また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 508232 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

塩見岳

日程 2014年09月12日(金) 〜 2014年09月13日(土)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

コースタイム [注]

一日目:5:30駐車場 6:10登山口 8:30三伏峠 9:30-12:00塩見小屋 13:00塩見岳西峰 13:10東峰 13:25-14:10塩見小屋 16:45三伏峠
二日目:9:30テン場-11:45駐車場
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

いい天気
2014年09月12日 08:29撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気
1
甲斐駒方面
2014年09月12日 08:31撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒方面
2
塩見岳西峰
2014年09月12日 13:06撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳西峰
6
塩見岳東峰
2014年09月12日 13:11撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳東峰
6
撮影機材:

感想/記録
by baru55

今週は急きょ金曜日と土曜日に休みが取れたので前から行きたいと思っていた塩見岳を計画する。1時半頃に名古屋を出発。鳥倉林道の駐車場へは5時頃に到着。平日とあってか車は少な目で余裕で駐車できた。準備を済ませ舗装路を歩き始める。1時間ほどで登山口へ到着。ここから登りが始まる。天気は快晴で標高が上がるにつれて甲斐駒岳、仙丈ケ岳の姿も見えてくる。三伏峠には8時半頃に到着。受付を済ませて直ぐにテント設営を行う。テン場にはすでに5張ほどのテントが張られていた。テントを設営してから晩飯用の水を確保するために水場へ向かう。この水場が結構遠くて往復で20分ほどかかる。。9時半頃にようやく塩見岳へ向けて出発となる。直ぐ途中の三伏山からは塩見岳と続く尾根が延々と続いているのが確認できる。樹林帯のアップダウンを幾つか抜けハイマツ帯を過ぎると尾根歩きになり12時頃に塩見小屋へ到着。小屋へは立ち寄らず先を急ぐ。ここから岩稜帯歩きとなり久々に岩登りを楽しむことができた。山頂へは13時に到着。塩見岳は西峰と東峰があり東峰の方が少しだけ標高が高い。東峰では山頂を独り占めすることができ、北岳をはじめとする白峰三山、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、赤石岳、荒川岳など最高の展望を楽しむことができた。。三伏峠のテン場へは16時過ぎに戻ってきた。よく歩いたので腹が減っていて直ぐに晩飯の準備を行う。晩飯は最近定番のアルファ米とカレー。食後にコーヒーを飲むと眠くなりいつの間にか寝てしまっていた。12時頃に目が覚めて空を見上げると月が明るいせいか、残念ながら星は出ていなかった。気温はかなり下がっていて冷えてしまったので温かいトマトスープを飲んでからもう一度シュラフの中へと戻る。。朝は6時起床。この日の予定は特になくて、のんびりとすることが目的。朝の時間を十分に満喫してからテントを撤収して帰り支度を行う。。今年の夏は天気が悪くてあまり登れなかったので久しぶりの気持ちの良い天気を味わうことができて良かった。。
訪問者数:351人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ