また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4635119 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

西穂高岳〜奥穂高岳【イタタ😥ジャンは巻いてスルー】

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年08月29日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴,のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
有料鍋平駐車場(300円)を利用
経路を調べる(Google Transit)
GPS
16:00
距離
22.2 km
登り
2,589 m
下り
2,734 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
14時間8分
休憩
1時間53分
合計
16時間1分
Sスタート地点02:3402:47しらかば平駅04:01西穂平旧ボッカ道取り付き04:0205:36旧ボッカ道分岐05:3706:40西穂山荘06:55西穂丸山06:5907:38西穂独標07:4608:04ピラミッドピーク08:0508:23チャンピオンピーク4峰08:2808:57西穂高岳09:1309:18P109:1909:38赤岩岳09:4510:10間ノ岳10:1810:29逆層スラブ10:3510:46天狗岩10:4711:04天狗のコル11:1112:31ジャンダルム12:3312:39ロバの耳12:5213:14馬の背13:2713:48穂高岳13:5414:28穂高岳山荘14:3216:03荷継小屋跡16:0816:34白出大滝16:48重太郎橋16:5017:31白出沢出合17:3317:58穂高平小屋18:21小鍋谷ゲート18:32新穂高温泉駅18:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆しらかば平駅〜西穂山荘
 西穂高岳登山口まで林道で歩きやすい。
 西穂高岳登山口〜分岐
  笹などが刈られ,登山者の踏み痕があって登山道は大体わかる。
  悪い癖で思い込んで2回間違えた。大きく登山道を外して藪漕ぎした。
 分岐〜西穂山荘は一般的な登山道で歩きやすい。
◆西穂山荘〜西穂高岳
 西穂独標まで一般的な登山道という感じ。
 それ以降西穂高岳までハードな岩登りがある。
◆西穂高岳〜ジャンダルム〜奥穂高岳
 鎖あり,岩登りありで結構ハードである。
 白ペンキの〇や→があるのでそれに従えば迷わずに進める。
 (私は間違えたが😅)
 馬の背は白ペンキがないだけで,他の箇所の岩登りとそれほど変わらない。
◆奥穂高岳〜穂高岳山荘
 穂高山荘につながる最後に,ハシゴと鎖がある。
 その他は一般的な登山道で問題ない。
◆穂高岳山荘〜新穂高温泉駅(白出沢ルート)
 穂高山荘直下のガレ場は登山道が不明瞭で,浮石も多いので通行には要注意。
 所々大きめの石を並べた登山道の跡がわかるのでそこを通行すると少しは歩きやすい。
 標高2200m辺りから一般的な登山道になる。
 ピンクテープが要所に付けられていて道迷いはない。
 以前はなかった鎖やハシゴが何ヶ所か付けられている。
 渡渉あり。水量によっては濡れる可能性がある。
 今回は石を渡って行けば濡れずに渡れた。
過去天気図(気象庁) 2022年08月の天気図 [pdf]

写真

鍋平有料駐車場入口。6時間600円。登山者用の駐車場ではない。
2022年08月29日 02:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋平有料駐車場入口。6時間600円。登山者用の駐車場ではない。
5
林道の後,ここから本格的な登山道。
2022年08月29日 03:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の後,ここから本格的な登山道。
3
こんな感じで,ある程度整備されている。
2022年08月29日 03:41撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じで,ある程度整備されている。
4
漸く笠ヶ岳方面の景色が望めるようになってきた。
2022年08月29日 05:14撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く笠ヶ岳方面の景色が望めるようになってきた。
8
分岐に到着。登山道が明瞭になった。
2022年08月29日 05:37撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に到着。登山道が明瞭になった。
4
朝日に照らされる笠ヶ岳
2022年08月29日 05:41撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に照らされる笠ヶ岳
13
あちこちに西穂高口と西穂山荘を示す掲示がある。
2022年08月29日 06:15撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちに西穂高口と西穂山荘を示す掲示がある。
6
西穂山荘。平日だが多くの登山者の宿泊していたようだ。
2022年08月29日 06:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂山荘。平日だが多くの登山者の宿泊していたようだ。
7
焼岳,まだ登っていない。その後ろは乗鞍岳。
2022年08月29日 06:47撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳,まだ登っていない。その後ろは乗鞍岳。
15
西穂丸山。眺めている方がこれから向かう西穂高岳。
2022年08月29日 06:58撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂丸山。眺めている方がこれから向かう西穂高岳。
26
今からこっちの方に向かう。これ以降は初めての体験。
2022年08月29日 06:58撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今からこっちの方に向かう。これ以降は初めての体験。
11
正面は霞沢岳?
2022年08月29日 07:20撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面は霞沢岳?
9
今日は富士山まで見える。
2022年08月29日 07:42撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は富士山まで見える。
15
いい景色だ。笠の山頂が雲に隠れているのがちょっと残念。
2022年08月29日 07:43撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい景色だ。笠の山頂が雲に隠れているのがちょっと残念。
21
ピラミッドピーク
2022年08月29日 08:05撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッドピーク
10
ピラミッドピークから,西穂高岳,ジャンダルムを望む。
2022年08月29日 08:07撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッドピークから,西穂高岳,ジャンダルムを望む。
19
西穂高岳山頂に到着。
2022年08月29日 08:58撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳山頂に到着。
27
次に目指すはジャンダルム・奥穂高岳。吊尾根がはっきりとわかる。
2022年08月29日 09:07撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に目指すはジャンダルム・奥穂高岳。吊尾根がはっきりとわかる。
20
雲海に浮かぶ八が岳か?
2022年08月29日 09:08撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ八が岳か?
10
右から,中央アルプス,南アルプス,八が岳。
2022年08月29日 09:09撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から,中央アルプス,南アルプス,八が岳。
9
西穂高岳を越えたところに,危険を知らせる案内板。
2022年08月29日 09:18撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳を越えたところに,危険を知らせる案内板。
7
こんな鎖場がこれから続くのだろう。
2022年08月29日 09:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな鎖場がこれから続くのだろう。
7
笠ヶ岳山頂にかかっていた雲がなくなった。
2022年08月29日 10:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山頂にかかっていた雲がなくなった。
19
ガスっていたのが少し晴れたら正面に奥穂が見えた。うむ🤔
2022年08月29日 12:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスっていたのが少し晴れたら正面に奥穂が見えた。うむ🤔
8
ジャンダルムはまだか,と思って先を急いでいたら,山頂を巻いてすでに通り過ぎてしまっていたようだ。何てこった😥
今日,穂高山荘で泊まるのであれば引き返して登っていただろうが....
2022年08月29日 12:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムはまだか,と思って先を急いでいたら,山頂を巻いてすでに通り過ぎてしまっていたようだ。何てこった😥
今日,穂高山荘で泊まるのであれば引き返して登っていただろうが....
26
馬の背,少し登ってから振り返ってみた。
2022年08月29日 13:32撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背,少し登ってから振り返ってみた。
12
花を撮っていなかったので,少しは撮らないと。
2022年08月29日 13:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花を撮っていなかったので,少しは撮らないと。
11
奥穂高岳山頂。これが3度目。山頂から周囲が見渡せたのは最初のときだけ。2回目,3回目はダメ。これでも2回目のときよりは随分とマシかな。
2022年08月29日 13:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂。これが3度目。山頂から周囲が見渡せたのは最初のときだけ。2回目,3回目はダメ。これでも2回目のときよりは随分とマシかな。
27
ガスっていたのが少し晴れて,前穂高岳が見えてきた。ラッキー。
2022年08月29日 13:47撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスっていたのが少し晴れて,前穂高岳が見えてきた。ラッキー。
10
穂高岳山荘。ここでコーラとポカリを購入。いずれも500円。
2022年08月29日 14:21撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘。ここでコーラとポカリを購入。いずれも500円。
10
穂高山荘から1.5kmほど続くガレ場。何回転んだだろうか。石が足の上に落ちりして散々だった。
2022年08月29日 15:36撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高山荘から1.5kmほど続くガレ場。何回転んだだろうか。石が足の上に落ちりして散々だった。
12
河原に降りる鎖場。以前より鎖が長くなったようだ。
2022年08月29日 16:27撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原に降りる鎖場。以前より鎖が長くなったようだ。
8
渡渉箇所。大雨の後はもっと水かさが増しているだろうから,そのときは濡れるかな。
2022年08月29日 16:51撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉箇所。大雨の後はもっと水かさが増しているだろうから,そのときは濡れるかな。
10

感想/記録

予定がない土日は天気が悪そうでしばらくは山はお預けかなと思っていたが,やっぱり山に行きたいので,土曜日に勤務した振替を天気が良さそうな月曜日にとって山に出かけることにした😁
北穂高小屋泊とジャンダルムをセットにして登りたかったが,日程が取れないのでまずはジャンダルムに登ろう。西穂高岳が未踏だったのでそれとセットに,新穂高から周回することにした。
満天の星空の中をスタート。最高の一日になりそうな予感😊
いつもなら深山壮前の無料駐車場を使うのだが,往きで楽をしたかったので鍋平駐車場を使うことにした。

西穂高岳登山道で道を間違えて藪漕ぎをするトラブルはあったが,天気がよく西穂高岳,間ノ岳と気持ちよく登ることができた。
さあ次はジャンダルムだという所にガスってきて視界がなくなってきた。スマホで地図を確認しながら登っていたが,足が段々と重くなり先を急ぐ気持ちが出て,周囲を確認しないまま登れそうなところを黙々と登って行った。道を間違えるよくあるパターンだ。
ガスが晴れて周囲が見えるようになると,目の前に奥穂高岳が見えた。あれ???
ジャンは???
振り返るとジャンダルムが見えた。山頂を巻いて通り過ぎてしまったようだ。何てこったい。一番の楽しみにしていたのに😥
今日泊まりなら引き返して登り返すところだが,日帰りで時間もない。諦めて次の機会に登ることにしよう。
自分のオッチョコチョイさに,呆れて言葉がない😂

やっぱり北穂高小屋とセットにしてジャンダルムを登れということなのだろう😎
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:921人

コメント

ヨナヨさん、こんにちは♪

うふふ、笑ってしまいました😁
ジャンに行ったのに巻いてしまうなんて、かなりのおっちょこちょいさん!笑

ごめんなさい🙏本人にしたらショックだったろうと容易に想像できますが、面白いです🤣
でも、北穂からいらっしゃい!と山神様が考えたのかもですよ、あのガスは😅
また是非行って天使と写真撮ってきてくださいね٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)

西穂からの笠の景色が懐かしいです。
立派な山ですよね〜

お疲れ様でした😉
2022/9/1 11:18
grindelさん,こんにちは(^^)

何とドジなワタシ。笑っちゃいますよね🤣🤣🤣
自分でも信じられません😆

お前は何をしに行ったんだ?と言われそうですよね。
何を言われても返す言葉がありません😓

同じことを繰り返したらタダのバカですよね。
次こそは間違えずに登らないと😎
2022/9/1 12:32
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ