また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 505715 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

今淵ヶ岳(矢坪ヶ岳経由ピストン)

日程 2014年09月06日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃ICより156号、81号を北上
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

06:50     矢坪駐車場
(40)07:30 5合目展望台
(50)08:20 矢坪ヶ岳
(75)09:35-09:50 今淵ヶ岳
(60)10:50 矢坪ヶ岳
(40)11:30-11:40 5合目展望台
(35)12:15 矢坪駐車場
------------------------------------------------
■歩行時間05:00 トータル05:25
コース状況/
危険箇所等
矢坪ヶ岳までは急登が続く、登山者が少なく、荒れ気味。
矢坪ヶ岳から今淵ヶ岳だけまでは藪コギで道は不明瞭なので道迷いに気をつけよう。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

霧の中、登山口スタート
2014年09月06日 06:53撮影 by DSC-W730, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧の中、登山口スタート
1
沢を渉る。
帰りはここで顔を洗いとても気持ちよかった。
2014年09月06日 06:58撮影 by DSC-W730, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渉る。
帰りはここで顔を洗いとても気持ちよかった。
終始、急登が続く
2014年09月06日 07:24撮影 by DSC-W730, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終始、急登が続く
5号目の展望台。
眺望が良いのはここだけ。
2014年09月06日 07:32撮影 by DSC-W730, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5号目の展望台。
眺望が良いのはここだけ。
岩場を登る
2014年09月06日 07:36撮影 by DSC-W730, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を登る
この大木が見えると、矢坪ヶ岳、頂上はすぐ
2014年09月06日 08:07撮影 by DSC-W730, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大木が見えると、矢坪ヶ岳、頂上はすぐ
矢坪ヶ岳に到着。
なかなかの勾配だった。
北東にか片知山がみえる
2014年09月06日 08:20撮影 by DSC-W730, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢坪ヶ岳に到着。
なかなかの勾配だった。
北東にか片知山がみえる
ここからは、藪コギ。
ところどころ、道が不明瞭になる。
笹藪の中に倒木があり注意!
2014年09月06日 08:30撮影 by DSC-W730, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは、藪コギ。
ところどころ、道が不明瞭になる。
笹藪の中に倒木があり注意!
道がわからない。
リボンと看板を見失わないように進む
2014年09月06日 08:49撮影 by DSC-W730, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道がわからない。
リボンと看板を見失わないように進む
要所に看板があり、助かる。
風に裏返しのものもあったが、見えるようにしてきた。
2014年09月06日 09:17撮影 by DSC-W730, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要所に看板があり、助かる。
風に裏返しのものもあったが、見えるようにしてきた。
1
今淵ヶ岳に到着。
全く景色悪い。
2014年09月06日 09:38撮影 by DSC-W730, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今淵ヶ岳に到着。
全く景色悪い。
頂上からの景色。
2014年09月06日 09:38撮影 by DSC-W730, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの景色。
帰りの5合目は、雲が晴れよく見えた。
誕生山、天王山かな。
2014年09月06日 11:31撮影 by DSC-W730, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの5合目は、雲が晴れよく見えた。
誕生山、天王山かな。
1
沢をわたって下山。
2014年09月06日 12:08撮影 by DSC-W730, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢をわたって下山。

感想/記録

今日はトレーニング山行。友人の選んだ山に同行した。
麓の神社近くの駐車場は草が伸びていてあまりここちよくない。
霧が深い中、スタートした。いきなり、草が茂る登山道。
ひと気のないコースなので。熊スズを鳴らす。
途中、膝の裏側がちくちくして、いやな感じがした。

矢坪ヶ岳までは、かなりの勾配だ。地形図をみても等高線の密度が高いので覚悟はしていたが、ふくらはぎに来る。
5合目の展望台は、唯一、眺望のよい場所だ。ここで休憩が望ましい。
矢坪のピークに到着するが景色よくなく、すぐ今淵ヶ岳へと向かった。

ここからは、勾配は緩やかになるが笹薮が続き道が不明瞭になる。
笹の下に倒木や折れた枝があり、はっきりいって悪路。藪コギの好きな方には良いが、自分はあまり好きではない。クモの巣とも戦う。途中、一旦くだる部分があり、
ここの大きな石は注意が必要。コケで滑る。
1時間ほどで、今淵ヶ岳に到着した。残念ながら見晴しは悪い。
クッカーでラーメンでもと思っていたが、気分がのらず、おにぎり食べて、早々と引返すことにした。

帰りの藪の方が道がわかりにくい。
踏み跡から数度外れながら、矢坪まで戻った。
矢坪からの下山はこれまた疲れる。登りより下りの方がこたえる。
転がり落ちないよう気をつけながらおりた。

駐車場にもどって、ズボンをはきかえようとしたらビックリ。
右足が血だらけだった。スパッツをはいていたが、靴下まで血だらけ。
ズボンの膝関節部が通気用にメッシュになっていて、そこからやられたらしい。
ヒルにやられたような血の出方。2ヶ所やられていた。
整備されていない登山道では、露出を完全になくす必要ありと痛感した。
痛い目にあったが、トレーニングには最高の山だと思う。矢坪までは。
もう来ないと思うが。。。。
ちなみに、登山者は単独行のおじさん一人。山ガールの方は来るはずもないが止めた方がよい。矢坪ヶ岳で引き返した方がベターでしょう。
訪問者数:367人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ