また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4919332 全員に公開 ハイキング 磐梯・吾妻・安達太良

霊山(国司沢ハードコース再度)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年11月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
4.1 km
登り
493 m
下り
484 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
56分
合計
4時間36分
S霊山登山口09:5409:54国司沢展望所10:2511:30国司沢岩11:3312:47国司沢岩最先端13:0914:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
場所を確認しながらの移動ですので、時間は参考になりません。
コース状況/
危険箇所等
国司沢ハードコースに入れば、全体的に慎重に進むべきルートですが、その中でも特に3箇所はより注意すべき箇所かと思います。また傾斜が急なので、落葉で10日前よりもかなり滑りました。
 ´地点の岩の登り
  少しの登りですが、高度感を感じる方もいるかと思います。
◆´の地点の岩の登り降り
  他の箇所より距離があり、高度感もあります。手、足はどこにでもし  
  っかりと置けます(霊山の岩の表面には小さな突起が無数にあります           
  ので、細い突起は避けて安定している部分を利用して)ので、三点支
  持で落ち着いて進めば問題ありません。
 Г涼賄世隆笋療个蟾澆
  直では無く、足も置けるので、鎖を掴みながら(ロープは劣化してい
  るので不可)の上り下りは問題ありません。

写真

のんびりしすぎ、上の駐車場はギリギリでした。
2022年11月12日 09:49撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびりしすぎ、上の駐車場はギリギリでした。
7
快晴の土曜日です。
2022年11月12日 09:50撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の土曜日です。
10
国司沢展望所(|賄世箸靴泙后砲ら。
2022年11月12日 10:26撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国司沢展望所(|賄世箸靴泙后砲ら。
8
ここから斜め左に入って行き、
2022年11月12日 10:37撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから斜め左に入って行き、
4
踏み跡を辿って、
2022年11月12日 10:38撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡を辿って、
1
最初の岩場。吾妻、安達太良が、心地よい眺望です。
2022年11月12日 10:46撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の岩場。吾妻、安達太良が、心地よい眺望です。
9
まだ鮮やかでした。
2022年11月12日 10:53撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ鮮やかでした。
8
ここを下りて行き、
2022年11月12日 10:55撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下りて行き、
3
ここを登ります。
2022年11月12日 10:58撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登ります。
8
さらに先まで行ってから左に少しだけ上がりますが、三点支持で特に問題はありません。
2022年11月12日 10:59撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに先まで行ってから左に少しだけ上がりますが、三点支持で特に問題はありません。
12
広い岩場で絶景です。(地点とします。)
2022年11月12日 11:01撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い岩場で絶景です。(地点とします。)
15
左下に見えるのが、最初に目指す国司岩。
2022年11月12日 11:01撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左下に見えるのが、最初に目指す国司岩。
10
岩場から、ここを下りて行きます。
2022年11月12日 11:20撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場から、ここを下りて行きます。
2
下りた感じ。容易です。
2022年11月12日 11:03撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りた感じ。容易です。
2
下りたら、すぐにここを右に回り込みます。
2022年11月12日 11:21撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りたら、すぐにここを右に回り込みます。
2
少し進んでから下に下り、短い鎖がある岩を下り、やや狭い箇所を向こう側に進みます。
2022年11月12日 11:24撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進んでから下に下り、短い鎖がある岩を下り、やや狭い箇所を向こう側に進みます。
3
下りた感じ。
2022年11月12日 11:25撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りた感じ。
2
正面が国司岩。ここの鎖を
2022年11月12日 11:25撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が国司岩。ここの鎖を
6
下に下ります。
2022年11月12日 11:25撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に下ります。
4
この狭い空間を通って、
2022年11月12日 11:27撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この狭い空間を通って、
7
ここを登ります。手、足がしっかりと置けますので、安全のために鎖にも手を添えながら、三点支持で問題なく登れます。
2022年11月12日 11:28撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登ります。手、足がしっかりと置けますので、安全のために鎖にも手を添えながら、三点支持で問題なく登れます。
7
国司岩の頂です。(C賄世箸靴泙后)
2022年11月12日 11:30撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国司岩の頂です。(C賄世箸靴泙后)
8
Δら見た光景の○の位置になります。
2022年11月12日 12:27撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Δら見た光景の○の位置になります。
14
北側の○の位置が◆
2022年11月12日 11:30撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の○の位置が◆
4
東側、これから進む国司沢の岩。
2022年11月12日 11:31撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側、これから進む国司沢の岩。
8
初めの踏み跡まで戻り、この木の間を下りて行きます。
2022年11月12日 11:48撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めの踏み跡まで戻り、この木の間を下りて行きます。
2
ここの岩場を登ると、
2022年11月12日 11:51撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの岩場を登ると、
3
(岩場の鎖)
2022年11月12日 11:51撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(岩場の鎖)
3
先程の9饂粉笋西側に見えます。
2022年11月12日 11:53撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程の9饂粉笋西側に見えます。
5
広葉樹林を下っていき、左側の岩の足元を下りながら右に周って、
2022年11月12日 12:09撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広葉樹林を下っていき、左側の岩の足元を下りながら右に周って、
4
岩のトンネルを右に見ながら進むと、
2022年11月12日 12:12撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩のトンネルを右に見ながら進むと、
4
展望の効く箇所に出ます。(っ賄世箸靴泙后)
2022年11月12日 12:14撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望の効く箇所に出ます。(っ賄世箸靴泙后)
9
阿武隈山系を見下ろす絶景。(ボキャブラリーに乏しく、絶景が繰り返されます。)
2022年11月12日 12:15撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿武隈山系を見下ろす絶景。(ボキャブラリーに乏しく、絶景が繰り返されます。)
10
々饂並展望所からの光景では○の位置になります。
2022年11月12日 10:26撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
々饂並展望所からの光景では○の位置になります。
6
Δら見上げた光景の○の位置。
2022年11月12日 12:26撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Δら見上げた光景の○の位置。
9
しつこく、9饂粉笋らの光景では○の位置。
2022年11月12日 11:31撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しつこく、9饂粉笋らの光景では○の位置。
6
いら岩場を下りて行くと、梯子があります。(ッ賄世箸靴泙后)
2022年11月12日 12:17撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いら岩場を下りて行くと、梯子があります。(ッ賄世箸靴泙后)
3
ツ子は、Δら見上げた光景の○の岩場の裏側になります。
2022年11月12日 12:26撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツ子は、Δら見上げた光景の○の岩場の裏側になります。
7
梯子を下りて、左に周りながらさらに下っていくと岩が現れます。鎖に沿って登り、
2022年11月12日 12:21撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子を下りて、左に周りながらさらに下っていくと岩が現れます。鎖に沿って登り、
2
さらに登ると、
(ここは、帰りに向こう側から来ると、岩の幅が狭くなり、やや藪状になっており、先は切れ落ちているので、こちらに進むという考えは浮かばず、今回と前回、共に下り口が探せずウロウロしました。)
2022年11月12日 12:23撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに登ると、
(ここは、帰りに向こう側から来ると、岩の幅が狭くなり、やや藪状になっており、先は切れ落ちているので、こちらに進むという考えは浮かばず、今回と前回、共に下り口が探せずウロウロしました。)
4
岩の頂です。(γ賄世箸靴泙后)
2022年11月12日 12:31撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の頂です。(γ賄世箸靴泙后)
4
国司沢の絶景。
2022年11月12日 12:27撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国司沢の絶景。
13
一番上の岩が9饂粉筺
2022年11月12日 12:26撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番上の岩が9饂粉筺
7
振り返って下って来た岩場。
2022年11月12日 12:26撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って下って来た岩場。
11
Δ蓮↓,らの光景の○の位置。
2022年11月12日 10:26撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Δ蓮↓,らの光景の○の位置。
6
から見上げて、○の位置。
2022年11月02日 13:08撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
から見上げて、○の位置。
9
さらに、いら見下ろして○の位置。
2022年11月12日 12:14撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに、いら見下ろして○の位置。
5
しつこく、からの光景の○の位置。
2022年11月12日 11:31撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しつこく、からの光景の○の位置。
6
Δ猟困寮茲某覆漾岩を下りて、
2022年11月12日 12:34撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Δ猟困寮茲某覆漾岩を下りて、
6
さらに慎重に下りると、
2022年11月12日 12:34撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに慎重に下りると、
3
向かい側の岩に渡る鎖が2本。岩の間はガケです。向こうに渡る技術と勇気は無いので下に下ります。(地点とします。)
2022年11月12日 12:35撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かい側の岩に渡る鎖が2本。岩の間はガケです。向こうに渡る技術と勇気は無いので下に下ります。(地点とします。)
4
Г蓮↓,らの光景の○の位置。
2022年11月12日 10:26撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Г蓮↓,らの光景の○の位置。
5
左手前が鎖の渡っている岩。赤い小さな葉の先は、幅の広いガケ。その先に大きな岩が立っています。(地点とします。)
2022年11月12日 12:35撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手前が鎖の渡っている岩。赤い小さな葉の先は、幅の広いガケ。その先に大きな岩が立っています。(地点とします。)
7
,らの光景の○の位置が、直立した┐隆筺
2022年11月12日 10:26撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
,らの光景の○の位置が、直立した┐隆筺
6
からの光景では○の位置。
2022年11月12日 11:31撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
からの光景では○の位置。
5
さらに、から見上げると、○のすべての岩になります。
2022年11月02日 13:08撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに、から見上げると、○のすべての岩になります。
11
Гら鎖を掴んで下りて行きますが、手、足共にほぼしっかりと置けます。
2022年11月12日 12:36撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Гら鎖を掴んで下りて行きますが、手、足共にほぼしっかりと置けます。
4
途中で見上げた感じ。
2022年11月12日 12:38撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で見上げた感じ。
3
岩と岩の間に鎖の渡っている状況。
2022年11月12日 12:40撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩と岩の間に鎖の渡っている状況。
5
少し下りると、直立した岩に挟まれた空間が現れます。私は渡れませんが、Г虜燭鯏呂辰心笋、右側の岩になります。(ここを地点とします。)
2022年11月12日 12:43撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下りると、直立した岩に挟まれた空間が現れます。私は渡れませんが、Г虜燭鯏呂辰心笋、右側の岩になります。(ここを地点とします。)
5
は、,らの光景の○の位置になります。
2022年11月12日 10:26撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
は、,らの光景の○の位置になります。
6
からの光景の○の位置になります。
2022年11月12日 11:31撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
からの光景の○の位置になります。
4
を過ぎて、岩を下りると、
2022年11月12日 12:44撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
を過ぎて、岩を下りると、
4
最後の岩場が現れます。
2022年11月12日 12:45撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の岩場が現れます。
2
これを登っていくと、
2022年11月12日 12:46撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを登っていくと、
4
国司沢の一番下の岩の頂に出ます。(地点とします。)
2022年11月12日 13:09撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国司沢の一番下の岩の頂に出ます。(地点とします。)
5
振り返っての国司沢の岩場。
2022年11月12日 12:50撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っての国司沢の岩場。
7
西側の国司沢の岩場。
2022年11月12日 12:51撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側の国司沢の岩場。
8
は、,らの光景の○の位置になります。
2022年11月12日 10:25撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
は、,らの光景の○の位置になります。
7
さらにからの光景の○の位置になります。
2022年11月12日 11:31撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにからの光景の○の位置になります。
5
しつこく、いら見下ろした○の位置になります。
2022年11月12日 12:14撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しつこく、いら見下ろした○の位置になります。
5
帰りに、の岩の隙間を覗いてみると、踏み跡がありました。岩の下方の森林を縦断している踏み跡でしょうか。
2022年11月12日 13:13撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに、の岩の隙間を覗いてみると、踏み跡がありました。岩の下方の森林を縦断している踏み跡でしょうか。
3
ここの少し先で上に登り返し、
2022年11月12日 13:15撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの少し先で上に登り返し、
4
まだ残っていたカエデの葉の紅葉に感謝しつつ戻って来ましたが、途中で2つの拾い物。
2022年11月12日 13:26撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ残っていたカエデの葉の紅葉に感謝しつつ戻って来ましたが、途中で2つの拾い物。
5
これは2日の日に落ちていたのを枝にかけて置いたのですが、そのままなので、劣化すると思い持ち帰り保管しています。心当たりの方は連絡お待ちしています。
2022年11月12日 13:39撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは2日の日に落ちていたのを枝にかけて置いたのですが、そのままなので、劣化すると思い持ち帰り保管しています。心当たりの方は連絡お待ちしています。
5
実はこれがもう一つの目的だったのですが、やはり2日の日にどこかは不明ですが落としてしまいました。ι婉瓩隆箴譴婆技回収。
2022年11月12日 13:49撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実はこれがもう一つの目的だったのですが、やはり2日の日にどこかは不明ですが落としてしまいました。ι婉瓩隆箴譴婆技回収。
6
霊山の仕上げは、やはり国道を少し上った左側に入って・・・。相変わらず美味でした。
2022年11月12日 15:13撮影 by FCG01, FCNT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊山の仕上げは、やはり国道を少し上った左側に入って・・・。相変わらず美味でした。
18

感想/記録

11月2日は始めての国司沢ハードコース。国司岩と国司沢先端の岩に登ったのは判りましたが、帰りに、国司沢展望所から国司沢の光景を暫く眺めていたものの、どのような岩をどのようなルートで歩いて来たのか判断がつきませんでした。それで今回は、2日の日にどのように歩いたのか、ルートの確認を目的として再度、ハードコースに入り込みました。
おそらくですが、おおよそのルートは確認できました。今後もレコを参考にさせていただき、未知の霊山を楽しみたいと思います。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:291人

コメント

今晩は🌃

またまたハードコース行かれたのですね💪
私も同じ日に、湧水の里から登っていました。
米軍居住地跡、二ッ岩初めての山友を案内していました。
tonpei55さんの噂もしていました😅くしゃみしなかったかな😅
山友もハードコース行ってみたいと(行けるところまで)言っていましたので機会が有りましたら宜しくお願い致します🙇
私は、最初の岩場まで行けたらと思っています😊
2022/11/16 20:08
k-925さん
今晩は。
そういえば北の方から笑い声が聞こえてきたような。
小学生の頃に父と霊山閣から入り、米軍の無線中継所の跡?とかで、建物や部屋の壁がかなり崩れかかっていたような記憶が曖昧に残ってますが、それ以来、霊山は一般的な登山道のみでしたので、今度はそちらの方もゆっくり歩いて見ようかなと思ってました。
山の予定は特に無く、天気次第で思いついたら行ってますので、いつでもご連絡いただければ、その時はお世話になります。    
2022/11/17 0:00
こんにちは。レコを楽しく拝見しました。
ハードコースや国司岩ルートは、景色抜群で登り降りも楽しい面白いコースなので、私も気に入ってます。途中には寄り道できるビューポイントもいくつかあるので、天気の良い日に写真を撮りに行くと、いつも結構時間がかかってしまいます。
tonpei 55さんが拾った手袋は、私が落とした物でした。一昨年に、安価でもあり人差し指が出せるので、試しに購入しましたが、手に合わないのと、マジックテープがポケットに引っかかるのとで、冬季にたまに使っているうち無くしてまってましたが、まさかハードコースで落としていたとは気づきませんでした。せっかく拾って頂いたところ恐縮なのですが、現在は冬は防寒テムレスで統一してしまったので、処分していただければと思います。お手数をおかけしてすみません。
余談ですが、中間のピークから垂直な鎖場を降りる辺りまでの様子は、落葉した時期には、天狗の相撲場からだとよく見えます。三日月型の岩間に、V字型に渡した鎖や、垂直に垂らされた鎖が見え、双眼鏡があればピークからV字型の鎖まで張られた鎖も確認できます。機会があったら見てみてください。
2022/11/17 22:39
sakusakuhiroさん
今晩は。レコ、だいぶお世話になっています。
おかげさまで、楽しいコースを知ることができました。ありがとうございます。
これからも、sakusakuhiroさんのレコを参考にさせていただいて、さらに新たな霊山を楽しんで行きたいと思いますので、ご了承ください。
次に行く時は、双眼鏡を持参したいと思います。また違った視界が期待できそうです。
なお手袋は処分させていただきます。
情報、ありがとうございました。
2022/11/17 23:26
拝見しました。楽しみにしています。よろしくお願いします。
2022/11/19 12:49
tacooyajiさん
こちらこそ宜しくお願いします。
2022/11/19 15:40
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

三点支持 紅葉 トンネル ハイキング
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ