また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 506098 全員に公開 ハイキング中国山地西部

竜王山…山頂であしび山の会さんと合流

日程 2014年09月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
アクセス
 下関市内 ⇔ 深坂自然の森駐車場
駐車場
 深坂自然の森駐車場……約30台程度駐車可。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

10:03・・・・・・・深坂自然の森駐車場
10:16・・・・・・・竜王山/東登山口
10:28〜10:29・・・沢コース分岐
11:26〜13:21・・・竜王山山頂【標高:613.9m】
14:14〜14:16・・・沢コース分岐
14:22・・・・・・・車道出合→キャンプ場内を通る
14:39〜14:56・・・深坂自然の森
15:11・・・・・・・Aコース登山口
15:25・・・・・・・深坂茶屋駐車場
コース状況/
危険箇所等
コース状況
 ・階段コース(深坂茶屋→Bコース登山口→雌鋤先山→鋤先山→竜王山)
  コースの大半は階段が占め、特に雌鋤先山から一端鞍部に下り鋤先山へ登り
  返しは標高差で50m以上の階段の一気登りが待ち受けており竜王山登山
  コースの中では最もハードでタフなコースです。
 ・東登山コース(深坂自然の森→東登山口→竜王山)
  登山口には急登コースと書かれていますが、階段コースに比べると階段もなく
  比較的短時間で山頂に立つことができ、登山道の途中には休憩用のベンチが
  置かれており階段コースに比べ多くの方が利用しています。
危険箇所等・・・・・ありません

その他周辺情報・登山ポスト・・・・・ありません
・店舗(コンビニ)・・・下関球場過ぎ蒲生野交差点横のコンビニ(ローソン)が
           最後になります。
・トイレ・・・・・・・深坂ため駐車場(深坂茶屋)横と、深坂自然の森駐車場に
           あります。
           *東登山口にはないので注意ください。
・温泉・・・・・・・・登山口からやや遠いが吉見温泉がお勧めです。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

いつものように、登山口の深坂自然の森駐車場に着くが今日は行事が開催されており駐車場は満杯…運よく1台停められるスペースがあったのでホットした。
2014年09月07日 10:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものように、登山口の深坂自然の森駐車場に着くが今日は行事が開催されており駐車場は満杯…運よく1台停められるスペースがあったのでホットした。
森の家に掲げられていた行事案内
馬関野音楽祭…多いはずです(苦笑)
2014年09月07日 10:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の家に掲げられていた行事案内
馬関野音楽祭…多いはずです(苦笑)
これまたいつものように、キャンプ場経由で東登山口を目指す。
2014年09月07日 10:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまたいつものように、キャンプ場経由で東登山口を目指す。
キャンプ場入り口にも“馬関野音楽祭”の垂れ幕が掲げられていた。
2014年09月07日 10:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場入り口にも“馬関野音楽祭”の垂れ幕が掲げられていた。
東登山口に着く
2014年09月07日 10:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東登山口に着く
ここから、入山となります。
2014年09月07日 10:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、入山となります。
水場コース分岐に着くが、下山は水場コースへ下ります。
2014年09月07日 10:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場コース分岐に着くが、下山は水場コースへ下ります。
1
分岐道標(第一分岐部)
山頂まで8ケ所の分岐があります、各分岐から急登(?)を避けのんびり山頂に向う。
2014年09月07日 10:29撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐道標(第一分岐部)
山頂まで8ケ所の分岐があります、各分岐から急登(?)を避けのんびり山頂に向う。
第一分岐過ぎの休憩ポイント
2014年09月07日 10:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一分岐過ぎの休憩ポイント
ここから深坂溜池が望めます。
2014年09月07日 10:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから深坂溜池が望めます。
第四分岐過ぎの休憩地…展望が望めないのが残念(>_<)
2014年09月07日 11:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第四分岐過ぎの休憩地…展望が望めないのが残念(>_<)
北浦スカイラインと合流、ここから5〜6分で山頂に着きます。
東コースは急登(?)だけど、多くの方が利用しています
2014年09月07日 11:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北浦スカイラインと合流、ここから5〜6分で山頂に着きます。
東コースは急登(?)だけど、多くの方が利用しています
1
竜王山山頂【標高:613.9m】
2014年09月07日 11:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜王山山頂【標高:613.9m】
3
一等三角点
2014年09月07日 12:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点
1
山頂より南側に鋤先山・雌鋤先山を望む。
2014年09月07日 11:54撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より南側に鋤先山・雌鋤先山を望む。
1
北側に鬼ケ城と狩音山を望む。
2014年09月07日 12:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側に鬼ケ城と狩音山を望む。
1
Tさんのギター演奏による山頂ライブのはじまりはじまり〜
2014年09月07日 12:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Tさんのギター演奏による山頂ライブのはじまりはじまり〜
2
山頂はさながら歌声喫茶となってます…坊がつる賛歌など数多く歌うなど清々しい気分になり、傍におられたご夫婦の方も楽しんでいました(^_^)
2014年09月07日 12:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はさながら歌声喫茶となってます…坊がつる賛歌など数多く歌うなど清々しい気分になり、傍におられたご夫婦の方も楽しんでいました(^_^)
1
エッ! 合唱の後何が始まるかなと思っていたら、今月誕生日を迎えられた、あしび山の会の会員の方の紹介でした…拍手(^^ゞ
アットホームでいい雰囲気でした。
2014年09月07日 12:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エッ! 合唱の後何が始まるかなと思っていたら、今月誕生日を迎えられた、あしび山の会の会員の方の紹介でした…拍手(^^ゞ
アットホームでいい雰囲気でした。
2
下山は東コースで下り、芝生広場まで戻ると今日は催しで出店が出店されており、皆さん早速“かき氷”を食し炎天下での登山で乾いた喉を潤していました。
2014年09月07日 14:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は東コースで下り、芝生広場まで戻ると今日は催しで出店が出店されており、皆さん早速“かき氷”を食し炎天下での登山で乾いた喉を潤していました。
無事、出発点の深坂茶屋駐車場に戻って来ました。
炎天下の中、登りは雌鋤先山・鋤先山を経由する階段コースお疲れ様でした。
2014年09月07日 15:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、出発点の深坂茶屋駐車場に戻って来ました。
炎天下の中、登りは雌鋤先山・鋤先山を経由する階段コースお疲れ様でした。
深坂茶屋前にある竜王山案内図です。
2014年09月07日 15:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深坂茶屋前にある竜王山案内図です。

感想/記録

あしび山の会さんが、先日(8/30)平尾台でキャンプ張るということをTさんから入手し陣中見舞いを兼ねて訪れた時、今日(9/7)に下関の竜王山登山に出向くとのことだったので、Tさん始め会員の方との再会を楽しみにして私も竜王山に向った。
しかし、勤務の都合上登山口での合流を諦め山頂での合流を目指し、深坂自然の森から東登山コースで山頂に向うことにした。

私は比較的楽なコースで短時間で登ったが会の皆さんは炎天下の中、竜王山登山コースの中で最もハードでタフなコース、階段コースで登られたので山頂到着時間が予定より少し遅れたようだった。
それでも、山頂で顔を見合わせるとつい一週間前に会ったが何だか妙に懐かしく嬉しくも感じた。

山頂では会の皆さんに挨拶を交わすと共に食事後、山頂では会の親睦行事の輪の中に入れて頂きTさんのギター演奏による山頂での合唱に参加した。
曲目もレパートリーが多く、坊がつる賛歌を始め四季の歌など心安らぐ唄を全員で合唱するなど楽しい時間を過ごさせて頂いた。
更にサプライズとして、今月誕生日を迎えられる方の紹介などアットホーム的な雰囲気の中で私も十分楽しまさせて頂いた

下山は、時間の短縮を図ると共に階段コースを避け東登山コースで下山しキャンプ場を通り下山したが、今日は馬関音楽祭催しのため出店が出店されており、炎天下の登山で乾いた喉をかき氷りで癒した。

その後、深坂溜池を周回し全員無事登山口の深坂茶屋駐車場に戻り登山を終えたが炎天下の中ハードでタフな階段コースでの登山お疲れ様でした。

Tさん始め、会の皆さん今日はありがとうございました。
訪問者数:621人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 急登 三角点 水場 道標 キャンプ場
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ