丁寧に作物が作られている。登山道を進むと沢状の道で、いくつか分岐を過ぎると水の音が聞こえて来た。落ケ滝なのだろう。すぐ上に向かって大きな岩が垂直にそそり立っていて、そこに1条思いの他多くの水量が流れ落ちていた。20mは遥かに超えた高さと思えるが、それは見事な滝だ。何年ぶりに見るのだろうか?と記憶を確かめるが、それは無理なことだ。何の記憶も戻っては来ないのだ。
今日はこの落ケ滝のすぐ脇から天狗岩などの稜線に続く尾根があるというので、それを探した。すぐ脇に垂直に進む踏み跡が草を分けて登っているのを見て、直ぐに登り始めた。物凄い急斜面であるが、すぐ脇に落ケ滝が見えていて手を出せば水が触れるほどではないものの、近いことはいいことだと必死で登った。ロープも設置されていて、滑りやすい花崗岩の岩は少しいやらしい。恐々と登り続けるといつの間にか、落ケ滝の落ち口を遥かに見下ろす場所に出ると、天狗岩方面迄見える。
やせ尾根に張り付くような木々は体をくねらせないと通過できないくらいに狭い通路だ。落ケ滝の上流を俯瞰しながら進むと稜線と合流だ。やっとのことで一般道に出て、ホッとしたものだ。金勝の山は何度も来ているので、目あたらしい所はないので、余り歩いたことのないコースを行こうと、稜線から十九道ダム側に下降した。思いのほか早く林道に出て、車とオートバイが走っているのに驚きながら、早めに山の中に戻りたい気持ちになった。駐車場のような広い場所から直ぐの所に天狗岩の登山口があったので、登ることにした。
天狗岩の稜線がすぐに見えてきて岩場を登りだすと、『ササユリ』があると声がしたので見てみると1輪のササユリが密かにと言っていいような感じで咲いていた。そのすぐそばに『カキラン』も本当にひっそりと咲いているではないか!こんな所によく咲いているね、と声を掛けたくなってしまうほどだ。
そこから直ぐに天狗岩であったが、ものすごいハイカーの数に驚いた。子供連れのパーテイーも居て全部で30名ほどであろうか?ランチ場と決めていたので、人混みから南の谷側に少し下降して木陰でランチとした。今日は暑い日なので風がそよ吹く木陰は最高だと、どっかと腰を下ろして足を休めるのだった。
昼食後は早々と混雑場を離れて鶏冠山に進むべく西に足を向けて岩山の尾根を少し恐々と周囲の景色を眺めながら暑いにも関わらず、吹く風に感謝しながらの縦走だ。鶏冠山に到着すると、此処からは『トレセン』が良く見えるはずなのだが、多くの木々の葉に囲まれて何も見えないのであった。春にはその景色が素晴らしいことだけが記憶に残っていたのだったが。残念なるかな、足の疲れを感じながら早々に落ケ滝上流へと足を進めるべく、元来た道を戻った。
稜線から落ケ滝上への下降は初めは急であるが直ぐに流れのある緩い傾斜の小沢で快適だ。だが、滝の上流なので岩が多く、ロープが何か所か張りめぐされていた。平流の草の多い場所に来たら、黄色い小さな花弁が見えた。『カキラン』であった。草むらに意外と沢山咲いていて、本日のメーンイベントであったのだ。これを見られれば今日のハイクは完了だ。あとは、無事登山口に戻るだけだ。
久しぶりの金勝の山で、ササユリやカキランを見ることが出来て最高のハイクであった。ただ、梅雨の最中にもかかわらず、猛暑日のような物凄い暑さに体中は汗だらけだ。梅雨はもう開けたものと思われる空の蒼さと白い雲に、正にそれを実感した。
”八”、”竹”
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:72人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 堰堤 ササユリ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ