また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4589017 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

白馬三山 不帰の嶮 唐松岳 猿倉IN 八方OUT

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年08月14日(日) [日帰り]
メンバー
 NSB
, その他メンバー1人
天候曇り時々雨 強風 時々晴れ  台風の影響で不安定
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿倉に車を駐車 八方からタクシーで戻り (八方尾根リフトとゴンドラ 下り 大人1800円)(リフト乗り場前のタクシー乗り場から猿倉まで4,000円弱)
経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
21.5 km
登り
2,760 m
下り
2,173 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間43分
休憩
1時間47分
合計
14時間30分
S猿倉荘01:1002:00白馬尻荘02:1005:10白馬山荘05:1505:40白馬岳05:5006:00白馬山荘06:2007:27杓子岳07:3008:19鑓ヶ岳08:2008:37鑓温泉分岐08:50天狗山荘09:2009:40天狗ノ頭09:4509:55天狗ノ大下り10:47不帰キレット11:09不帰嶮(不帰一峰)11:35不帰嶮(不帰二峰北峰)11:59不帰嶮(不帰二峰南峰)13:07唐松岳13:1013:25唐松岳頂上山荘13:3514:15丸山14:2515:40八方池山荘15:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
不帰嶮は入山者が多いい場合自分のペースでは進めない場合があるので注意。最後八方尾根をリフト利用で下る場合は最終時間の縛りがある。
コース状況/
危険箇所等
不帰嶮2峰が核心部 ホールド 鎖 ばっちりです。 
過去天気図(気象庁) 2022年08月の天気図 [pdf]

写真

まさかの日の出
2022年08月14日 05:45撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさかの日の出
まずは1峰目 白馬岳ゲット
2022年08月14日 05:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは1峰目 白馬岳ゲット
3
青空も見える。猿倉出発時は雨でした。
2022年08月14日 05:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空も見える。猿倉出発時は雨でした。
これから向かいます 杓子と白馬鑓 まさかの景色にテンションアップ
2022年08月14日 06:38撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かいます 杓子と白馬鑓 まさかの景色にテンションアップ
2
2峰目 杓子岳 ザレの登りは地味にきつい、ピークパスはしません。
2022年08月14日 07:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2峰目 杓子岳 ザレの登りは地味にきつい、ピークパスはしません。
2
次のターゲット白馬鑓 この時はまだ視界良好
2022年08月14日 07:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のターゲット白馬鑓 この時はまだ視界良好
1
強風ガスガスの3峰目 白馬鑓。 この後 鑓温泉分岐まで強風と雨。
2022年08月14日 08:19撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風ガスガスの3峰目 白馬鑓。 この後 鑓温泉分岐まで強風と雨。
1
不帰突入を決定して 天狗の頭でまさかの不帰全景が姿を現す。
2022年08月14日 10:25撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰突入を決定して 天狗の頭でまさかの不帰全景が姿を現す。
2
天気よ何とか持ちこたえてください。
2022年08月14日 10:40撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気よ何とか持ちこたえてください。
1
天狗の大下り完了。 さあ行きます。
2022年08月14日 10:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の大下り完了。 さあ行きます。
2
まずは不帰一峰
2022年08月14日 11:10撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは不帰一峰
2
不帰2峰全景。 写真中央に核心部を通過中の先行パーティー。 空中階段の手前。ここ行くの?って感じです。
2022年08月14日 11:11撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰2峰全景。 写真中央に核心部を通過中の先行パーティー。 空中階段の手前。ここ行くの?って感じです。
4
2峰の近くに来ると何とかなりそう。
2022年08月14日 11:18撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2峰の近くに来ると何とかなりそう。
2峰核心
2022年08月14日 11:26撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2峰核心
3
2峰核心
2022年08月14日 11:26撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2峰核心
1
2峰核心
2022年08月14日 11:27撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2峰核心
2峰核心
2022年08月14日 11:29撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2峰核心
2
お決まりの空中梯子
2022年08月14日 11:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お決まりの空中梯子
2
2峰南方
2022年08月14日 11:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2峰南方
2峰南方から見下ろす。下部稜線に後続ソロ
2022年08月14日 11:57撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2峰南方から見下ろす。下部稜線に後続ソロ
唐松岳ピーク お疲れ様です。またガスガス。
2022年08月14日 13:07撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳ピーク お疲れ様です。またガスガス。
1

感想/記録
by NSB

娘と2年前から検討していた 白馬三山〜不帰嶮〜唐松岳 日帰り縦走を実施した。
夏休みに入り7月から天気予報とにらめっこしながら日程調整していたが、ズルズルとお盆までずれ込んでしまった。想定外の台風の発生で天気が目まぐるしく変わり、お盆中は山間部はず〜と天気が不安定との予報。9月に延期か・・が頭をよぎったが、 わずかな天候回復のチャンスを狙って8/14に決行。13日の19時に猿倉に入る。どんよりとした雲と小雨にもかかわらず、駐車場は6割うまっている。お盆休み恐るべし。その後も続々と車が入ってくる。車中泊で横になったがなかなか眠れない。雨はやみそうにない、少々の雨ならゴアなしでと願ったが無理だった。結局上下雨仕様で1:10に登山開始。駐車している車に人気は感じるが、この雨の中にこの時間から行動開始はそうそういない。しかし今日は不帰嶮を抜けて八方尾根リフトの時間の縛りがあるので行くしかない。 憂うつな気分でスタートしたが、白馬尻につくと雨があがった。空を見上げると、月が顔を出している。空を見ながら娘とニヤニヤした、もしかして もしかか。 大雪渓を黙々と進み上部の避難小屋までくると雪渓に幾つものライトが光ってる。みんな早朝のわずかな晴天を願っている人たちだ。
その中から、恐ろしい速度で追いついてきたトレラン一行とほぼ同時に一番乗りで村営頂上宿舎に着いた。若いパワーにはかなわない。しかも素足に短パン。
村営頂上宿舎で小休止して、まずは本日1峰目の(娘は初)の白馬岳へ。
ちょうど 日の出のタイミングで、山荘泊、テン泊 多くの人がすでに行動を開始している。この不安定な天気にもかかわらず凄いです白馬。白馬岳山頂から見渡せば、 高曇りだが、これから行く後立の稜線 槍穂、立山、剣、オールスターズが見える。
テンションは上がるが、この天気は長くは持たないとの予報なので次の杓子岳へ足早に進む。杓子のピークを踏んで、白馬鑓への登り返しに気合をいれて、ふと剣岳を見ると予報は的中。ガスが流れてくる、アッという間に白馬鑓がガスに飲み込まれ西風が強くなる。ガスガスの中で白馬鑓のピークを踏み、鑓温泉分岐へ向かうも天候は悪化の一途、娘は体重が軽いから体を斜めに強風に負けないようについてくる。今年からワンダーフォーゲル部に所属し、80Lのバックを背負いトレーニングをしているようだが、この高度の稜線で、この風雨は初めての経験でありちょっとした試練だった。
何とか鑓温泉分岐に着く。さすがに娘と一緒にこの風雨のまま不帰嶮に突入はと、ここでエスケープするか娘と協議。現在8:45分、時間的には問題ない。娘は行く気満々だが、この天気がずーと続く場合は無理だ。で出した結論はとりあえず、天狗山荘まで行こう!。天狗山荘へ進むとすぐに風が収まる。単に稜線から長野側にかくれ富山側からの風をよけてるだけだけど、気持ち的には”いけるんじゃね”ムードに傾く。山荘に到着しここで大休止。当初予定していた通り、おにぎり、バナナ、アミノバイタルパーフェクト5000を体に補給、エネルギー系のサプリをしこたま体に投入する。天狗山荘までの道中で、不帰嶮から来たパーティーに会い状況を聞くと、早朝は天気が安定していたが天狗の大下りぐらいから悪化したとの事だ。
しかし、エネルギーを補給すると気持ちは、もう不帰嶮突入モードになていた。娘とふたりで”よし行こう。”と気合を入れて山荘を出発。
ガスの中、先に進み、天狗の頭へ着くと、まさかの不帰嶮全景が待っていたかのように突然ガスの中から姿を現した。まさしくオーマイゴット!!。山の神様に感謝であった。雨も止み風も弱まり絶好とまでは言わないが、”灼熱の太陽に照り付けられて汗だくよりいいんじゃね” ていう感じだ。不帰嶮全景見ながら天狗の大下りを下降して いよいよ本日のクライマックスへいざ突入。まずは難なく1峰をクリアし、核心部の2峰へ。白馬側からだと2峰最初の取りつきからほぼ垂直に直上した後〜空中梯子までが最大の核心部なのだろう。ボルタリング、リードクライミング歴6年の娘はそつなくクリア。ただ山は明らかに危険な所より、ちょっと油断する様な所でミスを犯し事故になる。油断はしてはいけない。その後も慎重に2峰南峰もクリア。ここまでくれば一安心、あとは今日未明1時からの山行で、疲労している足にむちを打ちながら、唐松岳をクリアして、八方アルペンラインで一気に下山。
下山後はタクシーで猿倉まで戻りミッション完了。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:325人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ