また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4644825 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 朝日・出羽三山

【Back from 肘折!】月山 肘折ルート 下から

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年09月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候朝は青空、午後は時おりザンザン雨
気温:終始19℃〜21℃くらい
アクセス
利用交通機関
久しぶりに「たどり着くのが困難な登山口」だった。
まずGoogleMapでナビされた地点まで行くが全く別の場所で、引き換えして正しい道を進んだつもりがまた違い、3度目の正直でようやくたどり着いた。
林道はフラットで走りやすい。登山口前に7、8台の駐車スペースあり。水場あり。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
11:41
距離
23.6 km
登り
1,603 m
下り
1,600 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小岳周辺の木道がツルッツルでチョー危険!
少しの傾きでもめちゃめちゃ滑るので最要注意。アイゼン必要か。(笑)

それ以外も全般的に「悪路」で想定より時間も体力も掛かります。傾いた道、狭いトラバース、苔むした石らだけの道など。怪我のリスクも増えます。計画では少なくとも +0.1 以上はしておいたほうが良いと思う。

また通常、自分のレコではピストンの場合は帰りの写真はほとんど端折りますが、このルートは山頂ー>肘折の縦走で歩く方がほとんどだという事を考慮して、今回はその向きに合わせて帰りルートも詳細に写真載せました。その向きで計画されてる方は途中の清川橋からご覧になっても良いかと。

山頂まで往復時間:
前回の実績で山頂〜清川橋往復が7時間、今回の実績で (余計な時間を差し引いて) 登山口〜清川橋往復が9時間なので、単純計算でおよそ16時間掛かる計算。やはり自分には無理ですね。
その他周辺情報電波状況:docomo 56% / au 48% / softbank 43%
https://chizroid.info/denpa/ex/map?tid=9VQ7ndopX4
過去天気図(気象庁) 2022年09月の天気図

写真

何度も道を間違えながら、、、
2022年09月03日 04:57撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
何度も道を間違えながら、、、
2
ようやく登山口に辿り着いた。ここまでも既に難関だった。
2022年09月03日 04:59撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ようやく登山口に辿り着いた。ここまでも既に難関だった。
7
というわけで、ついに憧れの肘折登山口からのスタートです!
2022年09月03日 05:00撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
というわけで、ついに憧れの肘折登山口からのスタートです!
7
山頂まで行かない予定なので気は楽。それでも往復20kmオーバーだけど。
2022年09月03日 05:00撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
山頂まで行かない予定なので気は楽。それでも往復20kmオーバーだけど。
5
最初からつづら折れの急登を登ると
2022年09月03日 05:15撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
最初からつづら折れの急登を登ると
1
すぐにブナ林の素敵な道に。
2022年09月03日 05:21撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
すぐにブナ林の素敵な道に。
6
正面は大森山ですが、登山道は左から巻いて行きます。
2022年09月03日 05:23撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
正面は大森山ですが、登山道は左から巻いて行きます。
3
ちょっと見晴らしの良い場所。
2022年09月03日 05:27撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ちょっと見晴らしの良い場所。
3
グルっと大森山を半周巻いて
2022年09月03日 05:29撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
グルっと大森山を半周巻いて
1
西鞍部。ここで90度左へまーがれ。
2022年09月03日 05:40撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
西鞍部。ここで90度左へまーがれ。
2
しばらくは北斜面のトラバースが続きますが、ここの道が悪かった。
2022年09月03日 05:42撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
しばらくは北斜面のトラバースが続きますが、ここの道が悪かった。
1
斜めだし
2022年09月03日 05:44撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
斜めだし
5
苔むした石ゴロゴロでチョー歩き辛いし。
2022年09月03日 05:52撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
苔むした石ゴロゴロでチョー歩き辛いし。
2
ようやくストレートな歩きやすい道になったと思ったら、
2022年09月03日 06:02撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ようやくストレートな歩きやすい道になったと思ったら、
1
最初の徒渉、にゃんこ又沢 (猫又沢) 渡渉点。
2022年09月03日 06:12撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
最初の徒渉、にゃんこ又沢 (猫又沢) 渡渉点。
2
ロープの所まで来てしまったけど、もっと手前に安全に降りられるところがあった。
2022年09月03日 06:13撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ロープの所まで来てしまったけど、もっと手前に安全に降りられるところがあった。
3
渡り終えてから。水量自体は全く問題ありません。
2022年09月03日 06:14撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
渡り終えてから。水量自体は全く問題ありません。
1
青空!
2022年09月03日 06:15撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
青空!
5
ちなみに今日は月山Tシャツです。水沢温泉館にて今年購入。
2022年09月03日 06:23撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ちなみに今日は月山Tシャツです。水沢温泉館にて今年購入。
13
立川町。懐かしいね。
2022年09月03日 06:37撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
立川町。懐かしいね。
2
この辺しばらくドロドロ道でした。なかなか軽快には歩かせてくれないね。
2022年09月03日 06:44撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
この辺しばらくドロドロ道でした。なかなか軽快には歩かせてくれないね。
2
何度か小さな徒渉を繰り返すようになると、
2022年09月03日 06:54撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
何度か小さな徒渉を繰り返すようになると、
赤砂川渡渉点です。ちょうど疲れたころの休憩適地。
2022年09月03日 06:57撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
赤砂川渡渉点です。ちょうど疲れたころの休憩適地。
2
赤砂川は立谷沢川の支流だそうです。
2022年09月03日 06:57撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
赤砂川は立谷沢川の支流だそうです。
2
はい、しっかり休憩したので再び活動開始!
2022年09月03日 07:10撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
はい、しっかり休憩したので再び活動開始!
1
小岳への登りが徐々に始まります。
2022年09月03日 07:24撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
小岳への登りが徐々に始まります。
土砂で埋まった徒渉箇所。
2022年09月03日 07:38撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
土砂で埋まった徒渉箇所。
1
ぐひー、道悪いなー。
2022年09月03日 07:40撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ぐひー、道悪いなー。
7
紅葉?前田?
2022年09月03日 07:52撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
紅葉?前田?
ちょーかいざーん。あっちも今日は盛り上がってるかな。
2022年09月03日 07:53撮影 by DSC-WX7 SONY
ちょーかいざーん。あっちも今日は盛り上がってるかな。
17
突如現れた巨大看板。
2022年09月03日 07:57撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
突如現れた巨大看板。
4
ここからが国立公園らしい。
2022年09月03日 07:57撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ここからが国立公園らしい。
1
というわけで整備は一応されてるけど、めちゃくちゃ歩き辛いです。まったく。
2022年09月03日 07:59撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
というわけで整備は一応されてるけど、めちゃくちゃ歩き辛いです。まったく。
3
小岳山頂、近づいてきたよ。
2022年09月03日 08:03撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
小岳山頂、近づいてきたよ。
3
少し手前にある湿原にも「小岳」の文字が。
2022年09月03日 08:04撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
少し手前にある湿原にも「小岳」の文字が。
1
山頂付近に来たけど、登山道は山頂通らないんですねぇ。
2022年09月03日 08:07撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
山頂付近に来たけど、登山道は山頂通らないんですねぇ。
しょうがないですねぇ。
2022年09月03日 08:11撮影 by DSC-WX7 SONY
しょうがないですねぇ。
3
はい、無事確認。
2022年09月03日 08:25撮影 by DSC-WX7 SONY
はい、無事確認。
13
帰りは迷走して一生帰れないかと思った、、。
2022年09月03日 08:37撮影 by DSC-WX7 SONY
帰りは迷走して一生帰れないかと思った、、。
7
シャバに復帰。
2022年09月03日 08:55撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
シャバに復帰。
4
この写真の右端から左の高いところまで漕ぎました。150mくらいか。
2022年09月03日 08:57撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
この写真の右端から左の高いところまで漕ぎました。150mくらいか。
7
ついに大きな湿原が視界に。
2022年09月03日 08:57撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ついに大きな湿原が視界に。
9
下っていきます。
2022年09月03日 08:58撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
下っていきます。
1
崩落地。ウヒーと思ったけど、
2022年09月03日 09:03撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
崩落地。ウヒーと思ったけど、
8
近づいてみたらしっかり道があったのでここは全く問題ありませんでした。
2022年09月03日 09:04撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
近づいてみたらしっかり道があったのでここは全く問題ありませんでした。
6
半分。
2022年09月03日 09:12撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
半分。
1
この木道が、ホントにツルツルでヤバイ。アイゼン付けたら怒られるだろうか、、。
2022年09月03日 09:13撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
この木道が、ホントにツルツルでヤバイ。アイゼン付けたら怒られるだろうか、、。
5
ん?
2022年09月03日 09:14撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ん?
9
三ヶ月池、だそうです。
2022年09月03日 09:14撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
三ヶ月池、だそうです。
2
今日イチ、景色の良い場所でした。
2022年09月03日 09:14撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
今日イチ、景色の良い場所でした。
11
ようやく小屋に到着。意外に小岳から長かった。
2022年09月03日 09:32撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ようやく小屋に到着。意外に小岳から長かった。
2
ひとまずスルーで。
2022年09月03日 09:32撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ひとまずスルーで。
5
その先には、ついに念願の「念仏ヶ原」です。
2022年09月03日 09:36撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
その先には、ついに念願の「念仏ヶ原」です。
2
去年、上から見た「楽園」にようやく辿り着きました。
2022年09月03日 09:37撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
去年、上から見た「楽園」にようやく辿り着きました。
5
んー、素晴らしい。
2022年09月03日 09:39撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
んー、素晴らしい。
5
でも意外と樹木も成長してて、小湿原→樹林の繰り返し。
2022年09月03日 09:48撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
でも意外と樹木も成長してて、小湿原→樹林の繰り返し。
1
念仏ヶ原、終了。そして、
2022年09月03日 10:03撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
念仏ヶ原、終了。そして、
清川橋へ向かって急降下の開始!
2022年09月03日 10:08撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
清川橋へ向かって急降下の開始!
1
なかなかの難所です。
2022年09月03日 10:10撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
なかなかの難所です。
2
安全に。ゆっくりと。
2022年09月03日 10:13撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
安全に。ゆっくりと。
1
荒れた沢を越えて、
2022年09月03日 10:15撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
荒れた沢を越えて、
1
少し行くと、ついに、、、
2022年09月03日 10:18撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
少し行くと、ついに、、、
キターー!清川橋!1年ぶりの感動の再会。
2022年09月03日 10:19撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
キターー!清川橋!1年ぶりの感動の再会。
9
これで無事、肘折ルートが繋がりました。
2022年09月03日 10:43撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
これで無事、肘折ルートが繋がりました。
7
感無量。ありがとう!
2022年09月03日 10:47撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
感無量。ありがとう!
6
と一通り感慨にふけったとこで、、、帰路開始です。下山方向だけご覧になる方は山頂から1000m下ってきてハァハァ言ってるところでしょうかね。(笑)
2022年09月03日 10:49撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
と一通り感慨にふけったとこで、、、帰路開始です。下山方向だけご覧になる方は山頂から1000m下ってきてハァハァ言ってるところでしょうかね。(笑)
3
一応、下山方向の方のために帰路も詳しく解説入れます。荒れた沢を越えて左の尾根に取り付くと、
2022年09月03日 10:50撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
一応、下山方向の方のために帰路も詳しく解説入れます。荒れた沢を越えて左の尾根に取り付くと、
1
ここから念仏ヶ原までの急登開始!
2022年09月03日 10:51撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ここから念仏ヶ原までの急登開始!
1
さっき下ったときは危険だと思ったけど、
2022年09月03日 10:52撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
さっき下ったときは危険だと思ったけど、
2
登りはほだいでもねがな。
2022年09月03日 10:53撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
登りはほだいでもねがな。
1
大きい荷物だとちょっと大変かもね。
2022年09月03日 10:55撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
大きい荷物だとちょっと大変かもね。
130mくらい登って、
2022年09月03日 11:04撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
130mくらい登って、
1
おー、念仏ヶ原!奥はこれから目指す小岳。
2022年09月03日 11:11撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
おー、念仏ヶ原!奥はこれから目指す小岳。
6
荒れたところもあったりしますが。
2022年09月03日 11:16撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
荒れたところもあったりしますが。
2
樹林と湿原が何度も交互に続きます。
2022年09月03日 11:18撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
樹林と湿原が何度も交互に続きます。
3
小屋。ちょうど雨が降って来たので
2022年09月03日 11:26撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
小屋。ちょうど雨が降って来たので
4
中でしばらく雨宿りさせて頂きました。エキスパートな方々が利用されてた小屋なのでちょっとドキドキ。
2022年09月03日 11:27撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
中でしばらく雨宿りさせて頂きました。エキスパートな方々が利用されてた小屋なのでちょっとドキドキ。
7
雨も小降りになったので、再びレッツらゴー。
2022年09月03日 12:04撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
雨も小降りになったので、再びレッツらゴー。
木道。スベる。めっちゃスベる。高校の先生のギャグくらいスベる。
2022年09月03日 12:22撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
木道。スベる。めっちゃスベる。高校の先生のギャグくらいスベる。
6
三ヶ月池。月山はすっかり隠れてしまいましたね。
2022年09月03日 12:23撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
三ヶ月池。月山はすっかり隠れてしまいましたね。
3
崩落地ですが道はしっかりしてます。
2022年09月03日 12:37撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
崩落地ですが道はしっかりしてます。
1
小岳への最後の登りが始まる。
2022年09月03日 12:43撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
小岳への最後の登りが始まる。
1
小岳山頂付近。ここを入っていきそうな人はあの人とあの人とあの人くらいか。(笑)
2022年09月03日 12:49撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
小岳山頂付近。ここを入っていきそうな人はあの人とあの人とあの人くらいか。(笑)
2
元階段。
2022年09月03日 13:01撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
元階段。
1
巨大看板が現れたら国立公園ともお別れ。
2022年09月03日 13:02撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
巨大看板が現れたら国立公園ともお別れ。
1
まだしばらくありますね。
2022年09月03日 13:02撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
まだしばらくありますね。
3
下ります。
2022年09月03日 13:11撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
下ります。
根っこ多すぎ!
2022年09月03日 13:28撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
根っこ多すぎ!
ドロドロ多すぎ!
2022年09月03日 13:39撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ドロドロ多すぎ!
1
はい滑りましたよ転びましたよごめんなさいねプンプン。
2022年09月03日 13:45撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
はい滑りましたよ転びましたよごめんなさいねプンプン。
9
赤沢川渡渉点。しっかり休憩しましょう。
2022年09月03日 13:47撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
赤沢川渡渉点。しっかり休憩しましょう。
2
ブナ林。
2022年09月03日 14:22撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ブナ林。
1
ラスボス大森山が見えてくる。
2022年09月03日 14:24撮影 by DSC-WX7 SONY
ラスボス大森山が見えてくる。
5
猫又沢。正面に道があるように見えますが崖で危ないので右のピンクテープあたりに道が付け替えられてます。
2022年09月03日 14:36撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
猫又沢。正面に道があるように見えますが崖で危ないので右のピンクテープあたりに道が付け替えられてます。
3
はい、こちらからがよろしいでしょう。
2022年09月03日 14:39撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
はい、こちらからがよろしいでしょう。
3
湯殿山碑。ナムナム。
2022年09月03日 14:48撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
湯殿山碑。ナムナム。
6
再び北斜面トラバースの悪路区間。
2022年09月03日 14:58撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
再び北斜面トラバースの悪路区間。
3
歩きづれー。
2022年09月03日 14:59撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
歩きづれー。
3
倒木あるし。
2022年09月03日 15:01撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
倒木あるし。
1
フサフサだし。
2022年09月03日 15:07撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
フサフサだし。
5
ようやく抜けて大森山西鞍部。ここからなぜか、、、
2022年09月03日 15:12撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ようやく抜けて大森山西鞍部。ここからなぜか、、、
2
迷いもなく、上へ、上へと。
2022年09月03日 15:22撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
迷いもなく、上へ、上へと。
2
なにやってんだ、おれ。
2022年09月03日 15:30撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
なにやってんだ、おれ。
1
ぐえー。
2022年09月03日 15:38撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
ぐえー。
6
山頂
2022年09月03日 15:48撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
山頂
6
です。
2022年09月03日 15:49撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
です。
12
無事降りきってシャバに復帰したー、と思った瞬間!
2022年09月03日 16:10撮影 by NIKON 1 V3NIKON CORPORATION
無事降りきってシャバに復帰したー、と思った瞬間!
例のおむすびころりんが起きました。何やってんだ、オーマイガー。
2022年09月03日 16:32撮影 by DSC-WX7 SONY
例のおむすびころりんが起きました。何やってんだ、オーマイガー。
5
かける言葉もありませんが、
2022年09月03日 16:39撮影 by DSC-WX7 SONY
かける言葉もありませんが、
翌日奇跡的に回収できたので良しとしましょう。ありがとさまです。
2022年09月03日 16:40撮影 by DSC-WX7 SONY
翌日奇跡的に回収できたので良しとしましょう。ありがとさまです。
9
温泉街まで歩きの方はもう少し頑張ってくださいませ。
2022年09月03日 16:42撮影 by DSC-WX7 SONY
温泉街まで歩きの方はもう少し頑張ってくださいませ。
11

感想/記録

未踏の、魅惑の、憧れの月山肘折ルート。

山頂往復までは30kmを越える超ロングルートのため日帰りで行くには自分の体力、スキルでは厳しく、あれこれ悩んだ結果、上からと下からの2回に分ければ何とか実現できるかも!と思い立ち、丁度1年前に山頂から清川橋までの「上から」を踏破し、今回、肘折登山口〜清川橋までの「下から」を踏破したことで、無事全コース歩き切ることが出来ました!これでようやく月山主要5ルート(姥沢、湯殿山、羽黒、岩根沢、肘折)、全てコンプリートです。苦節10年、感動の瞬間!

と、思いきや、、、

今回はこの肘折ルートを詳細にレポートすべく、普段より写真も多めに撮り、小岳、大森山の三角点もヤブ漕ぎで確認した。そしてその愛と感動が詰まった大事な大事なカメラが何とゴール直前で、、、ふとバランスを崩した瞬間に濡れた手からスルっと転げ落ちたと思ったらそのまま奈落の底へコロコロと。おむすびころりんすっとんと〜ん、と言ってる場合ではないけど、ガサガサガサと延々と転がり落ちる音を聞いたまま、ただ立ち尽くすしかありませんでした、、。

しかーし!

SDGsに気を遣うへろぞーはこのまま山の中に人工物を放置したままなのは山に大変申し訳ないと思い (決してカメラを買い直す金がもったいなかったわけでは、、)、翌日現地に再び赴き、不屈の精神力&忍耐力で何とかカメラを発見、回収してきましたー。

というわけで、残された貴重な(そして大量過ぎてやんだぐなるぐらいの)写真と格闘しながら、山形県人としての愛とプライドと奇跡が詰まった月山肘折ルートレコとなりました。この度はお読み頂き大変ありがとうございました。ペコリ。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:506人

コメント

へろぞーさん、こんにちは。
カメラ、切ないですね。データはこの山行のものだけですか。

カメラは残念でしたが、全てのコース、おめでとうございます。嬉しいですよね、分かります。
質問があります。私は「全国区 深田久弥の日本百名山」「ローカル どこがそうだか分からない足利百名山」を歩きました。足利百名山を登り終え、せっかくだからと足利市の境を一通り繋ぎました。いずれの百名山も、いろんな出会いに助けてもらったなあと嬉しいものでした。
ところが!市の境が繋がる直前(うーん、200〜300m手前ぐらいからかな)感慨無量、涙が滲んできました。いよいよ終わってしまうと、さみしかったのかもしれませんね。

へろぞーさんの今回の気持ちって、霊山月山、やまがた百名山、地元の山ですから、同じような感じなのかな、聞いてみたいなと思いました。

おめでとうございます、お疲れ様です。
2022/9/4 17:26
ramisukeさん、こんちゃ。いつもありがとうございます。

まあちょっとオーバーに書きましたけど、自分が持ってる2013年度版の「山と高原地図 鳥海山・月山」では途中の清川橋が崩落中で通行できないと書いてあったので、自分がこのルートを歩き切ることは不可能に近いだろうと当時は思ってましたが、その後2015年に新しい橋が完成して、またヤマレコを本格的に始めたことで皆さんから大変刺激を頂いたことで何とか実現できたのかなーと思います。

今回は残念ながら「涙ぐむ」までは行かなかったですが、去年、祝瓶山にて山形県の分県ガイドを達成した時はやはり嬉しかったですね。登山始めて間もないころに立てた大きい目標だったので。同じく去年やまがた百名山も達成しましたが、こちらは2016年に制定されたもので途中からの目標だったから、正直そこまでではなかったかも。あと、今頑張ってる「東北百名山」のほうはそれにも増してかなり困難な目標なので、もしかしたら達成の暁には似たような気持になるかもしれません。藪とか通行止めとか登山禁止とかガソリン代とか、前途多難ではありますが。

んで、んで、実はの話ですが、カメラ諦めきれずに本日再度現地に行ってみたところ何と何と、無事発見、回収することが出来ました!カメラ本体は液晶モニタもぶっ飛んで完全にアウトの状態でしたが、大事な大事なSDカードは生きてました!データあります!というわけでこれから大作描きますのでこうご期待。
2022/9/4 19:23
大作、待ちますね。
カメラ回収良かったです。
2022/9/4 19:33
し、しまった、ハードル上げてしまった、、。(汗)
2022/9/4 19:42
herozoさん
肘折りルートは、凄いんですね。
ホント、大作でした。
貴重なレコですね、改めてお疲れ様でした。
2022/9/6 21:34
どもー。
文字数多いといいねが頂き辛いんですが、そんなのかんけーねー。
今回は情報提供優先で書かせて頂きました。レコの少ない道なんで。
少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
2022/9/6 21:51
こんばんは🌙
SDカード、回収できてヨカッタですね♪
2022/9/5 0:38
93kusa93さん、おばんでーす。しつこさだけは人一倍、一度噛んだら離さないスネークへろぞーでございます。というわけで一旦下書きに戻させて頂きますのでよろしく哀愁でいと!
2022/9/5 3:19
なんだ、同じ週末に同じ月山コンプリート登山やってたとは😂
何か通じるものがありますね〜
さて、行きますよ〜
2022/9/6 21:53
んだねっす。あっちにコメントしようと思ったけど釣りで盛り上がってたんでやめといた。(笑)
行きますか〜。柏木山でしかやったごどねんだけっどな〜、、。
2022/9/6 22:01
見つけました!
まずは、コンプリートおめでとうございます。二回に分けたとはいえ、往復になるので凄いです! そして、翌日に執念のカメラ回収、本当に良かったですね。
私は2006年9月下旬に肘折口から湯殿山口へ1泊2日で歩きました。北山形駅乗車で新庄駅まで行こうと乗ったものの、車両トラブルでやむなく天童駅で新幹線に乗り換え。新庄駅からは予定のバスで肘折温泉へ。徒歩で登山口、念仏ヶ原小屋泊。翌日は山頂へ上がってからは湯殿山口に下り、当時は湯殿山ホテルが営業中だからバス停があり、山交バスで山形駅まで戻りました。
今なら2日目は山頂から姥沢口に下りて、西川インターまで町営バスで行き、接続は悪いけど高速バスで山形へ戻ればいけますね。
この秋に、久し振りに念仏ヶ原までピストン(前回は2015.7。GPSで距離19.8km)しようかと思っていましたが、記録を見て結構大変に感じてしまいました。でも凄く参考になります!
前回は小岳の三角点だけは撮影しようと思っていましたが、面倒で止めました。
今度は年齢的も大変になりますが、大森山も小岳も三角点標石が地表に露出しているのが分かったので(写真、ありがとうございます)、ロープ止めの鉄の棒やピッケルを担がなくて済むので決行したいと思います。
2022/9/10 1:48
komechanさん、お久でございます。
そうですか、念仏ヶ原までだったらほぼ今回の自分のルートと同じような感じですね。自分は登山がメインなんで三角点は気が向いた時しか探しませんが、今回たまたま探したものがお役に立てたのであれば大変幸いです。
紅葉の時期は良さそうですね。お気をつけて〜。
2022/9/11 10:47
herozoさん
予定より早く行ってきました。
16日は少し最高気温が低そうなので2時半起床し、肘折口出発はゆっくりの身支度後で5時半。そこまでの車道ルートは5回目なので一発。でも、7年前は全ての分岐に案内があったのですが…。
年寄りの冷水なので、ゆっくり歩き。夜露が乾かない内の薮漕ぎは嫌なので、まずは小屋から15分先の池の所をゴールにして昼食。草紅葉はほんの少し。
帰路、小岳に突入。写真で見る通りの密薮、体をくねらせて足が地面につかないことも度々。直線91mに15分かかりました。背を伸ばすと月山山頂も見えました。標石周辺を少し刈って撮影。
大森山は南からの一番高い位置からの最短距離と考えていましたが、やはり地形図に徒歩道が残っているということは?、よって尾根筋を辿りましたがこちらの薮は楽ですね。標石周辺も広めに刈りました。下りは南方向にして、大森山標識ある展望地で葉山の最後の眺めを感傷的に浸りました。herozoさんが雨の中を登ったのは凄かったですね。改めて、大変お疲れさまでした。
車帰着は4時でした。
帰りに肘折小中学校跡地にあるアメダスを見学。最大積雪深を報告する現場を見られて良かったです。
ガーミンハンディGPSで距離22.1km、総上昇量は1432m。
2022/9/18 11:40
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ