また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 507984 全員に公開 ハイキング関東

武生-奥竜神-亀ヶ淵

日程 2014年09月13日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
下武生公民館に駐車しました、トイレもあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間23分
休憩
42分
合計
4時間5分
Sスタート地点09:4911:39亀ヶ淵12:2113:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
崩れている部分や細くなっている道で危険な所が随所にある。
その他周辺情報バンジージャンプのできる竜神峡の大吊橋がありまんねん。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備靴ひも ザック 昼ご飯 行動食 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル

写真

下武生公民館から出発、トイレもあり!
1980年01月06日 12:58撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下武生公民館から出発、トイレもあり!
明山と思われる。
1980年01月06日 13:09撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明山と思われる。
2
宝剣洞展望台
1980年01月06日 13:10撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣洞展望台
武生林道の始まり
1980年01月06日 13:23撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武生林道の始まり
一番目の展望台
1980年01月06日 13:25撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番目の展望台
展望台から北を望む
1980年01月06日 13:25撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から北を望む
結構きれいな展望台、これが富士山の見える展望台だったかもしれん。。。
1980年01月06日 13:25撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構きれいな展望台、これが富士山の見える展望台だったかもしれん。。。
右に見える茶色い歩道はほんの少ししか曳かれていません。
1980年01月06日 13:30撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に見える茶色い歩道はほんの少ししか曳かれていません。
武生林道は舗装されていたので、この辺で終わり!
引き返して亀ヶ淵を目指しましてん。
1980年01月06日 13:34撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武生林道は舗装されていたので、この辺で終わり!
引き返して亀ヶ淵を目指しましてん。
亀ヶ淵方面はあっち、山深い所に行けるのか。
中心にそびえるのは亀ヶ淵の北西にそびえる340mの無名ピークと思われる。
1980年01月06日 13:55撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀ヶ淵方面はあっち、山深い所に行けるのか。
中心にそびえるのは亀ヶ淵の北西にそびえる340mの無名ピークと思われる。
亀ヶ淵方面へと行きます。
男体山登山道はすぐに進めなくなるように思う。。
1980年01月06日 13:57撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀ヶ淵方面へと行きます。
男体山登山道はすぐに進めなくなるように思う。。
入口、どうなることか。
1980年01月06日 13:57撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口、どうなることか。
細め!
1980年01月06日 14:02撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細め!
所々に苔むした石製ベンチがあります。
1980年01月06日 14:06撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に苔むした石製ベンチがあります。
案内看板があります。
1980年01月06日 14:06撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内看板があります。
赤キノコ。食すれば内なる力が発揮されるという。
1980年01月06日 14:09撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤キノコ。食すれば内なる力が発揮されるという。
2
木に生えるキノコ。食すればどうかなるという。
1980年01月06日 14:10撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木に生えるキノコ。食すればどうかなるという。
苔むして 過ぎし小径の 時語る いずこの時の 人ぞおおけれ松尾芭蕉作かもしれない 
1980年01月06日 14:12撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むして 過ぎし小径の 時語る いずこの時の 人ぞおおけれ松尾芭蕉作かもしれない 
苔むして 鶏蒸して 夕ご飯の 出来上がり にぎやかなりし 我が家の食卓
芥川龍之介作かもしれない
1980年01月06日 14:23撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むして 鶏蒸して 夕ご飯の 出来上がり にぎやかなりし 我が家の食卓
芥川龍之介作かもしれない
黄色いキノコも
1980年01月06日 14:27撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色いキノコも
足場はそんなに良くない。
1980年01月06日 14:28撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足場はそんなに良くない。
岩肌を流れる小滝
1980年01月06日 14:44撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩肌を流れる小滝
やがて道は竜神川の源流とぶつかりました。
1980年01月06日 14:46撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて道は竜神川の源流とぶつかりました。
2
インスタントブリッジと木の杖にて通過。
右に見える黒い淵・・・、大人の足がすっぽり入るほどのふかさあります。。。パッと見そう思えなかった。
1980年01月06日 15:45撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
インスタントブリッジと木の杖にて通過。
右に見える黒い淵・・・、大人の足がすっぽり入るほどのふかさあります。。。パッと見そう思えなかった。
分かりにくいが、滝川渓谷でも見た赤い石
1980年01月06日 15:43撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりにくいが、滝川渓谷でも見た赤い石
亀ヶ淵上流部の滝
1980年01月06日 14:57撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀ヶ淵上流部の滝
亀ヶ淵に到着、あれこの反対側が亀ヶ淵だったけ??
1980年01月06日 15:00撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀ヶ淵に到着、あれこの反対側が亀ヶ淵だったけ??
あっちにいけば三葉峠に行けるはず。
1980年01月06日 15:01撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちにいけば三葉峠に行けるはず。
これが亀ヶ淵か!?
1980年01月06日 15:19撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが亀ヶ淵か!?
今年の1月初旬の同地点の写真。
冬は水量が少のうございます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年の1月初旬の同地点の写真。
冬は水量が少のうございます。
二つの亀ヶ淵、その深さは誰も知らない。
本当にそう思える程、水は急に暗くなる。
1980年01月06日 15:20撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つの亀ヶ淵、その深さは誰も知らない。
本当にそう思える程、水は急に暗くなる。
淵にはメダカ?もおる。
1980年01月06日 15:21撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
淵にはメダカ?もおる。
このあたりは2500万年前の海底火山の噴火でできた硬い地層というが。。。
1980年01月06日 15:37撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは2500万年前の海底火山の噴火でできた硬い地層というが。。。
硬く、保水力のない岩肌を流れる水。
昨日雨が降ったのかもしれない、冬は見れないかも。
1980年01月06日 15:37撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硬く、保水力のない岩肌を流れる水。
昨日雨が降ったのかもしれない、冬は見れないかも。
気を付けて通る。
1980年01月06日 15:37撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を付けて通る。
下には源流というべき流れが。
1980年01月06日 15:37撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下には源流というべき流れが。
1
分岐まで戻る。左端の道に行けば大久保集落、果ては篭岩、湯沢峡に行けると思われる。
1980年01月06日 16:00撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐まで戻る。左端の道に行けば大久保集落、果ては篭岩、湯沢峡に行けると思われる。
道が細くなっていて、落ちるとあぶのうございます。
1980年01月06日 16:08撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が細くなっていて、落ちるとあぶのうございます。
ナメタケ!?
1980年01月06日 16:10撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメタケ!?
1
竹も少々生えております。
1980年01月06日 16:23撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹も少々生えております。
白いやつ!?
1980年01月06日 16:25撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いやつ!?
菌類か!!
1980年01月06日 16:25撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菌類か!!
1
奥久慈男体山登山道らしいですが。。。
少し行くと、巨岩ドームこと宝剣洞奥の院があります。
1980年01月06日 13:58撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥久慈男体山登山道らしいですが。。。
少し行くと、巨岩ドームこと宝剣洞奥の院があります。
巨岩ドーム、宝剣洞奥の院です。
祠がありました、お参り。
1980年01月06日 16:40撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨岩ドーム、宝剣洞奥の院です。
祠がありました、お参り。
この先の道・・・、行けるようには見えなかったが。。。
1980年01月06日 16:40撮影 by IS11CA, CASIO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先の道・・・、行けるようには見えなかったが。。。
訪問者数:453人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 倒木 奥の院 渓谷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ