また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 476756 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

長谷登山口より六ヶ岳へ

日程 2014年07月12日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
以前利用した登山者用駐車場の利用可否がわからなかったので、長谷寺の前にある観音茶屋に停めさせてもらった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

観音茶屋  14:10
長谷登山口 14:23
六ヶ岳   14:58〜15:09
長谷登山口 15:30
観音茶屋  15:42
コース状況/
危険箇所等
登山口から山頂近くまで、谷をまっすぐ登ってゆきます。
急な登山道なので雨上がりの下りは要注意です。
また、低山なので夏は虫対策が必要です。
過去天気図(気象庁) 2014年07月の天気図 [pdf]

写真

登山者用の駐車場の案内が書かれてなかったので、観音茶屋に停めさせてもらいました。
2014年07月13日 11:35撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者用の駐車場の案内が書かれてなかったので、観音茶屋に停めさせてもらいました。
1
山頂のアンテナが見えます
2014年07月13日 11:43撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のアンテナが見えます
県道475線横の登山口
2014年07月13日 12:21撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道475線横の登山口
登山道は山頂直前まで林の中。
次第に急坂になります。
2014年07月13日 12:22撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は山頂直前まで林の中。
次第に急坂になります。
山頂手前で直方からの登山道と合流です。
2014年07月13日 12:22撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前で直方からの登山道と合流です。
ほどなく塔(テレビ中継放送所)の横を抜けて山頂です。
2014年07月13日 12:23撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく塔(テレビ中継放送所)の横を抜けて山頂です。
1
雨こそ降ってませんが、どんよりとした梅雨空で、福智山方面も霞んでいます。
2014年07月13日 12:28撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨こそ降ってませんが、どんよりとした梅雨空で、福智山方面も霞んでいます。
3
山頂のベンチと東屋(?)
2014年07月13日 12:29撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のベンチと東屋(?)
3
いつ雨が降るかもわからない様子なので、ゆっくりもできず下山開始。
家に帰りついたら本格的な雨となりました。
2014年07月13日 12:31撮影 by E-M5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ雨が降るかもわからない様子なので、ゆっくりもできず下山開始。
家に帰りついたら本格的な雨となりました。
2

感想/記録

翌日から雨との予報で、とりあえず近場の「六ヶ岳」に出かけました。
駐車場は前回は公民館の駐車場に泊めた記憶がありましたが、案内の標識もなく入場できないようでした。
後で聞くと、その前の空き地が駐車場のようでした。

道は谷をまっしぐらに登ってゆくので、次第に急坂となります。
急なところにはロープが張ってあるので下りは頼りになります。

何しろ梅雨の真っただ中。
出かけるとき、空は明るかったのですが、山頂に着いた頃はどんより雲が広がっていました。

あの下りで雨でも降ったら・・・
山頂での休憩もそこそこに、一目散に下山しました。
訪問者数:627人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/4/16
投稿数: 1380
2014/7/16 0:15
 こんばんは。
tokochanさん。

はじめまして、maltenと申します。
昨年(2013年秋)、直方側(新入)から六ヶ岳へ登ってますが、他のルートからアプローチが分からなかったので、断念してました
tokochanさんの記録を参考に、長谷ルートからチャレンジして見ようと思います
登録日: 2014/1/8
投稿数: 53
2014/7/18 21:58
 Re: こんばんは。
maltenさま
返事が遅くなり申し訳ありません。
慣れていないものですみませんm(__)m

私自身、この山は長谷登山口からしか登ったことはありません。

長谷ルートの駐車場は475号線から長谷寺へ少し下ったところにありました。
前回登った時には公民館(跡?)に停めた記憶がありますが
今回は案内が表示されていなかったので長谷寺の前に駐車しました。

でも公民館近くの広場に駐車しても良いようですョ。

まもなく梅雨も明けるようです。
この山
夏場は厳しそうですね。

気候が良くなったらこちらからも登ってみてください。

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

東屋 梅雨
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ