また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4699574 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

蓼科山〜亀甲池〜双子池〜双子山 * 森と池を巡る山歩き *

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年09月17日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候○ 天気 : 晴れ 時々 曇り。
○ 風速 : 弱め(5m/s程度)。
○ 気温 : 普通(17℃くらい)。
○ 視程 : 普通。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
○ 往路(約237km)
 ・04:10 {自宅} - 08:00 大河原峠
  ※高速利用:つくば中央IC〜佐久南IC
  ※駐車場:30台程度(無料)

○ 復路(約25km)
 ・15:10 大河原峠 - 15:55 {宿泊先}
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:04
距離
11.6 km
登り
856 m
下り
841 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間56分
休憩
1時間9分
合計
7時間5分
Sスタート地点08:0308:21大河原峠08:23大河原ヒュッテ08:2409:11佐久市最高地点09:19赤谷の分岐09:30将軍平09:59蓼科山頂ヒュッテ10:04蓼科山10:12蓼科山展望盤10:1610:20蓼科神社奥宮10:3110:36蓼科山10:4310:45蓼科山頂ヒュッテ10:5011:12蓼科山荘12:05天祥寺原・将軍平分岐12:18天祥寺原12:40亀甲池12:4213:18双子池キャンプ場13:1913:30双子池ヒュッテ13:3113:33双子池14:0914:40双子山14:4114:59大河原峠15:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○ CT(標準) : 06時間20分
○ CT(実績) : 05時間45分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
○ 総距離:約12km、累積標高:約900m。
○ 大河原峠を起点として、蓼科山、亀甲池、双子池、双子山を周回するコースです。
○ 蓼科山の山頂直下は岩場の急登(約200m)です。渋滞するので譲り合いを。
○ 将軍平から天祥寺原までは激下り(約400m)です。
○ 全体的にトレースも明朗でとても良く整備された登山道です。
○ 特に危険を感じる場所はありませんでした。
その他周辺情報(1) トイレ
  大河原峠
  蓼科山荘
  蓼科山頂ヒュッテ
  双子池ヒュッテ

(2) 登山ポスト
  大河原峠

(3) 登山バッチ
  蓼科山荘
  蓼科山頂ヒュッテ
  双子池ヒュッテ

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ナイフ カメラ 携帯トイレ

写真

三連休初日ははるばる長野へ。大河原峠の駐車場が既に満車だったので、手前の駐車スペースに車を停めました。標高が2000m以上あるので早くも絶景です。
2022年09月17日 08:12撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三連休初日ははるばる長野へ。大河原峠の駐車場が既に満車だったので、手前の駐車スペースに車を停めました。標高が2000m以上あるので早くも絶景です。
33
大河原峠に向かう途中の道路沿いには、ゲンノショウコ(現の証拠)やホタルブクロ(蛍袋)などがまだ咲いてました。
2022年09月17日 08:15撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原峠に向かう途中の道路沿いには、ゲンノショウコ(現の証拠)やホタルブクロ(蛍袋)などがまだ咲いてました。
32
大河原峠に到着。駐車場は完全にキャパオーバーです。
2022年09月17日 08:19撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原峠に到着。駐車場は完全にキャパオーバーです。
21
【F】峠から入山します。ちなみに、今日の山歩きでは先月手に入れたフィルムカメラのテスト撮影も兼ねてます。※以降【F】マークはフィルム写真を意味します。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す【F】峠から入山します。ちなみに、今日の山歩きでは先月手に入れたフィルムカメラのテスト撮影も兼ねてます。※以降【F】マークはフィルム写真を意味します。
19
序盤はシラカバやシラビソの苔むした森を登っていきます。森の良い香りに包まれます。
2022年09月17日 08:47撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤はシラカバやシラビソの苔むした森を登っていきます。森の良い香りに包まれます。
18
【F】立ち枯れ越しに、透かし見る蓼科山(たてしなやま:2530m)。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す【F】立ち枯れ越しに、透かし見る蓼科山(たてしなやま:2530m)。
14
北八ツに来た実感が湧きます。
2022年09月17日 09:26撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ツに来た実感が湧きます。
23
峠からずっと見通しの効かない樹林帯歩きでしたが、ふと南側が開け、南八ツの険しい山並みが見渡せました。
2022年09月17日 09:28撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠からずっと見通しの効かない樹林帯歩きでしたが、ふと南側が開け、南八ツの険しい山並みが見渡せました。
22
『蓼科山荘』に到着。三連休だけあり大勢のハイカーで賑わってました。
2022年09月17日 09:31撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『蓼科山荘』に到着。三連休だけあり大勢のハイカーで賑わってました。
21
ここから山頂までは、岩がゴロゴロして歩きづらい急登です。しかも出発時刻が遅かったので渋滞にはまってしまいました。
2022年09月17日 09:35撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山頂までは、岩がゴロゴロして歩きづらい急登です。しかも出発時刻が遅かったので渋滞にはまってしまいました。
16
ヤマハハコ(山母子)。
2022年09月17日 09:57撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ(山母子)。
22
『蓼科山頂ヒュッテ』が見えたー。ということは、、、
2022年09月17日 09:58撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『蓼科山頂ヒュッテ』が見えたー。ということは、、、
23
着いたー、山頂!初めて来ました。奥に北アルプスの山並みが見えてます。
2022年09月17日 10:04撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたー、山頂!初めて来ました。奥に北アルプスの山並みが見えてます。
62
お鉢?を回って360°の絶景を楽しみます。まずは蓼科高原とその奥の南アルプス。
2022年09月17日 10:10撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢?を回って360°の絶景を楽しみます。まずは蓼科高原とその奥の南アルプス。
27
続いて、白樺湖と去年歩いた霧ヶ峰(きりがみね:1925m)。
2022年09月17日 10:14撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて、白樺湖と去年歩いた霧ヶ峰(きりがみね:1925m)。
34
ミネズオウ(峰蘇芳)がまだ咲いてました。
2022年09月17日 10:21撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミネズオウ(峰蘇芳)がまだ咲いてました。
30
お腹が空いたので、程良い岩を椅子代わりにして、浅間山(あさまやま:2568m)を見ながらパンをかじります。
2022年09月17日 10:23撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お腹が空いたので、程良い岩を椅子代わりにして、浅間山(あさまやま:2568m)を見ながらパンをかじります。
22
もう少しゆっくりしたかったですが、次の目的地へ向かいます。
2022年09月17日 10:51撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しゆっくりしたかったですが、次の目的地へ向かいます。
12
もちろん下りも急です。
2022年09月17日 10:57撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん下りも急です。
21
将軍平(蓼科山荘)から天祥寺原まではさらに400mの激下り。逆回りだと苦労しそうです。ハイカーの数も一気に減りました。
2022年09月17日 11:41撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将軍平(蓼科山荘)から天祥寺原まではさらに400mの激下り。逆回りだと苦労しそうです。ハイカーの数も一気に減りました。
15
道が平になったので、天祥寺原に着いたようです。正面のお山は北横岳(きたよこだけ:2473m)かな。
2022年09月17日 12:03撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が平になったので、天祥寺原に着いたようです。正面のお山は北横岳(きたよこだけ:2473m)かな。
15
ここ(天祥寺原)から望む蓼科山が綺麗なお椀型してました。
2022年09月17日 12:09撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ(天祥寺原)から望む蓼科山が綺麗なお椀型してました。
30
【F】せっかくなのでフィルムでも。エモい!拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す【F】せっかくなのでフィルムでも。エモい!
40
奥のお山は、この後登る双子山(ふたごやま:2229m)かな。
2022年09月17日 12:13撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥のお山は、この後登る双子山(ふたごやま:2229m)かな。
15
この分岐を大河原峠方面へ行けばゴールは近いのですが、ちょっと寄り道していきます。
2022年09月17日 12:19撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐を大河原峠方面へ行けばゴールは近いのですが、ちょっと寄り道していきます。
9
忽然と現れた不思議空間。
2022年09月17日 12:38撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
忽然と現れた不思議空間。
29
【F】畔の木は黄葉が始まっています。もう少ししたら綺麗だろうな。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す【F】畔の木は黄葉が始まっています。もう少ししたら綺麗だろうな。
21
【F】亀甲池の先から、これまでの苔密度から数段階アップしました。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す【F】亀甲池の先から、これまでの苔密度から数段階アップしました。
17
【F】まさに『もののけ姫』の森の世界感。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す【F】まさに『もののけ姫』の森の世界感。
23
嫁は一度来たことがありますが、僕は初めて来ました。あまりの森の深さ、苔の多さに畏怖を覚えました。
2022年09月17日 12:59撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嫁は一度来たことがありますが、僕は初めて来ました。あまりの森の深さ、苔の多さに畏怖を覚えました。
30
ゴゼンタチバナ(御前橘)の実。
2022年09月17日 13:06撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ(御前橘)の実。
14
苔。これぞザ・北八ツです。
2022年09月17日 13:09撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔。これぞザ・北八ツです。
25
苔を楽しみながら歩いていると、もう一つの池、双子池(雌池)に到着しました。
2022年09月17日 13:20撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔を楽しみながら歩いていると、もう一つの池、双子池(雌池)に到着しました。
24
【F】これが見たかったのですよー♪拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す【F】これが見たかったのですよー♪
61
畔の森の中にあるテントサイトも良い感じでした。
2022年09月17日 13:22撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畔の森の中にあるテントサイトも良い感じでした。
14
ほどなく『双子池ヒュッテ』に着きました。嫁がお腹が空いたと言うので、「おこわ+豚汁セット」を戴きました。染みました。
2022年09月17日 13:28撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく『双子池ヒュッテ』に着きました。嫁がお腹が空いたと言うので、「おこわ+豚汁セット」を戴きました。染みました。
13
【F】さよなら双子池。また来ます。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す【F】さよなら双子池。また来ます。
22
食後の登り返しはちょっと堪えます。
2022年09月17日 14:26撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食後の登り返しはちょっと堪えます。
19
双子山の山頂付近は原っぱになってました。
2022年09月17日 14:38撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子山の山頂付近は原っぱになってました。
17
最後はガスに巻かれて、大河原峠に戻ってきました。北八ツを満喫した一日でした。
2022年09月17日 14:58撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はガスに巻かれて、大河原峠に戻ってきました。北八ツを満喫した一日でした。
14
【おまけ】【F】三連休最終日。つくばへと戻る道すがら、農家の庭先には、色とりどりのコスモスが咲き乱れてました。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す【おまけ】【F】三連休最終日。つくばへと戻る道すがら、農家の庭先には、色とりどりのコスモスが咲き乱れてました。
41
【おまけ】【F】収穫を間近に控えた稲穂とコスモス。浅間山に掛かる黒い雲と強風になびくコスモスが台風の襲来を予感させます。逃げ帰るようにつくばへ戻りました。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す【おまけ】【F】収穫を間近に控えた稲穂とコスモス。浅間山に掛かる黒い雲と強風になびくコスモスが台風の襲来を予感させます。逃げ帰るようにつくばへ戻りました。
44
撮影機材:

感想/記録

両親・妹家族と蓼科高原のホテルに滞在した三連休でしたが、初日のみ嫁と二人別行動で蓼科山に登り、北八ツの森と池を散策しました。

北八ツはこれまで冬にしか訪れたことがなかったので、テレビや雑誌でお馴染みの苔蒸す森や不思議な色の池を目にしたのも今回が初めてでした。特に、亀甲池と双子池の間の苔の森は、それまでのどこよりも濃く、深く、神秘性を帯びていて、僕ら人間が踏み入れてはいけない聖域のようにさえ感じました。所謂「北八ツ」の雰囲気を満喫でき、充実した山歩きでした。

間もなく木々が紅葉し出す頃合いですので、さらに味わい深い北八ツの自然を楽しめそうです。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:450人

コメント

piazzollaさん 今晩は

蓼科高原で連休過ごしたんですね いいですね
自分は妻と結婚前に八島ヶ原湿原 散策したことがありました。
ただ散歩していました。

旅行は最近はぜんぜんしていなくて 近所の山しか歩いていなですね!
旅行とリフレッシュできてよかったですね
2022/9/20 20:28
shou2さん、こんばんは♪
年に一、二度、親戚で集まって旅行するのが恒例になってます。総勢11名。
八島ヶ原湿原も良いところですよね。実は連休二日目に、八島ヶ原湿原を少しだけ散策しました。アケボノソウとマツムシソウが見たかったのですが、雲行きが怪しくなってきたので、途中で引き返しました。
台風に翻弄された連休でしたが、終わってみれば長野方面はまずまずの天気でした。久しぶりに親戚とも会え、良いリフレッシュになりました。
2022/9/20 21:42
piazzollaさん こんばんは!
蓼科山賑わってたんですね〜!
岩々のお山は人の賑わいを感じ、苔の森は人を寄せ付けない神秘さを感じますね!shine
フィルムカメラの画像の色合いが懐かしく感じますが、画像はとても綺麗ですね。
良い連休になりましたね、お疲れ様でした!
フイルムカメラでのコスモスに昭和を感じました。
2022/9/22 18:56
andounouenさん、こんばんは♪
なるほど〜、賑わってた山頂から静かな苔の森に行ったからなおさら神秘的に感じたのかも知れませんね。
フィルムカメラの色合いは温かみを感じますよね。昭和の土産屋で売っていた絵葉書そのものですけど(笑)。フィルムの種類によって色合いが変わるのや現像するまで絵が分からないのも面白いです。あとはもう少しフィルムが安ければ言うこと無し、なのですが・・・。
2022/9/22 22:19
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ