また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 468039 全員に公開 沢登り丹沢

水無川 モミソ沢遡行+懸垂岩でトレ

日程 2014年06月21日(土) [日帰り]
メンバー
 stk
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸川林道を新茅ノ沢出合い手前の駐車スペースに駐車。
→ここは駐車スペースではなくすれ違いエリアなので新茅山荘Pにとめること
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

新茅ノ沢出合 9:40-10:40大滝12m-11:47懸垂岩
コース状況/
危険箇所等
遡行グレード〔1級上〕
注意するのは、3段8mの最上段4m。落ちると一番下まで落ちるのでちょっと緊張します。
大滝12mはロープ必須。支点は豊富です。抜け口は左から岩がかぶってちょっと登りづらい(元蕕箸里海函法
倒木がそこそこありました。
ヒルはいないかと思ったが、二人とも被害あり。。

以下写真
Nikon CoolPix AW110(stk)
Nikon1 AW1 (t-kinjo)
RICOH Theta (t-kinjo)
過去天気図(気象庁) 2014年06月の天気図 [pdf]

写真

水無川(下流)
2014年06月21日 09:42撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川(下流)
水無川(上流)
2014年06月21日 09:43撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川(上流)
モミソ沢へ入っていきます
2014年06月21日 09:44撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミソ沢へ入っていきます
2
序盤からゴルジュの連続。
2014年06月22日 08:38撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤からゴルジュの連続。
深い谷は曇天もあり暗いです。
2014年06月21日 09:44撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い谷は曇天もあり暗いです。
1
次から次へと
2014年06月21日 09:47撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次から次へと
1
滝が出てきます
2014年06月21日 09:48撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝が出てきます
支流の方が水量がある。。
2014年06月22日 08:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支流の方が水量がある。。
3段8m
このあたりから水はかなり少なくなります。
2014年06月21日 10:02撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3段8m
このあたりから水はかなり少なくなります。
1
上段。右は逆層気味で難しい
2014年06月21日 10:04撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上段。右は逆層気味で難しい
2
3段8mの上段4mを登るstk。斜度が強い。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す3段8mの上段4mを登るstk。斜度が強い。
2
チムニー状
2014年06月21日 10:16撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チムニー状
2
《360度パノラマ》
チムニー。突っ張りで。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
《360度パノラマ》
チムニー。突っ張りで。
1
結構なゴルジュ地形。水無川随一です。
2014年06月21日 10:19撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構なゴルジュ地形。水無川随一です。
1
狭い場所が続きます
2014年06月21日 10:29撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い場所が続きます
2
最後が元蕕蕕靴い任后t-kinjouリードでクリア。久々の割にサクっといってましたね。
2014年06月21日 10:43撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後が元蕕蕕靴い任后t-kinjouリードでクリア。久々の割にサクっといってましたね。
2
支点は豊富です。
2014年06月21日 10:48撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支点は豊富です。
2
《360度パノラマ》
大滝を越えた所。この先は平凡な涸沢になるようなので、大倉尾根には行かずに左岸尾根を降下。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
《360度パノラマ》
大滝を越えた所。この先は平凡な涸沢になるようなので、大倉尾根には行かずに左岸尾根を降下。
大滝の後は平凡とのことで、さっさと遡行を打ち切りました。
2014年06月21日 11:16撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝の後は平凡とのことで、さっさと遡行を打ち切りました。
1
表尾根がきれいに見えます
2014年06月21日 11:20撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根がきれいに見えます
1
懸垂岩の上に戻ってきました。
2014年06月21日 11:40撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂岩の上に戻ってきました。
2
今日はエイト環もってきてないのでこれでラペリング
2014年06月21日 11:56撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はエイト環もってきてないのでこれでラペリング
2
降下ルートの最後は、モミソ岩(懸垂岩)の上部に到着。懸垂でゴールする。20mロープで1PでOK。
2014年06月22日 08:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降下ルートの最後は、モミソ岩(懸垂岩)の上部に到着。懸垂でゴールする。20mロープで1PでOK。
2
途中で撮影
2014年06月21日 12:00撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で撮影
2
《360度パノラマ》
水無川に、モミソ沢と新茅ノ沢が合流部。午後は誰も居ない懸垂岩で岩トレ。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
《360度パノラマ》
水無川に、モミソ沢と新茅ノ沢が合流部。午後は誰も居ない懸垂岩で岩トレ。
ビレイ中。安全地帯で記念撮影
2014年06月21日 13:24撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビレイ中。安全地帯で記念撮影
2
《360度パノラマ》
セカンドで登攀中。ボルトが打ってある。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
《360度パノラマ》
セカンドで登攀中。ボルトが打ってある。
2
《360度パノラマ》
水無川から。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
《360度パノラマ》
水無川から。
2

感想/記録
by stk

水無川のモミソ沢を遡行。
前半に滝が集中している。短いが、最後に大滝でクライミングが楽しめて充実感がある。大滝からあとは平凡な渓相(水はとっくに涸れている)。詰め上げると大倉尾根の堀山の家付近に出るようだが、遡行を打ち切って左岸尾根(バリエーションルート)から降りる。最後は入渓した場所の右にある懸垂岩真上に出る。巻けば降りられそうだが、懸垂で降りた。
人気の岩トレ場所のようだが、今日は貸し切り。ゆったりとトレーニングを楽しめた。
※この山行記録は以下の投稿キャンペーンに参加しています。
山で撮影した上下左右360度パノラマ写真コンテスト - 結果発表 by ヤマレコ
訪問者数:4460人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/5/8
投稿数: 1432
2014/6/22 21:23
 トレーニング
stkさん、こんばんは。

モミソ沢、名前は聞いていましたが、写真を拝見すると登攀的な沢の様ですね。さすがクライミング好きなstkさんのチョイスです
下りてきた後に岩トレっていうのが、すごいですね。確かに山岳会の時はそんな山行もあった気がします。

まあ、私の場合、クライミング技術を向上させようという意欲が無いので、ロープワークの習熟以外の目的ではやらなかったですが・・ 

技術を高めて難しい沢を克服しようというような気が無いので、現状で行けるところで良いやってお気楽な感じです
登録日: 2011/11/17
投稿数: 2862
2014/6/23 8:31
 北も南もヒル
stkさん、kinjohさん、こんにちは。

そちらは実害があったみたいですね。
僕らは幸い未遂事件でしたが、ゾッとしますね。
ヒル生息地はジワジワ広がっているようですが、
生態系のバランス不良で野生動物が増加した影響ですかね?

よしさんの話題の岩トレですが、自分もしませんでした。
理由は簡単で、体が固い事と、高い所が怖いから(笑)。
でも、技術とか練習っていうのはやっておいた方が良いですね。
フリーの上手な人は、登攀やヘツリがうまいですもんね。
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 980
2014/6/23 19:18
 遡行うちきって短すぎたもので^^
yoshiさん、こんばんは〜
モミソ沢、ショートルートながら予想以上に登攀要素がある沢でした。大滝があるとやはり充実しますね。
疲れた状態では岩トレする気にはなりませんが、なにしろ今回は1.5kmくらいしか歩いてないんで(笑) 懸垂岩(モミソ岩)は頑強なハンガーボルトが多いので、安全にトレーニングが出来ました(とはいってもyoshiさんならチョロそうなルートばかりですよw)
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 980
2014/6/23 19:24
 やはり梅雨時期は出ますね。。
gankoyaさん、こんばんは〜
被害は、自分1、t-kinjou2でした。自分は序盤にすわれたのか、血が固まってましたが、t-kinjouの方は盛大に流血しており、このまえの墓場尻川の自分を見ているようでした
丹沢は完全にシカによる拡大みたいですね。シカ防護柵がはりめぐらされてますが、西丹沢方面も今後増えるだろうとの事。。勘弁してほしいものです。

岩トレはうちらもロープワークに重きをおいてますね。ひさびさのトレのせいか腰が痛くなりました

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ