また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 506479 全員に公開 ハイキング札幌近郊

余市岳(赤井川コース)

日程 2014年09月08日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候赤井川村周辺は晴れ。余市岳頂上付近は曇り時々晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
キロロ・リゾート、マウンテンホテルの駐車場に駐車できます。
マウンテンホテルのトイレも利用可能。ホテル内ショップの営業時間は、朝7時〜10時、午後5時〜10時。飲料、食品を購入できます。価格は高めですが、冷たい水が買えるのはいいですね。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間5分
休憩
1時間40分
合計
8時間45分
Sスタート地点(登山ゲート)08:0009:10登山口(ゲートより3.9km)09:30徒捗点11:00見晴台(休憩)11:2511:35北東コル12:25ニセピーク(ケルン・観音像)12:3012:35余市岳12:4012:45ニセピーク(昼食)13:4514:30北東コル14:40見晴台14:4515:30徒捗点15:45登山口16:45ゴール地点(登山ゲート)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
◆登山ゲートから見晴台まで3時間。見晴台から余市岳まで1時間でした。同行者のペースにあわせたのでややゆっくりしたペースです。◆行きの見晴台では長めの休憩を、山頂手前のケルン・観音像のところでランチにしました。◆見晴台は、熊笹が茂っていてほとんど見晴らせませんでしたが、北東コルのほうへ少し下ると眺めのよい場所が数カ所ありました。◆ゴンドラの運休期間の平日だったせいか、山行者は60代くらいの男性と一人すれちがっただけでした。◆山頂付近の天気は、晴れ、ガスがよく変わり、一度小さな雨も降りました。あいにく、近くの山々にも雲がかかっていましたが、遠くに札幌市街や空沼岳などもみることができました。
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はありませんが、急な箇所がいくつかあります。木につかまったり、後ろ向きに慎重に下りるなどしました。
その他周辺情報赤井川温泉に行こうと思いましたが、月曜定休。余市の鶴亀温泉に入ってきました。水色は茶色で鉄の匂いがするナトリウム泉で、いいお湯でした。帰り道に食事するところを車を走らせながら探していましたが、銭函の餃子で有名な「あおぞら銭函3丁め」も定休日。通りがかりで手稲の「セレクトレストラン ごはん屋さん」に初めて入りました。すべて手作りで、食品の安全に配慮されていて、またとてもおいしく、全員口を揃えての満足でした。おすすめです。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 ペットボトル(500ml)を3本持っていきましたが、ちょっと足りませんでした。日帰りでも時間と距離が長めの山行ではもっと必要ですね。

写真

キロロリゾート、マウンテンホテル。
駐車場の右側に登山口へ続く登山ゲートがありますので、駐車するなら近くがおすすめです。ホテルのトイレ、自販機、売店(07:00-10:00, 17:00-22:00)も利用できます。感じよく利用したいですね。
2014年09月08日 07:49撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キロロリゾート、マウンテンホテル。
駐車場の右側に登山口へ続く登山ゲートがありますので、駐車するなら近くがおすすめです。ホテルのトイレ、自販機、売店(07:00-10:00, 17:00-22:00)も利用できます。感じよく利用したいですね。
駐車場です。
2014年09月08日 07:49撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場です。
登山ゲート。ここから先に車で行けたら少し楽なんでしょうけどね。
2014年09月08日 07:52撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ゲート。ここから先に車で行けたら少し楽なんでしょうけどね。
入林ポストです。
2014年09月08日 07:53撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入林ポストです。
熊に会いませんように!
2014年09月08日 07:58撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊に会いませんように!
林道を進みます。
2014年09月08日 07:58撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を進みます。
ホテルに別れを告げて進みます。
2014年09月08日 08:03撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホテルに別れを告げて進みます。
舗装されていないところも、ところどころあります。
2014年09月08日 08:04撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装されていないところも、ところどころあります。
シマリスさんが、蝶をくわえてました。
2014年09月08日 08:32撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シマリスさんが、蝶をくわえてました。
2
まだまだ続きます。
2014年09月08日 08:51撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ続きます。
スキーコースにでてきました。ここで林道は終わりです。
2014年09月08日 09:05撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーコースにでてきました。ここで林道は終わりです。
いよいよ登山口。
ここまででも汗をかいているので、タオルを新しくしたり、短い休憩をとったりしていよいよ山道です。
2014年09月08日 09:12撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ登山口。
ここまででも汗をかいているので、タオルを新しくしたり、短い休憩をとったりしていよいよ山道です。
ここにも「クマ出没注意」の看板が。
2014年09月08日 09:13撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも「クマ出没注意」の看板が。
余市川の徒捗点です。水量は少なめだったと思います。
2014年09月08日 09:28撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余市川の徒捗点です。水量は少なめだったと思います。
谷側がもろそうで、やや急で滑りやすそうです。気をつけて進みます。
2014年09月08日 09:51撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷側がもろそうで、やや急で滑りやすそうです。気をつけて進みます。
1.6km前方に余市岳がみえてきました。
あそこまでいくの?という声もちらほら。(笑)
2014年09月08日 10:18撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1.6km前方に余市岳がみえてきました。
あそこまでいくの?という声もちらほら。(笑)
余市方面。
2014年09月08日 10:34撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余市方面。
1
ゴンドラコースとの分岐、見晴台です。
ほとんど見晴らせません!
2014年09月08日 10:47撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラコースとの分岐、見晴台です。
ほとんど見晴らせません!
山頂まで続く、尾根沿いの登山道がくっきり。
がぜん元気がわいてきます。
2014年09月08日 11:01撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで続く、尾根沿いの登山道がくっきり。
がぜん元気がわいてきます。
1
ハイマツが群生しています。
高山帯なんですね。
2014年09月08日 11:29撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツが群生しています。
高山帯なんですね。
定山渓登山道との分岐です。
定山渓登山道は、北海道夏山ガイド,任蓮2012年現在笹ブッシュで通行困難となっていますが、いまはどうなんでしょうね。
2014年09月08日 11:35撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定山渓登山道との分岐です。
定山渓登山道は、北海道夏山ガイド,任蓮2012年現在笹ブッシュで通行困難となっていますが、いまはどうなんでしょうね。
またいだり、くぐったりも楽しいものです。
2014年09月08日 11:46撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またいだり、くぐったりも楽しいものです。
ここかれガレ場です。
2014年09月08日 12:03撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここかれガレ場です。
ハイマツが広がっています。
松の匂いが気持ちがいいです。
2014年09月08日 12:22撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツが広がっています。
松の匂いが気持ちがいいです。
もうすぐ山頂!
2014年09月08日 12:24撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂!
観音像がありました。
でもここは山頂ではなく…。
2014年09月08日 12:25撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音像がありました。
でもここは山頂ではなく…。
雲がひろがってましたが、時どき晴れ間がありました。
2014年09月08日 12:25撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がひろがってましたが、時どき晴れ間がありました。
山の動植物がまったくわかりません。
登山を始めると、その知識欲もわいてきました。
2014年09月08日 12:26撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の動植物がまったくわかりません。
登山を始めると、その知識欲もわいてきました。
ハイマツの道を進むと…
2014年09月08日 12:28撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツの道を進むと…
余市岳山頂がみえてきました。
2014年09月08日 12:30撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余市岳山頂がみえてきました。
余市岳山頂です。長かった!
休憩や食事は、さっきの観音像のところのほうがよさそうです。
2014年09月08日 12:33撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余市岳山頂です。長かった!
休憩や食事は、さっきの観音像のところのほうがよさそうです。
4
一等三角点がありました。
札幌の三角山とくらべると、やや目立たない感じです。
2014年09月08日 12:35撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点がありました。
札幌の三角山とくらべると、やや目立たない感じです。
観音像があるニセピークでお昼ごはんです。
シーフードヌードル、チキンラーメンに、とろけるスライスチーズをいれてみると、最高においしかったです!
2014年09月08日 12:56撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音像があるニセピークでお昼ごはんです。
シーフードヌードル、チキンラーメンに、とろけるスライスチーズをいれてみると、最高においしかったです!
2
あじさいがまだ咲いていました。
2014年09月08日 16:05撮影 by DMC-TZ5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あじさいがまだ咲いていました。

感想/記録

 8月下旬に山登りをはじめてから、そのうち登ってみたい山のひとつだった「余市岳」。タイミング良く仲間から誘いがあって、登山がかないました。
 これまでは、円山、三角山、樽前山、塩谷丸山と、初心者の山にしか登ったことがなく、心配な面もありましたが、今回は4人パーティーで心強かったです。また、これからの時期は熊に十分注意しなくてはならなったので、その面でもパーティーでの登山は安心でした。
 GPSデータを解析してみると、全行程では約16kmにもなったようですが、心地よい疲れが残る程度で無事に山行できてよかったです。また長距離、長時間の山行でも靴ずれにもならず、よい靴を選ぶことができたようで安心しました。やや足裏の疲れを感じるので、インソールを工夫してみたいと思います。
 登山仲間にも恵まれて楽しい山行でした。
 
訪問者数:660人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ